クラウドスキルを備えた人材を採用する

AWS Educate は Amazon のグローバルイニシアチブで、学生がクラウドテクノロジーのスキルを身につけ、クラウド学習を加速し、未来のクラウド対応の仕事に就く準備をするための包括的なリソースを学生に提供します。

AWS Educate により、雇用主は多様なグローバルクラウド人材を見つけて採用できます。何千人という学生が AWS Educate に参加して、卒業後にクラウドインターンシップや仕事で成功するために必要なスキルを学びます。

「クラウドエンジニアリングの最初のインタビューを受けたとき、そのインタビューで話に出てきたほとんどすべての知識は、AWS Educate から学んだことが基になっていました」

Alfredo Colon、AWS Educate メンバー

AWS Educate

AWS Educate はクラウドの仕事に就く上でどのようなサポートを行えるでしょうか?

AWS Educate には、世界中のさまざまなバックグラウンドを持つ、数十万人のクラウドスキルを身につけた学生メンバーが在籍しています。

学生は、クラウドキャリアパスと Badges を利用して、AWS Educate のクラウドプログラムの作成、評価、および測定に使用するグローバルな標準である AWS Educate の独自の Cloud Competency Framework (CCF) にマッピングしています。CCF は、最新の労働市場データに基づいたクラウドコンピューティングスキルで構成されているため、AWS Educate のすべてのコンテンツは、最も需要の高いクラウドの仕事に直結します。

コンテンツを完了すると、学生はオンラインポートフォリオのデジタル資格を取得し、将来の雇用主に学んだことを示せます。雇用主はこのデジタルポートフォリオにアクセスし、AWS Educate 求人掲示板に独自の仕事を投稿して、探している特定のスキルを持つ候補者を見つけ、実績のあるクラウドスキルを持つ技術者を自信を持って雇用できます。

雇用主向け AWS Educate の内容

  • 求人情報の投稿
  • インタビューアクセラレーター
  • 候補者検索

今すぐ AWS Educate の使用を開始する

AWS Educate の開始方法は簡単です。今すぐアカウントを登録して、AWS Educate のすべてをご活用ください。

*雇用主から AWS Educate および AWS Educate Interview Accelerator に所属する学生にメッセージを送信する機能は、現在米国でのみご利用いただけます。AWS では、特定の求人情報や募集企業を推薦することはしません。さらに AWS は、(i) 求人情報の内容、正確性、あるいは完全性、(ii) 求人情報で参照される求人の有効性、または (iii) 求人から生じた、雇用企業と AWS Educate メンバーの間のいかなるコミュニケーションについて、一切責任を負わないものとします。AWS Educate 求人掲示板の機能を使用するにあたっては、AWS Educate 利用規約が適用されます。

AWS Educate のメンバーの方は、クラウドコンピューティングの知識やスキルを身に着けられるように設計された、学習コンテンツと AWS のサービスを無料で利用できます。14 才以上の学生の方が世界各地でご利用いただけます (ただし中国、スイス、欧州経済地域諸国では 16 才以上、アルジェリア、レバノン、ポルトガルでは 18 才以上)。AWS Educate Program の参加にあたっては、AWS Educate 利用規約が適用されます。AWS プロモーションクレジットの使用にあたっては、AWS プロモーションクレジット利用規約が適用されます。