AWS Elemental Live はライブ動画をテレビでの放送やインターネットに接続されたデバイスへのストリーミング用に処理するオンプレミスソリューションです。ライブ動画を複数のバージョンで配信できるよう、簡単に高い信頼性で圧縮します。オンプレミスでアプライアンスとしてデプロイするか、貴社のインフラに AWS のライセンスしたソフトウェアとしてデプロイすることで、AWS Elemental Live はソースで、スタジオで、またはリモート施設内で高品質のライブ動画処理を高い信頼性で行います。

主な特徴

高度なビデオワークフロー

消費者用デバイスがより強力で高度になるにつれ、放送での、またインターネット経由での動画に視聴者が期待するものはさらに高くなっています。AWS Elemental Live では高度な特徴と機能を組み合わせて、消費者に対するすばらしいエクスペリエンスをサポートします。AWS Elemental Live では、毎日 24 時間 4K の Ultra HD サービスを今まで以上の色空間、深い輝度、ビット深度で画質を向上します。標準ダイナミックレンジ (SDR)、HDR 10、HLG ソースなど、複数の取得フォーマットから、HDR 10、Hybrid Log Gamma (HLG) や Dolby Vision コンテンツを作成します。複数のフォーマットと言語にわたってコンテンツに字幕をつけることができます。

複数の出力生成

ライブイベントとライブリニアチャネルの配信には、元の動画を様々な圧縮出力に変換する必要があります。AWS Elemental Live では解像度やビットレートの異なる様々な動画ストリームを同時に生成できますので、スマホから 4K テレビまで、様々なスクリーンと帯域幅に対応したストリームが生成できます。AWS Elemental Live 内で直接あらゆるインターネットストリーミングフォーマットを生成することも、ベースフォーマットを出力してダウンストリームのパッケージングに送ることもできます。

コンテンツの収益化へのサポート

インターネットで配信される動画には、コンテンツに広告を付けて収益化する新たな機会があります。AWS Elemental Live は AWS Elemental MediaTailor など多くの広告挿入プラットフォームに統合できます。 このソフトウェアは入力広告マーカーを直接または API 経由で読込み、出力フォーマット中にフレームに対して正確に動画広告を挿入することができ、ライブチャネルでの収益化をサポートします。

オートメーションとマネージメントを内蔵

AWS Elemental Live はウェブインターフェイス、または REST/XML API を通して管理でき、オンプレミス、クラウドベース、または仮想デプロイに統合できます。複数の AWS Elemental Live ソリューションをエンコーダークラスタにまとめて、 AWS Elemental Conductor を用いて簡単に管理できます。AWS Elemental Conductor は AWS Elemental Live のセットアップ、メンテナンス、アップグレードを一元化し、また冗長システムのデプロイも簡単にできて、高可用性と中断のないコンテンツ配信を可能にします。