AWS エンタープライズストラテジスト、Gregor Hohpe

Gregor Hohpe

AWS エンタープライズストラテジスト

AWS エンタープライズストラテジスト、Gregor Hohpe
以前の役職

CxO アドバイザー、アーキテクトエレベーター
Smart Nation Fellow、GovTech シンガポール
テクニカルディレクター、CTO オフィス、Google
チーフアーキテクト、Allianz Technology

教育機関

スタンフォード大学、工学マネジメント修士
スタンフォード大学、コンピュータサイエンス修士

趣味

ビジネスの変革
IT 変革

格言

「エンタープライズアーキテクチャは多くの点で常識ですが、複雑さに直面してもその感覚を保つことは必ずしも容易なことではありません」

AWS エンタープライズストラテジストとして、Gregor は IT リーダーとビジネスリーダーが現在の IT 戦略を再考してクラウドジャーニーを最大限に活用するよう支援します。つまり、彼は、現在の仮定を学習せず、技術的決定による影響をビジネスレベルに変換できると信じています。

Gregor のキャリアの大部分は、オンプレミスデータセンターのクラウドへの移行、Allianz、シンガポール政府、Google など、大規模な IT イニシアチブに関わってきました。彼の過去の役割 (スタートアップの共同創設者、システムインテグレーター、コンサルタント、ソフトウェアエンジニア、トレーナー、チーフアーキテクト、CxO アドバイザー) により、ほぼすべての角度から IT を見つめることができました。彼は、顧客が扱っているのと同様の課題の多くに直面しているため、顧客と話すときにその背景を利用することがよくあります。

彼の幅広い経験により、必要に応じて顧客と一緒に IT の「エンジンルーム」に飛び込み、新しい戦略を確実に技術的な現実に結びつくようにすることもできます。

Gregor はそのキャリアを通じて、クラウドの可能性と、クラウドが大企業にもたらす大きな変化の両方を見てきました。彼が学んだ重要な教訓の 1 つは、古い運用方法を新しいテクノロジーに適用しても、最良の結果が得られる可能性は低いということです。たとえば、自動車の黎明期に、歩行者は警告として赤い旗を掲げて車両の前を歩く必要がありました。これは、蒸気を動力源とする輸送機関からの持ち越しです。同様に、以前のテクノロジーから引き継がれた手動プロセスは、高度に自動化されたクラウドに変革をもたらす可能性を妨げる可能性があります。

Gregor の経験から、IT の世界はこれまで以上に有益になっただけでなく、複雑すぎて誰もがすべてを把握することはできないことがわかりました。彼は、信頼できるネットワークは、テクノロジーリーダーが持つ、最も重要な資産の 1 つであると信じています。

仕事以外では、Gregor はアウトドアや運動が好きで、スノーボードやマウンテンバイクからセーリングやハイキングに至るまで、さまざまなスポーツを楽しんでいます。元 IT アーキテクトとして、彼は「実際の」アーキテクチャと設計を学び、見に行けることに感謝しています。

ブログ

公開日
  • 公開日
  • アルファベット順 (A~Z)
  • アルファベット順 (Z~A)
 検索結果に一致する結果が見つかりませんでした。別の検索をお試しください。

Gregor のブログをさらに読むか、彼のアーキテクトエレベーターブログをご覧ください »

動画

著書

ソフトウェアアーキテクトエレベーター: デジタルエンタープライズにおけるアーキテクトの役割の再定義
ソフトウェアアーキテクトエレベーター
デジタルエンタープライズにおけるアーキテクトの役割の再定義
クラウド戦略: クラウド移行を成功させるための意思決定ベースのアプローチ
クラウド戦略
クラウド移行を成功させるためのアーキテクチャガイド
Enterprise Integration Patterns: メッセージングソリューションの設計、構築、およびデプロイ
Enterprise Integration Patterns
メッセージングソリューションの設計、構築、およびデプロイ

AWS とつながる

ニュースレター
Executive Insights ニュースレター
AWS 内外のエグゼクティブからの最新の洞察と見解を受信ボックスにお届けします。
ニュースレターを購読する 
ブログ
エンタープライズ戦略ブログ
個人的にクラウドを活用して変革を導いてきたエグゼクティブリーダーから学びます。
ブログを読む 
ソーシャル
AWS Executive Connection
文化、才能、およびリーダーシップを通じたイノベーションと変革の実現についての展望
LinkedIn でフォローする