Amazon Kinesis Analytics は、新しいプログラミング言語や処理フレームワークを習得することなく、標準 SQL でストリーミングデータをリアルタイムで処理できる最も簡単な手段です。Amazon Kinesis Analytics を使用すると、SQL を使用してストリーミングデータのクエリやストリーミングアプリケーション全体の構築を行うことができます。これにより、実用的なインサイトを得ることができ、ビジネスやお客様のニーズにすばやく対応することができます。

Amazon Kinesis Analytics では、クエリを実行するために必要なものすべてが継続的に処理され、着信データの容量とスループットレートと一致するように自動的にスケーリングされます。Amazon Kinesis Analytics では、クエリで消費されたリソースのみが課金の対象となります。最低料金や初期費用はありません。


Amazon Kinesis Analytics は、AWS マネジメントコンソールの 3 ステップで簡単に使用開始でき、わずか数分で完全なストリーム処理ソリューションを起動できます。

thumbnail-kinesis-analytics-source
kinesis-analytics-console-configure-input-stream-screenshot-1

まず、Kinesis Analytics コンソールに移動して、入力として、Kinesis ストリームまたは Kinesis Firehose 配信ストリームを選択します。Amazon Kinesis Analytics はデータを取り込み、自動的にデータの標準形式を認識し、そしてスキーマを提案します。このスキーマをさらに改善することができます。または、入力データが構造化されていない場合は、直感的なスキーマエディタを使用して、新しいスキーマを定義することができます。

thumbnail-kinesis-analytics-editor
kinesis-analytics-console-sql-editor-with-dropdown-screenshot-2

次に、SQL クエリを記述して、Kinesis Analytics SQL エディタおよび組み込みテンプレートを使用してストリーミングデータを処理し、それをライブストリーミングデータでテストします。

thumbnail-kinesis-analytics-destination
kinesis-analytics-console-configure-output-stream-screenshot-3

最後に、Kinesis Analytics が処理した結果をどこにロードするかをポイントします。Amazon Kinesis Analytics はアウトオブボックスの状態で Kinesis Streams や Kinesis Firehose と統合するので、処理した結果を簡単に Amazon S3、Amazon Redshift、Amazon Elasticsearch Service、またはユーザーが独自に設定した送信先に送ることができます。



KinesisAnalytics_LP_RealTimeProcessing

秒速でストリーミングデータを処理する Amazon Kinesis Analytics を利用することで、リアルタイムで分析かつ応答することが可能となります。簡単に高度な分析を行うことができるように、異常検出および top-K の分析のような、ストリーム処理向けに最適化されている組み込み関数を提供します。

KinesisAnalytics_LP_FullyManaged

Amazon Kinesis Analytics は、ストリーミングアプリケーションを実行するフルマネージドサービスです。インフラストラクチャをプロビジョンまたは管理する必要はありません。

KinesisAnalytics_LP_AutomaticElasticity

Amazon Kinesis Analytics では、低レイテンシーでストリーミングアプリケーションを実行するために必要なインフラストラクチャが自動的にスケーリングされます。

KinesisAnalytics_LP_EasyToUse

スキーマエディタ、SQL エディタ、SQL テンプレートなどのインタラクティブなツールを提供する Amazon Kinesis Analytics を利用することで、構造化と非構造化両方の入力データストリームへのクエリを容易に構築してテストできます。

KinesisAnalytics_LP_StandardSQL

Amazon Kinesis Analytics では、標準 SQL がサポートされています。複雑な処理フレームワークやプログラミング言語を学ぶ必要は全くありません。

KinesisAnalytics_LP_PayForUse

Amazon Kinesis Analytics では、ストリーミングアプリケーションによって使用される処理リソースについてのみ料金が発生します。入力データ量が変化すると、Amazon Kinesis Analytics でリソースが自動的にスケーリングされ、実際に処理に使用されたリソースのみに課金が発生します。最低料金や前払いの義務は発生しません。

数十億に上る小さなメッセージを Amazon Kinesis Analytics にストリーミングして、主要メトリクスを計算できます。これを使用して、リアルタイムでコンテンツパフォーマンスダッシュボードを更新し、コンテンツのパフォーマンスを向上させることが可能です。

KinesisAnalytics_LP_Digital Marketing

オーディエンス追跡システム、広告交換リスナー/入札者、および広告サーバーからさまざまな種類のデータ記録を取得して、それらを一つのストリームに組み合わせることができます。そして Amazon Kinesis Analytics を使用することで、継続的にデータ変換を実行して、リアルタイムで広告とデジタルマーケティングソリューションを駆動することが可能です。

KinesisAnalytics_LP_AdTech

Amazon Kinesis Analytics を使用することで、民生機器、組み込みセンサー、テレビのセットトップボックスなどの IoT デバイスからのストリーミングデータを変換、集計、およびフィルタリングできます。そして、センサーが特定の操作しきい値を超えた際に、このデータを使用して、リアルタイムのアラートを送信できます。

KinesisAnalytics_LP_IoT

Amazon Kinesis Analytics は簡単に使用開始できます。コンソールのチュートリアルに従えば、最初のストリーミングアプリケーションを数回のクリックでデプロイできます。

 

Amazon Kinesis Analytics の使用を開始する