Amazon Lumberyard

Open 3D Engine (O3DE) が利用可能になりました。 Lumberyard の後継サービスである O3DE Stable 21.11 リリースが利用可能になり、新しい Windows インストーラーと Linux のサポートを追加

7 月に発表した通り、Open 3D Foundation と Open 3D Engine (O3DE) を立ち上げました。これは、Apache 2.0 ライセンスで提供される AAA 対応のクロスプラットフォームのオープンソースゲームエンジンです。ゲームとシミュレーションのデベロッパーに、制作パイプラインのコラボレーション、カスタマイズ、制御に関する選択肢を増やしたいと考え、Linux Foundation や業界パートナーとのオープンソースコミュニティを拡大しています。Lumberyard の後継サービスである O3DE Stable 21.11 リリースが利用可能になり、新しい Windows インストーラーと Linux のサポートを追加

Open 3D Engine (O3DE) の発表

利点

もっと大きく構築
O3DE は、モジュール性と柔軟性を実現するように設計されています。サブシステムを交換するか、統合を簡単に追加して、ゲームやシミュレーションに必要な機能がなくても必要な機能を提供します。
構築を続ける
O3DE の AWS Integration Gem を使用して、マルチプレイヤーのスケーリング、分析、クラウドストレージ、リアルタイムデータソースをエンジンから直接ゲームに追加します。
無料で構築
O3DE はフルソースコードも含めて無料です。基本料金、サブスクリプション料金、また収益分配の義務はありません。Apache 2.0 でライセンスが付与されているため、エンジンテクノロジーを完全に制御できます。

O3DE からのリソース

エメラルド色の空を前に立っているゲームキャラクター

最新のダウンロード

最新の O3DE リリースをダウンロードして、AAA ゲーム、映画品質の 3D ワールド、忠実度の高いシミュレーションを、料金や商業上の義務を負担せずに構築する方法をご覧ください。

今すぐダウンロード »

エメラルド色の空を前に立っているゲームキャラクター

O3DE の使用を開始する

これらのリソースには、O3DE の設定と作成の開始に役立つステップバイステップの資料が含まれています。

詳細はこちら »

エメラルド色の空を前に立っているゲームキャラクター

O3DE チュートリアル

このガイドには、O3DE の概念、機能、およびツールを説明する動画チュートリアル、ステップバイステップの記述されたチュートリアル、およびサンプルドキュメントが含まれています。

詳細はこちら »

エメラルド色の空を前に立っているゲームキャラクター

O3DE ユーザーガイド

O3DE ユーザーガイドには、O3DE プロジェクトで作業するユーザー向けの情報とガイダンスが含まれています。

詳細はこちら »

ブログより

ビルダー向けに構築: AWS と O3DE 安定した 21.11 リリース

ビルダー向けに構築: AWS と Open 3D Engine - 安定した 21.11 リリース

本日、最新の O3DE 安定性 21.11 リリースがデベロッパーとコンテンツ作成者に対しても利用可能になり、世界クラスの無料 3D レンダリングツールを誰もが利用できるようにするという私たちの使命をさらに達成できることをお知らせします。 ブログを読む >>

ゲーム制作も担当: 最初の AWS O3DE ゲームが利用可能になりました

ゲーム制作も担当: 最初の AWS O3DE ゲームが利用可能になりました。

デベロッパーはコードが好きです。デベロッパーはデモが好きです。しかし、私たちの経験では、ゲームデベロッパーはコードとデモが本当に好きです。共有できるコードとデモをいくつか探しています。結局のところ、新しいゲームを作成するとき、機能しているものを見て、「彼らがどのようにそれを実現したか」を探求することができます。 ブログを読む >>

ビルダー向けに構築: AWS と Open 3D Engine のストーリー – デベロッパープレビュー

ビルダー向けに構築: AWS と Open 3D Engine のストーリー – デベロッパープレビュー

ゲームやシミュレーションのデベロッパーから、制作パイプラインでのコラボレーション、カスタマイズ、クリエイティブな制御を可能にする選択肢を増やしたがっているとお聞きしました。3D ツールを最初から構築するにはコストがかかるだけでなく、開発に何年もかかり、メンテナンスにもかなりのリソースを割かなければならない可能性があります。ブログを読む >>

会話にご参加ください