AWS クラウド

まずは無料で始める

AWS では、IT 管理者、システム管理者、および開発者がハイブリッドインフラストラクチャのリソースをより簡単に管理およびモニタリングできるようにするサービスの広範なセットを用意しています。この完全マネージド型サービスを使用することで、AWS やオンプレミスのリソースを大きな規模で自動的にプロビジョニング、構成、および管理できます。また、リアルタイムのダッシュボードやアラームを使用して、インフラストラクチャのログやメトリクスを監視することもできます。さらに、AWS では、コンプライアンスやセキュリティの監視、追跡、強制に役立つ機能も利用できます。

Management-Tools_Infographic
要件:
お勧めする選択肢:

宣言型テンプレートを使用したリソースの自動プロビジョニング

AWS CloudFormation
デプロイ可能なリソースとソフトウェアの公開カタログ
AWS Marketplace
デプロイ可能なリソースとソフトウェアの非公開カタログ
AWS Service Catalog
要件:
お勧めする選択肢:

パッケージのインストール、ソフトウェアとリソースの構成、システムパッチの適用、および管理タスクの実行のためのマネージド型 Chef サーバー

AWS OpsWorks

パッケージのインストール、ソフトウェアとリソースの構成、システムパッチの適用、および管理タスクの実行のために利用できる EC2 ツールのコレクション

EC2 Systems Manager

要件:
お勧めする選択肢:

AWS リソースとアプリケーションによって生成されるメトリクス、ログ、イベントの監視、アラーム、ダッシュボード

Amazon CloudWatch
要件:
お勧めする選択肢:

構成変更の追跡とガバナンスの自動化

AWS Config

ユーザーアクティビティと AWS API 呼び出しの記録

AWS CloudTrail

組織用のセルフサービス型 IT カタログ

AWS Service Catalog
要件:
お勧めする選択肢:

コスト削減、パフォーマンス向上、セキュリティ強化のための自動化されたガイダンス

AWS Trusted Advisor

AWS CloudFormation は、開発者やシステム管理者が、関連する AWS リソースのコレクションを容易に作成/管理し、秩序のある予測可能な方法でプロビジョニングしたり更新したりできるようにします。お客様は、AWS CloudFormation のサンプルテンプレートを使用したり、独自のテンプレートを作成したりして、AWS リソースと、アプリケーションを実行するために必要な関連するすべての依存関係やランタイムパラメータを記述できます。

詳細については、AWS CloudFormation 製品ページを参照してください。


設定管理サービスである AWS OpsWorks を使用すると、お客様は Chef を使用して、あらゆる種類とサイズのアプリケーションを簡単に設定したり運用したりできます。パッケージのインストール、ソフトウェア設定およびストレージなどのリソースを含む、各コンポーネントのアプリケーションのアーキテクチャおよび仕様を定義できます。アプリケーションサーバーやデータベースなどの一般的な技術用のテンプレートから開始することも、スクリプトで記述できる任意のタスクを実行するために独自のテンプレートを構築することもできます。AWS OpsWorks は、時間または負荷に基づいてアプリケーションのサイズを調整する自動化や、環境の規模の変化に合わせて変更を調整する動的設定を備えています。

詳細については、AWS OpsWorks 製品ページを参照してください。


Amazon EC2 Systems Manager では、システムインベントリの収集、OS パッチの適用、イメージ作成の自動化、OS やアプリケーションの大規模な構成といった重要な管理タスクを簡単に自動化できます。このような機能は、システム構成の定義と追跡、メンテナンス時間の決定、ソフトウェアコンプライアンスの維持に役立ちます。EC2 Systems Manager には以下のツールが含まれます。

Run Command – スクリプト実行の自動化
State Manager – OS 構成の定義と自動化
Patch Manager – ソフトウェアパッチの選択とデプロイ
Automation – メンテナンスやデプロイに関する一般的なタスクの自動化
Parameter Store – 重要な管理情報とデータベース文字列の保存
Inventory – 構成とインベントリに関する情報の収集とクエリ
Maintenance Window – 定期的なタスク向けのメンテナンス時間の決定

詳細については、Amazon EC2 Systems Manager のページをご覧ください。


Amazon CloudWatch は、AWS クラウドリソースと AWS で実行するアプリケーションのモニタリングサービスです。Amazon CloudWatch を使用して、メトリクスを収集して追跡すること、ログファイルを収集してモニタリングすること、アラームを設定すること、および AWS リソースの変更に自動的に反応することができます。Amazon CloudWatch は、Amazon EC2 インスタンス、Amazon DynamoDB テーブル、Amazon RDS DB インスタンスなどの AWS リソース、およびアプリケーションやサービスに生成されたカスタムメトリクス、およびアプリケーションが生成するあらゆるログファイルをモニタリングできます。Amazon CloudWatch を使用して、システム全体のリソース使用率、アプリケーションパフォーマンス、およびオペレーションの状態について可視性を得ることができます。これらの洞察を使用して対応し、アプリケーションのスムーズな動作を維持できます。

詳細については、Amazon CloudWatch 製品ページを参照してください。


AWS Config は完全マネージド型のサービスで、セキュリティとガバナンスのため、AWS リソースインベントリ、設定履歴、設定変更通知といった機能が用意されています。Config Rules を使用して、AWS Config によって記録された AWS リソース設定を自動的にチェックするルールを作成できます。   

AWS Config を使用することで、既存の AWS リソースと削除された AWS リソースとの検出、ルールに対する全体的なコンプライアンスの判定、および任意の時点でのリソース設定の詳細な調査が可能になります。これらの機能は、コンプライアンス監査、セキュリティ分析、リソース変更の追跡、トラブルシューティングを可能にします。

詳細については、AWS Config 製品ページを参照してください。


AWS CloudTrail はアカウントに対する AWS API 呼び出しを記録し、ログファイルを配信するウェブサービスです。記録される情報には、API 呼び出し元の ID、API 呼び出し元のソース IP アドレス、リクエストのパラメータ、および AWS サービスから返された応答の要素が含まれます。

CloudTrail を使用すると、アカウントの AWS API の呼び出し履歴を取得できます。履歴には、AWS マネジメントコンソール、AWS SDK、コマンドラインツール、高レベルの AWS サービス(AWS CloudFormation など)を使用した API の呼び出しが含まれます。CloudTrail で生成される AWS API の呼び出し履歴を利用して、セキュリティの分析、リソース変更の追跡、およびコンプライアンスの監査を行うことができます。

詳細については、AWS CloudTrail 製品ページを参照してください。


AWS Service Catalog では、AWS での使用が承認された IT サービスのカタログを作成および管理できます。この IT サービスには、仮想マシンイメージ、サーバー、ソフトウェア、データベースから包括的な多層アプリケーションアーキテクチャまで、あらゆるものが含まれます。AWS Service Catalog では、一般的にデプロイされた IT サービスを集中管理でき、一貫性のあるガバナンスを実現し、コンプライアンス要件を満たすと同時に、ユーザーは必要な承認済みの IT サービスのみをすばやくデプロイできます。

詳細については、AWS Service Catalog 製品ページを参照してください。


AWS Trusted Advisor は、AWS 環境を最適化することで、コスト削減、パフォーマンス向上、セキュリティ強化に役立つオンラインリソースです。Trusted Advisor では、AWS ベストプラクティスに従ってリソースをプロビジョニングするのに役立つ、リアルタイムガイダンスを提供しています。

詳細については、AWS Trusted Advisor 製品ページを参照してください。

 

the-globe-and-mail-logo

Globe and Mail はカナダで最も読まれている新聞で、毎週カナダ中の 470万人の読者がデジタル版にアクセスしています。Globe では、インフラストラクチャの自動化に DevOps を採用しました。AWS で動作する Globe の本番、ステージング、開発の各環境の管理は、AWS CloudFormation と AWS OpsWorks を使用することにより、はるかに簡単になりました。これらのツールを使用することで、CPU やメモリの使用状況が自動的に監視され、サーバーを手動で追加しなくても済むようになりました。同社は Amazon CloudWatch を使用してシステムのパフォーマンスを監視しています。

詳細