AWS Cloud Adoption Framework (AWS CAF) では、組織が効率的かつ効果的なクラウド導入計画を作成するために役立つ枠組みを提供します。フレームワーク内に組み込まれているガイダンスおよびベストプラクティスは、IT ライフサイクル全体で、組織全体にわたるクラウドコンピューティングへの包括的なアプローチを構築するのに役立ちます。

多くの組織では、進行役がリードしてワークショップを行う AWS CAF の手法を採用しています。このウェブサイトは定期的に更新され、セルフサービスのツールやリソースにアクセスできるようになります。

AWS Cloud Adoption Framework では、計画の作成段階での複雑なプロセスを管理しやすい分野に分割します。

パースペクティブは、人員、プロセス、テクノロジーにまたがる最上位の分野を表しています。ケイパビリティは、各パースペクティブ内で注意が必要な特定の側面を示します。スキルとプロセスは作業の流れとして整理され、実行可能な計画を作成するための規範的なガイダンスを提供します。

パースペクティブを確認 »

CAF Perspectives Framework
Action Plan Image Final

AWS Cloud Adoption Framework は、クラウドベースの IT 環境に移行するための手段を提供し、特定のケイパビリティの実行においてクラウドが与える影響を学習し、計画を立てることができます。 

上の図は、AWS CAF のアクション計画のテンプレートです。この組織の取り組みは、リーダーチームが CAF の 6 つのパースペクティブを確認することから始まります。各パースペクティブにより、複数の分野やチームにまたがる包括的な作業の流れをチームで作成できます。このような作業の流れによって、スキルとプロセスのギャップや依存関係をテンプレート内で把握できます。最終的に、クラウド移行の取り組みにおける組織の変更管理を導くアクション計画が作成できます。 

AWS プロフェッショナルサービスでは、お客様の取り組みに役立つ AWS Cloud Adoption Framework ワークショップを提供しています。

詳細については、お問い合わせください