クラウドによるデジタルトランスフォーメーションの加速

AWS クラウド導入フレームワーク (AWS CAF) は、AWS の経験とベストプラクティスを活用し、AWS の革新的な利用によるデジタルトランスフォーメーションとビジネス成果の加速を支援します。AWS CAF は、成功するクラウドトランスフォーメーションを支える特定の組織の機能を識別します。これらの機能は、クラウドの対応力向上に役立つベストプラクティスガイダンスを提供します。AWS CAF は、その機能を 6 つのパースペクティブでグループ化しています: ビジネス、人材、ガバナンス、プラットフォーム、セキュリティ、オペレーション。各パースペクティブは、機能的に関連するステークホルダーがクラウドトランスフォーメーションのジャーニーにおいて所有または管理する一連の機能で構成されています。AWS CAF を使用して、トランスフォーメーションの機会を特定して優先順位を付け、クラウドの対応を評価して改善し、トランスフォーメーションのロードマップを反復的に進化させます。

利点

ビジネスリスクを軽減

ビジネスリスクを軽減

信頼性の向上、パフォーマンスの向上、セキュリティの強化により、リスクプロファイルを低減します。

環境、社会、ガバナンスに関するパフォーマンスの向上

環境、社会、ガバナンスに関するパフォーマンスの向上

インサイトを活用して、サステナビリティと企業の透明性を向上させます。

収益の拡大

収益の拡大

新製品新サービスの創出、新しい顧客への到達、新規市場セグメントへの参入

業務効率の向上

業務効率の向上

運営コストの削減、生産性の向上、従業員とカスタマーエクスペリエンスの向上

仕組み

構想

戦略的目標に沿ったトランスフォーメーションの機会を特定し、優先順位をつける。トランスフォーメーションの取り組みを主要なステークホルダーや測定可能なビジネス成果と関連付けることで、トランスフォーメーションのジャーニーを進める中で価値を実証することができます。

調整

機能のギャップと組織間の依存関係を特定する。これにより、クラウドの対応を改善するための戦略を策定し、ステークホルダーの連携を確保し、関連する組織の変更管理活動を促進することができます。

起動

本番でパイロットを実施し、ビジネス価値の向上を実証する。パイロットは非常にインパクトのあるものでなければならず、成功すれば将来の方向性に影響を与えることになります。 パイロットから学んだことは、完全な本番にスケーリングする前にアプローチを調整するのに役立ちます。

スケール

パイロットとビジネス価値を希望のスケールに拡大し、クラウド投資に伴うビジネスのメリットを実現し、持続させます。

ユースケース

テクノロジー

レガシーインフラストラクチャ、アプリケーション、データおよび分析プラットフォームを移行して近代化する。Cloud Value Benchmarking によると、オンプレミスから AWS への移行により、ユーザー 1 人あたりのコストが 27% 削減され、管理者あたりの VM 管理数が 58% 増加し、ダウンタイムが 57% 減少し、セキュリティインシデントが 34% 減少しています。

処理

ビジネスオペレーションのデジタル化、自動化、最適化。これには、新しいデータおよび分析プラットフォームを活用して実用的なインサイトを作成することや、機械学習 (ML) を利用して、顧客サービスエクスペリエンス、従業員の生産性と意思決定、ビジネス予測、不正行為の検出と防止、および産業運営を改善することが含まれます。

組織

ビジネスチームやテクノロジーチームが顧客価値を創造し、戦略的意図を満たす方法を再考します。製品や価値のストリーミングに沿ってチームを編成し、アジャイルな手法を活用して迅速に反復および進化させることで、より応答性が高い顧客中心のビジネスを実現します。

製品

新たな価値提案と収益モデルの構築により、ビジネスモデルを再考する。Cloud Value Benchmarking によると、AWS を採用することで、新機能やアプリケーションの市場投入までの時間が 37% 短縮され、コードのデプロイ頻度が 342% 増加し、新しいコードのデプロイにかかる時間が 38% 短縮されています。

機能とパースペクティブ

AWS CAF の機能は、クラウドの対応力向上に役立つベストプラクティスガイダンスを提供します。AWS CAF のパースペクティブは、機能的に関連するステークホルダーがクラウドトランスフォーメーションのジャーニーにおいて所有または管理する機能で構成されています。

ビジネス

ビジネスのパースペクティブは、クラウドへの投資がデジタルトランスフォーメーションの野望とビジネスアウトカムの加速を支援します。一般的なステークホルダーには、最高経営責任者 (CEO)、最高財務責任者 (CFO)、最高業務責任者 (COO)、最高情報責任者 (CIO)、最高技術責任者 (CTO) などが挙げられます。

人員

人々のパースペクティブは、テクノロジーとビジネスの架け橋となり、クラウドのジャーニーを加速させ、文化、組織構造、リーダーシップ、ワークフォースに焦点を当てながら、継続的に成長し、学習し、変化が当たり前になるような文化へと組織がより迅速に進化できるようにします。一般的なステークホルダーとしては、CIO、COO、CTO、クラウドディレクター、複数部門にわたるリーダー、エンタープライズ全体のリーダーなどが挙げられます。

ガバナンス

ガバナンスのパースペクティブは、組織の利益を最大化し、トランスフォーメーションに関連するリスクを最小限に抑えながら、クラウドの取り組みをオーケストレートすることができます。 一般的なステークホルダーとしては、最高トランスフォーメーション責任者、CIO、CTO、CFO、最高データ責任者 (CDO)、最高リスク責任者 (CRO) などが挙げられます。

プラットフォーム

プラットフォームのパースペクティブは、エンタープライズグレードのスケーラブルなハイブリッドクラウドプラットフォームの構築、既存のワークロードの近代化、新しいクラウドネイティブソリューションの導入を支援します。一般的なステークホルダーとしては、CTO、テクノロジーリーダー、アーキテクト、エンジニアなどが挙げられます。

セキュリティ

セキュリティのパースペクティブでは、データやクラウドワークロードの機密性、完全性、可用性の実現を支援します。一般的なステークホルダーには、最高情報セキュリティ責任者 (CISO)、最高コンプライアンス責任者 (CCO)、内部監査のリーダー、セキュリティアーキテクトやエンジニアなどが挙げられます。

オペレーション

オペレーションのパースペクティブは、クラウドサービスがお客様のビジネスニーズを満たすレベルで提供されるようにします。一般的なステークホルダーは、インフラストラクチャおよびオペレーションのリーダー、サイト信頼性エンジニア、情報技術サービスマネージャーなどが挙げられます。

お客様事例

オークランド大学

オークランド大学は、AWS CAF をスタッフ、教師、研究者向けのクラウド利用方法のガイドとして活用しました。

導入事例を読む »

イギリス気象庁

イギリス気象庁は、AWS CAF を利用して、クラウドの成熟度を評価し、内部機能を最適化しました。

導入事例を読む »

Suntory

Suntory グループは、AWS CAF を使用して、グローバル IT インフラストラクチャロードマップの実装を促進しました。

導入事例を読む »

Sensis

Sensis は、AWS CAF を利用して、チームにベストプラクティスを指導し、クラウド移行の加速をサポートしました。

導入事例を読む »