AWS クラウド導入フレームワーク

クラウド導入ガイド

AWS プロフェッショナルサービスは、組織がクラウドを導入するための効率的かつ効果的な計画を策定するのをサポートするため、AWS クラウド導入フレームワーク (AWS CAF) を作成しました。フレームワークで示されているガイダンスおよびベストプラクティスは、IT ライフサイクル全体で、組織全体にわたるクラウドコンピューティングへの包括的なアプローチを構築するのに役立ちます。

AWS CAF は、クラウドへの移行を計画する際の複雑なプロセスを、パースペクティブと呼ばれる管理しやすい段階に区分けします。パースペクティブは、人員、プロセス、テクノロジーにまたがる重要分野を表しています。各パースペクティブ内の機能は、組織のどの分野に注意を払う必要があるかを特定します。そこから、アクションは、クラウドの導入を成功へと導くのに役立つパースペクティブワークストリームに編成されます。

ホワイトペーパーをダウンロード: AWS クラウド導入フレームワークの概要

AWS クラウド導入フレームワークの概要

AWS CAF のパースペクティブ

AWS クラウド導入フレームワーク (AWS CAF) は、ガイダンスをパースペクティブと呼ばれる 6 つの重点分野に編成します。各パースペクティブは、機能的に関連するステークホルダーが所有または管理する明確な責任をカバーしています。一般的に、ビジネス、人員、ガバナンスのパースペクティブではビジネス遂行能力に焦点を当て、プラットフォーム、セキュリティ、オペレーションのパースペクティブでは技術的能力に焦点を当てています。

CAF Perspectives Framework

AWS CAF ビジネスパースペクティブ

  • ビジネスパースペクティブ

    ビジネスパースペクティブは、ビジネスと IT を別々に扱う戦略から、IT 戦略を統合したビジネスモデルに移行するのに役立ちます。アジャイル IT 戦略はビジネスの成果に役立てられるように整え、変化するビジネスニーズや技術的能力に合わせて調整することができます。

    共通の役割: 業務管理者、財務管理者、バジェットオーナー、戦略ステークホルダー。

    機能

    IT Financeは、クラウドサービスの使用ベースのコストモデルを用いて、IT 経費の予算を作成、割り当て、管理することができます。

    IT 戦略は、クラウドベースの IT アプローチを活用して、価値とエンドユーザーの導入を実現するのに役立ちます。

    メリットの実現は、クラウドベースの IT 運用モデルの方法を使用して、IT 投資のメリットを測定するのに役立ちます。

    ビジネスリスク管理は、予防可能、戦略的、外部のリスクが潜在的にビジネスに与える影響を測定するのに役立ちます。

    リソース

  • 人員パースペクティブ

    人員パースペクティブでは、人事 (HR) と人員管理部門が、スタッフのスキルや組織プロセスを更新してクラウドベースのコンピテンシーを持てるようにすることで、チームがクラウドの導入を準備するのをサポートします。

    共通の役割: 人事、スタッフ配置、人員管理者。

    機能

    リソース管理は、クラウドベースモデルのための新しい人材ニーズを理解し予測するのに役立ちます。

    インセンティブマネジメントでは、クラウドベースの IT モデルを運用するために必要な人材を引き付けて雇用を維持する報酬プログラムの導入をサポートします。

    キャリアマネジメントでは、クラウド移行と継続的な運用モデルに必要なスキルの特定、取得、および保持をサポートします。

    トレーニング管理では、従業員がクラウド環境で自分の役割を果たすことができるように、トレーニングを通じて従業員のスキルを開発または取得する方法に関するガイダンスを示します。

    組織変更管理は、クラウドの導入に起因するビジネス、構造、および文化の変化の影響を管理するのに役立ちます。

    リソース

  • ガバナンスパースペクティブ

    ガバナンスパースペクティブでは、IT ガバナンスと組織ガバナンスを統合します。ガバナンスパースペクティブは、IT ガバナンスのベストプラクティスの特定と実装、およびテクノロジーを使用したビジネスプロセスのサポートに関するガイダンスを提供します。

    共通の役割: CIO、プログラムマネージャー、プロジェクトマネージャー、エンタープライズアーキテクト、ビジネスアナリスト、ポートフォリオマネージャー。

    機能

    ポートフォリオ管理は、望ましいビジネス成果に基づいてそれを管理するためのメカニズムを提供します。クラウドに移行するサービスの優先順位付けを行う際に、ワークロードのクラウド適格性を判断するのに役立ちます。

    プログラムとプロジェクト管理は、クラウドサービスに固有の俊敏性とコスト管理のメリットを活用する方法論を使用して、テクノロジープロジェクトを管理するのに役立ちます。

    ビジネスパフォーマンス測定は、ビジネスの目標に対してクラウドが与える影響を測定するのに役立ちます。

    ライセンス管理は、IT システム、サービス、およびソフトウェアに必要なライセンスを調達し、配布し、管理する方法を定義します。

    リソース

AWS CAF テクニカルパースペクティブ

  • プラットフォームパースペクティブ

    プラットフォームパースペクティブは、ビジネスの目標と目的に基づいて AWS テクノロジーのアーキテクチャを設計、実装、最適化するのに役立ちます。AWS インフラストラクチャの定義に使用する設計、原則、ツール、およびポリシーの戦略的ガイダンスを示すのに役立ちます。プラットフォームパースペクティブには、ターゲットステート環境の通信、クラウド上の新しいソリューションの実装、およびオンプレミスのワークロードからクラウドへの移行のための原則とパターンも含まれています。

    共通の役割: CTO、IT マネージャー、ソリューションアーキテクト

    機能

    システムとソリューションアーキテクチャは、システム設計とアーキテクチャ標準を定義し説明するのに役立ちます。

    コンピューティング、ネットワーク、ストレージ、およびデータベースプロビジョニングは、クラウド環境でインフラストラクチャをプロビジョニングするための新しいプロセスを開発するのに役立ちます。プロビジョニングにより、需要と供給を調和させる運用上の焦点から、要件とサービスを調和させるアーキテクチャ上の焦点に移行します。

    アプリケーション開発は、新しいアプリケーションまたは更新されたアプリケーションを使用してビジネス目標をサポートする能力を強化し、クラウドコンピューティングによって得られる俊敏性を利用するソフトウェア開発の新しいスキルとプロセスの実装を支援します。

    リソース

  • セキュリティパースペクティブ

    セキュリティパースペクティブは、コントロールの選択と実行を構造化するのに役立ちます。このガイダンスに従うことで、非準拠の分野を特定し、進行中のセキュリティイニシアチブを計画することを容易にします。

    AWS CAF セキュリティパースペクティブの詳細については、AWS CAF セキュリティパースペクティブホワイトペーパーをダウンロードしてください。

    共通の役割: CISO、IT セキュリティマネージャー、IT セキュリティアナリスト

    機能

    Identity and Access Management (IAM)は、AWS を ID 管理ライフサイクルに加えて、認証と許可のソースに統合するのに役立ちます。

    Detective Controlは、AWS 環境内の潜在的なセキュリティインシデントを特定するためのガイダンスを提供します。

    インフラストラクチャのセキュリティは、ベストプラクティスに準拠し、業界や規制上の義務を遂行するために必要な制御方法を実行するのに役立ちます。

    データ保護は、転送中と保管時のデータを保護するための適切なセーフガードを導入するのに役立ちます。

    インシデントへの対応は、セキュリティインシデントへの対応を定義して実行するのに役立ちます。

    リソース

  • オペレーションパースペクティブ

    オペレーションパースペクティブは、IT ワークロードをビジネスステークホルダーの要件を満たすレベルまで実行、使用、運用、復旧するのに役立ちます。オペレーションパースペクティブを通じて得られた情報は、現在の運用手順と、クラウド導入の成功に必要なプロセスの変更とトレーニングを定義します。適切に管理された IT オペレーションにより、計画と維持、変更管理とインシデント管理を通じて業務運営をサポートします。

    共通の役割: IT 運用管理者、IT サポートマネージャー。

    機能

    サービスモニタリングは、サービスレベルアグリーメントおよびオペレーティングレベルアグリーメントを充足するために、IT 運用ヘルスインジケーターの検出と対応に重点を置きます。

    アプリケーションパフォーマンスモニタリング (APM)では、アプリケーションの正常性が定義された要件を確実に満たすようにするため、クラウド環境でアプリケーションのパフォーマンスを監視する新しい方法を示します。

    リソースインベントリ管理は、仮想 IT 資産を管理して、高性能でコスト効率の高いサービスを提供するのに役立ちます。

    リリース/変更管理は、チームがオートメーションや継続的インテグレーション/継続的デリバリー (CI/CD) 技術などのソフトウェア開発のベストプラクティスを導入し、イノベーションのペースを向上させるのに役立ちます。

    レポートと分析は、クラウド資産の健全性を監視し、望ましいパフォーマンスを達成するためのヒントを示します。

    ビジネス継続性/災害対策は、災害時でもビジネスを継続するプロセスを実装するのに役立ちます。

    IT サービスカタログは、ITサービスの提供効率と消費の生産性を向上させるモデルを使用して、ビジネスにクラウドサービスをもたらすのに役立ちます。

    リソース

AWS CAF アクション計画の作成

AWS CAF アクション計画は、クラウドベースの IT への移行に向けて準備するのに役立ちます。最初のプロセスはリーダーシップチームが CAF の 6 つのパースペクティブを確認することです。各パースペクティブを使用して、インプットとして記録される既存のスキルとプロセスのギャップを明らかにするワークストリームを作成します。これらのインプットは、クラウドに移行する際に組織の変更管理を導くための AWS CAF アクション計画を作成するための基礎となります。

ダウンロードガイド: AWS CAF アクション計画の作成

CAF_Completed_Action_Plan
ご不明な点がおありですか?
オンラインセミナーを見る

録画済みの「AWS クラウド導入フレームワークの概要」ウェビナーを視聴して、AWS CAF の概要、6 つのパースペクティブ、そしてそれらをクラウドの移行にどのように活用できるかをご覧ください。

ホワイトペーパーをダウンロードする

AWS CAF のホワイトペーパーを読んで、AWS CAF がクラウドに移行する際にワークストリームを実装する方法を学び、それぞれのパースペクティブに含まれる機能とステークホルダーを理解しましょう。 

アクション計画を作成する方法を学ぶ

AWS CAF のアクション計画を作成して、クラウド導入の潜在的な障害を特定し、クラウドの正常な導入を促すのに欠けているスキルとプロセスに対処する計画を作成する方法を学びましょう。

始める準備はできましたか?
お問い合わせ

AWS CAF エンタープライズワークショップは、AWS プロフェッショナルサービスおよび AWS パートナーネットワークのパートナーからご利用いただけます。詳細については、お問い合わせください。