Amazon Rekognition は、画像の分析をアプリケーションに簡単に追加できるようにするサービスです。Rekognition では、画像内の物体、シーン、および顔を検出できます。顔を検索および比較し、有名人を認識し、不適切なコンテンツを識別することもできます。

顔検索を有効にするために、顔メタデータ (顔の特徴のベクトル表現) のコレクションを保存できます。このようなベクトルは、左右の目、鼻、左右の口角など、顔面の特徴となる場所の間のパスを表します。Rekognition の API を使用すれば、高度な深層学習に基づく視覚検索と画像分類をアプリケーションに簡単に追加できます。前払い料金はなく、実際に分析した画像と保存した顔メタデータに対してのみ料金が発生します。

深層学習に基づく画像分析を使用することにより、アプリケーションで画像コンテンツを詳細に認識できます。画像分析を使うと、アプリケーションで画像ファイル内の物体、シーン、および顔を検出できます。この新機能を使用すれば、画像コンテンツの正確な認識を高速かつ大規模に実行できるようになります。アプリケーションに新たな機能とサービスを導入でき、まったく新しいカテゴリの製品を創造できます。画像認識を使えば、ドアカメラで家族と信頼できる友人を認識し、ドアを開け、室内の電気をつけて、室温を調節できます。スマートビルボードでは、広告を見た人の顔属性や感情に基づいて画像分析を行い、広告に対する反応を測定できます。また、写真アプリケーションでは、同じ画像認識機能を使って、写真に写った物体、シーン、人物に基づいて何百万もの画像を短時間で整理でき、高速で機能が豊富な画像検索を実装できます。

Amazon Rekognition が一般公開されました

Amazon Rekognition を無料で試す
またはコンソールにサインイン

サインアップすると、Amazon Rekognition を初めて使用するお客様は、最初の 12 か月間は、1 か月あたり 5,000 個の画像分析と、毎月最大 1,000 個の顔メタデータの保存が可能です。

AWS 無料利用枠の詳細はこちら »

Rekognition を使用すると、乗り物、ペット、家具といった何千もの物体を自動的に識別でき、各物体に対する信頼スコアを出力できます。Rekognition では、日没やビーチの写真など、画像内のシーンも検出できます。物体とシーンの検出の詳細については、Amazon Rekognition 開発者ガイドを参照してください。

Rekognition により、明示的および暗示的なコンテンツを検出して、すべての画像をアプリケーションの要件に基づいてフィルタリングできます。 Rekognition は信頼スコアとともにラベルの階層リストを提供するため、許可する画像をきめ細やかに制御できます。

Rekognition を使えば、画像内の顔の位置を特定し、笑っているか、目が開いているか、感情を表しているかといった顔属性を分析できます。画像分析時には、検出された顔それぞれの位置と長方形の枠が、左右の目、鼻、左右の口角など、顔面の特徴となる場所とともに表示されます。この位置情報は、自動顔フレーム、ハイライト、トリミングといった追加機能に使用できます。この情報は、画像のどの部分に顔が集まっているかを判断するためにも使用でき、ズームアウトとズームインを見分けるのにも役立ちます。顔分析の詳細については、Amazon Rekognition 開発者ガイドを参照してください。

Rekognition を使用すると、2 枚の顔画像が同一人物である可能性を計測でき、一致度を評価するための信頼スコアを出力できます。Amazon Rekognition の顔照合機能の詳細については、Amazon Rekognition 開発者ガイドを参照してください。

Rekognition を使うと、何百万枚もの画像から 1 つの顔を見つけることができます。まず、顔コレクションを作成します。顔コレクションでは、それぞれの顔が顔の特徴のベクトル表現として保存されます。その後、1 枚の写真を指定すると、顔コレクションから視覚的に類似した顔が検索されます。各写真について信頼スコアが出力されるため、一致する可能性の高いものをアプリケーションで表示できます。

Rekognition は、有名な、注目に値する、またはその分野で著名な何千もの個人を検出し、認識します。これにより、特定の関心に基づいて、有名人のデジタル画像ライブラリの索引付けおよび検索することが可能になります。API は、有名人の名前と一意の ID、一致の信頼性、有名人の関連コンテンツを指す URL を提供します (例: 有名人の IMDB リンク)。詳細については、RecognizeCelebrities API のドキュメントを参照してください。

Amazon Rekognition には、Amazon Rekognition API、AWS マネジメントコンソール、および AWS コマンドラインインターフェイス (CLI) を使用してアクセスできます。コンソール、API、CLI では、Rekognition API を使用して、ラベル検出、顔分析、顔照合、顔検索を行えます。AWS Lambda には Rekognition 用の設計図が用意されており、Amazon S3 や Amazon DynamoDB といった AWS データストアでのイベントに基づいて画像分析を簡単に開始できます。

Amazon Rekognition は AWS Identity and Access Management (IAM) と統合されています。IAM ポリシーを使用すれば、Amazon Rekognition API へのアクセスを制御し、アカウントへのアクセス権限をリソースレベルで管理できます。

Amazon Rekognition API を使用して分析される画像は保存されず、Rekognition から取得することはできません。類似した顔について顔コレクションの検索を行う場合は、IndexFaces API 関数を使用して、顔画像メタデータを保存できます。その後、SearchFace 関数で一致度が最も大きな顔を検索します。Rekognition には、顔メタデータを簡単に削除できる API も用意されています。この API の詳細については、Amazon Rekognition 開発者ガイドを参照してください。

Rekognition API の要約については、Rekognition のドキュメントAPI リファレンスを参照してください。