Savings Plans は、1 年または 3 年の期間で、一貫したコンピューティング使用量 (例: USD/時間で測定) を契約する代わりに、EC2、Lambda、Fargate の低額の使用料金が提供される柔軟な料金モデルです。Savings Plan にサインアップすると、契約量までの使用料金は割引された Savings Plans 料金で課金されます。AWS が提供する Savings Plans には 2 つのタイプがあります。

Compute Savings Plans

Compute Savings Plans は、最も優れた柔軟性を提供し、コストを最大 66% 削減するために役立ちます。これらのプランは、インスタンスファミリー、サイズ、アベイラビリティーゾーン、リージョン、OS、またはテナンシーに関わらず EC2 インスタンスの使用に自動で適用されます。また、Fargate を使用する場合にも適用されます。例えば、Compute Savings Plans では、C4 インスタンスから M5 インスタンスへの変更、欧州 (アイルランド) から欧州 (ロンドン) へのワークロードのシフト、または EC2 から Fargate へのワークロードの移動をいつでも行えます。Savings Plans の料金は、引き続き自動的に支払うことができます。

EC2 Instance Savings Plans

EC2 Instance Savings Plans は料金が最も低く、リージョン内の個々のインスタンスファミリーの契約 (例: バージニア北部で M5 の使用量) と引き換えに、最大 72% の節約を提供します。これは、アベイラビリティーゾーン、サイズ、OS、またはテナンシーに関わらず、そのリージョン内で選択されたインスタンスファミリーのコストを自動的に削減します。EC2 Instance Savings Plans は、そのリージョンのファミリー内におけるインスタンス間で使用量を変更する柔軟性を提供します。例えば、Windows を実行する c5.xlarge から Linux を実行する c5.2xlarge に移動しても、自動で Savings Plan 料金の恩恵を受けることができます。


あらゆる種類のコンピューティング使用量に対して、Savings Plan 料金とオンデマンド料金があります。以下に、あらゆる種類のサービスの Savings Plan 料金とオンデマンド料金を示します。確約量に対しては Savings Plans 料金が請求され、確約量を超える使用については通常のオンデマンド料金で請求されます。

  • Amazon EC2 の Compute Savings Plans
  • AWS Fargate の Compute Savings Plans
  • AWS Lambda の Compute Savings Plans
  • EC2 Instance Savings Plans
  • Amazon EC2 の Compute Savings Plans
  • AWS Fargate の Compute Savings Plans
  • AWS Lambda の Compute Savings Plans
  • EC2 Instance Savings Plans