tma-cygames_JP
5:12

Cygames は、Amazon S3 を中心とするログ収集システムを構築し、管理しています。すべてのゲームに関連するログファイルとシステムログファイル (解凍時に1日あたり10TB 以上) は、独自のログ転送エージェントによって Amazon S3 に転送されます。 Cygames のインフラストラクチャチームは、Amazon S3 に格納されたログファイルを、サードパーティのツール、Amazon Athena、Kibana、および Global Access Map (独自のツール) と統合して、データ分析を行う必要がありました。そのため、AWS Lambda、Amazon SQS、Amazon ECS を活用したスケーラブルなログ統合システムを構築しました。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-recruitlifestyle_JP
4:42

この This Is My Architecture のエピソードでは、リクルートライフスタイルのビッグデータアーキテクトである山田雄 氏が、AWS Lambda、AWS Step Functions、AWS Batch、Amazon DynamoDB の洗練された組み合わせによる、自動化されたスケーラブルで堅牢な機械学習 (ML) パイプラインの構築方法について説明します。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-vmware
7:39

次の This Is My Architecture では、VMware Cloud on AWS を動かしているアーキテクチャについて説明します。S3、CloudFormation、IAM、Lambda、新しい EC2 i3.metal インスタンスタイプを含む複数の AWS のサービスを使用して、VMware が VMware ソフトウェアの一貫性と互換性をグローバル規模の AWS と組み合わせたソリューションを提供する仕組みを示します。VMware が、クロスアカウントの IAM ロールを使用してお客様が所有するアカウント内の VPC ルートテーブルや ENI などのサービスを安全に管理し、AWS アカウントとオンプレミス環境の間に低レイテンシーでスループットの高い接続を確立する方法がわかります。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-jandi
6:46

JANDI は、Tosslab の SaaS ベースのエンタープライズコラボレーションサービスです。このエピソードでは、開発責任者の Sangrok 氏が、ワークロードが高くてもサービスの可用性を確保するために設計されたサービスのコアコンポーネントである、メッセージストリーミングプラットフォームについて説明します。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-warnerbros
6:52

次の This Is My Architecture は、Warner Bros. Technology の Vahram 氏です。複数の AWS リージョンにまたがる 225 以上の AWS アカウント用に、毎月膨大なテラバイト規模のログデータを処理する費用対効果の高いシステムを構築する方法が示されています。Kinesis Firehose、Lambda、S3、およびサードパーティーのツールを使用して、複数のサービスからログを収集、変換、保存、および配信する方法がわかります。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-accenture
5:14

次の This Is My Architecture では、アクセンチュア・クラウド・プラットフォームの Tom 氏が、お客様アカウント内の AWS リソースを検出するサーバーレスシステムの設計について説明します。アクセンチュアは、CloudWatch、API Gateway、S3、Elasticsearch、および数千もの Lambda 同時関数を使用して、何百もの AWS アカウントにわたる変更を迅速に検出するスケーラブルなソリューションを構築しました。アクセンチュア・クラウド・プラットフォームは、クラウドにおける大規模顧客のガバナンス、コスト分析、リソースの可視性、インフラストラクチャ管理のニーズを支援します。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-sparkpost
5:04

Sparkpost は世界で迷惑メール以外のメールの 25% を配信する、信頼あるメールプロバイダーです。大量のアウトバウンドメールを取り扱うスケーラブルなシステムを設計するという課題に、MTA IP アドレスを主な制約として取り組んでいました。この動画では、Sparkpost の CTO である George Schlossnagle 氏が ELB、EC2、SQS を用いて AWS でどのようにゆるく結合されたアーキテクチャを作成したかを解説します。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-fox
6:08

Fox Network Engineering and Operations グループでは、外から入るすべてのメディアを収集、準備、パッケージを行い、複数のプラットフォームに向けた配信業務を支える強固なインフラストラクチャを構築しています。このグループでは、既存の設備と AWS との間でメディア処理ワークロードを共有する、リソース管理システムを AWS 上に構築しました。要求に合わせてリソースを動的にプロビジョンおよびスケールし、メディアのサプライチェーンのフロー全体を自動化しています。このプレゼンテーションでは、Fox がこのパラダイムシフトにより資本集約的な運用モデルから運用コスト型 (OpEx) のモデルにどのように移行したかを学ぶことができます。また、この移行で Fox が得た、オンデマンドですばやく新規サービスを立ち上げて短期間で利益を上げる俊敏性と、インフラストラクチャにかかるコストを創出される利益に見合うよう直結させる方法について理解するのに役立ちます。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-quickstart
7:54

次の This Is My Architecture では、私たち自身のクイックスタートチームが、EC2 での SQL Server 2017 に向けた設計について解説します。クイックスタートは、お客様が複雑なソリューションを AWS 上で簡単に導入できるようにする、自動化された代表的なリファレンスデプロイです。クイックスタートチームがモジュラー設計のためにどのように CloudFormation スタックネストを使用したかを学ぶと、AWS 上でエンタープライズグレードの SQL Server デプロイをカスタマイズして迅速に導入することができます。Amazon RDS 上の SQL Server と同様に、SQL Server 2017 クイックスタートでは、AWS Directory Service を、Microsoft Active Directory のドメイン管理のために使用できます。これは、Always On 可用性グループと Windows Server フェイルオーバークラスターを使用して HA と DR を提供する点が異なります。これが標準でどのようにマルチ AZ となっていて、3 つのアベイラビリティーゾーン (可能性としては複数のリージョン) にわたってどのように拡張可能であるかについて説明します。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-experian
6:10

次の This Is My Architecture では、Experian の Danny 氏が、オンプレミスのモノリシックアーキテクチャから、クラウド内のイベントドリブンマイクロサービスシステムにどのように移行したかを説明します。ECS、SNS、SQS、および DynamoDB を使用して、次世代アーキテクチャをどのように稼働させているかをご紹介します。技術に合わせるために、どのような文化的変化を経験したかについても説明があります。自社のチームを、それぞれがマイクロサービスのセットを担当する小さなグループに分割することで、デプロイが容易になり、依存関係が減り、開発が迅速化される状況に至ったのです。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-ntt_docomo
3:52

NTT ドコモの Jun 氏が、4 ペタバイトを超えるデータを処理するために、セキュアでスケーラブルなデータウェアハウスをどのように構築したかについて説明します。Redshift、S3、VPC などを使用して、セキュリティとスケーラビリティの両方を満足させる方法をご紹介します

YouTube のビデオを共有する

 

tma-london stock exchange
4:37

London Stock Exchange Group (LSEG) が、Cognito、API Gateway、AWS Elastic Beanstalk、Lambda 関数、Redshift、Elasticsearch、ElastiCache、RDS、EMR を使用してデータウェアハウスとフロントエンド API を構築し、安全性を高めた方法をご覧ください。このデータウェアハウスには 20 年分の履歴データを保存でき、ウェブクライアントや API からアクセスできます。当初は 18 か月で構築されると予想されていましたが、システムは 5 か月未満で本番運用の形で立ち上がり、稼働しました。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-bloopers
1:30

完璧な This is My Architecture ビデオができるまでに何が必要なのか、疑問に思ったことはありませんか? 私たちの間抜けな舞台裏の場面をいくつかご覧ください。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-six nines
5:18

Six Nines は CloudFormation、EC2、および S3 を使用して、同社顧客ベース内のデータ科学者が HPC クラスターを容易に作成して実行できるようにするソリューションを創出しました。以前は、研究開発部門の同社顧客にとって、HPC コンピューティングリソースの競合と、テストやシミュレーションのジョブが長時間続くことは、ビジネス上の大きな課題でした。SixNines は、顧客がクラスターの作成と実行を容易に行い、最大 60 倍の EC2 P3 インスタンスを使用して HPC テストジョブを並列化し、研究開発ジョブの実行時間を 12 時間から 2 時間に短縮できるようにする自動化された管理ソリューションを作成しました。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-uol
6:03

UOL の一部である PagSeguro は、オンプレミスで使用されるのと同じレイヤー 3 ネットワークを使用して、AWS でホストされているコンテナにネットワークアドレスの移植性を提供することを望んでいました。彼らは、AWS Marketplace から提供される、コンテナ管理用の Apache Mesos と EC2 上の Mikrotik ルーターアプライアンスと共に、Calico ソフトウェアを含む AWS EC2 を使用するソリューションを構築しました。各 EC2 インスタンスには、コンテナが 1 つの EC2 ホストから別のホストに移動してネットワーク接続を維持できるようにするため、Calico ソフトウェアがインストールされています。このソリューションにより、AWS とオンプレミスのネットワークの間に、必要なレベルのネットワーク統合が実現されました。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-cleardata
4:51

ClearDATA は、顧客アカウントに対する変更がセキュリティポリシーに従っていることを保証するために、お客様に追加の AWS セキュリティコントロールを提供するソリューションを構築しました。このソリューションは、CloudWatch イベントデータを取り込んでルーティングし、そのデータを分析して必要な修正アクションを識別する、イベント処理パイプラインを使用します。ClearData は、AWS Lambda、Kinesis Streams、Kinesis Firehose、ECS、および Step Functions を使用してこのシステムを構築しました。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-hdfc
9:56

HDFC Standard Life の Sanjay 氏が、リアルタイムリコメンデーションエンジンの背後にあるアーキテクチャについて説明しています。オンプレミスのデータセンターと AWS ムンバイリージョンにまたがり、S3、Lambda、EMR 上の Athena Spark、DynamoDB、Apache NiFi を含む複数のツールで構成されているハイブリッドシナリオです。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-usatoday
6:16

この This Is My Architecture のエピソードでは、Gannett | USA TODAY Network の Greg 氏が、AWS Device Farm を使用して 100 種類以上のモバイルアプリケーションをテストする方法を説明します。Gannett | USA TODAY Network は、米国各地の 109 のニュースマーケットにサービスを提供し、関連する 100 以上のモバイルアプリケーションに 1 日複数回アップデートを展開しています。この規模では、すべてのデバイスタイプと画面解像度でモバイルアプリケーションが正しく表示されることを確認するために機能テストと視覚的 QA を実行することは、難題になりえます。同社は AWS Device Farm、EC2 上の Jenkins、Artifactory、および Applitools を使用して大規模にテストを行い、ワークフローの多くを自動化することで、この問題に対処しています。

Youtube のビデオを共有する

 

tma-betterment
5:02

Betterment の Jon 氏が、Betterment がどのように AWS インフラストラクチャを構築し、Redshift による高度なメトリクスおよびデータ分析と、コンプライアンスのための Glacier という 2 つのユースケースをサポートしているかを説明します。2 つの要件をサポートするために、Kinesis によって複数のアプリケーションからデータをストリーミングし、Lambda で処理し、Redshift と Glacier の両方に保存する方法をご紹介します

YouTube のビデオを共有する

 

tma-ge
6:19

GE Digital の Predix Platform は、AWS 上でコンテナベースのアプリケーションを開発する開発者に標準の一貫したサービスを提供するため、EC2 上に Open Service Broker API を実装しました。開発者は、これらのアプリケーションの状態を管理する必要がありました (セッション状態データなど)。Predix Platform は Redis で AWS Elasticache を使用し、それを、オープンなサービスブローカーに基づくサービスブローカーを介して開発者に提供しました。これにより開発者は、事前設定された標準のパラメーター、サイジング、ネットワークセキュリティで Redis クラスターを簡単に作成できました。マルチテナントソリューションでデータセキュリティを管理するために、開発者は Redis の認証キーを使用しました。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-centurylink
5:34

Direct Connect を使用して、AWS への新しいファイバー物理接続のセットアップに取りかかるにはどうすればよいでしょうか? AWS は、ラスベガスで開催された re:Invent カンファレンスをサポートするため、まさにそれを行う必要がありました。特別版の This is My Architecture では、AWS が顧客で、CenturyLink がパートナーとなってこの接続を実現し、ライブビデオストリーミングのイベント、WiFi インターネット接続、および AWS リージョンアクセスをサポートしています。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-aviatrix
6:31

Aviatrix の Sherry 氏が、多くの AWS VPC とリージョンをオンプレミスのデータセンターに接続することによる進化の成果について語っています。サービスとトランスポートから成る VPC のようなアーキテクチャを採用したポリシー駆動型 VPN 接続では、セットアッププロセスが簡素化され、ネットワークのセグメント化が強制されて、グローバルな到達範囲が広がります。スポーク型の VPC では BGP は実行されません。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-soracom
7:46

「テレコムグレード」という用語は、極めて高い信頼性と可用性を提供するハイエンドシステムを表わすためによく使用されます。SORACOM は、AWS 上に、さまざまな種類の接続型デバイスを利用可能にするクラウドネイティブのセル方式コアネットワークを含むテレコムグレードの IoT プラットフォームを構築しました。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-redhat_openshift
6:52

Nicholas Gerasimatos 氏が、Red Hat Gluster Storage と Heketi (RESTful ベースのボリューム管理) を AWS 上の Openshift Container Platform で使用して、コンテナネイティブストレージとアプリケーションの高可用性をサポートするコアコンセプトを紹介しています。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-weaveworks
4:33

Weaveworks が、AWS 上に構築された高可用性マルチテナントシステムを使用して、大規模なコンテナのクラスターを監視している方法をご紹介します。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-condenast
5:45

This is My Architecture のこのエピソードでは、Marco Viganò 氏が、Vanity Fair Italy ウェブサイトの月間 3,000 万を超える訪問者のために、サーバーレスの機械学習推奨エンジンをどのように構築したかを示しています。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-weka
6:18

WekaIO の Liran 氏が、Matrix と Amazon EC2 が、AWS の顧客にオールフラッシュアレイのファイル性能、非常に高いスケーラビリティ、マルチ AZ の回復力をどのように提供しているかを説明します。 

YouTube のビデオを共有する

 

tma-buzzfeed
5:13

Buzzfeed の Matt Reiferson 氏が、Amazon ECS を基盤とするカスタムデプロイプラットフォームを構築した方法について語ります。ローカルワークステーションから、Terraform へ、ECR へ、ECS へといった各デプロイがどのように処理されるかの説明があります。すべては Route 53 によってつながれ、Elasticache と RDS によって支えられています。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-redhat_ansible
5:22

Ansible を使用したアプリケーションのデプロイ、システム管理、オーケストレーションについて、シニアソフトウェアエンジニアの Ryan Brown 氏が詳しく説明します。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-zocdoc
5:56

This is My Architecture のこのエピソードでは、ZocDoc の Zhen 氏が、Amazon ECS 上で同社のモノリスの各部をどのように再構築したかを説明しています。それぞれの応答を 100 ミリ秒未満にすることが目標でした。書き直しを選択した理由と、そのような意欲的な要求時間を選んだ理由を紹介し、ユーザーの使用環境の目標を達成するために、ECS、Kinesis、Lambda、DynamoDB を使用してどのように再構築を行ったかを説明します。 

YouTube のビデオを共有する

 

tma-periscope
2:50

This is My Architecture のこのエピソードでは、Periscope Data の CTO であり共同創業者である Tom O'Neill 氏が、Amazon Redshift の機能を使ってデータの取り込みとモデリングを行うエンジンを構築した方法を示しています。より賢いキャッシング手法を採用したアーキテクチャにより、CEO からデータアナリストまでの誰もが、今日のビジネススピードで生まれる数十億行のデータによって支えられた対話型ダッシュボードを提供できます。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-verizon_wireless
5:00

Verizon Wireless は、Amazon EC2 Container Service (Amazon ECS) を活用して、東海岸と西海岸の両方の AWS リージョンにまたがり、数百万の顧客に豊かなモバイルメッセージングエクスペリエンスを提供しています。高名な MTS の Jeff Lin 氏が、東海岸と西海岸の AWS リージョン間でメッセージをルーティングする方法を含め、氏のアーキテクチャについて語っています。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-dow
5:56

Dow Jones の Scott 氏が、複数の AWS アカウントにわたる Jenkins ベースの自動デプロイパイプラインのセットアップについて語ります。マスター-スレーブ型をベースとする Jenkins のセットアップにより、Scott 氏のチームは、セキュリティとアクセスを 1 つのアカウントから制御しながら、スクリプトで記述した、セキュアで監査可能な一貫性のあるやり方で、AWS にインフラストラクチャや変更を加えることができます。Scott 氏は、Dow Jones が AWS でホスト名を割り当てるために使用するホスト名ディスパッチャワークフローにも光を当てています。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-symantec
5:35

Symantec の Richard 氏が、複数のアカウントと複数のリージョンにわたってソフトウェアアップデートをデプロイするためのソリューションについて語ります。このアーキテクチャにより、複数の Symantec 製品が、すべてのターゲット環境の完全ベイクのイミュータブル AMI にアップデートを同時に送信できます。Symantec はこれを、オープンソースとしても利用可能にしたのです。詳細はこちらを参照してください。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-peloton
4:42

このエピソードでは、Peloton の Yony 氏が、ALB と EC2 を使ってサイクリングリーダーボードを動かす方法を説明しています。家のライダーと練習場内の対決のように、多数の異なるソースから大量のデータを集約できる仕組みと、高度なメトリクスにデータを供給するためにそのデータすべてを並べ替えて利用する方法について説明します。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-corelogic
4:08

多くのバッチワークロードは持続的である必要はありません。This is My Architecture のこの回では、CoreLogic がどのようにしてその EC2 フリートをスポットインスタンスで置き換え、ワーカーパターンを使用してコンピューティングコストを 90% 削減したかをお話しします。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-arg
7:17

AWS Security Automation Reasoning Group の Neha 氏が、チームが AWS Config と Amazon Macie の新しいルールをどのように構築したかについて説明しています。セマンティクスベースの推論と正式な検証手法、AWS でこれらを使用して、社内と顧客の両方に対してセキュリティを強化および自動化する方法をご紹介します。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-nib
5:18

規制対象のワークロードのコンプライアンスを達成するには、堅固なセキュリティだけでは十分ではありません。今回の This is my Architecture では、CMD Solutions の Adam 氏と nib health funds の Mat 氏が Step Functions を用いてセキュリティ体制を自動的に起動すると同時に突き崩す賢い方法を紹介します。IAM、CloudWatch、CloudTrail などのサービスで完全な監査可能性を維持する他、Lambda を用いてこれらすべてを連動される方法を学んでいただけます。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-tableau
7:14

This Is My Architecture のこのエピソードでは、Tableau Software のプロダクトマネージャーである Russell Christopher 氏が、クラウドに完全ホストされた分析プラットフォームの Tableau Online をどのように構築したかを説明します。EC2 の Windows と、PostgreSQL、ElastiCache Redis、Amazon S3 などの複数のデータストアを活用し、AWS 上でスケーラブルなマルチテナントソリューションを構築する方法についてご紹介します。

YouTube のビデオを共有する

tma-f5
4:45

F5 の Robert が F5 の WAF ソリューションについて、またオンプレミスデバイスから AWS でのオートスケールされた仮想アプライアンスにどのように移行したかを解説します。F5 が AWS サービスを活用して、既存および新規顧客がその既存の VPC であらゆる機能を備えた WAF レイヤーを始められるようにしたかをご覧ください。

YouTube のビデオを共有する

tma-informatica
6:17

Informatica の Ron 氏が、Informatica Cloud を活用し、ETL と ELT (Extract、Load、および Transform) の両方の手法を使用して Amazon Redshift データウェアハウスにデータをロードするプロセスを完全に自動化する方法について説明します。Ron 氏は、高度なデータマスキング手法によって機密の個人情報 (PII) を保護しながら、Informatica のアーキテクチャによって、顧客が可能な限り最大のデータロードとクエリのパフォーマンスを達成する方法を説明しています。

YouTube のビデオを共有する

tma-cloudten
4:46

数百ものインターネットユーザーに対してセキュリティポリシーを保ち、不正な脅威からトラフィックを守りながら SaaS 製品へのアクセスをしてもらうにはどうすれば良いでしょうか。iCare and Cloudten には完全に自動化され、スケーラブルで、セキュアなソリューションがあります。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-csiro
5:29

あらゆる規模でのゲノム処理を行い、がん研究を支援するという課題には、サーバーレスコンピューティングはどのように使えば良いのでしょうか。CSIRO の作ったワークフローは高速で、スケーラブル、高効率なので、科学者は早く、オンデマンドで結果を出せます。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-ajilon
3:53

エンタープライズがより早く、高い信頼性でデプロイするにはどうすれば良いでしょうか? Ajilon は、コード、パッチ、それに OS の再ベースラインまでを短時間で、いつでも実用に移せるパイプラインを作り上げました。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-cevo
3:30

This Is My Architecture のこのエピソードでは、Cevo Australia の Owen Chung 氏が、同社の Potato Cannon ソリューションについて語ります。イミュータブル Jenkins では、Amazon S3 と Artifactory を使用してパイプラインを構築します。顧客パイプラインをデプロイするためのスケーラブルで低コストのアプローチ

YouTube のビデオを共有する

 

tma-youi
4:05

This Is My Architecture のこのエピソードでは、Youi Insurance の Thomas 氏が、モバイルアプリケーションから顧客データを分析し、このデータを使用して保険料を削減するサーバーレスのモバイルテレメトリプラットフォームについて説明しています。API Gateway、Lambda、Kinesis、S3、および DynamoDB を利用するこのプラットフォームは完全にサーバーレスです。これにより管理が簡素化されて、コストが削減されました。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-bulletproof
6:16

モノリシックなアプリケーションを分解してどこから始めるかは、いつも明らかなことではありません。This is My Architecture のこのエピソードでは、Bulletproof の トニー氏が Invenco Cloud Services システムを SQS、Lambda、Elastic Beanstalk を用いてどのようにアーキテクチャの再構築をし、「ガソリンスタンドでのセルフサービス支払」のユーザーに毎日使われているかを解説します。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-instaclustr
5:22

クラスターでは、スケールアウトはもちろん、スケールアップが必要な場合があります。This is My Architecture のこのエピソードでは、Instaclustr の Ben 氏が、Cassandra クラスターをユーザーにとって透過的かつ中断のない方法でアップサイズするパターンについて説明しています

YouTube のビデオを共有する

 

tma-scale360
4:25

現代の銀行業務は、機敏かつスケーラブルなものでなくてはならず、リアルタイムの洞察を提供する必要があります。Scale360 が銀行中核業務をクラウドに配置し、ステークホルダーにリアルタイムの洞察を提供する仕組みをご覧ください。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-quantas
4:14

今回の This Is My Architecture では、Qantas の Rohan Jerrems 氏が、高可用性マルチ AZ CIFS クラスターを AWS 上で、Windows Server 2016 の Storage Replicate オプションを用いていかに構築したかをお話しします。このストレージレイヤーはビジネス上重要なロスタリングプラットフォームをサポートし、ELB、EC2、SQS などで使用されています。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-gorillastack
3:08

コード変更を 1 日に最大 24 回本番運用にデプロイするのは難しい場合があります。This is My Architecture のこのエピソードでは、GorillaStack の Elliott 氏が、分散されたセキュアでスケーラブルなコードデプロイアーキテクチャを使用して、コード変更の管理と複数の環境へのデプロイをどのように行っているかをご覧いただけます。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-channel7
5:04

This is My Architecture のこのエピソードでは、Channel 7 の Sam 氏が、何百万人もの視聴者に向けた全豪オープンのライブストリーミングをサポートしたアーキテクチャについて説明します。また、それが、AWS Elemental と CloudFront を使用したスケーラブルで信頼性の高い方法で行われた点についても説明しています。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-technologyone
3:51

アプリケーションをマイクロサービスに分割する場合、迅速かつ確実に実行するにはどのようにしますか? TechnologyOne が AWS CloudFormation と Application Load Balancer を使用してわずか 1 日でこれを達成した方法をご確認ください。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-siemens
5:27

Siemens は、顧客が製品とバリューチェーンの両方のデータから洞察を得ることを支援するため、Product Intelligence を SaaS (Software-as-a-Service) として構築しました。Product Intelligence は、API Gateway、Elastic Beanstalk、EMR、S3、Cloudfront などのサービスから構築されています。Spark EMR クラスター上で動作する機械学習モデルは、顧客データを処理して、何が起こる可能性があるかの予測分析を行います。その後顧客は、その情報を使用して、より良い製品の設計と構築を行います。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-airtasker
5:05

どのようにして、広告や写真を分類し、売り手に合う買い手を見つけていますか。多分、AI が助けになります。知識はすべて Wikipedia から学んだ「カール」。Airtasker が複数の AI サービスを組み合わせ、その「カール」を作成した方法をお伝えします。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-rea
4:28

ダウンタイムやコンテンツの「書き落とし」なしで、非常に訪問者が多いウェブサイトを複数リージョンにわたって更新するにはどうすればよいですか? REA は、何十億というオブジェクトを含む大きな規模で、これを高い信頼性をもって行うプロセスを作成しました。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-xero
6:07

This is My Architecture のこのエピソードでは、Xero の Troy 氏が、ペタバイト規模の顧客会計データを、マルチリージョンの SQL Server アーキテクチャで安全に保存する方法を説明します。また、100 を超える EC2 インスタンスが含まれるこのシステムを、Xero がいかに効果的に管理しているかも説明します。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-coreOs
5:48

This is My Architecture のこのエピソードでは、CoreOS の CTO、Brandon Philips 氏が、エンタープライズ対応の Kubernetes プラットフォームである Tectonic が、LDAP、SAML、EC2、ELB を含むコンテナインフラストラクチャ全体にわたって顧客がアイデンティティを管理する助けとなる仕組みを示しています。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-splunk
6:22

This is My Architecture のこのエピソードでは、Splunk の上級ソリューションアーキテクトである Roy Arsan 氏が、複数のアカウントから AWS データを集約し、Splunk による詳細な分析に結びつける方法を示します。また、アクセス制御とコンプライアンス要件のために、このデータが分離された状態を維持する方法についても説明します。さらに、完全に管理された信頼性の高い非常にスケーラブルなアプローチで、AWS CloudTrail と AWS CloudWatch Logs のデータを取り込むデータパイプラインアーキテクチャについて説明します。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-okta
6:11

Okta の AK が、Okta でスケーラブルなイベント処理プラットフォームを構築した方法について説明します。このプラットフォームでは、Kinesis、Apache Storm、Lambda、SNS、S3、Redshift などを使用して、1 日あたりペタバイト単位のデータが処理されます。イベントの発生から実用的なデータの生成までの時間が、10 分の 1 未満に短縮された方法をご覧ください。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-netapp
6:11

This is My Architecture のこのエピソードでは、NetApp のクラウドソリューションアーキテクトである Kevin Hill 氏が、OnTap Cloud がどのようにして、Amazon Elastic Block Store と Amazon S3 によって階層型ストレージの使用を簡素化しているかを示しています。NetApp では、最良の価格で最高のパフォーマンスを容易に得ることができます。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-zapproved
4:38

この This is My Architecture のエピソードでは、Zapproved の Lee が、Step Functions、Lambda、SQS を使用してデータ処理を自動化する方法について実演します。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-mongo
5:42

Atlas はサービスとしての MongoDB のデータベースです。AWS を活用してスケーラブルで可用性のあるセキュアなサービスを世界中の何千もの顧客に提供する方法を学びましょう。Atlas は、顧客専用の VPC 内で、複数のアベイラビリティーゾーンにわたって EC2 ベースの MongoDB クラスターをデプロイしています。独自の VPC を持つ顧客は、VPC ピアリングを使用してプライベートな形で MongoDB クラスターにアクセスできます。また、詳細モニタリング、自動バックアップ、ダウンタイムのないパッチ適用、およびこの規模でのプッシュボタンスケーリング作業について説明します。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-dupont
5:44

DuPont Pioneer による Encirca Services は農家と提携して、穀物生産高の最適化を支援しています。AWS Step Functions、Amazon Elasticache、EC2 Spot Fleet その他を活用してクラウドベースで農家のための協力的プラットフォームを構築し、穀物の成長をシミュレーションし、土壌の窒素レベルを管理できるようにしました。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-agero
4:40

Agero は、CodePipeline、Visual Studio、Elastic Beanstalk を使用して .NET のデプロイを自動化しています

YouTube のビデオを共有する

 

tma-hentsu
5:39

Hentsu の Alex Magnay 氏が、AWS HPC の機能を使用して財務モデリングの Matlab ワークロードを実行する方法を説明します。また、ジョブに最適な設定が常に得られるように各実験を動的に調整して設定することが AWS によって可能になる仕組みを説明します。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-slack
5:43

This is My Architecture のこのエピソードでは、Slack がどのようにして、ウェブソケット、Cloudfront、HAProxy、Route53 を使ってリアルタイム通信プラットフォームを構築しているかが示されます。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-edmodo
4:40

This is My Architecture のこのエピソードでは、Edmodo がどのようにして、EC2 のスポットフリートとオンデマンドインスタンスを使用してインフラストラクチャのコストを最適化するための価格モニタを構築したかを示しています。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-vanguard
3:41

レコードのシステムが、まだオンプレミスの IBM メインフレーム上にあるリレーショナルデータベースであると、クラウドに最新のマイクロサービスを構築することが困難な場合があります。このビデオでは、Vanguard のチーフエンタープライズアーキテクトである Barry P. Sheward 氏が、CDC (Change Data Capture) を使用して DB2 z/OS データベースのデータを Amazon RDS および Amazon DynamoDB に移動した方法を紹介します

YouTube のビデオを共有する

 

tma-pariveda
4:15

This is My Architecture のこのエピソードでは、Pariveda と Gamestop が Lambda と CodeBuild を使用して、テンプレートと、すべてのサービスにおいて「既定で適切」であることに焦点を合わせて自己デプロイパイプラインを構築した方法を示しています。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-gigamon
5:55

Gigamon の Jeremy 氏が、スケーラブルなネットワークトラフィック可視性プラットフォームの背後にあるアーキテクチャを紹介しています。VPC ピアリングを使用したマルチ VPC アプローチ、トラフィックを集約する軽量エージェント、ハイブリッドとクラウドネイティブの両方のデプロイに対応するソリューションのための Direct Connect または GRE/VXLAN トンネルが利用されています。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-monzo
4:19

複数の AWS アカウントを使用してゼロから新しい銀行を構築している Monzo。安全性を保ちながら制御と柔軟性を維持する方法を説明します。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-gopro
4:25

この This Is My Architecture のエピソードでは、GoPro が ECS、SQS、Terraform、Elastic Transcoder、ライフサイクルフックを使用してどのようにクラウドメディアプラットフォームを運用しているのかを説明します。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-toyota
5:38

デイトナ 500 にレースカーのドライバーとして出場していると想像してみてください。あと 20 周残っています。前方には、スモークが発生しスピンしている車が見えます。黄旗が振られます。レースにとどまりますか? それとも、ピットに入りますか? 新しいタイヤにしますか? 運の良いことに、Toyota Racing Development (TRD) チームのバックアップを受けています。クラウドベースのモデリングおよび分析システムにより、レースデータのリアルタイムストリームが処理されるため、考え得る選択肢のすべての中から、その瞬間に最適な決定を下すことができます。クラウド内でのレーシングにようこそ。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-rockflow
7:28

This Is My Architecture のこのエピソードでは、Rock Flow Dynamics の Scott 氏と NICE Software の Bruno 氏が、クラウド内で HPC ワークロードをどのようにスケールしているかを説明しています。

YouTube のビデオを共有する

 

tma-travelex
5:57

Travelex が、マイクロサービスアーキテクチャを通じて、FCA 準拠のエンドツーエンドオンライン決済サービスをどのように構築したかを紹介しています。

この YouTube のビデオを共有する

tma-palringo
5:43

Palringo が、5,000 万人のサインアップユーザーと、ピーク時には 1,000 を超えるリクエストをサポートするマイクロサービスによって、自社のアーキテクチャをどのようにリフレッシュしたかを紹介しています。紹介されるアーキテクチャは、ECS、Lambda、Kinesis Analytics、ALB 上のマイクロサービスによって稼働しています。さらに、Palringo は、EC2、ELB、RabbitMQ を活用して、以前のバージョンのグループメッセージングアプリケーションを、新しいアーキテクチャと一緒に実行しています。同社は Kinesis Analytics を使用してこのデータに関するリアルタイムの洞察を得て、顧客エクスペリエンスを改善しています。

この YouTube のビデオを共有する

tma-cloudreach
6:07

このビデオでは、Cloudreach の Adam 氏が、Sceptre で AWS CloudFormation を使用してアプリケーション環境を作成および管理することを顧客に許可する方法を紹介しています。

ブログを読む。

YouTube のビデオを共有する。

 

tma-fsecure
5:41

F-Secure は、エンドユーザーが同社の評価データベースに対して URL をチェックするための API を公開しています。同社は、API Gateway を使用してこのサービスエンドポイントを公開し、Lambda と Dynamo DB を使用して AWS 上に開発者ポータルを作成しました。

YouTube のビデオを共有する。

 

tma-ocado
4:57

Ocado から、疎結合のセキュアなマイクロサービスを構築するアプローチをご紹介します。Route 53 レコード、Key Management Service のキー、Elastic Beanstalk 環境、DynamoDB テーブル、Identity and Access Management ロールなど、各マイクロサービスで使用する標準テンプレートリソースを開発チームに提供する、セルフサービスポータルが作成されました。

YouTube のビデオを共有する。

 

tma-bbc
7:19

BBC では Amazon S3 を使用した iPlayer ソリューションを提供しています。これは、ブロードキャストチェーンからコンテンツを受け取り、ブロードキャストの時系列データを追加し、フォーマットされたコンテンツファイルを公開してエンドユーザーがアクセスできるようにする仕組みです。

YouTube のビデオを共有する。

 

tma-icap
4:50

ICAP の Anvar Karimson 氏が、Amazon Kinesis、Amazon Redshift、Amazon Elasticsearch をどのように使用して、取引場所に関する Fusion e コマースポータルの MiFID II 報告要件を満たしているかを説明しています。

YouTube のビデオを共有する。

 

tma-trainline
5:27

This is My Architecture のこのエピソードでは、Trainline のデータエンジニアである Rahul Singh 氏が、BusyBot のことを語っています。BusyBot を当初のコンセプトからライブデプロイにするまで、AWS 上で 3 か月かかりました。BusyBot は、Trainline ユーザーが列車の空席を見つけるのに役立ちます。これは機械学習を利用し、過去のデータに基づいて予測を行うもので、AWS Firehose、Lambda、S3、EC2、API Gateway を使用して構築されました。

YouTube のビデオを共有する。

 

tma-wandisco
4:57

Active Data Replication (ADR) は、WANdisco の特許取得済み技術で、データがどこに配置されていても、データが変化するときにそれに対する整合性のある連続的な接続を実現します。ダウンタイムや中断なく、時と場所を問わずデータへのアクセスが提供されます。ハイブリッドデータストレージのために WANdisco を使用し、オンプレミスのデータとクラウド内のデータとのレプリケーションと調整を行うことについて説明します。

アーキテクチャ図を表示する。

YouTube のビデオを共有する。


tma-snowflake
3:51

Snowflake の Jon は、お客様の高性能分析ワークロードのサービスソリューションとして、Snowflake がデータウェアハウスをどのように設計したかについて詳しく説明しています。このソリューションには、Amazon EC2 を使用するサービス管理およびデータ処理レイヤーと Amazon S3 に基づくスケーラブルなデータストレージレイヤーが含まれます。

アーキテクチャ図を表示する。

YouTube のビデオを共有する。


tma-truecar
4:19

This is My Architecture のこのエピソードでは、のテクノロジー担当 VP である David Giffin 氏が、すべての開発者にアプリケーションの任意の階層で個人用の環境を提供するため、モジュール式の 1 日限りの「Space Pods」を構築する方法を説明しています。シークレットの保存には、HashiCorp の Vault も使っています。TrueCar では AWS に移行しつつあり、Amazon CloudFront と Elastic Load Balancing を使いこなして、自社の運用トラフィックを徐々に AWS 内の新しいアーキテクチャに移しています。

YouTube のビデオを共有する。


tma-starling-bank
6:20

Starling Bank は、Slack によるオートメーションを介して、AWS 上でのリリースに関する特権を管理しています。それだけでなく、大部分がサーバーレスにもなっています。

プレゼンテーションを表示する。

YouTube のビデオを共有する。


tma-db-systel
6:05

DB Systel の Daniel Woithe 氏が、IAM フェデレーションを使って Active Directory と MFA を拡張し、複数の AWS アカウントにセキュアな SSO を提供する方法を説明しています。

アーキテクチャ図を表示する。

YouTube のビデオを共有する。


tma-bleacher-report
2:54

This is My Architecture のこのエピソードでは、Bleacher Report の DevOps マネージャーである Benson Wu 氏が、Hashicorp の Consul とカスケードリードレプリカを使用してサービスの制限を克服し、Amazon RDS のパフォーマンスを動的に調整する方法を説明しています。

アーキテクチャ図を表示する。

YouTube のビデオを共有する。


tma-thomson-reuters
4:17

Thomson Reuters が、1 秒あたり最大 1,000 件のイベントを処理するマルチテナントのウェブ使用状況分析プラットフォームである Product Insight の構築方法を語っています。このソリューションは、リアルタイム分析と長期データストレージの両方の機能を提供します。これは、ELB、NGinx、Kinesis、Elasticsearch Service、Kibana、EC2、S3、Lambda を使用して構築されました。

アーキテクチャ図を表示する。

YouTube のビデオを共有する。


tma-vend
6:24

This is My Architecture のこのエピソードでは、Vend のプリンシパルプラットフォームエンジニアである Nick Walker 氏が、同社が PHP ベースのモノリスからマイクロサービスアーキテクチャにどのように移行したかを紹介しています。Amazon EC2 Elastic Container Service (ECS)、Elastic Load Balancing、Hashicorp の Consul、OpenResty (NginX バリアント) を使用して、同社はサービスルーティングと検出のシステムを用意し、それによって開発者に、新しいサービスを迅速にロールアウトし、これらのサービスに対して A/B テストを実行する機能を提供しています。

YouTube のビデオを共有する。


tma-apps-associates
6:49

This is My Architecture のこのエピソードでは、Apps Associates の CTO 兼グローバル VP である KSitij Kumar 氏が、AWS Database Migration Service を使用してオンプレミスの Oracle RAC データベース向けにディザスタリカバリソリューションを構築した方法を説明しています。Apps Associates は、複数のスキーマと数百万の行を持つデータベースを効率的にバックアップするために、並列化されたタスクを多数使用するシステムを開発しました。このソリューションでは、レポート作成の一部をクラウドにオフロードし、AWS 上のデータベースバックアップを読み込み専用ワークロードのために活用することもできます。

YouTube のビデオを共有する。

 

tma-ca-technologies
4:25

今回の This is My Architecture では、CA Technologies の Amit 氏が、Amazon S3、Amazon SNS、およびリリースオートメーションのために追加された Lambda 関数を使用してサーバーレスの AWS Lambda 関数デプロイパイプラインを構築したエピソードを説明します。

ホワイトペーパーを読む。

YouTube のビデオを共有する。


tma-lemongrass
6:56

Lemongrass は、顧客の SAP 環境に迅速な自動システムコピーを提供する MiCloud の新機能を発表しました。MiCloud のシステムコピーは、EC2、CloudFormation、および IAM を使用して構築されます。従来のオンプレミスソリューションと比較して、この機能により、OS および DB レベルのコピー時間が 1 日から 15 分に短縮されました (システムサイズに左右されます)。

アーキテクチャ図を表示する。

YouTube のビデオを共有する。


tma-qubole
6:12

This is My Architecture のこのエピソードでは、Qubole のエンジニアリング担当シニアディレクターである Suresh Ramaswamy 氏が、ペタバイト規模のデータの異種分散処理を目的としたビッグデータセルフサービスプラットフォームを AWS 上に構築した方法を示しています。適応性のあるアーキテクチャにより、顧客はニーズを満たす適切なビッグデータ処理エンジン、インスタンスタイプ、EC2 スポットフリートインスタンスを選択できます。

アーキテクチャ図を表示する。

YouTube のビデオを共有する。


tma-chef
5:14

This is My Architecture のこのエピソードでは、Chef の Michael Ducy 氏が、Habitat がコンテナの設定の自動化に役立つ仕組みを示しています。Habitat を使用すると、設定とシークレットが環境変数から出されて動的オーケストレーションシステムに移されます。変化するビジネスニーズや現れつつある脅威に合わせて設定をすばやく適応させることができます。あとは Habitat が行います。

アーキテクチャ図を表示する。

YouTube のビデオを共有する。


tma-47lining
6:11

This is My Architecture のこのエピソードでは、47Lining のオペレーション担当 SVP である Bill Weiner 氏が、Redshift クラスターの起動と停止を調整する「Redshift Overlord」ツールをどのように構築したかを説明しています。Amazon Cognito、AWS Lambda、Amazon DynamoDB、AWS Data Pipeline、さらには API Gateway と Slack を活用して、ユーザーや自動化プロセスが必要に応じてクラスターを簡単に起動できるようにする方法をご紹介します。

アーキテクチャ図を表示する。

YouTube のビデオを共有する。


tma-alert-logic
3:53

This is My Architecture のこのエピソードでは、Alert Logic のクラウドアーキテクチャ担当シニアディレクターである Ryan Holland 氏が、月あたり 2 ペタバイトを超える処理が可能なデータ取り込みプラットフォームを AWS 上に構築する方法を紹介しています。複数リージョンにわたる Amazon Route 53、Amazon Kinesis、AWS Lambda、Amazon S3、および AWS KMS を活用して、レイテンシーが最小のサービスにトラフィックを自動的にルーティングする方法を学びましょう。

YouTube のビデオを共有する。


tma-the-things-network
21:57

This Is My Architecture のこの特別長編エピソードでは、The Things Network と、その商業面を担当する下部機関の The Things Industries が、低電力の長距離デバイスをクラウドに接続する愛好家と企業の両者にどう役立っているかをご紹介します。The Things Network は 84 か国以上のコミュニティプロジェクトで、世界的な IoT データネットワークを構築しています。The Things Network デバイスは、コミュニティに管理されているゲートウェイに接続します。このデバイスは、LoRaWAN プロトコルにより、極めて長い距離の通信が可能で、アルカリ電池 1 本で最大 5~10 年間駆動します。The Things Industries は AWS IoT を使用し、複数の AWS のサービスを使用してクラウド内でデバイスデータを収集し、処理することができるプラットフォームを構築しました。The Things Industries のアーキテクチャ、Netcetera がスコピエ市での大気質モニタリング向けに The Things Network をどう活用しているか、また、環境条件を把握し、地元の集会でコミュニティの感触をつかむために、Decentlab が The Things Network で動作する高品質で長持ちの LoRaWAN デバイスをどう作っているかをご紹介します。

YouTube のビデオを共有する。


tma-commvault
6:19

企業が Amazon S3、データ重複除外などの手法を使用してクラウド内にバックアップとディザスタリカバリの環境を構築し、効率的に管理できるようにする。これを Commvault がどう実現しているのかを同社 CTO、Brian Brockway 氏が語ります。

アーキテクチャ図を表示する。

YouTube のビデオを共有する。


tma-ucsc
5:39

This is My Architecture のこのエピソードでは、UC Santa Cruz Genomics Institute のデザインおよびアウトリーチエンジニアである Mary Goldman 氏が、AWS 上でゲノム配列データをどのように処理するかを説明しています。ペタバイト単位の測定データを処理する必要性から、同社は Docker コンテナと EC2 スポットインスタンスを組み合わせて、低コストのソリューションを設計しました。構築したパイプライン管理システムの TOIL はオープンソースであり、Nature Biotechnology で最近公開されました。

YouTube のビデオを共有する。


tma-protectwise
6:04

This is My Architecture のこのエピソードでは、ProtectWise の CTO 兼共同創設者である Gene Stevens 氏が、パケットトラフィックをキャプチャしてそのデータを完全な忠実度ですばやく保存できるプラットフォームをどのように構築したかを説明しています。どのようにしたら、ミリ秒単位で異常のアラートを出し、アーカイブデータの超高速検索を提供するシステムを構築できるのでしょうか? このエピソードでその方法をご確認ください。

アーキテクチャ図を表示する。

YouTube のビデオを共有する。

tma-infor
3:58

Infor のシニアクラウドマネージャーである David Lowry 氏が、サーバーレスアプリケーションのテストソリューション Windsor を構築した方法を説明します。Infor は Windsor を使用して、AWS 上にデプロイされている 50 以上のマルチテナントエンタープライズアプリケーションに対して、テストケースを設定、解体、実行します。これは、Amazon SWF、AWS Lambda、Amazon DynamoDB、Amazon CloudWatch Events を組み合わせて構築されています。アプリケーションテストに対するこのサーバーレスのアプローチによる Infor の負担額は 1 か月に約 1 ドル、つまりコーヒー 1 杯未満の金額にすぎません。

YouTube のビデオを共有する。


tma-filemaker
5:11

This is My Architecture のこのエピソードでは、FileMaker のエンジニアリング担当ディレクターである James Qiu 氏が、サージイベントを処理するために FileMaker を自動的にスケールする SMB 顧客向けソリューションをどのように構築したかを説明しています。このソリューションでは AWS Marketplace を活用しています。ここでは FileMaker が、AWS CloudFormation に加えて自社のソフトウェアをリスト表示し、AWS で必要に応じて FileMaker 環境のデプロイとサイズ変更を行います。この柔軟性により、顧客は FileMaker ソリューションの基盤となるインフラストラクチャを AWS 上で簡単に上下にスケールし、さまざまなレベルの負荷を処理できます。

アーキテクチャ図を表示する。FileMaker のオンプレミスアーキテクチャとクラウド/AMI アーキテクチャを比較表示する。

YouTube のビデオを共有する。

tma-liveramp
4:52

This Is My Architecture のこのエピソードでは、LiveRamp の Michel 氏が、毎秒 350,000 件の要求と 1 日あたり 15~17 TB のログを処理する、エンドツーエンドのストリーミングデータ処理プラットフォームを紹介しています。Amazon EC2、Auto Scaling、Amazon Kinesis Firehose、Amazon S3、Amazon EMR、Amazon Redshift を活用して、厳しい SLA を満たす高速でスケーラブルな、信頼性の高いマーケティングデータ分析プラットフォームにデータを提供する方法をご紹介します。

アーキテクチャ図を表示する。

YouTube のビデオを共有する。

tma-expedia
7:13

Expedia のプリンシパルエンジニアである Kuldeep Chowhan 氏が、Github、Jenkins、Amazon EC2 Container Service (ECS)、および Lambda を使用して、Expedia が AWS 上にスケーラブルな CI/CD プラットフォームを構築した方法を示しています。このプラットフォームでデプロイされた 4,000 を超えるアプリケーションによって、開発者は多種多様なアプリケーションをより迅速かつ頻繁にデプロイできます。プラットフォームではロールアウトのメトリクスとデータを収集して保存します。また、ブルーグリーンデプロイに対応しており、本番環境の継続的な改善を支援します。

アーキテクチャ図を表示する。

YouTube のビデオを共有する。

tma-fanduel
5:02

This is My Architecture のこのエピソードでは、Fanduel のインフラストラクチャおよびオペレーション担当ディレクターである Steve Hunt 氏が、大規模な CloudFormation をどのように実行しているかを示しています。いつでも 400 を超えるスタックが実行中。このインフラストラクチャを管理するために、同社がどのようにツールを設計したかがわかります。Amazon Aurora や Amazon ElastiCache のようなサービスと、スタックに最適なデータサービスを提供するために事前に計算されるキャッシュなどの技法を使用して、データレイヤーでそれらがどのようにスケールされるかも確認できます。

アーキテクチャ図を表示する。

YouTube のビデオを共有する。

tma-spirelabs
9:08

This Is My Architecture のこのエピソードでは、Spire Labs (@spire) のソフトウェアアーキテクチャ担当 VP である Rob Scott 氏 (@robertjscott) が、Amazon RDS、Amazon ElastiCache、および Auto Scaling を行う Amazon EC2 上の Kubernetes を使用して、どのように 3 つの AWS アベイラビリティーゾーンにわたってフォルトトレランスのあるソリューションを構築したかを説明します。同社の設計で、Kubernetes ポッド/コンテナと EC2 インスタンスの一時的な損失を許容できるようにすることで、顧客のためにそれらをスムーズに稼働させ続けることができます。

アーキテクチャ図を表示する。

YouTube のビデオを共有する。

tma-clearscale
3:40

This Is My Architecture のこのエピソードでは、ClearScale の Jimmy Chui 氏が、顧客が「デザイナー遺伝子」を注文できるプラットフォームをどのように構築したかを説明しています。このソリューションには、Docker コンテナを実行および管理する Amazon EC2 Container Service (ECS) クラスターに加えて、サーバーレス製品の Amazon API Gateway、Amazon Lambda、Amazon DynamoDB、Amazon SQS などが活用されています。ClearScale によって構築されたプラットフォームには、柔軟性とスケーラビリティが備えられています。このプラットフォームでは、1 つの遺伝子配列あたり 1000 件のリクエストを処理し、1 日のピークが 25~30% に達するワークロードのスパイクに対応できます。

アーキテクチャ図を表示する。

YouTube のビデオを共有する。

 

 

tma-idt
2:46

This Is My Architecture のこのエピソードでは、IDT のソフトウェア開発者である Nathaniel Ritholtz 氏が、AWS 上でコンテナ化されるアプリケーションのためのセキュアな設定管理変更システムを、どのように構築したかを説明しています。IDT のソリューションは、Amazon Simple Storage Service (S3)、AWS Key Management Service (KMS)、Amazon EC2 Container Service (ECS) とともに、HashiCorp の Consul を使用しています。

アーキテクチャ図を表示する。

YouTube のビデオを共有する。

tma-deloitte
6:16

This is My Architecture のこのエピソードでは、Deloitte のクラウドホスティングリーダーである Fran Cardell 氏が、AWS 上での SAP Hana の実行をどのように簡略化したかを説明しています。クイックスタートリファレンスアーキテクチャから始めて、コストが最適化され堅牢なセキュリティ制御を備えた高性能のプラットフォームを構築します。また、このプラットフォームの小規模、中規模、大規模のバージョンの構築に取り入れられるストレージとインスタンスタイプについてもご紹介します。

アーキテクチャ図を表示する。

YouTube のビデオを共有する。

tma-dynatrace
5:38

Dynatrace の最高製品責任者 (CPO) である Andreas Lehofer 氏が、AWS 上で 4 種類のストレージをセキュアに使用してアプリケーションパフォーマンス管理ソリューションを構築した方法について説明します。Lambda を使って、ログとパフォーマンスデータを高速かつセキュアに取り込む方法をご紹介します。また、デジタルパフォーマンス管理の仮想アシスタントである davis についてもお伝えします。このアシスタントによって、Alexa や AWS 上で実行される人工知能に対し、自然言語クエリを通した音声操作が可能になります。インフラストラクチャのアシスタントを次回のスタンドアップミーティングに招待してみませんか。

アーキテクチャ図を表示する。

YouTube のビデオを共有する。

 

 

tma-irobot
5:50

サーバーレスソリューションを構築して、数百万台のロボットを制御するためにスケールするマイクロサービスを動かす。この手法を iRobot のクラウドロボット工学研究科学者である Ben Kehoe 氏が説明します。AWS CloudFormation と Swagger を使用して、AWS Lambda 関数と Amazon API Gateway のデプロイをどのように自動化し、最適化するかをご紹介します。さらに、デプロイプロセス中に情報を挿入してコードからアーキテクチャの詳細を分離する方法についてお伝えします。

アーキテクチャ図を表示する。

YouTube のビデオを共有する。

tma-airbnb
3:39

This is My Architecture のこのエピソードでは、Airbnb のエンジニアリングマネージャーである Xinyao Hu 氏が、同社の構築した Amazon RDS Replay Machine について説明しています。同社はおよそ 100 のデータベースに送られた実際のトランザクションを再生できるインフラストラクチャを構築しました。Airbnb がこのシステムを、ディザスタリカバリ、負荷テスト、Hive 内での高度な分析向けに大規模に活用している点にご注目ください。

アーキテクチャ図を表示する。

YouTube のビデオを共有する。

tma-coinbase
1:55

Coinbase は暗号通貨を売買するのに最も容易な場所なので、行われることすべてにセキュリティが組み込まれています。変更を加える権限を開発者に付与するにあたり、コンセンサスを求めることで実際にその変更を加えられるようにする。This is My Architecture のこのエピソードでは、この手法について Coinbase のインフラストラクチャ担当ディレクターである Rob Witoff 氏が説明します。Terraform 上でオープンソースツールの GeoEngineer を使い、生産の変更を迅速かつセキュアに行う方法をご紹介します。

YouTube のビデオを共有する。

tma-human-longevity
4:20

Human Longevity, Inc. のエンタープライズサービス責任者 Bryan Coon が、Docker コンテナで動作するカスタム分析ツールを使って、Amazon S3 で毎日最大 12 TB の未加工データを処理する方法を説明します。HLI では、Amazon SWF、Ruby Flow フレームワーク、AWS OpsWorks、Amazon SQS、AWS Lambda を使用して、コンテナ化されたタスクを再利用可能なパイプラインとしてデプロイする作業を自動化しました。また、Amazon EC2 Spot Fleet を活用して Amazon ECS クラスターの能力を確保することにより、コストを低く抑えています。

アーキテクチャ図を表示する。

YouTube のビデオを共有する。

tma-station-x
5:17

This Is My Architecture のこのエピソードでは、Station X の Anish 氏が、AWS 上で大規模にゲノム情報を解析、可視化、管理するためのプラットフォームを構築した方法について説明しています。Qubole を使用して、インタラクティブなほぼリアルタイムのクエリインターフェイスを実現する Presto と Hive を実行するクラスターを管理する方法をご紹介します。また、データを ORC ストライプに保存してゲノム座標でソートすることで、クエリのパフォーマンスを最適化する方法についても学習します。

アーキテクチャ図を表示する。

YouTube のビデオを共有する。

tma-capital-one
5:55

今回の This is My Architecture では、Capital One のエンジニアリングディレクター、Kapil Thangavelu 氏が Capital One のオープンソースのアカウント管理ルールエンジン Cloud Custodian について説明しています。Capital One がこのツールとシンプルな YAML ベースの DSL を使用することで、数百または数千個のスクリプトやポリシーを管理する必要性をなくし、"リアルタイム" の大規模なコンプライアンスやコストの管理を提供している方法をご覧ください。

アーキテクチャ図を表示する。

YouTube のビデオを共有する。

tma-vtex
5:00

This is My Architecture のこのエピソードでは、AWS の先進的パートナーである VTEX の共同 CEO である Geraldo Thomaz 氏が、IAM と MFA のフェデレーションアクセスを使用して高度なセキュリティの SaaS 環境を構築した方法について説明します。継続的デリバリーモデルで SAML 統合と AWS Secure Token Service を使用して、最小限の権限を維持するための一時的なキーを提供する方法をご覧ください。

YouTube のビデオを共有する。

tma-heroku
3:33

Heroku の Greg Nokes 氏は、ある顧客が Heroku の Kafka 向けのマネージドサービスを使用し、データストレージに Amazon S3、分析に Amazon Redshift をそれぞれ使って、IoT ソリューションを構築した方法を説明しています。

アーキテクチャ図を表示する。

YouTube のビデオを共有する。

tma-new-relic
4:59

This Is My Architecture のこのエピソードでは、New Relic の Lisa Moreno 氏が、HashiCorp の Terraform を使用して、どのようにモジュール式のアプローチを自動化された AWS インフラストラクチャのデプロイメントで使用したかを説明しています。

アーキテクチャ図を表示する。

YouTube のビデオを共有する。

tma-corpinfo
6:00

This Is My Architecture のこのエピソードでは、AWS プレミアコンサルティングパートナーである CorpInfo の Tim Fox 氏が、顧客のビデオストリーミングアプリケーションを動かす柔軟でスケーラブルな IoT ソリューションの構築方法を説明しています。ELB、EC2、S3、RDS、DynamoDB、Redshift などの AWS のサービスとデータストアをどのように組み合わせて使用するかに加え、さまざまな異なる要件に合わせて最適化するための「ポッド」の概念がわかります。

アーキテクチャ図を表示する。

YouTube のビデオを共有する。

tma-civitas-learning
2:59

This Is My Architecture のこのエピソードでは、Civitas Learning のエンジニアリング担当 VP である Chad Walters 氏が、Amazon Redshift の一時的な並列クラスターを構築して、PII データをセキュアに分離する方法を説明します。また、"Foreman" と呼ばれる Amazon EC2 ベースの Scala アプリケーションを使用して、データセットのメタデータと過去のクエリパフォーマンスに基づいて、Redshift クラスターを適切なサイズに動的に調整する方法についても説明します。

アーキテクチャ図を表示する。

YouTube のビデオを共有する。

tma-ibm-spectrum-protect
4:04

This Is My Architecture のこのエピソードでは、IBM Spectrum Protect のリーダークラウド開発者である Jay Calder 氏が、Amazon S3 上に永久増分アーキテクチャをどのように構築したかについて説明しています。

詳細については、この導入事例をお読みください。

アーキテクチャ図を表示する。

YouTube のビデオを共有する。

tma-financial-times
3:40

This is My Architecture のこのエピソードでは、Financial Times でプラットフォームアーキテクチャおよびセキュリティの責任者を務める Greg Cope 氏が、チームがどのように Cloudhealth、Lambda、共有ダッシュボードを使用して Amazon Linux の採用を促進し、コスト最適化をゲーム化しているかを説明します。テムズ川とシリコンバレーが出会ったのです。

アーキテクチャ図を表示する。

YouTube のビデオを共有する。

tma-ironsource
6:15

データソースが世界各地にある場合、ほぼリアルタイムの洞察をどのようにして得ればよいでしょうか? AWS コミュニティヒーローで ironSource の CTO である Shimon Tolts 氏が、1 か月に 160 億件以上のイベントを収集して処理するために、Amazon Kinesis、Amazon Redshift、ジオレイテンシーベースのルーティングを使用して、ironSource Atom をどのように構築したかを話しています。このアーキテクチャにより、同社の顧客は約 1 分でデータウェアハウス内の価値が高められたデータを表示できます。

YouTube のビデオを共有する。

tma-eseye
2:50

現場のデバイスに対するセキュアな通信を望んでいるとしましょう。デバイスに触れずに最初の接続をどう行いますか? Eseye の CTO である Ian Marsden 氏 (AWS IoT コンピテンシーパートナー) が、AWS IoT 用の AnyNet Secure をどのように構築してこの問題を解決したかを話しています。このグローバルな携帯電話接続製品により、AWS のお客様は、IoT デバイスのアクティブ化、プロビジョン、認証、証明を自動的に行って、153 か国以上で AWS クラウドにデータを取り込むことができます。

YouTube のビデオを共有する。

tma-coinbase
5:28

This is My Architecture のこのエピソードでは、インフラストラクチャ担当ディレクターの Rob Witoff 氏が、Coinbase での AWS IAM と AWS CloudTrail のポリシー管理について説明しています。IAM アクセスアドバイザーを使用して、本番稼働にプッシュする前に開発でのアクセス許可を解除する方法がわかります。また、オープンソースツールの GeoEngineer を IAM と CloudTrail の周囲にラップして、オペレーションチームを妨げることなく高度なセキュリティ環境を維持する方法についても学習します。

YouTube のビデオを共有する。

tma-netflix
4:14

8,900 万人のビューワーを別の AWS リージョンに移動する必要があると何が起きるでしょうか? AWS 上に構築された Netflix のインフラストラクチャでは、多くの AWS リージョンで同時にサービスを実行している場合でも、極めて高い弾力性が実現されています。Netflix のパフォーマンスおよび信頼性エンジニアリングを担当するディレクター、Coburn Watson 氏が、Amazon Route 53 上に構築され、Netflix の Zuul で強化された DNS アーキテクチャを紹介しています。このアーキテクチャにより、40 分未満で全リージョンを避難させることができます。

YouTube のビデオを共有する。

tma-sumologic
6:03

Sumo Logic のチーフアーキテクトである Stefan Zier 氏が、同社のソリューションで複数の AWS のサービスを活用して、顧客の大量のログを取り込んで処理する方法を説明しています。Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) を使用してログと状態を保存する方法、毎日周期的に変化するキーによって顧客別の暗号化を提供する方法、ライフサイクルポリシーとアクセスがまれなデータクラスを活用して費用を節約する方法をご紹介します。Stefan 氏は、Sumo Logic が EC2 インスタンスのクラスターを使用して、エンドツーエンドのレイテンシーが低い並列ワークフローで Kafka などのソフトウェアを実行する方法や、顧客への請求を正確に行えるように Amazon DynamoDB のアトミックカウンター機能を使用して使用状況を測定する方法についても概説します。

YouTube のビデオを共有する。


tma-checkpoint-architecture
4:17

Check Point Software Technologies のセキュリティアーキテクトである Greg Pepper 氏が、垂直方向と水平方向の両方に自動的にスケールするように、自社の AWS ソリューションをどのように構築したかを説明しています。Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) の Auto Scaling と「ELB サンドイッチ」設計パターンを利用して自動的に要求に応答し、EC2 インスタンスタイプのオンザフライでの調整に加えて、EC2 インスタンスの追加と削除を行う方法をご紹介します。

アーキテクチャ図を表示する。

YouTube のビデオを共有する。

tma-lyft
5:52

Lyft の CIO である Chris Lambert 氏が、可用性の高いサービス検出ソリューションを AWS 上にどのように構築したかを説明しています。Lyft の 150 のマイクロサービスは、毎秒 100 万件以上のリクエストを処理し、1 日に何百回もコードをデプロイする 30 人のチームによって維持管理されています。パフォーマンスと高可用性が非常に重要です。Lyft では、EC2 インスタンスのクラスターを活用し、非同期呼び出しを行い、アーキテクチャのコンポーネントを分離し、状態を Amazon DynamoDB に確実に保存することによって、アーキテクチャに関する目標を達成しました。この手法をご紹介します。

YouTube のビデオを共有する。

tma-sophos-architecture
6:04

Sophos のシニアプロダクトマネージャーである Rich Vorwaller 氏が、「ELB (Elastic Load Balancing) サンドイッチ」設計パターンと Auto Scaling を使用して、EC2 インスタンスのネットワークトラフィックを検査する Sophos UTM ソリューションを動的にスケールする方法を説明しています。Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) で Amazon S3 通知を活用し、ワーカーノードへのポリシー配布を自動化する方法についても学習します。最後に、GRE トンネルと Amazon VPC ネットワーキング機能を使用してアウトバウンドゲートウェイソリューションを構築し、Amazon WorkSpaces やその他のユースケース向けにアウトバウンドのコンテンツフィルタリングを提供する方法について説明します。

アーキテクチャ図を表示する。

YouTube のビデオを共有する。

 

tma-palo-alto
5:39

Palo Alto Networks のテクニカルマーケティングエンジニアリングマネージャーである Warby Warburton 氏が、複数のアベイラビリティーゾーンにわたる AWS 向けに VM-Series のファイアウォールをどのようにスケールするかを説明しています。AWS 上でソリューションをスケールするための高度なテクニックをいくつかご紹介します。具体的には、異なるアプリケーション層を独立してスケールできる「ELB サンドイッチ」設計パターン、新しいインスタンスがオンラインになるときのライセンスと設定に必要とされるデータを Amazon S3 を使用して保存するテクニック、いったん起動されたインスタンスを AWS Lambda 関数を使用して設定するテクニック、Auto Scaling が使用して正確に容量を需要に合わせることができるカスタムメトリクスを Amazon CloudWatch に公開するというテクニックです。

AWS 上の VM-Series の Auto Scaling については、この Tech Brief を参照してください。

YouTube のビデオを共有する。