AWS アクセスコントロール、ガバナンス、暗号化手法など、AWS セキュリティの基本概念について学習します

このセルフペースコースでは、クラウドコンピューティングと AWS セキュリティの基礎的な概念について学習します。これには AWS アクセスコントロールと管理、ガバナンス、ログ記録、および暗号化の方法が含まれます。さらに、セキュリティ関連のコンプライアンスプロトコル、リスクマネジメント戦略、および AWS セキュリティインフラストラクチャの監査に関連する手順についても扱います。

レベル

基礎コース

形態

デジタルトレーニング

期間

4 時間

このコースは次のような方を対象としています。

  • クラウドのセキュリティプラクティスに興味をお持ちの IT ビジネスレベルユーザーおよびプロフェッショナル
  • IT 監査人、アナリスト、および規制当局
  • AWS について最低限の実戦的知識を持つセキュリティプロフェッショナル

このコースの学習内容は次のとおりです。

  • AWS クラウドを使用するメリットをセキュリティおよびコンプライアンスの観点から特定する
  • AWS のアクセスコントロールとアクセス管理機能、機密性の高いデータを保護するためのデータ暗号化方式について説明する
  • セキュリティのログ記録とモニタリングに AWS サービスを使用し、ネットワークセキュリティで使用できるサービスを判断する
  • AWS リソースに対するガバナンスを強固にし、コントロール環境のガバナンスを維持するために使用する AWS のサービスを見極める
  • AWS の監査機能を使用して AWS 環境を監査し、AWS 監査と証明がセキュリティコントロールの実装と効果的な運用を検証しているか判断する
  • AWS のコンプライアンスおよび保証プログラムについて説明する
  • なし

このコースは次の方法で実施されます。

  • デジタルトレーニング
aws.training で今すぐ登録

このセルフペースコースでは、クラウドコンピューティングと AWS セキュリティの基礎的な概念を紹介します。これには AWS アクセスコントロールと管理、ガバナンス、ロギング、および暗号化の方法が含まれてます。さらに、セキュリティ関連のコンプライアンスプロトコル、リスクマネジメント戦略、および AWS セキュリティインフラストラクチャの監査に関連する手順についても扱います。

このコースでは、次のことについて説明します。

  • AWS クラウドの使用によるセキュリティとコンプライアンスの利点がわかります
  • AWS の責任共有モデルについて扱われます
  • AWS のアクセスコントロールとアクセス管理機能について説明されます
  • セキュリティロギングとモニタリングに AWS のサービスを使用します
  • 機密性の高いデータのセキュリティのためのデータ暗号化方式について説明されます
  • ネットワークセキュリティの保護に使用される AWS のサービスについて説明されます
  • AWS リソースに対するガバナンスを強固にするための基本的なステップについて説明されます
  • コントロール環境のガバナンスの維持に使用される AWS のサービスがわかります
  • AWS の監査機能を使用します
  • AWS 環境を監査する方法について説明されます
  • AWS のコンプライアンスおよび保証プログラムについて説明されます
  • セキュリティコントロールが有効に実装され、運用されていることが AWS 監査と証明によってどのように検証されるかについて説明されます
ウェブベースのトレーニングに今すぐ登録

このコースは次のような方を対象としています。

  • セキュリティ監査担当者とアナリスト
  • セキュリティ担当者もしくは今後担当予定の方
  • クラウドコンピューティングと AWS セキュリティの紹介
  • アクセスコントロール/管理
  • AWS セキュリティ: ガバナンス、ロギング、および暗号化
  • コンプライアンスとリスク管理
  • AWS セキュリティアーキテクチャを監査する