運用

AWS のエキスパートから学び、スキルと知識を向上させます。AWS クラウドをキャリアに活用してください。

これらの過程は、システム運用管理者システム管理者、DevOps 担当者向けに、アプリケーション、ネットワーク、システムの自動化や繰り返しが可能なデプロイを AWS プラットフォームで作成する方のために作られています。 技術スキルを向上させ、推奨されるコース、ラボ、試験を通じて AWS 認定試験の準備を進めることができます。

path_operations-ALL

オペレーションアソシエイト過程の詳細

AWS 認定クラウドプラクティショナー

デジタルトレーニング | 1.5 時間

この試験により、AWS クラウドについての全体的な理解を持つ人が、業界で広く認知された認定によって、その知識を証明することが可能です。この試験には、クラウドの概念、セキュリティ、テクノロジー、請求と料金という 4 つの分野があります。

AWS Technical Essentials

クラスルーム | 1 日

受講者は AWS のサービスの理解を深めるための基本的な知識を身に着け、自社のビジネス要件に対応する IT ソリューションを、十分な情報に基づいて選択できるようになります。

AWS でのシステム運用

クラスルーム | 3 日間

このコースでは、システム管理者または開発運用(DevOps)担当者向けに、自動化や繰り返しが可能なネットワークやシステムのデプロイを AWS プラットフォームで作成する方法について説明します。

試験準備: AWS 認定システムオペレーション (SysOps) アドミニストレーター – アソシエイトレベル

クラスルーム | 4 時間

試験の対象分野とそれらが AWS の SysOps や学習対象の特定領域にどう位置づけられるかについて詳しく説明し、試験対策を行います。各対象分野の試験問題のサンプルを確認したり、出題される概念の解釈の仕方を学んだりできるため、正答率の向上につなげることができます。

オペレーションプロフェッショナル過程の詳細

AWS 認定 SysOps アドミニストレーター – アソシエイト

クラスルーム | 130 分

AWS 認定システムオペレーション (SysOps) アドミニストレーター – アソシエイト試験は、AWS プラットフォームでのデプロイ、管理および運用における技術的な専門知識を認定します。

DevOps Engineering on AWS

クラスルーム | 3 日間

一般的な DevOps のプラクティスを使用して、AWS でアプリケーションを開発、デプロイ、保守する方法について学習します。

試験準備: AWS 認定 DevOps エンジニア – プロフェッショナル

クラスルーム | 1 日

試験の対象分野とそれらが AWS の DevOps や学習対象の特定領域にどう位置づけられるかについて詳しく説明し、試験対策を行います。各対象分野の試験の問題例を確認し、出題される内容の概念を理解できるため、正答率を上げることができます。