ストレージラーニングパスは、企業のストレージエンジニアが、AWS ストレージサービスに焦点を当てながら、可用性の高いソリューションを設計および管理する方法を学べるようになっています。基礎から技術の詳細へ進んで AWS ストレージの専門知識を深め、ご自分の組織がクラウドへ迅速に移行できるようにします。このパスには、専門家によるガイダンスつきのクラスルームトレーニングと、ご自分のペースで受講できるデジタルトレーニングモジュールがあります。

トレーニングを探す

すべてのパス     |     クラウドプラクティショナー     |     アーキテクト     |     開発者     |     運用担当     |     分野     |     パートナー     |     ストレージ

デジタルトレーニング | 6 時間

AWS の基礎を学び、AWS クラウド全体を理解します。

詳細 | デジタルコースを受講

デジタルトレーニング | 30 分

AWS クラウド環境で推奨されるジョブロールについて学習します。このコースでは、既存のオンプレミスのロールとクラウドのロールを比較します。

詳細 | デジタルコースを受講

クラスルームトレーニング | ライブまたは仮想クラス | 1 日間

この 1 日間のコースでは、AWS の使用を開始したい方々が、クラウドコンピューティング、ストレージ、および AWS のネットワーキングの基礎を学習できます。

詳細 | クラスを検索

デジタルトレーニング | 3 時間

AWS のアクセス制御、ガバナンス、暗号化手法など、AWS セキュリティの基本概念について学習します。

詳細 | デジタルコースを受講

クラスルームトレーニング | ライブまたは仮想クラス | 3 日間

クラウドのベストプラクティス、アーキテクチャパターン、導入事例、および AWS のインフラストラクチャを設計するためのその他の実用的な考え方について学習します。

詳細 | クラスを検索

クラスルームトレーニング | ライブまたは仮想クラス | 3 日間

ネットワークやシステムに関する自動化や繰り返しが可能なデプロイを AWS プラットフォームで作成する方法について学習します。

詳細 | クラスを検索

クラスルームトレーニング | ライブまたは仮想クラス | 3 日間

データサービス、ガバナンス、セキュリティを組み込んだ複雑な AWS ソリューションの構築方法について学習します。スケーラブルで伸縮自在、かつ安全で可用性の高いアプリケーションを構築するためのベストプラクティスを学びます。

詳細 | クラスを検索

デジタルトレーニング | 60 分

オンプレミスデータの AWS への移行と移行に利用できるサービスについての知識を身に付けます。 

デジタルコースを受講

デジタル | 3 時間 30 分

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) をストレージで使用、管理、保護、モニタリング、最適化するためのスキルを習得します。 

デジタルコースを受講

デジタルトレーニング | 65 分

Amazon Elastic File System (EFS) の使用、管理、安全対策を行うための知識とスキルを身につけます。

デジタルコースを受講

デジタルトレーニング | 60 分

Amazon Elastic Block Storage (EBS) の使用、管理、安全対策、監視を行うための知識とスキルを身につけます。

デジタルコースを受講

デジタルトレーニング | 2 時間

Amazon Glacierの特徴、サービスオプション、戦略について学びます。このコースでは、利用可能な長期保管ストレージソリューションについて、その機能、使用に適した条件などを学びます。

デジタルコースを受講

デジタルトレーニング | 3 時間

AWS Storage Gateway の特徴および 3 つの動作モード (ファイル、ボリューム、テープ)について学びます。AWS マネジメントコンソールからそれぞれのゲートウェイを作成し管理する方法について学びます。

デジタルコースを受講