ストレージ

AWS のエキスパートから学んでください。スキルと知識を向上させます。AWS クラウドをキャリアに活用してください。

AWS トレーニングと認定は、可用性の高いストレージソリューションの管理、設計、および開発を目指すストレージエンジニア、ソリューションアーキテクト、およびソフトウェアデベロッパー向けの完全なコースを提供します。エキスパートによるクラスルームトレーニングと、自分のペースで受講できるデジタルトレーニングを提供しています。

デジタルコースの AWS Storage Offerings から始めることをお勧めします。次に、オブジェクトストレージ、ファイルストレージ、ブロックストレージ、バックアップと災害復旧、データ転送、およびエッジコンピューティングとストレージについて、基礎から高度な技術へと学習を進めます。

詳細については、次に示すトレーニングの進め方オプションを参照してください。

LearningPath-Storage_Oct2020

AWS ストレージサービスによるトレーニング

  • 学習過程の例

    これらのコースを受講して、このラーニングパスで AWS クラウドのスキルを構築しましょう。その他のコースも詳しく見て、知識を深めてください。

    AWS ストレージ製品

    このコースは、複数の AWS ストレージサービスの違いを区別するのに役立ち、ブロック、ファイル、オブジェクト、ハイブリッドストレージなど、さまざまなストレージタイプの概要を説明します。

    デジタルコース | 1.45 時間

    Amazon Simple Storage Service (S3) プライマー

    一般的なユースケースを確認して、Amazon S3 の基本を学び、Amazon S3 を使用すべき場合を特定します。

    AWS を使ったバックアップと復元のイントロダクション

    ハイブリッドと AWS クラウドネイティブバックアップアーキテクチャで使用される一般的な AWS のサービスを詳しく学習します。

    デジタルコース | 1.5 時間

    Amazon Elastic Block Store (EBS) の詳細

    Amazon Elastic Block Storage (EBS) の使用、管理、安全対策、監視を行うための知識とスキルを身につけます。

    Amazon Elastic File System (EFS) についてより詳しく

    Amazon EFS の使用、管理、安全対策を行うための深い知識とスキルを身につけます。

    Amazon FSx for Windows ファイルサーバープライマー

    このコースでは、Amazon FSx for Windows ファイルサーバーが Windows ベースのアプリケーションとワークロードをサポートする方法を学びます。

    AWS Storage Gateway の詳細

    AWS Storage Gateway の特徴および 3 つの動作モード (ファイル、ボリューム、テープ) について学びます。AWS マネジメントコンソールからそれぞれのゲートウェイを作成し管理する方法について学びます。

その他のコース

  • オブジェクトストレージ

    Amazon Simple Storage Service (S3) の詳細

    Amazon S3 をストレージで使用、管理、保護、モニタリング、最適化するためのスキルを習得します。

    デジタルコース | 2.5 時間

  • ファイルストレージ

    Amazon FSx for Lustre プライマー

    このコースでは、Amazon FSx for Lustre の使用方法を学びます。その利点、一般的なユースケース、Amazon FSx for Lustre をセットアップする方法、ファイルシステムを監視する方法を確認します。

    Amazon Elastic File System (EFS) プライマー

    Amazon EFS の使用を開始する方法を学びます。このコースでは、共有ファイルシステムの可用性、耐久性、セキュリティなどのフルマネージド型の機能についても説明します。

  • バックアップと災害対策

    Amazon Glacier の詳細

    Amazon Glacier の特徴、サービスオプション、およびユースケースについて学びます。このコースでは、利用可能な長期保管ストレージソリューションについて、その機能および使用に適した条件などを学びます。

    CloudEndure Disaster Recovery に関する技術トレーニング

    主要なテクノロジー機能やベストプラクティスなど、CloudEndure Disaster Recovery のライフサイクル全体について学習します。

    デジタルコース | 1.5 時間

    AWS Storage Gateway プライマー: テープゲートウェイ

    このコースでは、テープゲートウェイインターフェイスに重点を置いて、AWS Storage Gateway の概要を学びます。テープゲートウェイを作成、設定、保護、および監視する方法を学習します。

    デジタルコース | 1.5 時間

  • データ転送

    AWS Storage Gateway プライマー: ファイルゲートウェイ

    このコースでは、AWS Storage Gateway と、オンプレミスのワークロードが AWS Cloud Storage に保存されているデータにアクセスできるようにするために提供されるさまざまなインターフェイスを紹介します。このコースでは、ファイルゲートウェイインターフェイスに焦点を当てています。

    デジタルコース | 1.5 時間

    AWS Storage Gateway プライマー: ボリュームゲートウェイ

    このコースでは、ボリュームゲートウェイインターフェイスに重点を置いて、AWS Storage Gateway の概要を学びます。ボリュームゲートウェイを作成、設定、保護、および監視する方法を学習します。

    デジタルコース | 1.5 時間

    AWS Transfer for SFTP プライマー

    このコースでは、AWS Transfer for SFTP のアーキテクチャの概要を説明します。これにより、オンプレミスでアクセスする方法と、データがどのように AWS クラウドに格納されるのかを理解できます。

    AWS DataSync プライマー

    AWS DataSync を使用して、オンプレミスストレージと AWS クラウドストレージサービス間、および AWS クラウドの AWS クラウドストレージサービス間でデータを転送する方法について学習します。

  • エッジコンピューティングとストレージ

    AWS Snowball Edge の使用開始

    このコースでは、Snowball Edge デバイスのタイプ、機能、およびユースケースの概要を学びます。また、Snowball Edge と統合してコンピューティング、ブロックストレージ、および暗号化を提供する AWS のサービスについても説明します。

    デジタルコース | 1.45 時間

    AWS Snowball Edge のロジスティクスと計画

    このコースでは、Snowball Edge を利用できる AWS リージョン、ジョブに最適な AWS リージョンを選択する方法、料金についての基礎知識を学びます。また、Snowball Edge のジョブを計画するときに何が重要かを学びます。

    デジタルコース | 1.5 時間

    AWS Snowball Edge: Snowball Edge を使用する

    このコースでは、Snowball Edge ジョブの作成からデバイスの返却まで、Snowball Edge デバイスに関連する完全なワークフローを実行する方法を学びます。

  • オプションのコースと試験

    Architecting on AWS

    このコースでは、AWS プラットフォームで IT インフラストラクチャを構築するための基礎について説明します。AWS の各サービスを理解し、これらがクラウドベースのソリューションにどのように適合するかを理解して AWS クラウドを最適化する方法を学びます。

    クラスルーム | 3 日間

    AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト

    AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験は、AWS における分散システムの可用性、コスト効率、高耐障害性およびスケーラビリティの設計に関する 1 年以上の実務経験を持つソリューションアーキテクト担当者を対象としています。

    試験 | 130 分