Amazon Web Services ブログ

AWS LambdaのC#サポートの発表

by AWS Japan Staff | on | in AWS Lambda, デベロッパーツール |

本日、AWS Lambdaのサポート言語としてC#を発表しました。新しいオープンソースの.NET Core 1.0ランタイムを使用すると、さまざまな一般的な.NETツールからC#コードをAWS Lambdaに簡単に公開できます。 .NET開発者は、C#言語と使い慣れた.NETツールを使用して、Lambda関数とサーバーレス アプリケーションを作成できます。 Visual Studio、Yeoman、およびdotnet CLIにおけるツール サポートによって、C#で記述された個々のLambda関数またはサーバーレスアプリケーション全体をLambdaおよび Amazon API Gatewayに簡単に展開できます。

LambdaAWSサーバーレスプラットフォームの中核です。もともと2015年に発売されたLambdaでは、インフラストラクチャやスケーリングを心配することなく、Node.jsPython、およびJavaコードをAWSに展開することができます。これにより、開発者はアプリケーションのビジネスロジックに集中でき、インフラストラクチャの維持と拡張に時間を費やす必要がありません。今日まで、.NET開発者はこのモデルを利用することができませんでした。サポートされている言語のリストにC#を追加し、サーバーレスアプリケーションを作成すためにLambdaAPIゲートウェイを利用する新しいカテゴリの開発者ができたことを嬉しく思っています。

 

C#でのLambda

単純なC#ラムダ関数を見てください。 既にNode.js、Python、JavaでLambdaを使っていたなら、これはよく分かるはずです:

using System;
using System.IO;
using System.Text;

using Amazon.Lambda.Core;
using Amazon.Lambda.DynamoDBEvents;
using Amazon.Lambda.Serialization.Json;

namespace DynamoDBStreams
{
    public class DdbSample
    {
        private static readonly JsonSerializer _jsonSerializer = new JsonSerializer();

        [LambdaSerializer(typeof(JsonSerializer))]
        public void ProcessDynamoEvent(DynamoDBEvent dynamoEvent)
        {
            Console.WriteLine($"Beginning to process {dynamoEvent.Records.Count} records...");

            foreach (var record in dynamoEvent.Records)
            {
                Console.WriteLine($"Event ID: {record.EventID}");
                Console.WriteLine($"Event Name: {record.EventName}");

                string streamRecordJson = SerializeObject(record.Dynamodb);
                Console.WriteLine($"DynamoDB Record:");
                Console.WriteLine(streamRecordJson);
            }

            Console.WriteLine("Stream processing complete.");
        }


        private string SerializeObject(object streamRecord)
        {
            using (var ms = new MemoryStream())
            {
                _jsonSerializer.Serialize(streamRecord, ms);
                return Encoding.UTF8.GetString(ms.ToArray());
            }
        }
    }
}

Lambdaでサポートされている他の言語と同様に、関数の入力と戻り値の型を扱うための選択肢がいくつかあります。最も基本的な選択は、System.IO.Streamの低レベルストリームインタフェースを使用することです。また、アプリケーションのアセンブリレベルまたはメソッドレベルでデフォルトのシリアライザを適用することも、Amazon.Lambda.Coreライブラリによって提供されるILambdaSerializerインターフェイスを実装することによって独自のシリアライゼーションロジックを定義することもできます。

ProcessDynamoEvent関数の関数シグネチャを見て、シグネチャ内のDynamoDBEventに注意してください。これは、Lambdaが提供するAmazon.Lambda.Coreライブラリと、他のAWSイベントタイプのためのさらに多くのクラスから来ています。このNuGetパッケージにプロジェクトの依存関係を追加すると、staticLambdaロガー、シリアライゼーション インターフェイス、およびLambdaコンテキストオブジェクトのC#実装にアクセスできます。

ロギングでは、C#Consoleクラス、Amazon.Lambda.Core.LambdaLoggerクラスのLogメソッド、またはコンテキストオブジェクトのLoggerプロパティによって提供される静的なWriteメソッドまたはWriteLineメソッドを使用できます。 C#プログラミングモデルの詳細については、「AWS Lambda開発者ガイド」を参照してください。

 

AWS Toolkit for Visual Studio

AWS Toolki for Visual Studio は、.NET Core Lambda関数とサーバーレスアプリケーションの開発、テスト、および展開をサポートします。 このツールキットには、容易に開発を始めるために、次の2つの新しいプロジェクトテンプレートが用意されています: AWS Lambda Projectテンプレートは、単一のCLambda関数を持つ単純なプロジェクトを作成します。 AWS Serverlessアプリケーションテンプレートは、AWS Serverless Application ModelAWS SAM)に従って、小さなAWSサーバーレスアプリケーションを作成します。 このテンプレートは、API GatewayRESTエンドポイントを介して公開された複数のラムダ関数で構成された完全なサーバーレスアプリケーションを開発する方法を示しています。 また、AWS SAMでは、アプリケーションがプロジェクトのテンプレートの一部として使用するAWSリソースをモデル化できます。

コードが準備できたら、プロジェクトを右クリックし、ソリューションエクスプローラで[Publish to AWS Lambda…]を選択してVisual Studioから直接展開できます。 そこから、デプロイメント・ウィザードがデプロイメント・プロセスをガイドします。

 

.NET Core CLIを使用したクロスプラットフォーム開発

.NET Coreの優れた機能の1つは、クロスプラットフォームのサポートです。 従来の.NETフレームワークでは、開発者はWindows上でアプリケーションを構築して実行する必要があります。 ただし、.NET Coreを使用すると、任意のプラットフォームでC#コードを開発し、任意のプラットフォームに展開することができます。Windowsで開発しておらず、AWS Toolkit for Visual Studioにアクセスできない場合でも、.NETツールを使用してCLambda関数とサーバーレスアプリケーションをAWSに簡単に公開できます。 AWS Toolkit for Visual Studioを使用していても、dotnet CLIの使い方を知ることは、ビルドとデプロイメントプロセスの自動化に役立ちます。.NET Coreプロジェクトを作成したら、Yeomanのようなツールを使用してdotnet CLILambdaツールを有効にします。 Amazon.Lambda.ToolsNuGetパッケージに依存するツールを新しいプロジェクトに追加するだけです。

Amazon.Lambda.Tools NuGetパッケージは、新しいdotnet CLIにコマンドを追加します。これにより、使用しているプラットフォームに関係なく、Lambda関数とサーバレスアプリケーションをAWSにデプロイできます。 Windows上のVisual Studioで開発している場合でも、dotnet CLIAWS Lambdaツールは、アプリケーションのCI / CDパイプラインを設定するのに役立ちます。dotnet CLIの新しいラムダコマンドの詳細については、プロジェクトディレクトリに「dotnet lambda help」と入力してください。

 

まとめ

我々は、.NET Core ランタイムを通してC#アプリケーションに対してAWS Lambdaを利用可能にすることに興奮しています。 C#Lambda関数の作成に関する詳細は、「AWS Lambda開発者ガイド」を参照してください。 AWS Toolkit for Visual Studioをダウンロードして開始するか、dotnet CLIのLambda拡張を確認してください。

 

原文: Announcing C# Support for AWS Lambda (翻訳: SA福井)