Amazon Web Services ブログ

Tag: CloudGems

Lumberyard Beta 1.13 公開

Lumberyardのここ2回のリリースでは新たな基本システムをご紹介しましたが (EMotion FX や Script Canvas)、次の2回のリリースではこれらのシステムの最適化とエンジン全般の利用のし易さにフォーカスします。その第一弾としてLumberyard Beta 1.13をリリースしました! Lumberyard Beta 1.13 のダウンロードはこちら 皆様からの様々なフィードバックにより200以上の機能向上、および安定性と使い易さを向上させられたことに感謝いたします。また、新たなクラウド機能によりエキスパートエンジニアの手を借りずに素晴らしいゲームプレイ体験を制作することに集中していただけます。今回の主な機能をご紹介させていただきます。 1. Gemの相互連携 Cloud gemに動的コンテンツ、リーダーボードやデイリーメッセージ等の有用なクラウド機能を簡単に実現できます。新たに1.13では、APIを公開して各バックエンドサービスを相互に利用できるようになりました。別の言い方をすると、Gemとの統合により更に複雑な機能をゲーム内に実現可能となります。 例えば、デイリーメッセージGemから、テキストスピーチGemを利用して音声合成しプレイヤーに語りかける事ができますプレイヤーアカウントGemとリーダーボードGemと連携して不正アカウントのスコアの削除して、プレイヤーの満足度向上にお役立ていただいたりできます。さらに音声合成によるゲーム内アンケートの確認や、プレイヤーの音声によるフィードバックを音声認識Gemで取得等々、これらも組み合わせの1例でしかなく、さらなる皆様のお取り組みを楽しみにしております。 2. 音声合成のカスタマイズ Text to Speech Cloud Gemも向上させました。Cloud Gem PortalでのSSML(Speech Synthesis Markup Language:音声合成マークアップ言語)対応も含め、より詳細に音質やアクセントを制御可能となりました。例えば米国英語音声でフランス語のフレーズを喋らせるような事も可能です。また、管理画面でのフィルタリング機能や音声パッケージの管理機能の向上等も行われました。 SSMLにより、合成される音声の音質・トーン・ペース等を柔軟に制御できるようになり、ゲーム内のモブキャラクターやカットシーンでの仮対応等を低コストに実現できます。 3. PhysX Gem(プレビュー) 今回のリリースには、NVIDIA PhysX Gemも含まれ、リアルなコリジョン判定や剛体シミュレーションの作成ができるようになります。Project ConfiguratorでGemを有効にしていただくことで、以下のコンポーネントをエンティティに追加できるようになります。 PhysX Collider – エンティティーのPhysX Mesh ShapeもしくはPhysX Rigid Body Physicsタイプのアサインされたシェイプコンポーネントをリンクすることで、コリジョン反応を提供できます。 PhysX Mesh Shape – コリジョン領域のジオメトリを提供します。 PhysX Rigid Body […]

Read More