試験のスケジュールを立てる

「AWS 認定DevOps エンジニア- プロフェッショナル(DOP -CO1)」試験は、AWS プラットフォーム上の分散アプリケーションシステムのプロビジョニング、運用、および管理に関する技術知識を評価するものです。この試験は、DevOps エンジニアの役割を遂行している人を対象としています。

この試験で評価する能力は次のとおりです。

  • AWS 上で継続的配信システムと継続的配信手段を実装および管理する。
  • セキュリティ制御機能、統治プロセス、およびコンプライアンス機能を実装および自動化する。
  • AWS 上で監視機能、メトリクス、およびロギングシステムを定義および展開する。
  • AWS プラットフォーム上に、可用性、拡張性、自己復旧性の高いシステムを実装する。
  • 運用プロセスを自動化するツールを設計、管理、および保守する。

推奨されるAWS の知識

  • AWS 環境のプロビジョニング、運用、および管理に関する 2 年以上の経験
  • 1 種類以上の高水準プログラミング言語でのコード開発に関する経験
  • 高度に自動化されたインフラストラクチャの構築に関する経験
  • オペレーティングシステムの管理に関する経験
  • 最新の開発プロセス、運用プロセス、開発手法、および運用手法についての理解
  • 複数の選択肢と複数の答えがある問題
  • 試験時間: 170 分間
  • 試験は英語と日本語でご利用いただけます
  • 模擬試験受験料: 40 USD
  • 本試験受験料: 300 USD
  • DevOps Engineering on AWS の受講を推奨

試験ガイドのダウンロード
サンプル問題のダウンロード

試験準備リソースガイド

AWS 認定の準備に役立つリソースとヒントを参照してください。

始める準備はできましたか?