AWS Certified Security - Specialty

この認定の詳細と、準備に役立つ AWS のリソースをご紹介します。

AWS Certified Security - Specialty バッジ

この資格は、組織がクラウドイニシアチブを実装するための重要なスキルを持つ人材を特定して育成するのに役立ちます。AWS Certified Security – Specialty を取得することで、AWS クラウドにおけるデータやワークロードのセキュリティ確保に関する専門知識が認定されます。

本試験の受験対象

AWS Certified Security – Specialty は、最低 2 年間の AWS のワークロードの保護に関する実務経験を持つセキュリティ担当者である個人を対象としています。この試験を受ける前に、以下のことをお勧めします。

  • セキュリティソリューションの設計と実装における 5 年間の IT セキュリティの経験、および AWS ワークロードの確保に関する少なくとも 2 年間の実践的な経験
  • 安全な本番環境を実現するための AWS セキュリティサービスとサービスの特徴についての実務知識、およびセキュリティ運用とリスクについての理解
  • AWS の責任共有モデルとその適用、AWS のワークロードのセキュリティ制御、ロギングとモニタリング戦略、クラウドセキュリティの脅威モデル、パッチ管理とセキュリティのオートメーション、サードパーティーのツールやサービスを使ってAWS セキュリティサービスを強化する方法、BCP とバックアップ、暗号化、アクセス制御、データ保持を含む災害対策制御、などに関する知識
  • 特殊なデータ分類と AWS のデータ保護メカニズム、データ暗号化方法とそれらを実装するための AWS メカニズム、安全なインターネットプロトコルとそれらを実装するための AWS メカニズムの理解
  • 一連のアプリケーション要件を満たすために、コスト、セキュリティ、デプロイの煩雑さについてトレードオフを考慮した決定を下せる能力

この認定を取得するには何が必要ですか?

この認定を取得するには、AWS Certified Security - Specialty 試験 (SCS-C01) を受験し、合格する必要があります。この試験では、複数選択と複数応答の 2 つの問題形式を組み合わせて出題されます。試験内容の概要や合格点などの追加情報は、試験ガイドに記載されています。

試験ガイドをダウンロード »

この試験で使用される問題の形式を示すサンプル問題と、正解の根拠を確認してください。

サンプル問題をダウンロード »

試験の概要

レベル: 専門知識
時間: 試験完了までに 170 分
コスト: 300 USD (模擬試験 40 USD)

フォーマット: 65 個の質問 (複数選択または複数応答のいずれか)
配信方法:ピアソン VUE および PSI、テストセンターまたはオンラインでの監督付き試験

対象言語

この試験は、英語、日本語、韓国語、簡体字中国語で提供しています。

試験の準備

目標を設定しました。自分のキャリアを推進するための知識とスキルを身につけましょう。AWS トレーニングと認定が提供する、AWS Certified Security – Specialty に関連するリソースをご覧ください。試験を受ける前に、特定のトレーニングを受けることを要求しません。これらの推奨リソースは、AWS のエキスパートから学ぶ機会となります。

以下のセクションからリソースの種類を選択して、詳細をご覧ください。

  • 試験の復習
  • セキュリティプロフェッショナルのための AWS トレーニング
  • AWS ホワイトペーパー
  • よくある質問

その他のリソースをお探しですか?

毎週の試験のヒントにサインアップ

サインアップして、AWS トレーニングと認定から毎週提供されるヒントとリソースを入手しましょう。試験を受けるためのヒント、試験ガイドやサンプル問題、認定された AWS エキスパートの講師による試験戦略の深堀りなど、試験の準備をしましょう。

グループで試験バウチャーを入手

AWS 認定で使える試験バウチャーを提供することで、チームの AWS 認定の取得をサポートできます。 スキルアップの価値を伝え、学習と開発の予算を戦略的に管理し、バウチャーの使用状況を把握することができます。