Amazon Chime は従量制料金のサービスで、前払い、拘束期間、長期契約は不要です。

従量制料金の Amazon Chime

料金詳細

Amazon Chime Basic の機能

無期限、無料で使える機能。これには、チャットや会議への出席も含まれます。

Amazon Chime Pro の機能

会議を主催するなど、料金の掛かる機能。Amazon Chime Pro 機能に対しては、お客様のユーザーがその機能にアクセスする日だけに、1 ユーザー当たり 1 日 3 USD で、1 か月では 15 USD の制限付きで課金します。

Amazon Chime Basic と Amazon Chime Pro のすべての機能については、下の表を参照してください。

料金の例

会議を日常的に頻繁にホストする

3 USD/1 日、最大 15 USD/月
1 か月に 2 回会議をホストする

3 USD/1 日、合計 6 USD/月
チャットや会議への出席

無料

ダイヤルイン使用については公開のレートで会議のホストに別途課金され、上記の料金には入っていません。  ダイヤルインのレートはこちらで確認できます。


Amazon Chime Basic と Amazon Chime Pro の機能

会議のスケジュールとホスト (2 人以上)

 
会議をスケジュールに入れる
インスタント会議を開始
会議のダイヤルイン電話番号を提供*
Chime In 会議リンクの使用**
会議の録音
会議室ビデオシステムの使用
Microsoft Outlook アドイン**
参加者最大数
* 別途ダイヤルイン料金がかかる場合があり、料金は こちら
** Outlook プラグイン (Windows でのみ使用可能) と ChimeIn 会議リンク機能を使用でき、会議をホストするのでなければ料金はかかりません。
Basic   Pro   
 
 
 
 
 
 
 
  100

会議への出席

 
動画
動画 (VoIP)
Autocall が電話をかける
Amazon Chime call me
公衆電話回線でダイヤルイン*
画面共有
リモートコントロール
* 別途ダイヤルイン料金がかかる場合があり、料金は こちら
Basic   Pro   

インスタント人対人音声、ビデオ電話 (VoIP)

 
動画
音声 (VoIP)
画面共有
リモートデスクトップコントロール
Basic   Pro   

チャット

 
人対人チャット
グループチャット
チャットルーム
Basic   Pro   

IT 管理

• ユーザー管理
• 使用状況レポート
• ドメインの要求 – ユーザーが Amazon Chime にサインアップすると自動的にお客様のアカウントに追加
• Microsoft Active Directory 向けの AWS Directory Services と共に使用AWS Directory Services の料金の詳細については、こちらを参照してください。
• Amazon Chime アカウントのリモートデスクトップコントロールを管理

よくある質問

無料トライアル

Q: Amazon Chime の無料トライアルはどのように機能しますか?

新規ユーザーの方は、クレジットカードを使わずに、Amazon Chime アカウントを作成して 30 日間のトライアルを開始できます。トライアル中のユーザーは Amazon Chime Pro 機能を 30 日間無料で使え、これには限られた数のダイヤルイン電話番号の使用が含まれます (リストはこちら)。トライアルは、ユーザーが Amazon Chime チームアカウントへの参加の招待を受け入れたとき、Amazon Chime エンタープライズアカウントの一員になったとき、または 30 日経過後 (のいずれか最初のタイミング) に終了します。30 日経過後、ユーザーがチームまたはエンタープライズアカウントの一員になっていない場合、Amazon Chime Basic の機能は無料で使い続けることができます。Amazon Chime アカウントについての詳細は、Amazon Chime アカウントの管理をご覧ください。

Q: 私の Amazon Chime チームまたは Amazon Chime エンタープライズアカウントに追加したユーザーでも、30 日間の無料トライアルを受けられますか?

30 日間の無料トライアルは、ユーザーが Amazon Chime チームまたは Amazon Chime エンタープライズアカウントに入ると同時に終了します。Amazon Chime アカウントについての詳細は、Amazon Chime アカウントの管理をご覧ください。

購入

Q: Amazon Chime はどのようにして購入できますか?

Amazon Chime の購入には、Amazon Chime チームまたは Amazon Chime エンタープライズアカウントを作成する必要があります。お客様ご自身または組織のために Amazon Chime を購入することについては、Amazon Chime の使用開始方法のページをご覧ください。

 

Q: Amazon Chime の詳細について担当者の方と話ができますか?

はい。こちらのお問い合わせフォームに記入してください。アマゾン ウェブ サービスの担当者から連絡を差し上げます。

請求とアクセス許可

Q: Amazon Chime はどのような課金体系ですか?

Amazon Chime は従量制料金のサービスで、前払い、拘束期間、長期契約はありません。Amazon Chime には、無料機能として Amazon Chime Basic があり、有料機能として Amazon Chime Pro があります (詳細は上記機能表を参照してください)。料金がかかるのは Amazon Chime Pro の機能に対してのみで、ユーザーが機能にアクセスした日について、1 日 1 ユーザー当たり 3 USD がかかります。使用料金の上限は 1 か月間に 1 ユーザー当たり 15 USD です。ダイヤルイン使用については公開されるレートで別途課金され、上記の料金には含まれません。

Q: ユーザーのアクセス許可はどのように管理しますか?

Amazon Chime では、各ユーザーに割り当てられているアクセス許可の階層によって、機能を使用できるかどうかが決まります。アカウントにユーザーを追加するときは、デフォルトで Amazon Chime Pro のアクセス許可が割り当てられます。これらの設定は、Amazon Chime コンソールを使って変更できます。または、Active Directory (AD) を使って Amazon Chime エンタープライズアカウント内のユーザーを管理してる場合は、AD グループを使って変更できます。アクセス許可の管理について詳しくは、Amazon Chime 管理ガイドをご覧ください。  

Q: Amazon Chime Pro 機能を使わないように私のユーザーに制限を付けられますか?

はい。Amazon Chime では、ユーザーがどの機能にアクセスできるかは、ユーザーのアクセス許可を Amazon Chime Basic または Amazon Chime Pro に設定することによって決定できます。Basic のアクセス許可が与えられたユーザーは Basic 機能だけを使えます。Pro のアクセス許可が与えられたユーザーは、Basic と Pro の両方の機能を使えます。デフォルトでは、Amazon Chime チームまたは Amazon Chime エンタープライズアカウントのユーザーには Pro のアクセス許可が与えられますが、これらの設定は Amazon Chime コンソールで変更できます。Active Directory (AD) を用いて Amazon Chime エンタープライズアカウントのユーザーを管理している場合、AD グループを用いてアクセス許可を設定できます。

ユーザーに Amazon Chime Pro のアクセス許可レベルを割り当てても料金は発生せず、ユーザーが Pro の機能に実際にアクセスするときにだけ課金されます。詳細については機能の表を参照してください。

Q: Basic のアクセス許可を与えられたユーザーは、Amazon Chime Basic のアクセス許可階層から 3 人以上が参加するインスタント会議のスケジュールやホストを行えますか?

3 人以上が参加するインスタント会議のスケジュールやホストを行うには、Amazon Chime Pro のアクセス許可が必要です。Amazon Chime Basic のアクセス許可を与えられたユーザーは、Amazon Chime Pro ユーザーがスケジュールしたり直接開催したりする会議に出席し、完全に参加することができます。Amazon Chime Basic ユーザーは、それでも Amazon Chime 会議のすべての機能を利用できます。これには、会議から電話をかけさせること、ビデオ、画面の共有、リモートデスクトップコントロールの使用が含まれます。

Q: Amazon Chime Pro 機能のアクセス許可を与えられたユーザーが、他のユーザーがスケジュールした会議に出席する場合、料金はかかりますか?

いいえ、会議の出席に対して課金されることはありません。Amazon Chime では、会議のホストにだけ使用料金が課せられます。Amazon Chime 会議をホストするのは Amazon Chime Pro の機能で、これには 1 ユーザーあたり 1 日 3 USD のレートで、1 ユーザーあたり 1 日に対して最大月額 15 USD の限度があります。ダイヤルイン使用については公開のレートで会議のホストに別途課金され、上記の料金には入っていません。

Q: 2 人の間の音声通話やビデオ通話と、会議との違いは何ですか?

音声通話またはビデオ通話 (VoIP (Voice over IP) を使用) は、2 人の間で行われます。電話は連絡先リストから、またはチャットから直接かけられ、スケジュールには入れられません。これらには Amazon Chime アプリケーションを使う必要があり、2 人の内どちらもダイヤルイン電話番号や室内ビデオ会議室システムで接続することはできません。これらの通話は、Amazon Chime アプリを使った 2 人の間でのみ行われます。

対照的に、会議には 2 人 から 100 人が参加できます。会議はスケジュールに入れることも、直ちに開始することもできます。参加者は Amazon Chime アプリを使って参加するか、従来のダイヤルイン電話番号を使うことができます。Amazon Chime アプリケーションにログインした参加者には、スケジュールに入っている会議の自動通話がかかります。会議参加者は Amazon Chime 会議のすべての機能を使えます。これには、音声とビデオ、目で見える名簿、画面共有、リモートデスクトップコントロール、チャット、ファイル共有、会議の録音・録画を含みます。会議をスケジュールに入れることと、ホストすることは Amazon Chime Pro の機能です。

IT 管理

Q: 私の Amazon Chime チームまたはエンタープライズアカウントに異なるアクセス許可を割り当てられますか?

はい。チームまたはエンタープライズアカウント内には、Amazon Chime Pro のアクセス権限のユーザーと、Amazon Chime Basic のアクセス権限のユーザーを入れておけます。アカウントにユーザーを追加するときは、デフォルトで Amazon Chime Pro のアクセス権限が割り当てられます。これらの設定は、Amazon Chime コンソールを使って変更できます。または、Active Directory (AD) を使って Amazon Chime エンタープライズアカウント内のユーザーを管理してる場合は、AD グループを使って変更できます。

アクセス権限の割り当てだけでは料金は発生せず、ユーザーが Amazon Chime Pro の機能にアクセスするときにだけ料金が発生しますのでご注意ください。詳細情報については、ユーザーアクセスとアクセス許可の管理をご覧ください。

Q: 私の Amazon Chime チームまたは Amazon Chime エンタープライズアカウントに追加したユーザーも、30 日間の無料トライアルを受けられますか?

いいえ。30 日間の無料トライアルは、ユーザーが Amazon Chime チームまたは Amazon Chime エンタープライズアカウントに入ると同時に終了します。Amazon Chime アカウントについての詳細は、Amazon Chime アカウントの管理をご覧ください。

Amazon Chime を無料で試す

新規ユーザーの方は Amazon Chime アカウントを作成して 30 日間のトライアルを開始していただけます。クレジットカードは不要です。