Amazon Cloud Directory

完全マネージド型階層データストア

Amazon Cloud Directory では、柔軟性に優れたクラウドネイティブのディレクトリを構築し、複数のディメンションに沿ったデータの階層を編成できます。Cloud Directory を使うと、組織図、コースカタログ、デバイスレジストリなど、さまざまなユースケースのディレクトリを作成できます。Active Directory Lightweight Directory Services (AD LDS) やその他の LDAP ベースのディレクトリなどの従来のディレクトリソリューションでは単一階層に限定されますが、Cloud Directory では複数のディメンションにまたがる階層構造のディレクトリを柔軟に作成できます。たとえば、報告体制、所在地、コストセンターの別々の階層内を検索できる組織図を作成できます。

Amazon Cloud Directory では、何億というオブジェクトへのスケールも自動的に行われ、複数のアプリケーション間で共有できる拡張可能なスキーマが利用できます。完全マネージド型サービスのため、Cloud Directory では、インフラストラクチャのスケーリングやサーバーの管理といった、時間や費用のかかる管理タスクが発生しません。お客様はスキーマを定義し、ディレクトリを作成して、Cloud Directory API を呼び出すことでディレクトリにデータを入力するだけです。

利点

複数のディメンションにまたがるデータの階層を効率よく編成

多くのアプリケーションでは、複数のディメンションにまたがるデータの階層を保存するためのディレクトリを構築する必要があります。たとえば、報告体制に基づく 1 つの階層、所在地に基づく 2 つ目の階層、コストセンターに基づく階層の 3 つの階層を持つ組織図があるとします。Amazon Cloud Directory なら、さまざまなスキーマを 1 つのディレクトリ内で組み合わせ、データを重複させることなく複数の階層を作成できます。

ディレクトリでオブジェクトと関係性を検索

従来、高度に結び付けられた大規模なデータセットの検索を行うには、複雑で計算コストの高いクエリが必要でした。Amazon Cloud Directory に組み込まれた検索機能を使えば、複数のネストされたクエリを作成することなく、ディメンションに沿ってすべての親オブジェクトを検索できます。例えば、社員のマネジメントチェーンの検索は、従来のソリューションでは複数のクエリが必要となるのに対し、Cloud Directory なら 1 回のクエリで行えます。

AWS CloudTrail とタグ付けとの統合

Amazon Cloud Directory は AWS CloudTrail およびリソースのタグ付けと統合されています。AWS CloudTrail を使って、ディレクトリのデータにユーザーがアクセスした日時やそのユーザーの ID をログに記録できます。また、リソースのタグ付けにより、ディレクトリやスキーマのタグ付けを行えるため、リソースを追跡、管理しやすくなります。

Standard Product Icons (Features) Squid Ink
Amazon Cloud Directory の特徴を見る

柔軟性が高く、スケーラブルで、費用対効果の高いディレクトリの作成について、詳細をご確認ください。

詳細はこちら 
Sign up for a free account
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。

サインアップ 
Standard Product Icons (Start Building) Squid Ink
コンソールで構築を開始する

AWS コンソールで Amazon Cloud Directory の使用を開始しましょう。

サインイン