AWS クラウド
AWS クラウド
Amazon Cloud Directory を始める

Amazon Cloud Directory では、柔軟性に優れたクラウドネイティブのディレクトリを構築し、複数のディメンションに沿ったデータの階層を編成できます。Cloud Directory を使うと、組織図、コースカタログ、デバイスレジストリなど、さまざまなユースケースのディレクトリを作成できます。Active Directory Lightweight Directory Services (AD LDS) やその他の LDAP ベースのディレクトリなどの従来のディレクトリソリューションでは単一階層に限定されますが、Cloud Directory では複数のディメンションにまたがる階層構造のディレクトリを柔軟に作成できます。例えば、報告体制、所在地、コストセンターの別々の階層内を検索できる組織図を作成できます。

Amazon Cloud Directory では、何億というオブジェクトへのスケールも自動的に行われ、複数のアプリケーション間で共有できる拡張可能なスキーマが利用できます。完全マネージド型サービスのため、Cloud Directory では、インフラストラクチャのスケーリングやサーバーの管理といった、時間や費用のかかる管理タスクが発生しません。単にスキーマを定義し、ディレクトリを作成して、Cloud Directory API を呼び出すことでディレクトリにデータを入力できます。

HA_Cloud-Directory_GENERAL

高速、安定したパフォーマンス

複数のディメンションにまたがるデータの階層を効率よく編成

多くのアプリケーションでは、複数のディメンションにまたがるデータの階層を保存するためのディレクトリを構築する必要があります。例えば、報告体制に基づく 1 つの階層、所在地に基づく 2 つ目の階層、コストセンターに基づく階層の 3 つの階層を持つ組織図があるとします。Amazon Cloud Directory なら、さまざまなスキーマを 1 つのディレクトリ内で組み合わせ、データを重複させることなく複数の階層を作成できます。

高度にスケーラブル

マネージド型インフラストラクチャで自動的にスケール

Amazon Cloud Directory では、何億というオブジェクトへのスケールも自動的に行われるよう設計されています。Amazon では、高い可用性と組み込みのサーバー管理を実現する高度にスケーラブルなマネージド型インフラストラクチャをベースに Cloud Directory を構築しました。従来のデータベースやディレクトリと異なり、Cloud Directory では、事前のキャパシティープランニングや継続的な手動の最適化は必要ありません。

イベントドリブンプログラミング

ディレクトリでオブジェクトと関係性を検索

従来、高度に結び付けられた大規模なデータセットの検索を行うには、複雑で計算コストの高いクエリが必要でした。Amazon Cloud Directory に組み込まれた検索機能を使えば、複数のネストされたクエリを作成することなく、ディメンションに沿ってすべての親オブジェクトを検索できます。例えば、社員のマネジメントチェーンの検索は、従来のソリューションでは複数のクエリが必要となるのに対し、Cloud Directory なら 1 回のクエリで行えます。

きめ細かいアクセスコントロール

変化するデータ要件に簡単に対応

アプリケーションデータ要件は時間と共に進化します。Amazon Cloud Directory は、明示的に変化に対応するモデルをベースに構築されています。Cloud Directory のスキーマは柔軟性に優れているため、いつでもスキーマを拡張して新しい属性を追加できます。複数のアプリケーションが別々にスキーマを拡張できるので、アプリケーションは 1 つのディレクトリを共有でき、データの重複を避けることができます。

柔軟性

ポリシー管理を簡素化

Amazon Cloud Directory では、アプリケーション固有のポリシーをオブジェクトにアタッチし、さまざまな階層に沿ってポリシー継承ルールを定義できます。例えば、組織図用のカスタムポリシーを作成して、コストセンターの階層から予算限度額を割り振ったり、デバイスの階層に命名規則を適用したりできます。Cloud Directory では、アプリケーションごとにこうしたポリシーを評価し、アプリケーションの具体的な要件に合わせてオンデマンドでポリシーを適用できます。ディレクトリのネイティブのポリシーに縛られません。

完全マネージド型

AWS CloudTrail とタグ付けとの統合

Amazon Cloud Directory は AWS CloudTrail とリソースのタグ付けと統合されています。AWS CloudTrail を使って、ディレクトリのデータにユーザーがアクセスした日時やそのユーザーの ID をログに記録できます。また、リソースのタグ付けにより、ディレクトリやスキーマのタグ付けを行えるため、リソースを追跡、管理しやすくなります。

ユースケースの詳細については以下を参照してください。

cloud-directory_graphic2

Amazon Cloud Directory を使用して、人事アプリケーションで使用する組織図を作成できます。Human capital management (HCM) システム、財務ツール、社員ディレクトリでは、組織内の複数の種類の関係を認識する必要があります。Cloud Directory では、報告体制、オフィス所在地、コストセンターなど、1 つの組織内の複数のディメンションを簡単に追跡できます。


cloud-directory_graphic1

Amazon Cloud Directory では、大規模なフリート管理システムのアプリケーションディレクトリを作成する場合に必要となる基礎的要素を利用できます。例えば、物流会社のフリート管理システムでは、ある拠点に割り当てられた車両の数と種類、特定の日にその車両に割り当てられた顧客や社員、車両が使用可能かどうかを判断するためのステータスを追跡する必要があります。Cloud Directory では、複数のディメンションに沿って階層を作成し、1 つのディレクトリ内にこのデータをすべて保存できます。


cloud-directory_graphic3

Amazon Cloud Directory では、複数の重複するカテゴリにまたがるコースを追跡できるように最適化されたコースカタログを作成できます。コースが属するカテゴリは必ずしも 1 つとは限らないため、開発者はデータの重複を余儀なくされます。Cloud Directory なら、生物入門クラスを、科学コース、ラーニングパス、特定の学位やプログラムの要件に属するように編成できます。


Amazon Cloud Directory は簡単に使い始めることができます。コンソールのチュートリアルに従って、わずか数回のクリックで Cloud Directory を設定できます。

無料でお試しください