AWS CodePipeline は、迅速で信頼性の高いアプリケーションのアップデートを可能にする継続的デリバリーサービスです。CodePipeline を使用すると、コードが変更されるたびに、お客様が定義したリリースプロセスモデルに基づいて、コードを構築、テスト、デプロイできます。これにより、機能と更新を迅速かつ信頼性の高い方法で配信できます。GitHub などの一般的なサードパーティサービス向けに事前に構築されたプラグインを使用するか、カスタムプラグインをリリースプロセスの任意の段階に組み込むことで、エンドツーエンドのソリューションを簡単に構築できます。AWS CodePipeline ならば、お支払いいただくのは実際に使用した分のみです。前払い料金や長期契約はありません。

このサイトで動画を見るには、Adobe Flash Player または最新のブラウザが必要です。

AWS CodePipeline のスクリーンショット
3:05
AWS CodePipeline を紹介する動画

AWS を無料でお試しください

まずは無料で始める »
またはコンソールにサインイン

12 か月間の AWS 無料利用枠と、24 時間年中無休のカスタマーサービスやサポートフォーラムなどの AWS ベーシックサポート機能を利用できます。

AWS アカウント作成の流れはこちら »

AWS CodePipeline

DevOps-Solution_logobreak_lululemon
images

lululemon athletica では、継続的デリバリーリリースプロセスに AWS CodePipeline を使用しています。詳細はこちら »

 

 

3M では、継続的デリバリーリリースプロセスに AWS CodePipeline を使用しています。詳細 »


CodePipeline_Benefit_RapidDelivery

AWS CodePipeline はソフトウェアのリリースプロセスを自動化するため、新機能をすばやくユーザーに届けることができます。CodePipeline を使用すれば、フィードバックをすばやく反映し、より早くお客様に新機能を届けることができます。

CodePipeline_Benefit_ImprovedQuality

構築、テスト、リリースプロセスを自動化することにより、小規模で修正しやすいうちにコードの変更を簡単にテストしたり、バグを修正したりできます。標準化されたリリースプロセスを通過させて変更を実行することにより、アプリケーションやインフラストラクチャのコード品質を維持できます。

CodePipeline_Benefit_ConfigurableWorkflow

AWS CodePipeline ではグラフィカルユーザーインターフェイスを使用してソフトウェアのリリースプロセスの異なるステージをモデル化できます。実施するテスト、アプリケーションをデプロイするステップ、依存関係などを指定できます。

CodePipeline_Benefit_StartedFast

AWS CodePipeline を使用して、ソフトウェアのリリースプロセスのモデル化を今すぐ開始できます。サーバーをプロビジョニングおよび設定する必要はありません。CodePipeline はフルマネージド型の継続的デリバリーサービスであり、お客様の既存のツールおよびシステムに接続されます。

CodePipeline_Benefit_EasyIntegrate

AWS CodePipeline は特定のニーズに合わせて簡単に拡張できます。リリースプロセスの任意のステップで AWS の構築済みのプラグイン、またはお客様独自のカスタムプラグインを使用できます。例えば、GitHub からソースコードを取得する、オンプレミスの Jenkins ビルドサーバーを使用する、サードパーティのサービスを使用して負荷テストを実施する、カスタムオペレーションダッシュボードにデプロイ情報を送信することなどが可能です。