ワークフローのモデル化

パイプラインでは、リリースプロセスのワークフローを定義し、リリースプロセスを通して新しいコードの変更がどのように進行するかを記述します。パイプラインは、ワークフローの論理的な区分として機能する一連のステージ (構築、テスト、デプロイなど) から構成されます。各ステージは、コードの構築またはテスト環境へのデプロイなどのタスクである、連続したアクションで構成されます。AWS CodePipeline には、パイプラインとそのさまざまなステージやアクションを作成、設定、管理するグラフィカルユーザーインターフェイスが用意されていて、リリースプロセスのワークフローの視覚化とモデル化を容易に行えます。

並列実行
ワークフローの速度を高める目的で並列実行するため、CodePipeline を使用してビルド、テスト、デプロイのアクションをモデル化できます。

AWS への統合

AWS CodePipeline では、パイプラインのソースコードを AWS CodeCommitGitHubAmazon ECR、または Amazon S3 から直接取得できます。ビルドとユニットのテストは AWS CodeBuild で実行できます。CodePipeline では、AWS CodeDeployAWS Elastic BeanstalkAmazon Elastic Container Service (Amazon ECS)、または AWS Fargate を使用して変更をデプロイできます。

AWS CloudFormation のアクションをモデル化すると、リリースプロセスの一環として AWS リソースをプロビジョニング、更新、削除できます。これにより、AWS サーバーレスアプリケーションモデル (AWS SAM) で AWS LambdaAmazon API Gateway、および Amazon DynamoDB を使用して構築したサーバーレスアプリケーションの継続的デリバリーも可能になります。

また、パイプラインのどの段階でも、CodePipeline の AWS Lambda との統合を使用して、コードによって定義されているカスタム関数をトリガーできます。例えば、ウェブアプリケーションが正常にデプロイされたかどうかテストする Lambda 関数をトリガーできます。

CodePipeline によって、これらのサービスをサードパーティー製の開発者用ツールやカスタムシステムと結び付けるパイプラインを設定できます。

ビルド済みのプラグイン

AWS CodePipeline では、GitHub または Jenkins のようなサードパーティーの開発者用ツールを、クリック 1 回でリリースプロセスの任意のステージに統合できます。ソースの管理、ビルド、テスト、デプロイのためにサードパーティー製のツールを使用できます。統合についての詳細は、こちらを参照してください。

カスタムプラグイン

AWS CodePipeline では、お客様独自のカスタムシステムを統合できます。CodePipeline のオープンソースエージェントをサーバーに統合することで、独自のサーバーをパイプラインに接続できるカスタムアクションを登録できます。CodePipeline の Jenkins プラグインを使用して、既存のビルドサーバーを簡単にカスタムアクションとして登録することもできます。

宣言型のテンプレート

AWS CodePipeline では、リリースワークフローとそのステージおよびアクションを指定する宣言型の JSON ドキュメントを使用して、パイプライン構造を定義できます。これらのドキュメントにより、既存のパイプラインを更新したり、新規パイプライン作成用の開始テンプレートを提供したりすることが可能です。

アクセスコントロール

AWS CodePipeline は AWS IAM を使用して、リリースワークフローを変更できるユーザーやそれを制御できるユーザーを管理します。IAM ユーザー、IAM ロール、SAML と統合されたディレクトリを使用して、ユーザーにアクセス権を与えることができます。

AWS CodePipeline 料金の詳細

料金表のページを見る
構築を始めましょう。
AWS CodePipeline の使用を開始する
ご不明な点がありますか?
お問い合わせ