AWS Compute Optimizer

ワークロードのコストを削減してパフォーマンスを向上させるための最適な AWS Compute リソースの推奨

AWS Compute Optimizer は、ワークロードに最適な AWS Compute リソースを推奨し、機械学習を使用した履歴使用率メトリックの分析によるコストの削減とパフォーマンスの向上に役立ちます。コンピューティングを過剰にプロビジョニングすると不要なインフラストラクチャのコストを招く可能性があります。一方、プロビジョニング不足だとアプリケーションのパフォーマンスが低下する可能性があります。Compute Optimizer は、使用率データに基づいて最適な Amazon EC2 インスタンスタイプを選択するのに役立ちます。インスタンスタイプには、Amazon EC2 Auto Scaling グループの一部が含まれています。

Compute Optimizer は、Amazon のクラウドで多様なワークロードを実行した経験から得た知識を応用することで、ワークロードパターンを識別して、最適なコンピューティングリソースを推奨します。Compute Optimizer は、ワークロードの構成とリソース使用率を分析して、多数の特徴を識別します。たとえば、ワークロードがCPUに集中している、毎日のパターンを示す、ワークロードがローカルストレージに頻繁にアクセスするなどの特徴を識別します。本サービスは、これらの特徴を処理し、ワークロードに必要なハードウェアリソースのヘッドルームを特定します。Compute Optimizer は、さまざまなハードウェアプラットフォーム (例: Amazon EC2 インスタンスタイプ) でワークロードがどのように実行されるかを推測し、レコメンデーションを提供します。

Compute Optimizer は追加料金なしでご利用いただけます。開始するには、AWS Compute Optimizer コンソールで、このサービスを選択します。

メリット

最大 25% のコストを削減する

Compute Optimizer のレコメンデーションを活用して、最大 25% のコストを削減できます。Compute Optimizer は、ワークロードの構成とリソース使用率を分析して、過剰プロビジョニングやプロビジョニング不足の可能性がある Amazon EC2 インスタンスなどといった AWS コンピューティングリソースを特定します。Compute Optimizer は、AWS コンピューティングリソースのサイズを適切に調整し、異なるインスタンスサイズまたはインスタンスタイプに切り替えて、コストを節約するように推奨します。 

実用的なレコメンデーションでパフォーマンスを最適化する

Compute Optimizer は、ワークロードのサイズを適切にするために、140 以上の EC2 インスタンスタイプオプションから最大 3 つのオプションを推奨します。Compute Optimizer は、推奨された EC2 インスタンスタイプでのワークロードの CPU およびメモリ使用率がどうなっているかも推測します。これは、レコメンデーションを実装する前に、その推奨オプションでワークロードがどのように実行されるかを理解するのに役立ちます。

すぐに使用を開始する

AWS コンソールから 4 回クリックするだけで、Compute Optimizer が自動的にレコメンデーションを生成します。これらのレコメンデーションは、Amazon CloudWatch メトリクスと AWS リソースメタデータからの、現在のリソース使用率データに基づいています。ルールベースのしきい値を設定するために、多大な時間とお金を投資する必要はありません。

仕組み

DIAGRAM-TEMPLATE
Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
AWS Compute Optimizer の使用を開始する方法を知る

開始方法のページにアクセスする。

詳細 
Product-Page_Standard-Icons_02_Sign-Up_SqInk
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
Product-Page_Standard-Icons_03_Start-Building_SqInk
コンソールで構築を開始する

AWS マネジメントコンソールで AWS Compute Optimizer を使った構築を始めましょう。

サインイン