データサブスクライバーの機能

数百個に及ぶ商用データ製品
AWS Data Exchange カタログを簡単に閲覧し、金融サービス、ヘルスケア、ライフサイエンス、地理空間、消費財、メディアとエンターテイメント、その他の業界に関連するさまざまな最新の商用データ製品を見つけることができます。

何百個もの無料かつオープンなデータ製品
AWS Data Exchange カタログを簡単に閲覧し、金融サービス、ヘルスケア、ライフサイエンス、地理空間、消費財、メディアとエンターテイメント、その他の業界に関連するさまざまな最新の商用データ製品を見つけることができます。AWS Data Exchange カタログには、学術機関、政府機関、研究機関、民間企業から取得したオープンな無料のデータ製品が多数も含まれています。

データへの高速かつ直接的なアクセス
データプロバイダーは既にデータセットを AWS Data Exchange に公開しており、各データプロバイダーに固有のカスタムツールやインフラストラクチャを構築する必要なく、クラウドでデータ (および新しいリビジョン) をすばやく利用することができます。

データ製品の料金を組み込んだ AWS の請求
該当するデータサブスクリプションの費用は、既存の AWS の請求書に含まれています。 

AWS のサービスの全ポートフォリオとの統合
AWS Data Exchange から Amazon Simple Storage Service (S3) にデータを素早くエクスポートし、Amazon Athena や Amazon Redshift ですぐに分析を開始することが可能です。また、Amazon SageMaker による機械学習 (ML) モデルの構築、Amazon EMR と AWS Glue によるデータ変換および加工、AWS Lake Formation によるデータレイクの構築も可能です。

サブスクライブしたデータの新しいリビジョンを取得するためのオートメーション
Amazon CloudWatch Events を利用して、S3 に新しいリビジョンを自動的に取得し、プロバイダーの最新データを公開と同時に消費することができます。物理メディア、FTP 認証情報、その他のレガシーテクノロジーを管理することなく、常に最新情報を得ることができます。オートメーションの設定の詳細については、新しいデータセットリビジョンの取得を自動化するを参照してください。

データプロバイダーの機能

シンプルかつ合理的な設定
AWS Data Exchange にはステップごとの登録ウィザードがあり、お客様はプロファイルページを作成し、登録を数分で完了できるよう支援します。AWS Data Exchange のカタログにデータ製品を掲載するための資格を得る前に、私たちのチームから連絡があり、詳細なレビューを受けることができます。

世界中の AWS 顧客へ迅速なデータ製品掲載を実現
認定された後、数回のクリックまたは API 呼び出しだけで、Simple Storage Service (Amazon S3) バケットまたはオンプレミス環境にあるデータをアップロードし、パッケージ化できます。ステップバイステップのウィザードにより、製品情報を指定し、データセットを無料または有料製品として公開することができます。カスタム契約または標準契約テンプレートのいずれかを使用し、1~36 か月のサブスクリプション期間を提供できます。

特定の顧客のみが利用できる製品を作成するオプション
お客様は、プライベート製品を作成して、特定のサブスクライバーにのみデータ製品を発行できます。プライベート製品は公開カタログに表示されません。一般に公開されることを意図していないか、特定のサブスクライバー向けにカスタマイズされたデータが含まれている可能性があります。

提供条件をカスタマイズするオプション
また、特定のサブスクライバー向けに、一般に公開される条件とは異なる条件でプライベートオファーを作成することも可能です。これらのサブスクライバーのみがデータ製品を見ることができ、料金、期間、支払いスケジュール、データサブスクリプション契約、返金ポリシーなどの条件を設定することができます。

レポート作成とコマース分析
AWS Marketplace は、製品のサブスクリプション、顧客、および財務に関する詳細な日次、週次、月次のレポートを電子メールで提供しています。また、AWS Marketplace 管理ポータルや API からいつでもアクセスできます。

Bring Your Own Subscription オファー
データ製品を公開した後、既存のサブスクリプションを AWS 顧客に簡単に移行できます。数回のクリックだけで、既存の契約やサブスクライバーの詳細を指定する Bring Your Own Subscription (BYOS) のサービスを追加の費用なしで作成できます。

エンドツーエンドの暗号化
AWS Data Exchange は、転送中および保管時のデータをすべて暗号化します。転送中のデータは SSL/TLS を使って、保管時のデータはサーバー側の暗号化を使用して保護されます。

サブスクリプション検証
サブスクリプション検証を有効にして、データ製品の潜在的なサブスクライバーを承認または拒否し、知的財産権を保護し、規制およびコンプライアンス要件を管理することができます。制限製品、規制製品、またはアクセスが制限されている製品には便利な機能です。たとえば、検証済みのサブスクライバー、または承認されたユースケースを持つサブスクライバーにのみサブスクリプションを許可する場合があります。

監査
AWS Data Exchange は AWS CloudTrail と統合しており、プロバイダーとサブスクライバーは、ユーザー、ロール、または AWS アカウントでの AWS のサービスが行うあらゆる AWS Data Exchange API 呼び出しを監査できます。CloudTrail が収集した情報を使って、顧客が所有するリソースに関するすべての要求を確認できます。詳細については、「Logging AWS Data Exchange API calls with AWS CloudTrail」をご参照ください。

AWS Data Exchange と繋がる

データセットを見つける
データセットを見つける
3,000 以上のサードパーティーデータセットを検索し、サブスクライブすることができます。
データエキスパートと話す
データエキスパートと話す
データエキスパートと話すことで、ビジネスを強化するソリューションを見つけることができます。
ワークショップに登録する
ワークショップに登録する
AWS Data Exchange の使用方法について、ハンズオンのガイダンスを受けることができます。
ニュースレターにサインアップ
ニュースレターにサインアップ
データ製品、機能などに関する最新情報を受け取ります。