AWS Direct Connect パートナーが AWS Direct Connect へのアクセスを有効にする方法

AWS Direct Connect パートナーは、専用接続、ホスト型接続、ホスト型仮想インターフェイスの各モデルを介して、AWS をご利用のお客様が AWS Direct Connect のロケーションとデータセンター、オフィス、またはコロケーション環境の間にネットワーク接続を確立できるよう支援します。このページに一覧表示されている AWS Direct Connect パートナーは、AWS の技術面での審査およびビジネス面での審査を完了しています。

専用接続

専用接続は、単一のお客様により専用で使用される 1 Gbps または 10 Gbps の物理的なイーサネットポートです。各専用接続は、50 のプライベートまたはパブリック仮想インターフェイスと 1 つの転送仮想インターフェイスをサポートします。さらに大きな容量が必要な場合は、Link Aggregation Group を使用して専用接続を組み合わせられます。専用接続は、コンソール、CLI または API を介して AWS から直接注文されます。すべての AWS Direct Connect パートナーが、お客様による専用接続へのアクセスを支援できます。

ホスト型接続

ホスト型接続は、50 Mbps から最大 10 Gbps まで幅広い容量範囲でご利用いただけます。ホスト型接続は、このモデルのサポートを承認された AWS Direct Connect パートナーから注文されます。一部の AWS Direct Connect パートナーのみが AWS の承認を受けて 1 Gbps から 10 Gbps の容量のホスト接続を提供します。AWS Direct Connect パートナーは、複数のお客様により共有されている AWS Direct Connect パートナーと AWS の間のネットワークリンク上で、それぞれのホスト型接続をプロビジョニングします。AWS Direct Connect パートナーと AWS はどちらも、ホスト型接続のネットワークトラフィックを、それぞれのホスト型接続の容量に制限します。AWS は、AWS Direct Connect パートナーと AWS の間のネットワークリンクのホスト型接続の総容量を、当該ネットワークリンクの容量以下に維持します。一部の AWS Direct Connect パートナーは AWS Direct Connect パートナーと AWS の間のネットワークリンクの健全性の詳細モニタリングもサポートしています。この追加モニタリングは、AWS Direct Connect パートナーと AWS の間のネットワークリンク (1 Gbps から 10 Gbps までのホスト型接続容量を提供するために使用される) に対して有効にする必要があります。ホスト型接続は、お客様が AWS コンソール、CLI または API を介して承認するまでアクティブ化されません。容量が 500Mbps 以下の各ホスト型接続は、プライベートまたはパブリック仮想インターフェイスを 1 つサポートします。容量が 1 Gbps 以上の各ホスト型接続は、プライベート、パブリック、または転送仮想インターフェイスを 1 つサポートします。複数の仮想インターフェイスが必要なお客様は、複数のホスト型接続を取得するか、50 のプライベートまたはパブリック仮想インターフェイスと 1 つの転送仮想インターフェイスを提供する専用接続を使用します。

ホスト型仮想インターフェイス

ホスト型仮想インターフェイス (ホスト型 VIF) は、基盤となる専用接続が割り当てられた AWS アカウントとは異なる AWS アカウントに割り当てられた仮想インターフェイスです。ホスト型 VIF には AWS から割り当てられた容量がありません。一部の AWS Direct Connect パートナーは、お客様の AWS アカウントに割り当てられたホスト型 VIF を作成することで AWS Direct Connect へのアクセスを有効にします。ホスト型 VIF はお客様が AWS コンソール、CLI または API を介して承認するまでアクティブ化されません。AWS Direct Connect パートナーは、複数のお客様により共有されている AWS Direct Connect パートナーと AWS の間のネットワークリンク上で、それぞれのホスト型 VIF をプロビジョニングします。それぞれのホスト型 VIF は、AWS から AWS Direct Connect パートナー方向でのネットワークリンクで利用可能なすべての容量にアクセスできます。AWS では各ホスト型 VIF のネットワークトラフィックをどの容量にも制限していないため、共有されたネットワークリンクが利用過多となる可能性があります。この利用過多となる可能性のため、AWS ではホスト型 VIF を使用した AWS Direct Connect パートナーのサービス統合を新しく承認しなくなりました。ネットワークの混雑に影響を受けやすいワークロードを持つお客様に対して、専用接続またはホスト型接続の使用を推奨しています。

AWS Direct Connect ロケーション別 AWS Direct Connect パートナー

次の記号の下にある表は、所定の AWS Direct Connect ロケーションにおける AWS Direct Connect パートナーの容量を示すために使用されます。AWS Direct Connect パートナーの具体的な容量について詳しく知りたいお客様は、それぞれの AWS Direct Connect パートナーに問い合わせる必要があります。

✔ - 専用接続をサポートする AWS Direct Connect パートナー

H - 50 Mbps~500 Mbps の容量のホスト型接続が認められた AWS Direct Connect パートナー

G - 50 Mbps~10 Gbps の容量のホスト型接続が認められた AWS Direct Connect パートナー (1 Gbps から 10 Gbps までのホスト接続容量を提供するために使用される、AWS Direct Connect パートナーと AWS の間のネットワークリンクに対して、追加モニタリングを有効にする必要あり)

M - ホスト型接続に対して、AWS Direct Connect パートナーと AWS の間のすべてのネットワークリンクの追加モニタリングをサポートする AWS Direct Connect パートナー

V - ホスト型 VIF を使用してお客様の AWS Direct Connect へのアクセスを提供する AWS Direct Connect パートナー

Direct Connect ロケーション別 AWS Direct Connect パートナー (アメリカ大陸)

  • 米国東部 (バージニア北部)
  • 米国東部 (オハイオ)
  • 米国西部 (北カリフォルニア)
  • 米国西部 (オレゴン)
  • AWS GovCloud (米国西部)
  • カナダ (中部)
  • 南米 (サンパウロ)

Direct Connect ロケーション別 AWS Direct Connect パートナー (欧州/中東/アフリカ)

  • 欧州 (アイルランド)
  • 欧州 (フランクフルト)
  • 欧州 (ロンドン)
  • 欧州 (パリ)
  • 欧州 (ストックホルム)
  • 中東 (バーレーン)

Direct Connect ロケーション別 AWS Direct Connect パートナー (アジア)

  • アジアパシフィック (香港)
  • アジアパシフィック (ムンバイ)
  • アジアパシフィック (ソウル)
  • アジアパシフィック (シンガポール)
  • アジアパシフィック (シドニー)
  • アジアパシフィック (東京)
  • 中国 (北京)
  • 中国 (寧夏)

AWS Direct Connect パートナーになりたいと思われますか?

AWS Direct Connect パートナープログラムは、AWS カスタマーが AWS Direct Connect ロケーションとそのデータセンター、オフィス、またはコロケーション環境の間でネットワーク接続を確立するうえで、助けになります。

AWS Direct Connect パートナープログラムは、顧客にネットワークサービスを提供しており、かつ AWS への接続に関心をお持ちの APN テクノロジーパートナーまたはコンサルティングパートナーのために設けられたものです。既存の AWS Direct Connect のロケーションに所在し、顧客の AWS Direct Connect の専用接続へのアクセスを有効化しているネットワークサービスプロバイダーは、申し込んでください。現行の AWS Direct Connect パートナーで 500 Mbps より大きい容量の AWS Direct Connect のホスト型接続に関心をお持ちの場合は、AWS サービスデリバリープログラムの追加要件を満たす必要があります。

AWS Direct Connect パートナープログラムの詳細 >

ha_2up_direct-connect

AWS Direct Connect リソースの詳細を見る

リソースのページにアクセスする
構築を始めましょう。
AWS Direct Connect の使用開始
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ