AWS Innovate AI/ML Edition

AWS の AI / 機械学習サービスが
最小限の労力とコストで
イノベーションを加速

15 以上

のセッション
日本国内の
お客様導入事例
をセッションでご紹介

アジェンダ

AWS Innovate – AI/ML Edition では、AWS のエキスパートが提供する 15 を超えるセッションで AI および機械学習について詳しく学習することができます。これらのセッションでは AI および機械学習の最新のイノベーション、主要な概念、ビジネスのユースケース、アーキテクチャのベストプラクティスについて、 AWS のエキスパートからご紹介します。

これから新しく AWS を取り入れたいお客様はもちろん、AWS の AI/機械学習サービスをビジネスに生かしたいといったご相談にもお答えします。

セッション一覧

オープニングセッション
kameda

AWS の機械学習への取り組みと AI サービス総復習

「すべての開発者へ機械学習を」をモットーに AWS では、機械学習そして AI サービスの開発を継続し続けています。このセッションでは、AWS の機械学習への取り組みや考え方などをベースとし、現在提供している AI サービスのラインナップの紹介や、そのビジネス成功事例などについてご紹介します。

スピーカー: アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 シニアエバンジェリスト 亀田 治伸

招待講演
yobinoritakumi

やさしくまなぶ深層学習

自動運転や言語処理など高度な人工知能を実現する技術として、深層学習(ディープラーニング)の研究が盛んに行われています。深層学習とは何なのか、表面的ではなく少しでも本質的な理解をするために、数学を交えながら易しく解説します。深層学習に対する漠然とした理解を克服し、実ビジネスに深層学習を正しく適用できるようになりましょう。

スピーカー: ヨビノリたくみ氏

プロフィールを見る»

ヨビノリたくみ氏 プロフィール
東京大学大学院修士課程修了。博士課程進学とともに 6 年続けた予備校講師をやめ、科学のアウトリーチ活動の一環として YouTube チャンネル『予備校のノリで学ぶ「大学の数学・物理」』(略称:ヨビノリ)を創設。現在ではそのチャンネル登録者数は 60 万人を超え、累計再生回数も 8500 万回を突破している。また、著書に『難しい数式はまったくわかりませんが、微分積分を教えてください! 』(SB クリエイティブ)、『難しい数式はまったくわかりませんが、相対性理論を教えてください! 』(SB クリエイティブ)、『予備校のノリで学ぶ大学数学』(東京図書)などがある。

  • フロントエンド セッション
  • データサイエンティスト&アナリスト セッション
  • ビジネスリーダーズ セッション
  • 業種別 (金融・流通/小売・製造) セッション
  • フロントエンド セッション
  • build-train-icon

    フロントエンド
    セッション

    主にフロントエンドエンジニアが複雑な機械学習の知識がなくてもすぐ実装可能な API 系サービスに焦点を当て、そのサービスメリットや特徴、使い方、また実際にビジネスに利用されているお客様事例などをご紹介いたします。

    画像やテキストを分析して何ができる? 〜認識系 AI でできること〜

    画像、テキスト、音声などのデータはあるけれど、活用方法がわからない、と悩んでいませんか? 本セッションでは、2020 年の re:Invent で発表された Lookout for Vision を使った外観検査など、AWS の AI サービスの使い方や、AI サービスを使ってできることについて、ユースケースを交えながらご紹介します。

    スピーカー: アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 機械学習ソリューションアーキテクト 大渕 麻莉


    エンジニア視点で考えるビジネスにフィットする AI 構築の進め方

    ビジネスに競争力をつけるために AI を活用したいけど、機械学習のための数学やプログラミングは詳しくないし、敷居が高そうだ…と思っていませんか?AWS ではデータを用意して画面操作をするだけで AI を試すことができるサービスを提供しています。本セッションでは、来客数や売り上げなどの時系列予測、商品のお客さまごとのレコメンデーション、セキュリティ強化のための不正検知などを手軽に実現する AI サービスを、ユースケースやデモを交えてご紹介します。

    スピーカー: アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 機械学習ソリューションアーキテクト 伊藤 芳幸


    AWS のセキュリティを強化する Powered by AI

    AI の活用範囲は幅広く、AWS でも、セキュリティ系サービスの多くに AI が活用されています。このセッションでは、GuardDuty, Macie, Detective などの紹介を中心に、AWS の AI を活用したセキュリティ系サービスがどのように皆さんのセキュリティを担保しているかご紹介します。

    スピーカー: アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 シニアエバンジェリスト 亀田 治伸


    フリマサービスにおける機械学習を活用した不正検知への取り組み

    フリマアプリ「ラクマ」ではお客様が安心してご利用いただけるプラットフォームづくりに注力しています。その一つとして、起こりうる不正に対し、機械学習を用いた検知精度の向上やオペレーションの効率化に取り組んでおり、本セッションでは当サービスにおける機械学習の活用事例についてお話し致します。

    スピーカー: 楽天株式会社 ECインキュベーション開発部 C2Cサービス開発課サービスプランニンググループ カスタマー・セキュリティープランニングチーム 友岡 高志 氏
    アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 ソリューションアーキテクト 金杉 有見子

  • データサイエンティスト&アナリスト セッション
  • partical-usecase-icon

    データサイエンティスト
    &アナリスト
    セッション

    データサイエンティストやデータアナリスト向けに、機械学習基盤である Amazon SageMaker やデータレイクサービスである Amazon Redshift, Amazon Athena などを中心とした機械学習の実装方法や、今皆さんがお持ちのデータから新しいビジネス価値を生み出すことを模索する方法をご紹介します。

    SQL で機械学習をはじめよう

    機械学習をはじめるためにはコーディングが必須と考えていませんか?データベースサービスの Amazon Aurora、インタラクティブクエリサービスの Amazon Athena、データウェアハウスサービスの Amazon Redshift が持つ機械学習サービス Amazon SageMaker などとの連携機能を活用することで、SQL を使って機械学習の処理を実装することができます。本セッションではこれら AWS のデータベースおよびアナリティクスサービスと機械学習サービスを連携させる具体的な実装方法についてご紹介します。

    スピーカー: アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 アナリティクスソリューションアーキテクト 大薗 純平


    Amazon SageMaker ではじめる機械学習

    これから機械学習に取り組む人、クラウドで機械学習をはじめる人を対象としたセッションです。機械学習の基本要素である、データ準備、特徴量生成、学習(モデルの適切な選び方、パラメータチューニング)を、フルマネージドな機械学習サービス Amazon SageMaker の各種機能 (Data Wrangler, Feature Store, JumpStart 等) を使って簡単にはじめる方法をご紹介します。また、SageMaker 上でこれらのステップを自動化する AutoML についても解説します。

    スピーカー: アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 シニア機械学習ソリューションアーキテクト 宇都宮 聖子


    機械学習の開発・運用を加速する AWS での MLOps の実現方法

    これまでに機械学習に取り組み、運用を経験した事がある方向けのセッションです。 機械学習をビジネスに適用し、継続的に活用し続けようとすると、ML CI/CD の実現や、作成された特徴量やモデルの管理、デプロイされているモデルの継続監視など、モデル開発時とは異なる課題に直面することがあります。そのような課題を解決するための、MLOps を AWS にて実践する方法をお伝えします。

    スピーカー: アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 機械学習ソリューションアーキテクト 上総 虎智


    Contact Center Intelligence を活用した CX の改善

    プラス株式会社では継続的に CX の改善に取り組んでおります。当社のコンタクトセンターでは毎月、数百万分の通話を処理しており、そこでのお客様とエージェントの会話内容を Amazon Transcribe と Amazon Comprehend を活用した分析結果をもとに、顧客体験の改善を行っています。本セッションでは、当社における AWS の Voice of Customer ソリューションの適用等に関しお話しさせていただきます。

    スピーカー:  プラス株式会社 ジョインテックスカンパニー デジタルイノベーション推進部 山口 善生 氏

  • ビジネスリーダーズ セッション
  • startup-icon

    ビジネスリーダーズ
    セッション

    ビジネスリーダートラック : さまざまなビジネスシーンで AI・機械学習の活用が進んでいます。業種ごとに異なるビジネスニーズへの対応のポイント、効果的にAIをビジネスに生かすための意識づけ、実際のプロジェクトの進め方についてご紹介します。AI プロジェクトを担当しているビジネスリーダー、マネジメント層の方々にぜひご覧いただきたいセッションです。

    ユースケースと事例から学ぶ、中堅中小企業の方のための AWS AI/ML サービス入門

    中堅中小企業におけるクラウド利用のメリットのひとつは、最新のサービス・機能を初期投資なく使えることです。AI / 機械学習 (ML)分野でも同様で、事前トレーニング済みの AI サービスを活用することで、アルゴリズムの構築やトレーニングをせずとも "機能" としてすぐに使い始めることができ、お客様は、差別化に繋がるコア機能により多くの開発リソースを割けるようになり、より早く、コストをかけずに市場にその機能/サービスを投入できるようになります。また、導入後も、改善のライフサイクルを早く回すことにも繋がります。本セッションでは、ユースケースや事例を交えながら、AWSのサービスと中堅中小企業における効果についてご紹介します。AI や ML を活用したいが何から始めていいか分からない..、という方に最適なセッションです。

    スピーカー: アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 テクニカルソリューションアーキテクト 金澤 圭


    AWS パートナーと伴走する AI / ML のビジネス実装

    AI / ML 関連技術の発展と普及に伴い企業における機械学習導入のハードルが下がり、機械学習の民主化が進んでいます。一方、実ビジネスへの実装・運用、活用などに不安を抱えているお客様も多いと思います。これらの不安を解決するために機械学習の専門性を持った AWS パートナーと伴走し、共同で課題解決に取り組みながら徐々に内製化を進めていくのが一つの解決策です。本セッションではそのような機械学習の知見がある AWS パートナーのソリューションとその事例を中心に成功する機械学習のビジネス実装例をご紹介します。

    スピーカー: アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 パートナーアライアンス統括本部 テクノロジーパートナー本部 セグメントリード (機械学習・IoT) 小澤 剛


    ノーコードで分析を始めませんか?簡単に使えて高度な分析を実現する前処理と可視化のサービス

    AWS では、研究者や開発者の方から現場の担当者の方まで、色々なニーズに応えられるように多様な AI / 機械学習のサービスを用意しています。このセッションでは現場の方が知った後にすぐ使っていただける AWS サービスを取りあげます。ノーコードで実現できる、データの前処理、可視化、機械学習による予測や異常検知についてご説明します。

    スピーカー: アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 アナリティクススペシャリストソリューションアーキテクト 下佐粉 昭


    AI / 機械学習をビジネスに活用するための道標

    AI / 機械学習 (ML)をビジネスに導入するためには、解決すべきビジネス課題の策定、AI/MLによる解決可否の見極めなど、数多くの課題を解消する必要があります。このセッションでは、AI/MLをビジネスに活用したいお客様への道標として、Amazon での AI/ML 活用の戦略を紹介するとともに、AWS がお客様向けに提供する AI/ML 活用支援プログラムをご案内します。

    スピーカー: アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 AI/ML 事業開発本部 シニアスペシャリスト 帆足 啓一郎

  • 業種別 (金融・流通/小売・製造) セッション
  • startup-icon

    業種別 (金融、流通・小売、製造) セッション

    金融、流通・小売、製造業の向けのセッションです。金融機関のシステムにおける AI 活用例や業務生産性向上への取り組み、流通・小売と製造業に向けた運用の効率化を図る AI / 機械学習ソリューションの開発および実際の活用例をご紹介します。

    金融機関において AI をビジネスに生かすには?: 代表的なユースケースとグローバル事例に学ぶ

    金融領域では、ビジネスモデルの変革が求められる中、新しい価値の創出と効率化を両面で実現することが求められています。例えば店舗を削減しながらも顧客エンゲージメントを強化していく、あるいは、人員が限られるなかでより多くの貸し出しを実行するといったことを実現していく必要がありますが、こうした課題の解決に多くの金融機関がAI/MLの活用を始めています。本セッションでは、金融機関でのAI活用を進めるにあたり、どのような領域でAIが活用され効果を上げているのか、ユースケースを概観すると共に活用が先行しているグローバル金融機関での事例をご紹介します。

    スピーカー: アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 金融事業開発本部長 飯田 哲夫


    金融機関の AI 活用 :国内金融機関の事例に学ぶ

    国内の金融機関における AI 活用。実際にはどのような取り組みが進んでいるのでしょうか?本セッションでは、実際にプロジェクトをスタートされている金融機関のお客様をお招きし、AI 活用の動機、どのような事業課題に AI を活用したのか、実装にあたっての留意点、また、その効果についてお話頂きます。

    お客様事例1 アクサ生命保険株式会社
    お客様事例2 株式会社フィンクロス・デジタル

    スピーカー: アクサ生命保険株式会社 ソリューションデリバリー本部 サービシング&デジタルイノベーション データイノベーション  プロダクトマネージャー 中辻 喜文 氏
    アクサ生命保険株式会社 ソリューションデリバリー本部 サービシング&デジタルイノベーション データイノベーション プロダクトオーナー 猪瀬 由香 氏 
    株式会社フィンクロス・デジタル 企画部長 春日 俊則 氏


    金融機関の AI 活用:ビジネスリーダーが押さえておくべきポイント

    AI/ML 導入を進める上では、どのように検討をスタートすれば良いのでしょうか。多くのお客様が、クラウドを活用するとどのようなツールが活用できるのか、どこに適用すれば効果的なのか、また始めたいと思ったときにどのようなサポートを受けられるのかといった課題に直面します。本セッションでは、金融領域で有効活用できる AWS の AI/ML のサービス群をご紹介すると共に、プロジェクトの開始にあたって AWS が提供している支援サービスについてご紹介いたします。

    スピーカー: アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 シニアソリューションアーキテクト 澤野 佳伸


    “全店員をカメラの査定プロフェッショナルに!” カメラのキタムラが取り組む AI 活用とは?
    〜流通・小売業の事例にみる、DX 促進のための AI/ML 活用方法〜

    流通・小売業のお客様が自社のデジタルトランスフォーメーションを推進される際、AI や機械学習は重要なテクノロジーの 1 つとなります。実際に、商品の需要予測や顧客動向の分析など、様々な業務において AI/ML の活用が始まっています。本セッションでは、流通・小売業のお客様が AI/ML をどのように活用されているか事例をもとにご紹介いたします。 また、株式会社キタムラ様にご登壇いただき、画像認識技術を適用した中古カメラの査定システムを 6 か月という短期間で立ち上げた事例をご紹介いただきます。

    スピーカー: 株式会社キタムラ 常務執行役員 EC事業部長 兼 デジタル推進部長 兼 コンタクトセンター長 兼 情報システム副部長 柳沢 啓 氏
    アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 エンタープライズソリューションアーキテクト本部 消費財&流通小売ビジネス部 ソリューションアーキテクト 柏村 拓哉


    製造業における AI / 機械学習活用事例

    COVID-19 下で人の移動が制約される中、設備の遠隔監視、AI を活用した故障予測、外観検査の自動化による人員配置の最適化、ビルや人流などを分析するために、カメラで取得した画像を分析するニーズ等が高まっています。本セッションでは、製造現場とスマートプロダクトの 2 つの観点から、お客様事例を交えながら製造業における AI や機械学習の活用方法について学んでいただきます。専門的な知識を必要としないセッションです。

    スピーカー: アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 デジタルトランスフォーメーション本部 デジタルトランスフォーメーションアーキテクト 戸田 圭輔、山本 直志

お客様事例セッション スピーカー

業種別 (金融) セッション
Nakatsuji

金融機関の AI 活用 :国内金融機関の事例に学ぶ

15:20〜15:50

アクサ生命保険株式会社
ソリューションデリバリー本部 サービシング&デジタルイノベーション データイノベーション プロダクトマネージャー
中辻 喜文 氏

業種別 (金融) セッション
Inose

金融機関の AI 活用 :国内金融機関の事例に学ぶ

15:20〜15:50

アクサ生命保険株式会社
ソリューションデリバリー本部 サービシング&デジタルイノベーション データイノベーション プロダクトオーナー
猪瀬 由香 氏

業種別 (金融) セッション
Kasuga

金融機関の AI 活用 :国内金融機関の事例に学ぶ

15:20〜15:50

株式会社フィンクロス・デジタル
企画部 部長
春日俊則 氏

業種別 (流通・小売) セッション
Yanagisawa

“全店員をカメラの査定プロフェッショナルに!” カメラのキタムラが取り組む AI 活用とは?
〜流通・小売業の事例にみる、DX 促進のための AI/ML 活用方法〜

16:4017:20

株式会社キタムラ
執行役員 EC事業部長 兼 コンタクトセンター長 兼 情報システム副部長
柳沢 啓 氏

フロントエンドセッション
Yamaguchi

Contact Center Intelligence を活用した CX の改善

16:40〜17:20  

プラス株式会社
ジョインテックスカンパニー デジタルイノベーション推進部
山口 善生 氏


AWS の機械学習サービスについて

10,000

ものお客様が、
機械学習に AWS を選択

AWS がガートナーのクラウド AI 開発者サービスに関するマジック・クアドラントでリーダーに位置づけ

250 以上

の新たな機能

10倍

チームの生産性を向上する Amazon Sagemaker

89%

のディープラーニングプロジェクトが AWS で稼働


よくあるご質問

1. AWS Innovate はどこで開催されるのですか?
2. オンラインイベントにはどのようにアクセスすればよいですか?
3. AWS Innovate の参加費用はいくらですか?
4. AWS Innovate の参加対象者はどのような方でしょうか?
5. AWS Innovate の登録完了メールは届きますか?
6. 他言語のセッションはありますか?
7. 修了証明書は受け取れますか?
8. 本イベントの主催者への問い合わせ先はありますか?

Q: AWS Innovate はどこで開催されますか?
A: AWS Innovate はオンライン カンファレンスです。登録を完了後に送信される登録完了メールに、配信プラットフォームへのアクセス方法のご案内が記載されておりますので、そちらをご参照ください。

Q: オンラインイベントにはどのようにアクセスすればよいですか?
A: 本イベントの参加には、登録時にメールアドレスとパスワードの設定が必要です。ご登録の際は、ウェブブラウザの自動翻訳機能をオフにしてから手続きを進めてください。イベントサイトの推奨ブラウザ:Google Chrome、Safari、Firefox

Q: AWS Innovate の参加費用はいくらですか?
A: AWS Innovate は無償のオンラインイベントです。

Q: AWS Innovate の参加対象者はどのような方でしょうか?
A: AWS Innovate は最新のクラウド情報をお届けするオンラインカンファレンスで、AWS サービスの初級者から上級者までを対象としています。また、実際に AI/機械学習サービスをご利用されているお客様事例から学ぶことができます。

Q: AWS Innovate の登録完了メールは届きますか?
A: はい。登録を完了いただくと、登録完了をご連絡するメールが送信されます。オンデマンド配信においてはフォームの登録を完了いただくとそのまま視聴が可能となります。

Q: 他言語のセッションはありますか?
A: はい。日本語以外に、英語、韓国語およびインドネシア語のセッションがあります。なお、多言語対応ではなく、各言語のセッションコンテンツは異なります。オンデマンド配信では日本語セッションのみのご案内となります。

Q: 修了証明書は受け取れますか?
A: はい。2/24 のライブ配信時に 5 つ以上のセッションを視聴いただくことが条件となります。修了証明書はイベント会期終了後にご登録いただいたメールアドレスに送信されます。2/25 以降のオンデマンド視聴は対象外となります。

Q: 本イベントの主催者への問い合わせ先はありますか?
A: ご質問は aws-innovate21-jp@amazon.co.jp へお問い合わせください。

AWS で機械学習を始めましょう

Amazon SageMaker や AI サービス などの機械学習サービスを無料で体験できます
導入支援・お見積り等に関するご質問はフォーム・チャットにてご相談ください
AWS 無料利用枠の詳細はこちら »