AWS イベントスケジュール

アマゾン ウェブ サービスの最新情報・事例、利用方法等の情報が取得できる、
様々なイベントの最新スケジュールをご紹介しています。ぜひお気軽にご参加ください。

注目のイベント

直近で開催されるおすすめのイベントをご紹介

~踏み出そう、AWS への最初の一歩~

AWS 初心者向けのオンラインイベント

2022 年 10 月 5 日(水) 14:00 - 17:00 

AWSome Day Online Conference は 毎月第一水曜日の 14 時に開催している AWS クラウドの基礎を 3 時間で学べる AWS 初心者を対象とした無料のオンラインイベントです。
AWS クラウドのコアコンセプト、AWS インフラストラクチャの概要やAWS サービス(コンピューティング、ストレージ、データベース、ネットワーク、セキュリティ)の基礎を 2 名の AWS インストラクターがわかりやすく解説。AWS を始める最初の一歩に最適です。

コンテンツを新たに最新情報を加えてリニューアル。以前ご視聴いただいた方も、改めて AWS の基礎を復習できます。ぜひこの機会にご登録ください。
 

AWS Innovate

クラウドネイティブなアプリ開発と
進化したインフラの運用方法を 1 日で学ぶ

2022 年 10 月 20 日(木)

タイミング 1:10:00 - 13:55  |  タイミング 2:14:30 - 18:25

AWS Innovate - Modern Applications Edition で、レガシーなオンプレミス環境下で生じる開発工数やメンテナンスコストを低減し、よりスケーラブルで柔軟性の高いソリューションを構築するための手法、さらに、顧客への迅速なサービス提供を通してビジネスイノベーションを実現する方法をご確認ください。

日本のお客様に向けてご用意した 16 のセッションで、AWS のエキスパートによる「サーバーレス、コンテナ、DevOps、CI/CD 等 のベストプラクティスや導入手法」と、イノベーションに取り組まれているお客様による「クラウドネイティブ化の事例」をお届けします。 

9 月 29 日(木)開催 | メディア

クラウドを活用した顧客ID管理及びデータの活用について、メディア企業の事例を交えてご紹介

近年、視聴者・購読者のコンテンツ消費方法の多様化が進み、よりユーザーの期待に合わせパーソナライズされたアプローチでのユーザ体験提供が求められています。また、個人情報保護の観点からサードパーティーCookie制限が進むなど、サービス提供企業各社での顧客IDの管理及びデータ活用の重要性が高まってきています。

本セミナーでは、多くの企業様よりご相談いただいております「クラウドを活用した顧客ID管理(CIAM:Customer Identify Access Management)基盤の構築」及び「顧客ID及びデータの活用」について、メディア企業の事例を交えてご紹介いたします。

詳細・お申し込みはこちら »

9 月 29 日(木)開催 | 製造

スマートプロダクト最新事例を含めた 4 セッション

製造業のお客様にとって、自社製品をスマート化し、モノ売りからコト売りへ変革していくことが求められています。第一段階として、IoTで自社製品をコネクティッド化し、状態を監視することに取り組まれているお客様も多くいらっしゃいますが、さらに段階を進めて、データ分析による価値向上や、ビジネスモデルの変革に取り組まれているお客様も存在します。

当セミナーでは、自社製品やソリューションのサービタイゼーションを検討/実施されているお客様に、実現するために課題となる部分のご説明や解決のための方法、お客様事例のご紹介を行います。

詳細・お申し込みはこちら »

10 月 6 日(木)開催 | セキュリティ

AWS セキュリティの最新情報をご紹介

最新のAWSセキュリティの考え方、新サービス、活用方法などを、組織内のセキュリティ対策に取り入れてみませんか?本セミナーは、2022 年 7 月 25、26 日にボストンにて開催された AWS セキュリティ最大規模のカンファレンスである AWS re:Inforce 2022 を振り返り、日本語で要点をまとめてお届けします。

前半のセッションでは、AWS セキュリティの最新情報やサービス新機能を知ることができます。
後半は、脆弱性管理サービスである Amazon Inspector をデモを含めてご紹介し、具体的な使い方を学ぶことができます。

詳細・お申し込みはこちら »

10 月 13 日(木)開催 | Amazon EC2

EC2 の最新機能でコスト最適化!AWS Graviton/Inferentia/Trainium, EC2スポットインスタンス

学習の秋でもあるこの季節、AWS の 代表的な仮想サーバサービスである Amazon EC2 に更に詳しくなってみませんか?今回の Deep Dive 祭り2022 では、EC2 コスト最適化に活用できる AWS 独自のカスタムチップや EC2 スポットインスタンスに着目。前半では、様々なワークロードで高いコストパフォーマンスを発揮する Arm アーキテクチャの AWS Graviton プロセッサや、EC2 スポットインスタンスについての概要だけでなく、実際に Deep に活用いただいているカスタマーから、活用例についてご紹介いただきます。

また、後半では機械学習にフォーカスし、AWS が独自に開発を行っている推論・学習専用チップ AWS Inferentia / AWS Trainium の概要に加え、実際に Inferentia をサービスで活用いただいているカスタマーより、その重要性や考慮すべきポイント等を交えた Deep なご紹介をいただきます。この機会に、これまで使ったことのない EC2 の魅力に Dive Deep してみましょう!

詳細・お申し込みはこちら »

10 月 20 日(木)開催 | 金融

金融のミッションクリティカルワークロードに求められる高い可用性と機密性を AWS で実現するためのベストプラクティス

AWSは日本の金融ビジネスにおいてクリティカルな業務システムを安全に稼働して頂けるよう、そのベストプラクティスを集約した「金融リファレンスアーキテクチャ日本版」の開発に取り組んできました。2022年6月にプレビュー版を公開し、お客様・パートナー様にプレビュー評価にご参加いただきました。そこで頂いた多くの貴重なフィードバックを反映し、この度、正式バージョンを一般公開する事となりました。

本セミナーでは、正式版の「金融リファレンスアーキテクチャ日本版」をご説明致します。また、プレビューにご参加を頂いた金融機関のお客様、パートナー様とのパネルディスカッションを通じて、その活用方法及びコンテンツへの理解を深めていただく事ができます。

詳細・お申し込みはこちら »

10 月 26 日(水)開催 | 自動車・製造

自動車業界としてすでに普及期を迎えつつあるCASEへの対応と、さらに実践的付加価値を追求する次の一手は?

AWS Japan では自動車業界・モビリティ業界に関わる皆様に向けて、次世代のコネクテッドカーや、最先端の通信技術を取り入れた自動運転開発、さらには、その推進のための組織・人材といった課題まで、困難を克服しながらビジネス実装を進められている先進的なお客様にお取り組みをお話頂きます、日本の OEM/サプライヤー/車両運用事業者様皆様に共通する喫緊の課題として共有いただき、AWS として業界全体の活性化に少しでも貢献していきたいと考えております。是非ともご参加お願いいたします。

参加するメリット
1, 自動車業界での普及機を迎えつつある CASEの、活きた最新事例が学べます。
2. 自動車業界を支える、スタンダードとなりつつあるクラウドテクノロジーの実践効果を学べます。
3. 同業の方々の実際の業務チャレンジや苦労した点など、ご参加者と共通する課題についてシェアいただけます。

詳細・お申し込みはこちら »

イベントを検索する

開始日時順に表示
  • 開始日時順に表示
1
選択いただいた項目での検索結果はありません。
Level 100
Introductory
AWS サービスの概要に焦点を当てており、参加者は対象のトピックに関する知識が全くない方を対象としています。
Level 200
Intermediate
トピックの入門知識を持っていることを前提に、ベストプラクティス、サービス機能の詳細、およびデモを提供することに焦点を当てています。
Level 300
Advanced
対象のトピックの詳細を提供するセッションです。参加者はそのトピックにある程度精通している方が対象です。ただし、同様のソリューションの実装経験がない場合もあります。
Level 400
Expert
トピックに精通しており、既に独自ソリューションを実装している方が対象です。複数のサービス、アーキテクチャによる実装でテクノロジーがどのように機能するかを解説します。