AWS イベントスケジュール

アマゾン ウェブ サービスの最新情報・事例、利用方法等の情報が取得できる、
様々なイベントの最新スケジュールをご紹介しています。ぜひお気軽にご参加ください。

AWS pick up Events

直近で開催されるおすすめのイベントをご紹介
Innovate_2021Q4_Event-page-Banner-1440x360_V1

AWS Innovate - Modern Applications Edition
クラウドネイティブアプリケーション開発に特化したオンラインイベント 10 月 27 日開催

AWS が提供するサーバーレスやコンテナなどのサービスを活用した、クラウドネイティブなアプリケーション開発の取り組み方やそのメリット、また、既存のアプリケーション開発手法を変化させるためのアプローチを、15 のセッションでご紹介します。顧客のニーズに対応するためのビジネスイノベーションを迅速に実現させつつ、総保有コストを削減するツールやフレームワーク、ベストプラクティスを、AWSのエキスパートがご説明します。

2021 年 10 月 27 日(水)12:00 - 18:10
詳細・お申し込みはこちら »

AWSome Day Online Conference

AWSome Day Online Conference

AWS テクニカルインストラクターが主導するセッションを通じて、コンピューティング、ストレージ、データベース、ネットワークといった AWS の主要なサービスを学ぶことができます。また IoT、機械学習、人工衛星など次世代システムに活用する AWS サービスについても紹介いたします。短時間で、場所を選ばずに学習したい方はぜひ、ご視聴ください。

2021 年 11 月 10 日(水)15:00 - 18:00
詳細・お申し込みはこちら »

AWS Webinar

【再演】ファーストリテイリングにおけるデジタル改革の取り組み

デジタルトランスフォーメーションの全体像、EC と店舗の購買体験を統合する取り組みとその裏側の仕組、EC・店舗・サプライチェーンを繋ぐためのデータ連携基盤の開発、内製開発を主にしたエンジニアリング組織への変革について、ファーストリテイリング様での実際の事例を中心としたセッションをお届けします。

2021 年 10 月 13 日(水)13:30 - 15:30
詳細・お申し込みはこちら »

AWS Webinar

Amazon EC2 大活用 ~ 最新ラインナップ、コストパフォーマンス最適化、先進顧客事例などご紹介~

Amazon EC2 の進化の歴史をご存知でしょうか。2006 年の発表以来、多くのお客様のフィードバックを元に年々新サービスを発表しております。この度改めてここで一度情報を整理して、概要から最新情報までお届けしたいと考えております。そしてお客様の事例から AWS/EC2 がどの様に活用いただけているのか、お客様からもご登壇いただき生の声をお届けします。

2021 年 10 月 14 日(木)9:00 - 12:00
詳細・お申し込みはこちら »

AWS Webinar

新しいフルマネージドのNASサービス FSx for NetApp ONTAP のご紹介

2021 年 9 月より新たに提供を開始したフルマネージドの NetApp ONTAP サービスのご紹介です。NetApp 社の NAS や汎用 NAS のご利用環境に対し、データ移行、バックアップ、DR 対策などにご活用いただけます。ONTAP のスナップショット、レプリケーション、キャッシング、クローン技術をそのままご利用いただけます。

2021 年 10 月 14 日(木)15:00 - 16:00
詳細・お申し込みはこちら »

AWS Webinar

60 分で学ぶ AWS コンテナサービス総復習

本セミナーでは、AWS が提供するコンテナ関連サービスのラインナップを 1 時間で纏めてお伝えいたします。
これからコンテナ利用を開始される方を検討されている方、すでに一部 AWS のコンテナサービスを利用されている方などに最適な復習セッションです。

2021 年 10 月 19 日(火)10:00 - 11:00
詳細・お申し込みはこちら »

イベントを検索する

Clear all filters
フィルタ
フィルタ
開始日時順に表示
  • 開始日時順に表示
1
選択いただいた項目での検索結果はありません。
Level 100
Introductory
AWS サービスの概要に焦点を当てており、参加者は対象のトピックに関する知識が全くない方を対象としています。
Level 200
Intermediate
トピックの入門知識を持っていることを前提に、ベストプラクティス、サービス機能の詳細、およびデモを提供することに焦点を当てています。
Level 300
Advanced
対象のトピックの詳細を提供するセッションです。参加者はそのトピックにある程度精通している方が対象です。ただし、同様のソリューションの実装経験がない場合もあります。
Level 400
Expert
トピックに精通しており、既に独自ソリューションを実装している方が対象です。複数のサービス、アーキテクチャによる実装でテクノロジーがどのように機能するかを解説します。