AWS IoT Core の開始方法は、お客様のユースケースや、サービスをお客様のユースケースにどのように統合させたいかによって異なります。AWS マネジメントコンソールは、Amazon IoT リソースのすべてにアクセスして管理するためのウェブベースのインターフェイスを提供します。プログラムから IoT Core へのアクセスは、AWS CLI と AWS SDK を使用して有効にできます。

ハードウェアデバイス、センサー、モバイルアプリケーション、または AWS IoT Device SDK を使用するデバイスを接続するには、AWS IoT Core に接続するために事前にパッケージ化されている AWS スターターキットのいずれかを選択します。それに加えて、AWS IoT Core は、サードパーティのツールおよびゲートウェイで幅広くサポートされています。

AWS マネジメントコンソール

AWS マネジメントコンソールは、Amazon IoT Core リソースにアクセスして管理するためのウェブベースのインターフェイスです。モノの作成、証明書の関連付け、メッセージの発行、およびアクションの定義を AWS マネジメントコンソールを使用して簡単に、安全に実行できます。

AWS SDK

AWS SDK では、AWS IoT Core を含む多くの AWS のサービスのための API が提供され、コーディングの複雑さが軽減されます。すべての AWS SDK が IoT Core で有効にされています。ダウンロード可能な 1 つのパッケージに、コードライブラリ、コードサンプル、およびドキュメントが含まれています。

AWS IoT デバイス SDK

AWS IoT Device SDK を使用すれば、ハードウェアデバイスまたはモバイルデバイスを簡単かつすばやく AWS IoT Core に接続できます。この SDK では、デバイスゲートウェイおよびデバイスのシャドウとシームレスにやり取りすることで、すばやく開発を開始するための機能が強化されています。デバイス SDK では、基本的なデバイスから工業用ハードデバイスまで、さまざまな種類のデバイスがサポートされています。

AWS Partner Device Catalog

AWS Partner Device Catalog には、AWS IoT サービスで使用できる IoT デバイスが一覧表示されています。これにより、開発キットや埋め込みシステムを選択して新しいデバイスを構築したり、IoT プロジェクトの統合用のゲートウェイ、エッジサーバー、センサー、カメラなどの市販のデバイスを選択したりできます。

Partner Device Catalog から AWS 対応ハードウェアを選択することで、APN ハードウェアパートナーの専門知識を活用して、IoT プロジェクトのロールアウトを簡単にすることができます。パートナーのデバイスは、評価、プロトタイプ作成、または概念実証のために購入できます。

AWS Partner Device Catalog で、AWS IoT Core に対応した IoT デバイスを見つけてください。

パートナーが IoT ハードウェアに AWS IoT Core の資格を与える方法については、AWS デバイス認定プログラムを参照してください。

AWS IoT Core リソースに関する詳細

リソースページを見る
始める準備はできましたか?
サインアップ
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ