AWS IoT Core

デバイスをクラウドに簡単かつ安全に接続します。数十億個のデバイスと数兆件のメッセージを確実にスケールします。

AWS IoT Core は、インターネットに接続されたデバイスから、クラウドアプリケーションやその他のデバイスに簡単かつ安全に通信するためのマネージドクラウドプラットフォームです。AWS IoT Core では数十億個のデバイスと数兆件のメッセージをサポートしており、それらのメッセージを AWS エンドポイントや他のデバイスに確実かつ安全に処理してルーティングします。AWS IoT Core を使用すれば、アプリケーションがインターネットに接続されていない場合でも、すべてのデバイスを常に追跡して通信できます。

AWS IoT Core を使用すると、AWS LambdaAmazon KinesisAmazon S3Amazon Machine LearningAmazon DynamoDBAmazon CloudWatchAWS CloudTrailAmazon Elasticsearch Service (組み込みの Kibana と統合されている) といった AWS の各種サービスを簡単に使用でき、インフラストラクチャを管理せずに、インターネットに接続されたデバイスによって生成されたデータを収集、処理、分析、実行する IoT アプリケーションを構築できます。

IoT (Internet of Things) とはこちらをご覧ください。

利点

デバイスの接続と管理

AWS IoT Core ではデバイスをクラウドや他のデバイスに簡単に接続できます。AWS IoT Core では、断続的な接続を許容し、デバイスのコードフットプリントを削減し、必要なネットワーク帯域幅を削減するよう特別に設計された HTTP、WebSocket、MQTT といった軽量の通信プロトコルをサポートしています。また、AWS IoT Core では他の業界標準およびカスタムプロトコルをサポートしており、別のプロトコルを使用しているデバイス間でも相互に通信できます。
AWS IoT Core MQTT

安全なデバイスの接続とデータ

AWS IoT Core では、接続するすべてのポイントで認証とエンドツーエンドの暗号化を提供しているため、デバイスと AWS IoT Core との間でアイデンティティが証明されたデータのみが交換されます。さらに、詳細なアクセス権限のポリシーを適用することによって、デバイスとアプリケーションに安全にアクセスできます。
AWS IoT Core Authenticate

デバイスデータの処理と実行

AWS IoT Core を使用すると、定義したビジネスルールに基づいて、デバイスデータを迅速にフィルタリング、変換、実行できます。いつでもルールを更新して、新しいデバイスやアプリケーションの機能を実装できます。AWS IoT Core では、AWS Lambda、Amazon Kinesis、Amazon S3、Amazon Machine Learning、Amazon DynamoDB、Amazon CloudWatch、Amazon Elasticsearch Service といった AWS の各種サービスを簡単に使用して、さらに強力な IoT アプリケーションを構築できます。
AWS IoT Car Notifications

デバイスの状態をいつでも読み取って設定

AWS IoT Core ではデバイスの最新の状態が保存されるため、いつでも読み取りや設定を行ってアプリケーションにデバイスが常にオンラインであるかのように表示できます。つまり、接続が切断された場合でもアプリケーションでデバイスの状態を読み取ることができ、デバイスが再接続された時にデバイスの状態を設定して実装することができます。
AWS IoT Core Intermittent Connection

AWS クラウドの開始方法

icon1

AWS アカウントにサインアップする

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。
icon2

10 分間チュートリアルで学ぶ

簡単なチュートリアルで学習します。
icon3

AWS で構築を開始する

詳細手順のガイドで構築を開始することで、 AWS プロジェクトを開始します。
始める準備はできましたか?
サインアップ
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ