お客様事例/ハイテクノロジー、半導体およびエレクトロニクス

2019 年
iRobot ロゴ

1 年で最も忙しい時間帯でも、iRobot と AWS IoT にとってはまったく問題とはなりません

iRobot は、AWS で実行される IoT バックエンドを利用することにより、20 倍のトラフィックスパイクを問題なく扱えます。iRobot は、世界トップクラスの一般消費者向けロボット製造会社で、家の中でも外でもより多くのことができるように人をサポートするロボットを設計および製造しています。

クリスマスは、iRobot とその Roomba ロボット掃除機を含む、ほとんどすべての消費者ブランドにとって大切な日、重大な日です。

「Roomba ロボット掃除機は、どの祝日でも人気のある贈り物ですが、クリスマスには、ほとんどの Roomba が、その最初の清掃ミッションを行うよう同時に送り出されます」と述べるのは、iRobot のクラウドロボット工学リサーチサイエンティストである Ben Kehoe です。「Roomba ロボット掃除機はインターネットに接続されているので、クリスマスには巨大なトラフィックのスパイクが発生します」

巨大なトラフィックのスパイクは、会社にとっても消費者にとっても大きな頭痛の種ですが、この場合にはそうではありません。それは、iRobot が消費者向けの iRobot HOME アプリと、そのロボットの IoT バックエンドを、サーバーレスのアマゾン ウェブ サービス (AWS) アーキテクチャ上で動作させているからです。

kr_quotemark

スマートホームは、私たちがしようとしていることに不可欠な要素だと思いました。そのアプリケーションを AWS を利用して構築したいということは、すでに理解していたのです。2015 年、当時利用可能だったマネージドサービスを検討し、サーバーを一切稼働させずに構築が可能であると判断しました」

Ben Kehoe
iRobot、クラウドロボティクスリサーチサイエンティスト

使用されている AWS のサービス

Amazon IoT Core

AWS IoT Core を利用すれば、インフラストラクチャを管理することなく、何十億もの IoT デバイスを接続し、何兆ものメッセージを AWS のサービスにルーティングすることができます。

詳細 »

AWS を使用した iRobot のイノベーションの取り組みを詳しく見る

iRobot のその他の事例

項目が見つかりませんでした 

1

今すぐ始める

あらゆる業界のさまざまな規模の組織が AWS を活用してビジネスを変革し、日々ミッションを遂行しています。当社のエキスパートにお問い合わせいただき、今すぐ AWS ジャーニーを開始してください。