AWS クラウド

AWS IoT を始める

AWS IoT では、接続されたデバイスが簡単かつ安全にクラウドアプリケーションやその他のデバイスとやり取りできるマネージド型クラウドプラットフォームです。AWS IoT では数十億のデバイスと数兆のメッセージをサポートし、それらのメッセージを AWS エンドポイントおよび他のデバイスに確実かつ安全に処理しルーティングします。AWS IoT によってアプリケーションはそれらが接続されていない場合でも、全てのデバイスを常に追跡し通信することができます。

AWS IoT を使用すると、AWS Lambda、Amazon Kinesis、Amazon S3、Amazon Machine Learning、Amazon DynamoDB、Amazon CloudWatch、AWS CloudTrail、および Amazon Elasticsearch Service (組み込みの Kibana と統合されている) といった AWS の各種サービスを簡単に使用でき、インフラストラクチャを管理をせずに、接続されたデバイスによって生成されたデータを収集、処理、分析、実行する IoT アプリケーションを構築できます。

IoT (Internet of Things) とはこちらをご覧ください。

re: Invent 2016 – IoT re:Source Mini Con

  • IoT State of the Union 基調講演にご参加ください。 re:Invent IoT re:Source Mini Con 中に開催され、AWS Internet of Things の専門家が IoT の現状について紹介します。トレンドと業界の導入事例の詳細を知ることができます。他の組織が AWS IoT を使用してデバイスをクラウドに接続している状況について聞くことができます。IoT re:Source Mini Con の開始時に最新の IoT に関するいくつかの発表を詳しく見ることができます。IoT State of the Union の詳細と、Technicolor、Intel、MillerCoors、Philips、JPL からの講師陣については、こちらをクリックしてください。

  • re:Invent 2016 において近日開催の Internet of Things トラックをすべて確認するには、こちらをクリックしてください。
Introducing AWS IoT
動画: Introducing AWS IoT
Introducing AWS IoT
IoT とは
AWS ブログでの IoT
IoT 開発者用リソース
IoT デバイスの接続
80px-space

80px-space
安全な IoT デバイスの接続
80px-space

80px-space
IoT データを処理する
80px-space

80px-space
永続的な IoT デバイスの接続

AWS IoT は簡単に使用開始できます。今すぐ使用を開始する。

AWS IoT を始める