Convoy は機械学習を通してトラック輸送に革命をもたらしています

トラック運転手と環境へのサポート

毎年、米国ではトラック運転手が 950 億マイルを超える距離を高速道路で移動しています。これは、370 万回以上地球を旅するのに十分な距離です。シアトルに拠点を置く物流会社である Convoy によると、2018 年にはおよそ 8,000 億 USD がトラック輸送サービスに費やされ、105 億トンの貨物が移動することになります。


簡単にいうと、トラック輸送は巨大な産業なのです。しかし、必ずしも効率的とはいえません。

トラック運転手は実に 40 パーセントの距離を空のトラックで移動しており、これは時間と燃料、費用の無駄を表しています。問題の大部分は、業界のインフラストラクチャ、つまりブローカーによってマッチングされている、規模の大小を問わない運送業者間の断片化されたネットワークにあります。E メール、アドレス帳、電話などの従来の方法に依存することが多かったこのプロセスを、

Convoy では、人工知能 (AI) を使用して自動化しています。市場/データプラットフォームエンジニアリング担当シニアマネージャーである David Tsai 氏は、こう話しています。「私たちは、モバイルアプリケーションを通じてデジタルオンラインマーケットプレイスを作り、運送業者やドライバーが仕事を直接見つけることを可能にしました」

Convoy のアプローチでは、機械学習、つまり AI 技術を使用して運送業者とトラック運転手がより良くマッチングされます。双方が Convoy のマッチングシステムを使用することにより、貨物のより効率的な運送とコスト削減が実現しています。コンピュータ化されたシステムを社内に持っている大規模な運送業者は、Convoy のオンラインデジタルマーケットプレイスを自社のものと統合することができます。

このシステムのもう 1 つの長所は透明性です。Convoy では、運送業者はすべての仕事の価格を確認でき、情報に基づく、納得のいく決定を下すことができます。反対に、貨物を送る側の業者は、即時発行される見積もりによって運送業者を比較することができます。

「私たちは、AI を活用してモデルを構築すると両者の関連性が向上されるということを特に強調しています」

Casey Olives 氏
データサイエンス責任者
Convoy

「私たちは、AI を活用してモデルを構築すると両者の関係性が向上されるということを特に強調しています」

Casey Olives 氏
データサイエンス責任者
Convoy

Convoy の機械学習モデルは Amazon SageMaker を使用しており、何百万もの運送業務および利用可能なトラック運転手を分析し、費用と時間の面から効率の良いマッチングを提供します。 これは、運送業者やトラック運転手に渡されるルーティングと価格にはじまり、個々の運転手にどの種類の荷物が最も適しているかを認識するまでのすべての過程に影響します。

Convoy のデータサイエンス責任者である Casey Olives 氏は、こう話しています。「ユーザーが自分の Convoy アプリケーションにログインすると、オファーのリストを見ることができます。自分とそのビジネスに最も関連のあるものがリストの一番上に表示されます。私たちは、AI を活用してモデルを構築すると運送業者と運転手間の関係が向上されるということを特に強調しています」

このアプリケーションは、たとえばシアトルからロサンゼルスまでの仕事を請け負っている運送業者に、帰り道でできる仕事を紹介します。 空のトラックの走行距離を減らすことは、トラック運転手にとって、さらに環境にとっても良いことです。

Convoy は、Amazon SageMaker を使用することによって業界の革新を加速し、古い体制を破壊しています。以前は、Convoy ではデータサイエンティストがモデルを作成し、それを渡されたエンジニアが本番レベルのコードに書き換えていました。SageMaker がこの置き換えステップを削除し、データサイエンティストは機械学習モデルをすばやく構築できるようになり、エンジニアへの依存が減少されました。

Olives 氏は「SageMaker により私たちは素早く反復できるようになり、開発から開発へとはるかに速い速度で移行できるようになりました。これによりデータサイエンティストとエンジニアリング間で、迅速なハンドオフが実現されています」と話しています。

たくさんの運送業者や運転手と連携する Convoy が所有する AI は、貨物ネットワーク全体からより多くのデータを取得し、需要の予測に役立てています。言い換えれば、これは動的なプロセスであり、最終的には世界最大の産業の 1 つに効率をもたらす可能性があります。

Olives 氏は「より多くの運送業者と連携するにつれて、利用可能な容量と特定のレーンでの需要量をより良く理解することができるようになりました。ネットワーク全体の状況を把握することができれば、貨物を送る側の業者と運送業者の双方に利益をもたらす利用効率とコストの効率化を推進できます」と話しています。

Coinbase は、ML を使用して安全な仮想通貨交換所を作成しています

詳細 »

Capital One は、ML を使用してお客様を詐欺から守る機能を強化しています

詳細 »

Zendesk は、企業が ML を使用してより迅速なカスタマーサービスを提供するようサポートします

詳細 »

T-Mobile は、ML を活用してより親しみやすい顧客サービスを実現しています

詳細 »