サーバー管理が不要

フルマネージド

コンソールで数回クリックするだけで、Apache Kafka のデプロイのベストプラクティスに従うフルマネージド型の Apache Kafka クラスターを作成したり、カスタム設定を使用して独自のクラスターを作成したりすることができます。必要な設定を作成すると、Amazon MSK により Apache Kafka クラスターオペレーションと Apache ZooKeeper ノードが自動的にプロビジョニング、設定、管理されます。

Apache ZooKeeper が付属

Apache Kafka の実行、クラスタータスクの調整、クラスターを操作するリソースの状態の維持には、Apache ZooKeeper が必要です。Amazon MSK は、Apache ZooKeeper ノードを自動的に管理します。各 Amazon MSK クラスターには、Apache Kafka クラスター用の Apache ZooKeeper ノードが適切な数含まれています。追加料金はかかりません。

Amazon MSK Serverless

MSK Serverless は Amazon MSK のクラスタータイプであり、Apache Kafka クラスターを簡単に実行できます。コンピューティング容量とストレージ容量を管理する必要はありません。MSK Serverless は、Apache Kafka パーティションを管理しながらリソースを自動的にプロビジョニングおよびスケーリングするため、クラスターの適切なサイズ設定やスケーリングについて心配することなくデータをストリーミングできます。

高い可用性

高可用性は不可欠です

すべてのクラスターは、複数のアベイラビリティーゾーン (デフォルトでは 3 つの AZ) でプロビジョニングされ、Amazon MSK のサービスレベルアグリーメントによってサポートされ、クラスターのインフラストラクチャと Apache Kafka ソフトウェアの問題を検出して対応する自動システムによってサポートされています。コンポーネントが故障しても、Amazon MSK が自動的に交換するため、アプリケーションのダウンタイムが発生しません。Apache ZooKeeper ノードの可用性は Amazon MSK によって管理されるため、ノードをお客様ご自身で起動、停止、直接アクセスする必要はありません。クラスターを最新の状態に保ってスムーズに実行するため、必要に応じてソフトウェアパッチもデプロイします。

データレプリケーション

Amazon MSK では、可用性を高めるためにマルチ AZ レプリケーションを使用しています。データのレプリケーションに追加料金はかかりません。

高い安全性

プライベート接続

Apache Kafka クラスターは、Amazon MSK によって管理される Amazon Virtual Private Cloud (VPC) で実行されます。クラスターは、指定した設定に基づいてお客様ご自身の Amazon VPC、サブネット、セキュリティグループで利用できます。ネットワークの設定や IP アドレスを完全にコントロールすることができます。

きめ細かいアクセスコントロール

IAM アクセスコントロールは、追加費用なしで提供するセキュリティオプションです。IAM ロールやユーザーポリシーを使用してアクセスを制御することで、クラスター認証と Apache Kafka API 承認を簡素化します。IAM アクセスコントロールを使用すると、Apache Kafka のクライアント認証と認可を制御するために 1 回限りのアクセス管理システムを構築して実行する必要がなくなります。クラスターはデフォルトで最小権限の許可を使用して保護されます。プロビジョンドクラスターの場合、Simple Authentication and Security Layer (SASL)/Salted Challenge Response Authentication Mechanism (SCRAM) または Apache Kafka アクセスコントロールリスト (ACL) を使用した相互 Transport Layer Security (TLS) 認証を使用して、クライアントのアクセスを制御することもできます。

保管中と転送中の暗号化

Amazon MSK では、特殊な設定やサードパーティー製ツールがなくても保管時にデータが暗号化されます。プロビジョンドクラスターの場合、保存中のデータはすべてデフォルトで AWS Key Management Service (KMS) キーを使用して、またはお客様ご自身のキーを使用して暗号化できます。また、ブローカー間およびクラスター上のクライアントとブローカー間の転送データを TLS を介して暗号化することもできます。サーバーレスクラスターの場合、保管中のデータはすべてデフォルトでサービスマネージドキーを使用して暗号化され、転送中のデータはすべてデフォルトで TLS を介して暗号化されます。

インターネットを介した接続

Amazon MSK は、Apache Kafka 2.6.0 以降のバージョンを実行している Amazon MSK クラスターのブローカーにインターネット経由で安全に接続するオプションを提供しています。パブリックアクセスを可能にすることで、プライベートな Amazon Virtual Private Cloud (VPC) の外部にいる許可されたクライアントは、特定の Amazon MSK クラスターとの間で暗号化されたデータをストリーミングでやり取りすることができます。

深く統合

Amazon MSK の AWS 統合の幅と深さを提供しているプロバイダーは他にありません。これらの統合には以下のものが含まれます:

オープンソース

ネイティブの Apache Kafka で動作

Amazon MSK は、ネイティブバージョンの Apache Kafka をデプロイしているため、Apache Kafka 向けに構築されたアプリケーションやツールは、アプリケーションコードを変更することなく、すぐに Amazon MSK で動作します。

合理化されたバージョンの提供

Amazon MSK は通常、Apache Kafka の新バージョンを公開後、7 日以内に提供しています。

シームレスなバージョンアップグレード

プロビジョンドクラスターの Apache Kafka バージョンを数回クリックするだけでアップグレードできます。そのようにして、いつ Apache Kafka の新しいバージョンで提供されている機能やバグ修正を活用するか決められるようになります。Amazon MSK は、ベストプラクティスに従ったお客様のために、クライアントの I/O の可用性を維持するために、稼働中のクラスターへのバージョンアップグレードの展開を自動化します。サーバーレスクラスターの場合、Apache Kafka のバージョンは Amazon MSK によって自動的にアップグレードされます。

最低コスト

Amazon MSK は、1 日あたり 2.50 USD 以下で開始できます。お客様は通常、取り込み 1 GB あたり 0.05 USD から 0.07 USD を支払うことになりますが、これは他のマネージドプロバイダーの 1/13 のコストまで下がります。料金の詳細については、Amazon MSK の料金ページをご覧ください。

スケーラブル

ブローカーのスケーリング (プロビジョンドクラスターのみ)

Apache Kafka ブローカーのサイズまたはファミリーを変更して、ダウンタイムなしで数分以内に Amazon MSK クラスターをスケーリングすることもできます。サイズまたはファミリーを変更することは、ワークロードの変化に合わせてクラスターのコンピューティング性能を柔軟に調整できるため、Amazon MSK クラスターを拡張する一般的な方法です。この方法は、Apache Kafka の可用性に影響を与える可能性のあるパーテーションの再割り当てを必要としないため、好ましい方法となり得ます。

クラスタースケーリング (サーバーレスクラスターのみ)

Amazon MSK は、アプリケーションのスループットニーズに応じて、クラスターのコンピューティングリソースとストレージリソースを自動的にスケーリングします。

オートマチックパーテーションマネジメント

Amazon MSK は、Apache Kafka 用の人気オープンソースツールである Cruise Control と統合しており、お客様に代わってパーテーションの割り当てを自動的に管理します。サーバーレスクラスターの場合、Amazon MSK がパーティションの割り当てを自動的に管理します。

自動ストレージスケーリング (プロビジョンドクラスターのみ)

AWS マネジメントコンソールまたは AWS Command Line Interface (AWS CLI) を使用して、ストレージ要件の変化に合わせてブローカーごとにプロビジョニングされるストレージの量をシームレスにスケールアップできます。また、オートスケーリングポリシーを作成することで、増大するストリーミング要件に合わせて自動的にストレージを拡張することができます。

設定可能

Amazon MSK は、デフォルトで Apache Kafka のベストプラクティスクラスター設定をデプロイします。プロビジョンドクラスターの場合、あらゆる動的設定およびトピックレベルの設定をサポートしながら、30 種を超える異なるクラスター設定を調整することができます。詳細については、ドキュメントの Custom MSK Configurations を参照してください。

ヴィジブル

CloudWatch メトリクスをデフォルトで搭載し、ストリーミングパフォーマンスを容易に観測可能

Amazon CloudWatch を使用して、重要なメトリクスを視覚化してモニタリングし、ストリーミングアプリケーションのパフォーマンスを理解して維持することができます。

Open Monitoring で JMX、Node メトリクスを Prometheus サーバーにエクスポートする (プロビジョンドクラスターのみ)

Open Monitoring with Prometheus では、DatadogLensesNew RelicSumo Logic、または Prometheus サーバーなどのソリューションを使用して Amazon MSK をモニタリングし、既存のモニタリングダッシュボードを簡単に Amazon MSK に移行することができます。詳しくは、ドキュメントの Open Monitoring with Prometheus をご覧ください。

Amazon MSK の利用を開始する

コストの計算
コストの計算

Amazon MSK 料金表ページを参照してください。

Read the documentation
入門ガイドを確認する

Amazon MSK で Apache Kafka クラスターをセットアップする方法については、このステップバイステップガイドを参照してください。

Apache Kafka クラスターの実行
Apache Kafka クラスターの実行

Amazon MSK で Apache Kafka クラスターを実行し始めます。Amazon MSK コンソールにログインします。