最終更新日: 2018 年 7 月 17 日

Amazon CloudFrontAmazon Route 53AWS Firewall ManagerAWS ShieldAWS WAF のサービスは、次の AWS エッジロケーションでご利用いただけます。

エッジロケーション      
北米 南米 欧州/中東/アフリカ アジアパシフィック
米国      
ジョージア州アトランタ (3)
リオデジャネイロ (ブラジル) (2) アムステルダム (オランダ) (2) バンガロール (インド)
バージニア州アッシュバーン (3) サンパウロ (ブラジル) (2) ベルリン (ドイツ) チェンナイ (インド) (2)
マサチューセッツ州ボストン   ケープタウン (南アフリカ) 中国香港特別行政区 (3)
イリノイ州シカゴ (2)   ダブリン (アイルランド) クアラルンプール (マレーシア)
テキサス州ダラス/フォートワース (4)   フランクフルト (ドイツ) (7) マニラ (フィリピン)
コロラド州デンバー (2)   ヘルシンキ (フィンランド) メルボルン (オーストラリア)
カリフォルニア州ヘイワード   ヨハネスブルグ (南アフリカ) ムンバイ (インド) (2)
フロリダ州ジャクソンビル   ロンドン (英国) (5) ニューデリー (インド)
カリフォルニア州ロサンゼルス (3)   マドリード (スペイン) (2) 大阪 (日本)
フロリダ州マイアミ (2)   マンチェスター (英国) パース (オーストラリア)
ミネソタ州ミネアポリス   マルセイユ (フランス) ソウル (韓国) (4)
ニューヨーク州ニューヨーク (3)   ミラノ (イタリア) シンガポール (3)
ニュージャージー州ニューアーク (2)   ミュンヘン (ドイツ) シドニー (オーストラリア)
カリフォルニア州パロアルト   パレルモ (イタリア) 台北 (台湾) (3)
アリゾナ州フェニックス   パリ (フランス) (3) 東京 (日本) (8)
ペンシルベニア州フィラデルフィア
  プラハ (チェコ共和国)  
カリフォルニア州サンノゼ   ストックホルム (スウェーデン) (3)  
ワシントン州シアトル (3)   ウィーン (オーストリア)  
インディアナ州サウスベンド   ワルシャワ (ポーランド)  
ミズーリ州セントルイス   チューリッヒ (スイス)  
カナダ      
ケベック州モントリオール      
オンタリオ州トロント      
リージョン別エッジキャッシュ
     
北バージニア サンパウロ (ブラジル) フランクフルト (ドイツ) ムンバイ (インド)
オハイオ
  ロンドン (英国) ソウル (韓国)
オレゴン     シンガポール
      シドニー (オーストラリア)
      東京(日本)

北京とその近郊を拠点とする AWS 中国 (北京) リージョンのサービス運用会社およびプロバイダーは、Beijing Sinnet Technology Co., Ltd. (Sinnet) です。また、寧夏を拠点とする AWS 中国 (寧夏) リージョンのサービス運用会社およびプロバイダーは、Ningxia Western Cloud Data Technology Co., Ltd. (NWCD) です。

中国リージョンを使用するお客様は、中国のサービスに特有の別個のアカウント認証情報でサインアップする必要があります。既存の AWS 認証情報を使用しているお客様は、中国リージョンのリソースにアクセスできませんし、またその逆も同様です。www.amazonaws.cn で AWS (中国) アカウントをリクエストしてください。

アジアパシフィック (大阪) ローカルリージョンは、ローカルリージョンと呼ばれる新しいタイプのリージョンです。このタイプのリージョンでは、分離された耐障害性の高いインフラストラクチャデザインが 1 つのデータセンター内で構成されます。アジアパシフィック (大阪) ローカルリージョンは 1 つのアベイラビリティーゾーンで構成されており、アジアパシフィック (東京) リージョンと組み合わせて使用することが意図されています。このリージョンには、お客様のセールス担当者からのリクエストが必要です。

AWS Identity and Access Management(IAM)ユーザーの作成と管理ができるリージョンは、米国東部(バージニア北部)と GovCloud のみです。米国東部リージョンで作成された IAM ユーザーは、GovCloud リージョンを除くすべてのリージョンの AWS サービスへのアクセスに使用できます。GovCloud リージョンで作成された IAM ユーザーを使用してアクセスできるのは、GovCloud リージョン内の AWS サービスのみです。

IAM については、IAM の詳細ページをご覧ください。

AWS Mobile Hub は米国東部 (バージニア北部) でのみ管理できます。米国東部リージョンの Mobile Hub は、上記の表で示されているリージョンの AWS のサービスを管理するために使用できます。

AWS Mobile Hub の詳細については、AWS Mobile Hub の詳細ページを参照してください。

AWS Organizations は米国東部 (バージニア北部) のみで管理できます。米国東部リージョンで作成された組織や組織単位 (OU) は、GovCloud、北京、寧夏リージョンを除くすべてのリージョンで AWS のサービスを管理するために使用できます。

AWS Organizations の詳細については、AWS Organizations の詳細ページをご覧ください。

AWS サポートは AWS GovCloud (米国) を含むすべてのリージョンでご利用いただけます。AWS GovCloud (米国) のお客様は 1 日 24 時間、E メール、チャット、電話で AWS サポートエンジニアと連絡を取ることができます。AWS GovCloud (米国) の保護されたリソースにアクセスできるのは、ITAR による審査と訓練を受けた米国在住のサポートエンジニアのみです。ITAR の審査を受けていない米国外在住のサポートエンジニアは、ベーシックなサポートケースをお手伝いし、保護されたリソースが関係するサポートについては、ITAR の審査を受けた米国在住のサポートエンジニアに引き渡します。

AWS GovCloud (米国) における AWS サポートの詳細については AWS GovCloud (US) & Support FAQs ページ上部の「Support」をクリックしてください。

AWS Systems Manager が 2017 年 11 月にリリースされました。従来の Amazon EC2 Systems Manager に、リソースグループとインサイトを確認する機能が追加されています。Amazon EC2 Systems Manager の機能は、一覧で AWS Systems Manager に印の付いたリージョンに加え、AWS GovCloud (米国) リージョンおよび Sinnet により運用される中国 (北京) リージョンで、EC2 コンソールまたは API 経由で利用できます。

詳細については、ドキュメントのSystems Manager へのアクセスをご覧ください。