最終更新日: 2016 年 12 月 22 日

Amazon CloudFrontAmazon Route 53AWS ShieldAWS WAF のサービスは、次の AWS エッジロケーションでご利用いただけます。

エッジロケーション      
北米 南米 欧州/中東/アフリカ アジアパシフィック
米国      
ジョージア州アトランタ (2)
リオデジャネイロ(ブラジル) アムステルダム(オランダ)(2) チェンナイ(インド)
バージニア州アッシュバーン(3) サンパウロ (ブラジル)(2) ベルリン (ドイツ) 香港 (中国) (3)
イリノイ州シカゴ   ダブリン (アイルランド) マニラ (フィリピン)
テキサス州ダラス/フォートワース(2)   フランクフルト (ドイツ) (5) メルボルン (オーストラリア)
カリフォルニア州ヘイワード   ロンドン (英国) (4) ムンバイ (インド) (2)
フロリダ州ジャクソンビル   マドリード(スペイン) ニューデリー (インド)
カリフォルニア州ロサンゼルス(2)   マルセイユ(フランス) 大阪(日本)
フロリダ州マイアミ   ミラノ (イタリア) ソウル (韓国) (3)
ミネソタ州ミネアポリス   パリ(フランス)(2) シンガポール(2)
ニューヨーク州ニューヨーク(3)   ストックホルム (スウェーデン) シドニー(オーストラリア)
ニュージャージー州ニューアーク   ワルシャワ (ポーランド) 台北(台湾)
カリフォルニア州パロアルト     東京 (日本) (3)
カリフォルニア州サンノゼ      
ワシントン州シアトル      
インディアナ州サウスベンド      
ミズーリ州セントルイス      
カナダ      
ケベック州モントリオール      
オンタリオ州トロント      
リージョン別エッジキャッシュ
     
北バージニア サンパウロ (ブラジル) フランクフルト (ドイツ) ムンバイ (インド)
オレゴン     ソウル (韓国)
      シンガポール
      シドニー (オーストラリア)
      東京(日本)

中国 (北京) リージョンは 2014 年前半に公開されました。中国に顧客がいる、中国を拠点とする企業および多国籍企業が、Sinnet によって運用されている AWS 中国 (北京) リージョンの使用を始めるように現在招待されています。中国での AWS リソースの使用を希望するお客様は、世界共通の AWS アカウントとは別の、独立した認証情報セットである亚马逊 AWS アカウントを作成する必要があります。亚马逊 AWS アカウントを持つお客様のみが、Sinnet で運用されている AWS 中国 (北京) リージョンのリソースを使用できるようになります。

www.amazonaws.cn でアカウントをリクエストしてください。

AWS Identity and Access Management(IAM)ユーザーの作成と管理ができるリージョンは、米国東部(バージニア北部)と GovCloud のみです。米国東部リージョンで作成された IAM ユーザーは、GovCloud リージョンを除くすべてのリージョンの AWS サービスへのアクセスに使用できます。GovCloud リージョンで作成された IAM ユーザーを使用してアクセスできるのは、GovCloud リージョン内の AWS サービスのみです。

IAM については、IAM の詳細ページをご覧ください。