AWS クラウドを無料で試す »

 

Amazon 社内のビジネス課題を解決するために生まれた IT インフラストラクチャのノウハウをもとに、2006 年、アマゾン ウェブ サービス(AWS)はウェブサービスという形態で、企業を対象に IT インフラストラクチャサービスの提供を開始しました。

クラウドコンピューティングの主なメリットの1つは、必要な時に、必要なだけ、低価格で IT リソースを提供することができることです。クラウドを使用することで、企業はもはや数週間・数ヵ月も前から、サーバーや他の IT インフラストラクチャを計画・調達する必要がなくなります。クラウドなら、即座に何百・何千ものサーバーを数分で起動し、迅速に結果を出すことができます。

スケールによる大きなコストメリット

AWS は最初のクラウドサービスである

にリリースしました。

スケールによる大きなコストメリット

AWS は

にご利用いただいています。

キャパシティ予測が不要に

Amazon S3 は通常時で

を日々処理しています。


AWS は現在、クラウドの拡張性ある低コストのインフラストラクチャプラットフォームで、企業や組織の更なる迅速な活動や、IT コスト削減、アプリケーション拡張を実現するために役立つ幅広いサービス(コンピューティング、ストレージ、データベース、分析ツール、アプリケーション、デプロイサービス、AI サービス等)を提供しています。

現在、世界 190 ヵ国の数百万に及ぶお客様にご利用いただいており、これらのサービスはエンタープライズ企業から、注目を集めているスタートアップ企業にも活用されており、多様なワークロードを支援しています。

pp_header_products_850x322
アマゾン ウェブ サービスのご紹介(日本語字幕)

AWS のクラウドサービスは利用までにかかる時間の圧倒的短縮、需要の縮小/拡張にあわせたリソースの利用、利用した分だけの支払いという従量課金制、IT 資産の固定費から変動費への転換といったクラウドならではの特徴に加え、一般的なクラウドサービスと比べて以下のメリットがあります。

固定費が変動費へ

AWS クラウドは、お客様がセキュリティに関する政府、業界、および企業の標準や規制を満たすことができる認証を取得、運用しています。例えば、ISO 27001、SOC、PCI DSS などを含む、世界中のさまざまなセキュリティ標準の要件を満たしています。
国内医薬品・医療機器のコンプライアンス、国内金融機関向け対応セキュリティー、日本政府機関向け対応セキュリティーなどにも対応しています。また、日本準拠法も選択することが可能です。

スケールによる大きなコストメリット

AWS クラウドは、2017 年 7 月現在、IoT や AI などを含む 90 以上のサービスポートフォリオを持っています。2006 年からサービスを開始し、これまでの間で 3,000 以上、2016 年には 1,017 件の新サービス提供と機能改善を行いました。これらの 95 % はお客様のフィードバックをもとに開発されています。新しいサービスや機能を素早く提供することにより、最新の機能とクラウドを使用するメリットを享受し、お客さまのビジネスに活用いただいています。

キャパシティ予測が不要に

AWS クラウドは、2017 年 7 月時点で 60 回以上サービスの値下げを行っており、ストレージサービスなど当初より 90% 以上値下げされたサービスもあります。このような特徴は、Amazon の「地球上でもっともお客様を大切にする企業であること」というミッションに基づいたものです。

速度と俊敏性の向上

AWS クラウドのグローバルインフラストラクチャは、耐障害性と高可用性を実現するために特殊な構成が組まれています。「リージョン」と呼ばれる地理的に離れた領域がそれぞれ接続され、リージョンは 2 つ以上の「アベイラビリティーゾーン」、アベイラビリティーゾーンは 1 つ以上の独立したデータセンターで構成されています。そしてアベイラビリティーゾーンは「トランジットセンター」を介してインターネットに接続されています。「リージョン」「アベイラビリティーゾーン」「トランジットセンター」はそれぞれは独立しており、一方の障害が他方へ影響することはなく、そのため耐障害性と高可用性を実現することができます。

データセンターの運用と保守への投資が不要に

AWS クラウドは、全世界で数百万を超えるお客様(アクティブユーザー)にご利用いただいており、日本でもスタートアップから大手企業、政府・教育機関まで、10 万以上のお客様にご利用いただいています。
AWS のエコシステムを支える APN (Amazon Partner Network)パートナーには、日本全国で AWS を使ったシステム構築、ソフトウェア利用を支援する企業やシステムインテグレーターが参加しており、AWS クラウドを使ったサービスの提供やソフトウェア運用、システム構築についてご相談いただけます。また、AWS マーケットプレイスでは、多数のソフトウェアが提供されています。
全国規模のユーザーコミュニティ「JAWS-UG(AWS Users Group – Japan)」では、AWS クラウドに関わるさまざまな情報交換やイベントが開催されています。

AWS クラウドを無料で試す »

AWS クラウドは世界中の 16 個の地理的リージョン内に 44 個のアベイラビリティーゾーンで運用されており、さらに 5 つのリージョン (中国、フランス、香港、スウェーデン、米国で 2 番目の AWS GovCloud リージョン) と 14 個のアベイラビリティーゾーンが追加される予定です。

Global_Infrastructure_edge_12-15-2016

AWS では現在 90 以上のサービスを展開し、企業で必要なITリソースを網羅しています。

そのサービスは、コンピュート、ストレージ、ネットワーキング、データベースのみならず、データ分析(アナリティクス)、アプリケーション サービス、展開、管理、デベロッパー、モバイル、IoT、人工知能(AI)、セキュリティ、ハイブリッド、エンタープライス・アプリケーションなど、多岐にわたっています。

必要なモノがすべて手に入るという Amazon と同様の考え方で、お客様の要望に耳を傾け、サービスを拡充しています。

AWS の製品・サービス一覧はこちら »

aws-service-lineup
AWS 料金

データセンターを構築する業界にいる方でなければ、インフラや設備の構築に時間とお金がかかり過ぎているかもしれません。AWS クラウドは、大きな初期費用を低い変動費に変え、使用するサービスについてのみ、必要な期間だけの料金でご利用いただけます。すべての AWS サービスはオンデマンドで利用でき、長期契約は不要で、複雑なライセンス契約もありません。

「AWS の課金体系」では、主要サービスの価格や課金体系をはじめ、ご利用予定のリソースボリュームに基づいた見積もりを行うことができる「簡易見積もりツールの」ご利用方法等をご紹介しています。

「AWS 課金体系と見積り方法について」詳しく見る »

AWS では、新たにアカウント作成を行うすべてのお客様に無料利用枠を提供しています。

アカウント作成から 1 年間有効な無料利用枠を提供するサービス、無期限で提供される無料利用枠を提供するサービスが用意されており、40 製品以上を無料でお試しいただくことができます。

また、AWS Marketplace では、AWS 無料利用枠で実行できる無料および有料のソフトウェア製品を提供しています。AWS Marketplace では、WordPress や CHEF 等といったウェブアプリケーションがバンドルされた Amazon EC2 環境を数分で起動することができ、これらの Amazon EC2 t2.micro インスタンスの製品を 1 か月あたり最大 750 時間の範囲内で 1 年間使用できます。

AWS 無料利用枠の詳細はこちら »

sales_awsj_team

AWS クラウド導入・検討にあたってのご相談を東京、大阪オフィスの日本担当チームが承ります。下記のようなご相談の際は、お気軽にお問い合わせください。

  • 概算お見積もり依頼
  • 構築パートナー、システムインテグレーターの紹介
  • 新規システム導入に関するご相談
  • 既存システム移行に関するご相談
  • その他導入にあたってのご質問
導入にあたってのご相談窓口はこちら »

AWS クラウド はビジネスの様々な場面で活用することが可能です。

AWS では、ビジネスのニーズを満たすのに役立つ信頼性の高いクラウドベースのソリューションを提供しています。また、世界各地でリソースを提供しておりロケーションの制限を受けないため、世界各地の顧客がいる場所にソリューションを提供できます。また、サービス、パートナー、サポートオプションの幅広いセットを簡単に利用することができます。ビジネスを成功に導く多様な活用用途の一例をご紹介します。

ウェブサイト

AWS では、ユーザーの需要に応じて IT リソースを自由にスケールできる、拡張性を備えたウェブサイトを簡単に低コストで構築できます。今まで運用していたウェブコンテンツやデータはそのまま移行が可能です。また、初期費用が不要のため、必要なくなったら IT リソースはすぐに開放し、無駄なコストを最小化できます。

バックアップ、災害対策

AWS では、オンプレミス環境に物理的なインフラを構築することなく、バックアップと災害対策に適した環境を構築できます。また、オンプレミスとクラウドの相互運用による移行も可能です。柔軟で拡張性の高い IT リソースをクラウドに準備し、耐久性と拡張性に優れたストレージをご利用いただけます。

ビッグデータ

AWS では、柔軟で低コストな IT リソースにすぐにアクセスできるため、データウェアハウス、クリックストリーム分析、不正検出、レコメンデーションエンジン、イベント駆動型 ETL、サーバーレスコンピューティング、IoT の処理など、ほぼすべてのビッグデータアプリケーションを迅速にスケールできます。

IoT

AWS では、AWS Greengrass や AWS IoT プラットフォームなど IoT 固有のサービスを提供しています。これらのサービスにより、データを収集してクラウドに送信し、その情報を簡単に読み込んで分析してデバイスを管理できるため、お客様のニーズに合ったアプリケーションを開発することができます。

ビジネスアプリケーション

AWSでは、Microsoft、 SAP や Oracle といった、企業にとってなくてはならないビジネスアプリケーションが実行可能です。ビジネスアプリケーションに必要な俊敏性や可用性を実現し、IT リソースの効率的な使用とビジネススピードおよび成長に合わせた最適な IT リソースをご利用いただけます。

ウェブ・モバイルアプリケーション

AWS では、スケール可能なウェブ・モバイルアプリケーションを開発できる幅広いサービスを提供しています。すぐに使用を開始できるうえ、実機テストをクラウドで実行して高い品質を確保すること、ユーザーの利用度を測定して、サービスを改善することができ ます。

AWS のクラウドプラットフォームは、日本でもスタートアップ企業からエンタープライズ企業まで、数多くのお客様にご利用いただいています。

導入初期に一部機能のみクラウド化を希望するお客様には、自社システムと AWS クラウドの接続を安全に行うことができる必要なリソースと接続サービスを提供します。もちろん、クラウドへの全面移行を行うお客様にもインフラのセキュリティを確保しつつ柔軟なシステムを構築することができるため、幅広い用途で採用されています。

thumb_mufg_2017summit_tokyo
8:15

三菱東京UFJ銀行はオープンイノベーションを目指す ICT 戦略のコアプラットフォームの一つとして、AWS で 5 つ本番稼働システムを運用し、100 以上のシステムを AWS で構築しています。

thumb_nikkei_2017summit_tokyo

日本経済新聞社では AWS クラウドを活用して、企業が発表する決算データをもとに、編集者の手を一切介さずに AI が文章を生成する「決算サマリー」と、金融経済に特化した対話型サービス「日経 Deep Ocean」を公開しています。

thumb_farmnote_2016summit_tokyo

株式会社ファームノートは、牛の管理、行動データ解析、以上検知を行うサービスを提供するにあたり、初期導入コストを抑えつつ、ビジネスに合わせてスケールできる環境を実現したことにより、計算量の予測が困難な人工知能を活用した行動データ解析を容易に実現しています。

01_SignUp

AWS アカウントの作成は無料で、AWS 無料利用枠をすぐにご利用いただけます

AWS アカウント作成の流れはこちら »

02_10MinuteTutorials

複数のユースケースについて、簡単なチュートリアルを参照しながら学ぶことができます

10 分間チュートリアルはこちら »

03_StartBuilding

準備ができたら、本稼働ソリューションを迅速かつ簡単に構築できます

AWS でのプロジェクト構築手順はこちら »

『はじめてのアマゾン ウェブ サービス』は、AWS クラウドについて一から学びたい方や、これから AWS の導入を検討される方を対象に、サービス概要やご利用メリット、セキュリティ面、活用事例などについてご説明する無料セミナーです。

AWS の目黒、及び大阪オフィスで定期開催している本セミナーを、多くのお客様のご要望にお応えして、お住まいの地域や参加時間帯を問わず、どなたにでもセッションを受講頂けるようオンデマンドセミナーという形でご提供しています。

「はじめての AWS」オンデマンドセミナーの参加はこちら »