AWS Wavelength を使用すれば、デベロッパーは、5G エッジロケーションのグローバルネットワークに拡張された AWS クラウドを使用して、超低遅延を必要とするまったく新しいレベルのアプリケーションを導入し、構築できます。さらに、Wavelength Zone では、親 AWS リージョンに高帯域幅で安全に接続でき、デベロッパーが同じ API とツールセットを介して AWS リージョンの全範囲のサービスにシームレスに接続できるようになります。 

Amazon EC2 インスタンス、Amazon EBS ボリューム、Amazon VPC サブネット、および Carrier Gateway を Wavelength Zone に作成できます。Amazon EC2 Auto Scaling、Amazon EKS クラスター、Amazon ECS クラスター、Amazon EC2 Systems Manager、Amazon CloudWatch、AWS CloudTrail、AWS CloudFormation など、EC2、EBS、および VPC と調整または連携しているサービスを使用することもできます。Wavelength のサービスは、Amazon DynamoDB や Amazon RDS などのサービスに簡単にアクセスできるように、信頼性の高い高帯域幅接続を介して AWS リージョンに接続されている VPC の一部です。

コンピューティング

汎用コンピューティング: Wavelength Zone は現在、費用対効果の高い汎用コンピューティングを必要とするアプリケーションの t3.medium、t3.xlarge、および r5.2xlarge インスタンスをサポートしています。

高速コンピューティング: Wavelength Zone は、ゲームストリーミングや、エッジでの ML 推論など、GPU を必要とするアプリケーションの g4dn.2xlarge インスタンスをサポートします。

ストレージ

Wavelength は、永続的ブロックストレージとして、Elastic Block Store (EBS) gp2 ボリュームを提供しています。EBS gp2 ボリュームをブート用またはデータボリューム用として使用できます。また、EBS は EC2 インスタンスにアタッチすること、デタッチすることができます。スナップショットと復元の機能があり、パフォーマンスに影響をおよぼさずにボリュームサイズを拡大することができます。すべての EBS ボリュームとスナップショットは、デフォルトで暗号化されます。EBS スナップショットは、Amazon S3 を使用して、その Wavelength Zone に関連付けられたリージョンに保存されます。

ネットワーク

VPC: 複数のアベイラビリティーゾーン (複数の Wavelength Zone を含む) にまたがるよう、アカウント内の Amazon VPC を拡張できます。Amazon EC2 インスタンスおよび関連サービスは、ユーザーのリージョン別 VPC の一部として認識されます。

Carrier Gateway: Wavelength では、新しいコンポーネントである Carrier Gateway もネットワーク設定に導入されます。Carrier Gateway を使用すれば、Wavelength Zone 内のユーザーのサブネットから通信サービス事業者 (CSP) のネットワーク、インターネット、または CSP のネットワークを介した AWS リージョンへの接続が可能になります。Carrier Gateway には 2 つの目的があります。特定の場所にある CSP ネットワークからのインバウンドトラフィック、および通信事業者ネットワークとインターネットへのアウトバウンドトラフィックを許可します。

管理とモニタリング

AWS CloudFormation、Amazon CloudWatch、AWS CloudTrail などの AWS ツールを使用して、これまでのクラウドワークロードと同様に Wavelength Zone でワークロードを実行および管理できます。AWS Cost Explorer を使用してコストを監視できます。

場所

ロケーション 通信サービス事業者 AWS リージョン Wavelength Zone ID
ボストン (米国) Verizon 米国東部 (バージニア北部) us-east-1-wl1-bos-wlz-1
サンフランシスコベイエリア (米国) Verizon 米国西部 (オレゴン) us-west-2-wl1-sfo-wlz-1

アトランタ (米国)

Verizon

米国東部 (バージニア北部)

us-east-1-wl1-atl-wlz-1

ワシントン DC (米国)

Verizon

米国東部 (バージニア北部)

us-east-1-wl1-was-wlz-1

ニューヨーク (米国)

Verizon

米国東部 (バージニア北部)

us-east-1-wl1-nyc-wlz-1

マイアミ (米国)

Verizon

米国東部 (バージニア北部)

us-east-1-wl1-mia-wlz-1

ダラス (米国)

Verizon

米国東部 (バージニア北部)

us-east-1-wl1-dfw-wlz-1

米国ラスベガス

Verizon

米国西部 (オレゴン)

us-west-2-wl1-las-wlz-1

東京 (日本)

KDDI

アジアパシフィック (東京)

ap-northeast-1-wl1-nrt-wlz-1

テジョン (韓国)

SK Telecom

アジアパシフィック (ソウル)

ap-northeast-2-wl1-cjj-wlz-1

デンバー (米国)

Verizon

米国西部 (オレゴン)

us-west-2-wl1-den-wlz-1

シアトル (米国)

Verizon

米国西部 (オレゴン)

us-west-2-wl1-sea-wlz-1

大阪 (日本)

KDDI

アジアパシフィック (東京)

ap-northeast-1-wl1-kix-wlz-1

Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
製品の料金を見る
詳細 
Sign up for a free account
サインアップして詳細を確認する
サインアップ 
Standard Product Icons (Start Building) Squid Ink
よくある質問を確認する
詳細