AWS Wavelength とは何ですか?

Wavelength では、高い帯域幅と超低レイテンシーを備えた 5G ネットワークと AWS のコンピューティングおよびストレージサービスが組み合わされています。それにより、デベロッパーがまったく新しい種類の、革新的なアプリケーションを構築できるようにしています。Wavelength Zones は現在、米国の Verizon、日本の KDDI、韓国の SK Telecom、英国とドイツの Vodafone と提携して一般に公開されています。

Wavelength Zone とは何ですか?

Wavelength Zone は、5G ネットワークのエッジにある電気通信事業者のデータセンター内に AWS のコンピューティングサービスとストレージサービスを組み込んだ AWS のインフラストラクチャのデプロイです。このため、モバイル事業者のネットワークから出ることなく、アプリケーショントラフィックを Wavelength Zone で実行されているアプリケーションサーバーに送信できます。こうすることで、複数のホップからインターネットに接続することで生じるレイテンシーを防ぎ、お客様に 5G ネットワークを最大限に活用していただくことができます。Wavelength Zones は、AWS を 5G エッジに拡張し、世界中の複数の 5G ネットワークで一貫したデベロッパーエクスペリエンスを提供します。また、Wavelength Zones は、デベロッパーが現在すでに使用している、使い慣れた同じの AWS サービス、API、ツール、機能を使用して、次世代の超低レイテンシーアプリケーションを構築することが可能です。

AWS Wavelength はどのようなユーザー向けですか?

AWS Wavelength は、10 ミリ秒未満のレイテンシーを必要とするモバイルエンドユーザーやデバイスからアクセスする高パフォーマンスアプリケーションをデプロイする必要がある場合に適しています。ゲームストリーミング、拡張現実/仮想現実 (AR/VR) サービスなどの一般向けアプリケーションを構築したいと考えている AWS のお客様は、Wavelength を使用することで、ミリ秒レベルの接続でエンドユーザーに接続し、ユーザーエクスペリエンスとアプリケーションのパフォーマンスを最適化できます。

AWS エンタープライズのお客様は、IoT、ライブメディア制作、産業オートメーションなどのユースケースで、低レイテンシーソリューションを提供するために Wavelength を使用することができます。画像と動画の認識、推論、データ集約、応答性に優れた分析など、エッジのデータ処理ニーズをお持ちのお客様は、Wavelength を使用することで、データが生成されるその場所で低レイテンシーの操作と処理を実行することができます。これにより、大量のデータを移動させて一元化された場所で処理する必要がなくなります。

AWS Wavelength を使用するメリットは何ですか?

AWS Wavelength を使用すると、コンピューティングとストレージが電気通信事業者の 5G ネットワーク内から直接ホストされているため、5G ネットワーク上のデバイスから AWS クラウド上のアプリケーションリソースへのアクセスを最も少ないネットワークホップ数で実行できます。また、5G ネットワークの外にあるアプリケーションリソースにアクセスする際に必要となる、ネットワークの混雑やより長いルートに起因するレイテンシーを低減することができます。

これにより、コンピューティング集約型で、レイテンシーに敏感な新しいクラスのアプリケーションのレイテンシーを実現します。例えば、自律走行車の群れが道路センサーと相互作用して衝突を防ぐ、スマート産業ロボットが危険な製造環境における工場の状態を評価して対応する、買い物客が商品ディスプレイの前を通るときに、小売業者がパーソナライズされたプロモーションを買い物客の携帯電話にリアルタイムで提供する、などです。

Wavelength は、AWS のパワーをネットワークエッジにもたらし、ほぼリアルタイムの応答を必要とするレイテンシーに敏感なユースケースを可能にします。ネットワークエッジで処理することにより、ネットワークプロバイダーのインフラストラクチャで大量のデータを送信することを避け、モバイルデバイスのハードウェアから処理をオフロードすることができます。

低レイテンシーやローカルデータ処理を必要とするアプリケーションに、AWS Wavelength、AWS Local Zones、または AWS Outposts をいつ使用するとよいですか?

AWS は、低レイテンシーまたはローカルデータ処理の要件のあるアプリケーションをデプロイするならどこであってもサポートするといった、一貫した体験を提供することでお客様を支援しています。

AWS Wavelength は、AWS インフラストラクチャ、サービス、API、ツールを 5G ネットワークに拡張することにより、超低レイテンシーアプリケーションを 5G デバイスに提供できるように設計されています。Wavelength は通信プロバイダーの 5G ネットワ​​ーク内にストレージとコンピューティングを組み込んでいるため、デベロッパーは IoT デバイス、ゲームストリーミング、自動運転車、ライブメディア制作など、1 桁のミリ秒のレイテンシーを必要とする 5G エンドユーザー向けの新型アプリケーションを構築できます。

AWS Local Zones は、動画レンダリングやグラフィックを多用する仮想デスクトップアプリケーションを含む、10 ミリ秒未満のレイテンシーが必要とされるワークロードを実行するために設計された、新しいタイプの AWS インフラストラクチャです。どのお客様も自社のオンプレミスデータセンターを運用したいと考えているわけではありませんが、ローカルデータセンターを完全になくしたいと考えるお客様もいるかもしれません。Local Zones を使用すれば、独自のデータセンターインフラストラクチャを所有および運用する必要なく、エンドユーザーにより近いコンピューティングリソースとストレージリソースを持つことから得られるあらゆる利点を活用することができます。

AWS Outposts はレイテンシー要件があるためにオンプレミスのままにする必要があるワークロード向けに設計されています。ユーザーはオンプレミスのワークロードを AWS のワークロードとシームレスに実行したいと考えます。 AWS Outposts は AWS 設計のハードウェアで構築したフルマネージド型で設定可能なコンピューティングおよびストレージラックで、オンプレミスでコンピューティングとストレージを実行でき、AWS の幅広いクラウドサービスにシームレスに接続します。

AWS Wavelength ワークロードはどのようなものがありますか?

ゲームストリーミング、ライブビデオやイベントストリーミング、機械学習 (ML) のビデオ推論など、新興のインタラクティブなアプリケーションです。これらのワークロードでは、エンドユーザーやモバイルネットワークを介して接続するデバイスの超低レイテンシーを確保するために、エッジに近くにコンピューティングとストレージが必要となります。さらに、産業オートメーション、スマートシティ、IoT、および自動運転車などのユースケースでは、アプリケーションのパフォーマンス要件を実現するために、エッジに近い場所でデータ処理とデータ取得を行う必要があります。これらのユースケースは、すべて AWS Wavelength と Wavelength Zones の利点を受けることができます。

AWS Wavelength の使用を開始するにはどうすればよいですか?

Wavelength Zone は AWS リージョンの拡張機能です。現在と同じ AWS ツールと機能を使用しながら、アプリケーションを再設計してレイテンシーを削減する必要性を最小限に抑えることができます。既存のアプリケーションがある場合、必要なのは VPC コンソールで Amazon Virtual Private Cloud (VPC) を選択するだけです。アクションメニューで、Wavelength Zone にサブネットを作成することを選択します。デフォルトでは、Carrier Gateway ウィザードは、リージョンで利用可能なすべての携帯電話事業者と場所に対して Wavelength Zone を有効にするか、特定のものを選択できます。ウィザードは、各 Wavelength Zone のサブネットの設定に役立ちます。その後、新しいサブネットで Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) インスタンスを起動し、Amazon Elastic Container Service (ECS) や Amazon Elastic Kubernetes Service (EKS) でコンテナ化されたアプリケーションを実行することができます。VPC がない場合、VPC コンソールで [VPC の作成] ウィザードを選択すると、最も簡単に開始できます。

AWS Wavelength ではどの AWS サービスを利用できますか?

Amazon EC2 インスタンス、Amazon Elastic Block Store (EBS) ボリューム、Amazon VPC サブネット、および Carrier Gateway を Wavelength Zone に作成できます。また、EC2、EBS、VPC をオーケストレーションしたり、連携させるサービスも利用できます。これらは、Amazon EC2 Auto Scaling、Amazon EKS クラスター、Amazon ECS クラスター、Amazon EC2 Systems Manager、Amazon CloudWatch、AWS CloudTrail、および AWS CloudFormation が含まれます。Wavelength で提供されるサービスは、Amazon DynamoDB や Amazon Relational Database Service (RDS) などのサービスに簡単にアクセスできるように、信頼性の高い高帯域幅接続を介して AWS リージョンに接続されている VPC の一部です。

Q: Wavelength Zone では、Amazon EC2 のキャパシティーを予約できますか?

オンデマンドキャパシティー予約を使用して、Wavelength Zone にある Amazon EC2 インスタンスのキャパシティーを予約することができます。

Q: Amazon EC2 の Wavelength Zone でサポートされている料金モデルを教えて下さい。

Wavelength Zone での Amazon EC2 インスタンスの支払いには、オンデマンドSavings Plans の 2 つの方法があります。

使用可能な Amazon EC2 インスタンスタイプには何がありますか?

Wavelength は、エッジワークロードの次のインスタンスタイプをサポートしています。費用対効果の高い汎用コンピューティングを必要とするアプリケーション用に t3.medium、t3.xlarge、および r5.2xlarge を、ゲームストリーミングやエッジでの ML 推論などの GPU を必要とするアプリケーション用に g4dn.2xlarge をサポートしています。すべての EC2 インスタンスは EBS ベースです。EBS ボリュームの Amazon マシンイメージ (AMI) とスナップショットは、親リージョンに保存されます。EC2 インスタンスはオンデマンドでのみ提供されます。Wavelength Zone でリザーブドインスタンスを購入することはできません。

Wavelength Zones を使用して 4G/LTE デバイスにアプリケーションを配信できますか?

はい。4G/LTE の携帯電話で実行されているアプリケーション、および 4G/LTE ネットワークを介して接続されたデバイスは、Wavelength Zone のアプリケーションサーバーにアクセスすることができます。また、これらのアプリケーションは、モバイルネットワーク内に設置されたコンピューティングインフラストラクチャにアクセスすることができます。 

Wavelength Zone での使用状況を確認するにはどうすればよいですか?

AWS Cost Explorer を使用して、Wavelength Zone を含むアベイラビリティーゾーンで使用量をフィルタリングできます。

Wavelength で実行されている AWS サービスのサポートを受けるにはどうすればよいですか?

AWS Support でケースを作成して、Wavelength Zones で実行されている AWS サービスのヘルプを確認します。

Standard Product Icons (Features) Squid Ink
製品の特徴を見る
詳細はこちらから 
Sign up for a free account
サインアップして詳細を確認する
サインアップ 
Standard Product Icons (Start Building) Squid Ink
製品の料金を見る
詳細