Amazon CloudFront

高速で安全性が高くプログラム可能なコンテンツ配信ネットワーク (CDN)

Amazon CloudFront は、データ、動画、アプリケーション、および API をすべて開発者にとって使いやすい環境で、低レイテンシーの高速転送により視聴者に安全に配信する高速コンテンツ配信ネットワーク (CDN) サービスです。CloudFront は、AWS と統合され、どちらの物理的な場所も AWS のグローバルインフラストラクチャならびにその他の AWS サービスと直接接続されます。CloudFront は、DDoS 軽減のための AWS Shield、Amazon S3、アプリケーションのオリジンとしての Elastic Load Balancing または Amazon EC2、顧客のユーザーのより近くでカスタムコードを実行し、ユーザー体験をカスタマイズする Lambda @ Edge などを含むサービスとシームレスに連携します。

API、AWS マネジメントコンソール、AWS CloudFormation、CLI、SDK などの既に使い慣れた AWS ツールを使って、数分でコンテンツ配信ネットワークの使用を開始できます。Amazon の CDN には、前払い料金や長期契約を必要としない、シンプルな従量制料金モデルが採用されています。また、CDN のサポートは既存の AWS サポートサブスクリプションに含まれています。

AWS の無料利用枠には、Amazon CloudFront における 50GB のデータ転送 (アウト) と 2,000,000 件の HTTP および HTTPS リクエストが含まれています。

無料で Amazon CloudFront の使用を開始する

AWS re:Invent 動画: Introduction to Amazon CloudFront and Lambda@Edge

メリット

高速およびグローバル

エッジでのセキュリティ

Amazon CloudFront コンテンツ配信ネットワーク (CDN) は、大規模でグローバルな分散サービスです。CloudFront ネットワークには 136 の接続ポイント (PoP) があり、エンドユーザーにとって優れたパフォーマンスと可用性を実現するために、復元性の高い Amazon のバックボーンネットワークを活用しています。

Amazon CloudFront は、ネットワークレベルとアプリケーションレベルの両方の保護が用意されている、安全性の高い CDN です。トラフィックとアプリケーションは、AWS Shield 標準などのさまざまな組み込み保護機能を追加費用なしで利用できます。また、AWS Certificate Manager (ACM) などの設定可能な機能を使用して、追加コストなしでカスタム SSL 証明書を作成、管理することもできます。

高度にプログラム可能

AWS との密接な統合

Amazon CloudFront の機能は、特定のアプリケーション要件に合わせてカスタマイズできます。CloudFront イベントによってトリガされる Lambda@Edge 関数は、世界中の AWS ロケーションへカスタムコードを拡張することで、複雑なアプリケーションロジックでもエンドユーザーに近づけて、応答性を向上させることが可能です。また、CDN はネイティブな API または AWS ツールを使用することで、今日の DevOps および CI / CD 環境用の他のツールや自動化インターフェイスとの統合もサポートしています。

Amazon CloudFront は、Amazon S3、Amazon EC2、Elastic Load Balancing、Amazon Route 53、AWS Elemental Media Services などの AWS のサービスと統合されています。こうしたサービスはすべて同じコンソールからアクセスでき、CDN のすべての機能は API または AWS マネジメントコンソールを使用してプログラムで設定できます。最後に、Amazon S3、Amazon EC2 や Elastic Load Balancing といった AWS オリジンを使用する場合、それらのサービスと CloudFront との間のデータ転送にはまったく料金が発生しません。

Amazon CloudFront の機能の詳細 >>

導入事例

導入事例を見る »

ユースケース

静的アセットのキャッシュ

ライブおよびオンデマンドのビデオストリーミング

セキュリティ

Amazon CloudFront は静的コンテンツ (画像、スタイルシート、JavaScript など) の世界中の視聴者への配信を加速できます。このコンテンツ配信ネットワーク (CDN) には複数層のキャッシュや、エッジにキャッシュされていないオブジェクトのレイテンシー向上とオリジンサーバーの負荷軽減に役立つ、リージョン別エッジキャッシュがデフォルトで提供されています。静的コンテンツをキャッシュすることで、ウェブサイトのビューワーに高速で確かな体験を提供するためのパフォーマンスとスケールを実現できます。

Amazon CloudFront CDN では、録画済みのファイルやライブイベントをストリーミング配信するためのさまざまなオプションが用意されています。4K 配信に求められる高スループットで、世界中のビューワーに途切れることなく動画を配信できます。オンデマンドストリーミングでは、CloudFront を使用して、どのようなデバイスにも Microsoft Smooth、HLS、HDS、MPEG-DASH のフォーマットでマルチビットレートの適応型ストリーミングが行えます。ライブストリームのブロードキャストでは、コンテンツ配信ネットワークを使用してメディアのフラグメントをエッジにキャッシュし、マニフェストファイルの複数リクエストをまとめることでオリジンの負荷を軽減できます。

CloudFront は、レイヤー 3 およびレイヤー 4 の DDoS を緩和する AWS Shield、レイヤー 7 を保護する AWS WAF とシームレスに統合されています。さらに、CloudFront では最高度のセキュリティ暗号化を使って TLS 接続のネゴシエートが行われ、ビューワーは署名付き URL で認証されます。また、高度な機能であるフィールドレベルの暗号化を使用すれば、企業全体で最も機密性が高いデータを保護できます。これにより、アプリケーションスタックで特定のコンポーネントやサービスを使用した場合のみ、それらの情報を閲覧できます。CloudFront は、アクセスを制御する AWS Identity and Access Management (IAM)、設定内容へのアクセスログを記録する AWS CloudTrail、自動的に証明書を更新する Amazon Certificate Manager (ACM) とも統合されています。

Lambda@Edge でカスタマイズ可能なコンテンツ配信

動的コンテンツと API の高速化

ソフトウェアディストリビューション

Lambda@Edge を使用すると、世界中の AWS エッジロケーションでコードを簡単に実行できます。これにより、エンドユーザーへの応答で生じるレイテンシーを最低限に抑え、コンテンツをパーソナライズすることができます。たとえば、訪問者の属性に基づいてユニークなコンテンツを配信したり、カスタムレスポンスを生成したり、CloudFront インフラストラクチャ上で実行している独自のカスタムコードを使用して A/B テストを行うことができます。 Lambda@Edge の詳細についてご覧ください。

Amazon CloudFront は、API コールの保護や高速化にも使用できます。CloudFront ではプロキシメソッド (POST、PUT、OPTIONS、DELETE、PATCH) がサポートされており、デフォルトで Amazon API Gateway と統合されています。コンテンツ配信ネットワーク (CDN) では、クライアントとの TLS 接続は付近のエッジロケーションで中断された後、最適化された AWS バックボーンネットワークパスが CloudFront によって使用され、セキュアに API サーバーへと到達します。CloudFront を使用した API 高速化の詳細についてご覧ください。

Amazon CloudFront は、世界中に分散しているクライアントによるソフトウェア更新のダウンロードに合わせて、自動的にスケールされます。コンテンツ配信ネットワークを経由し、ユーザーがいるその場所のエッジでソフトウェアが利用できるようになります。CDN の高速データ転送によりバイナリの配信速度が向上し、カスタマーエクスペリエンスの向上とコスト削減が実現できます。

AWS の使用を開始する

1

AWS アカウントにサインアップする

AWS の無料利用枠には、Amazon CloudFront における 50GB のデータ転送 (アウト) と 2,000,000 件の HTTP および HTTPS リクエストが含まれています。 AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。
2

10 分間チュートリアルで学ぶ

Amazon CloudFront を使用してコンテンツを迅速に配信します。 簡単なチュートリアルで調べ、学習します。
3

AWS で構築を開始する

入門ガイドの説明に従えば、わずか数クリックで最初の Amazon CloudFront ディストリビューションを開始できます。

Amazon CloudFront の機能の詳細

特徴ページをご覧ください
無料でお試しください
サインアップ
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ