2016 年 12 月

アマゾン ウェブ サービス (AWS) がリリースしたばかりの Greengrass では、コンピューティング、ストレージ、およびクラウドからエッジへの接続性が拡張され、IoT ソリューションのポートフォリオが大幅に拡大されます。AWS Greengrass により、マイクロサービスアーキテクチャを使って複雑な分散システムを構築する開発者のプログラミングモデルが簡素化されます。


オンラインでレポートを読む

2016 年 12 月

パブリッククラウド IaaS は商品ではありません。企業でアーキテクチャとテクノロジーのイノベーションをリードする人が、自社のユースケースと特定のニーズに合うサービスを選ぶ必要があります。最も能力が高いパブリッククラウド IaaS サービスは、新しいアプリケーションにも既存のアプリケーションにも問題なく使用できます。これによって開発者の生産性もインフラストラクチャと運用の効率も向上し、IT トランスフォーメーションの実現が可能になります。アマゾン ウェブ サービスは、アプリケーション開発では 4.73/5、バッチコンピューティングでは 4.8/5、クラウドネイティブアプリケーションでは 4.69/5、一般ビジネスでは 4.37/5、IoT では 4.63/5 のスコアを受けています。

オンラインでレポートを読む

Gartner は、リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価やその他の認定を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナーリサーチの発行物は、ガートナーリサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。


2016 年 12 月

IDC は Amazon DynamoDB を使用している 3 つの組織にインタビューを行って、各社のユースケースと、テクノロジーおよびサービスに対する感想を詳しく確認しました。これらの組織によると、Amazon DynamoDB は、コスト効率に優れた NoSQL ソリューションであることが実証されただけでなく、第 3 のプラットフォームのワークロードの需要にも対処するように適切に設計されているとのことでした。インタビューした顧客はこの機能に満足しており、各社とも、以前に使用していた RDBMS 製品ではこれを実現できなかったと述べています。さらに、この製品のクラウドベースという性質が、非常に厳しい顧客の活用シナリオに対する要求を満たす柔軟性の高いスケーラビリティを提供していることは明らかです。

レポートをダウンロード

2016 年 12 月

2016 年、Experton Group は、クラウドテクノロジー、サービス、およびトランスフォーメーションサービスについて、第三者の立場からドイツ市場の分析を再度実施しました。これはドイツに対する第 7 版のベンチマークです。Experton Group では、ドイツの合計約 450 社のベンダーの中から、ドイツ市場に関係のある 155 社のベンダーを特定して、このベンチマークでの詳細な分析と位置付けの対象として選定しています。これは、今日のビジネス界、特にドイツ経済におけるクラウドコンピューティングの役割を明らかにする素晴らしい結果です。クラウドビジネスにおけるアマゾン ウェブ サービス (AWS) の進展は、間違いなく傑出しています。IT サービスプロバイダーという立場で長年にわたって実績を積んできた AWS は、その努力により、先駆的な部外者という立場から真のクラウドリーダーへと進化してきました。それはパブリッククラウド市場の中核部分である「サービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS)」だけでなく、現在ではさらに 4 つの分野、「Iaas – パブリッククラウドストレージ」、「クラウドワークスペース」、「サービスとしてのビッグデータ分析」、および「サービスとしてのプラットフォーム (PaaS) – 開発ソリューション」においても同様です。このことが、AWS がクラウド市場に焦点を合わせたプレイヤーであり、テクノロジーの相互運用性、パフォーマンス、および安全性で評判が高いことを端的に示しています。

レポートをダウンロード

2016 年 11 月

運転者・車両基準庁 (DVSA) は、英国における道路の安全性向上に対する責任を負う運輸省後援の執行機関です。この機関に付与されている権限の一部として、新車登録から 3 年を超えるすべての自動車に必須の 1 年ごとの法定検査 (MOT) があります。以前の政府の政策下では、10 年にもわたってこのサービスは民間資金主導 (PFI) 協定で提供されていました。PFI は、サービスが利益重視の手法 (MOT 合格ごとに報酬) であるという前提で設計されており、在任者はこのソリューションの近代化を奨励していませんでした。現在は、俊敏性向上の必要性とモバイルテクノロジーの高まりによって、サービスの構成内容と提供方法に対する人々の期待が変わってきました。DVSA は、自分たちの持っている情報が、一般市民から自動車修理工場まで多岐にわたるさまざまな顧客に付加価値サービスとして提供できる貴重なものであることに気付きました。このレポートでは、DVSA が従来の古いメインフレームソリューションから、予算内で時間どおりに提供される最新のクラウド運用のソリューションへのトランスフォーメーションの成功を、どのようにして成し遂げたかに着目しています。

レポートをダウンロード

2016 年 10 月

IDC は Amazon Redshift を使用する 8 つの組織にインタビューを行い、Amazon Redshift が組織のデータウェアハウスや IT、およびビジネス活動に及ぼす影響について調査しました。これらの組織によると、Amazon Redshift は組織にとってコスト効果の高いデータウェアハウスプラットフォームであることが実証されただけでなく、その使いやすさ、パフォーマンス、および拡張性を通じて分析およびデータにおいて組織が価値を創造することを可能にしました。IDC は、これらの組織が 5 年間で毎年 100TB あたり平均 758,845 USD の利益を実現すると予測しており、平均投資利益率 (ROI) は 469% になります。

レポートをダウンロード

2016 年 9 月

Enel の 2015~2019 年の戦略プランの 1 つに、8% のコスト削減と 14% の収益増加がありました。同社では、新しいデジタルビジネスモデルから生まれるビジネスチャンスを掴むため、デジタル化に取り組んでいます。同時に、新しいテクノロジーを活用して、既存のビジネスをデジタル化し、効率を上げ、既存のプロセスと企業資産を強化しています。このデジタル化の一環として、CIO は新しい IT 戦略を展開し、IT 組織を再編しました。この戦略の主な柱また鍵となるのがクラウドです。「インフラストラクチャのクラウドへの移行は、当社のデジタル化戦略に完全にマッチしています。クラウド移行により、当社は俊敏性を向上させ、市場の進化を主体的に管理できるようになっています」と Enel のグローバル CIO である Carlo Bozzoli 氏は語っています。

レポートをダウンロード

2016 年 9 月

2016 年 9 月 14 日、Amazon は米国外、つまり欧州最大級の市場である英国とドイツで、Amazon Echo のサービス開始を発表しました。同時に、Amazon は Echo ラインナップの新しいバージョンを発表しました。これにより、Amazon の音声アシスタント機能である Alexa をお客様の自宅のより多くの場所で利用するためのコストが劇的に低くなりました。顧客との相互対話チャネルとしての音声利用はその影響力を拡大し続けており、まだ音声への対応プランを準備していない CMO は、音声ベースのインテリジェントエージェント (IA) が定着していることを真剣に受け止める必要があります。

オンラインでレポートを読む

2016 年 8 月

Gartner Research は、新しいマジッククアドラントのインフラストラクチャサービス部門において、アマゾン ウェブ サービスを「リーダー」に位置づけました (2016 年 8 月)。このマジッククアドラントでは、クラウド IaaS を「サービスプロバイダがストレージとネットワークの機能により補完されたコンピューティングリソースを所有し、オンデマンドで顧客に提供する、標準化され高度に自動化されたサービス」と定義しています。

オンラインでレポートを読む

ガートナーは、リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナーリサーチの発行物は、ガートナーリサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。


2016 年 10 月

ガートナーリサーチが新たに発表した運用データベースマネジメントシステム部門のマジッククアドラントにおいて、アマゾン ウェブ サービスは「リーダー」に位置付けられています。ガートナーでは、幅広いデータタイプと複数のユースケースのサポートに基づいて、広範囲の運用アプリケーションに対する優れたサポートを実証している企業をリーダーと定義しています。これらのベンダーは、一貫したお客様満足度と強力な顧客サポートを提供しています。

オンラインでレポートを読む

ガートナーは、リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナーリサーチの発行物は、ガートナーリサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。


2016 年 9 月

クラウドファーストは、いわゆる小規模なスタートアップ企業にとって頭を悩ます必要のない選択肢と言えます。クラウドが登場した理由はそこにあります。逆説的に言えば、包括的な IT 予算を持つ大規模な企業にとってクラウドの採用ははるかに難しいのです。このような組織は、管理しなければならない重要な資産や、対応しなければならない数万人の従業員、維持する必要がある複雑なレガシーエンタープライズアーキテクチャに数十億ユーロを費やすことに熱中しています。高速道路を走行しながら車のホイールを交換する方法について検討してみましょう。本当に可能なのでしょうか。可能だとしたら、どのようにすればいいのでしょうか。DB Systel が運営するドイツ鉄道の事例が、方向性を見つけるうえで役立つかもしれません。

レポートをダウンロード

2016 年 9 月

AWS がスポンサーとなったこのホワイトペーパーでは、アマゾン ウェブ サービスなど、ストレージサービスとそれに隣接したインフラストラクチャサービスから構成されるエコシステムを持つプロバイダーを選択するメリットを強調した、IDC による調査結果を引用しています。このようなメリットには、大きなコスト削減につながるということのみではなく、俊敏性、市場投入時間の短縮、相互運用性、および拡張性といったメリットを顧客に提供できることが含まれます。

レポートをダウンロード

2016 年 9 月

Gartner では、クラウドベースのワークロードをオンプレミスのデータセンターにおけるワークロードより安全なものとするよう、AWS や他の主なクラウドプロバイダーが企業をサポートする方法が調査されました。この Gartner のレポートでは、クラウドのセキュリティを向上させる最もよい方法についての具体的なアドバイスを記載しています。また、1) クラウドのワークロードではセキュリティ上の問題が発生する可能性が少なくとも 60% 減少する、2) クラウドのセキュリティ障害のうち 95% は顧客の過失によるものとなる、3) 悪用された脆弱性のうち 99% はセキュリティや IT の専門家が少なくとも 1 年間把握できるようになるという、2020 年までの戦略的計画の前提について言及しています。

オンラインでレポートを読む

2016 年 8 月

IDC のこの購入者導入事例では、イギリスを拠点とするスタートアップ銀行である Monzo が、AWS インフラストラクチャとマイクロサービスアーキテクチャを活用してモバイル第一のデジタルバンクとなった経緯に焦点を当てています。また、Monzo がデジタルバンクを設立する際に直面した課題と、どのようにその問題を克服して、銀行部門の厳格な規制要件を満たしたかについても説明しています。

レポートをダウンロード

2016 年 8 月

Forrester Research では、Forrester Wave ビッグデータ NoSQL 第 3 四半期において、アマゾン ウェブ サービスを "Leader" カテゴリに位置付けました。Forrester では、15 の主要なビッグデータ NoSQL ソリューションを特定し、調査と分析を実施して採点を行いました。Amazon DynamoDB はリーダーとして評価されており、Forrester によると最も普及している NoSQL クラウドデータベースです。 

オンラインでレポートを読む

2016 年 8 月

オンプレミスソフトウェアを販売している独立系ソフトウェアベンダー (ISV) が AWS で Software-as-a-Service (SaaS) を開発するビジネス事例を展開するために、アマゾン ウェブ サービス (AWS) では Forrester Consulting に Total Economic Impact™ (TEI) 調査を委託しました。この調査の目的は、SaaS 製品を開発する際に潜在的な財務的影響を評価するためのフレームワークを読者に提供することです。

アマゾン ウェブ サービス (AWS) で SaaS を構築するための ISV ビジネス事例: アマゾン ウェブ サービスにより委託され、Forrester Consulting により 2016 年 8 月に実施された調査

オンラインで調査結果を読む

2016 年 7 月

Gartner Research が新たに発表したパブリッククラウドストレージサービス部門のマジッククアドラントにおいて、アマゾン ウェブ サービスは「リーダー」に位置付けられています。Gartner の定義では、リーダーとは「強固なプラットフォーム上に構築された革新的なストレージサービスを提供しており、そのデータセンターは世界各地に配置され、事業としての信頼性が確立している」です。

オンラインでレポートを読む

ガートナーは、リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナーリサーチの発行物は、ガートナーリサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。


2016 年 7 月

AWS によって提供されるこのホワイトペーパーでは、ESG による研究を取り上げ、組織におけるデスクトップとアプリケーションの配信業務の簡素化、より優れたビジネスの俊敏性の実現、そしてセキュリティ体制の強化が、Amazon WorkSpaces などの Desktop-as-a-Service (DaaS) でどのように実現するかに焦点が当てられます。またこれにより、エンドユーザーに優れた柔軟性がもたらされ、時間や場所を問わないさまざまなデバイスでの生産性が実現しながらも、どのようにコストが削減されるかが指摘されます。

レポートをダウンロード

2016 年 3 月

アマゾン ウェブ サービス (AWS) には、さまざまな種類の IoT アプリケーションを開発するのに利用できる多様なクラウドサービスポートフォリオがあります。市場の理解を動かす顧客と、パブリッククラウド市場から得ている迅速なイノベーションのおかげで、AWS は IoT バックエンドプロバイダーの市場においても最高クラスです。現在 AWS は、最も魅力のある IoT バックエンドポートフォリオを持つ企業とみなされています。

レポートをダウンロード

2016 年 3 月

この IDC Vendor Profile では、アマゾン ウェブ サービスの loT プラットフォームを分析しています。この分析では、AWS IoT プラットフォームの技術要素やセキュリティ面に焦点を当てながら会社や製品の概要について記載し、成功につながった主な要因、差別化、および市場参入戦略を確認しています。またこの分析では、AWS IoT は「数々の意味深い差別化と、信頼性が高く安全な IoT デプロイに欠かせないセキュリティ機能の進歩をマーケットにもたらしたゆえに注目に値する」と結論づけています。

レポートをダウンロード

2016 年 2 月

クラウドコンピューティング分野で進行中の開発によって、ビッグデータからのビジネス価値獲得の実現が急速に進んでいます。このレポートにおいて、451 Research は複数の組織に対する徹底した調査を実施し、アマゾン ウェブ サービス (AWS) を使用してビッグデータをデプロイするメリットを分析し、明確化しています。この調査では、複数の業種と専門分野の組織が扱われています。研究結果では、パフォーマンスとスケーラビリティーを維持しながら顧客が高い効率と経済的利益を獲得するのをサポートする点で、AWS が重要な役割を果たしていると結論づけられており、クラウドコンピューティングとビッグデータ分析の組み合わせがビジネス価値を実現している 5 つの基本的な方法が特定されています。

レポートをダウンロード

2015 年 11 月

IDC はアマゾン ウェブ サービスを IDC MarketScape のリーダーとして評価: Canadian Hybrid Cloud Services 2015 Vendor Assessment。「AWS はクラウドコンピューティングと同義です。AWS はスケーラブルな従量課金制モデルを普及させ、これが as-a-service 技術の基礎となりました。AWS は初期から革新的で、新しいソリューションの導入や業界全体の価格削減の先駆者となってきました。AWS は明らかに世界中で、またカナダで、最大のパブリック IaaS プロバイダーです」

オンラインでレポートを読む

2015 年 11 月

IDC では、アマゾン ウェブ サービスを IDC MarketScape: Worldwide Public Deployment-Centric Cloud Application Platform 2015 Vendor Assessment の Leaders カテゴリーに分類しています。IDC では、主要な PaaS プロバイダーを特定し、調査、分析、および採点を行いました。IDC は、「AWS は、新しく革新的なサービスをいち早く実現することに定評がある。セルフサービス機能や、細やかなサービス料金設定、広範なモニタリング能力もこのプラットフォームの魅力的な特徴となっている。パートナーは AWS の全体的なサービスの利用しやすさを好んでいる」と書いています。

 

オンラインでレポートを読む

2015 年 10 月

この Gartner レポートで Amazon QuickSight の詳細についてご覧ください。

 

オンラインでレポートを読む

ガートナーは、リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナーリサーチの発行物は、ガートナーリサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。


2015 年 9 月

このレポートは、ロンドン交通局(TfL)によるアマゾン ウェブ サービスの利用状況を調査するものです。これは、独自のデジタルサービスの俊敏性と応答性を改善することを目指しています。また、ロンドン住民向けの旅行計画アプリケーションを構築するために、ライセンス付与された旅行データストリームを活用できる、サードパーティの開発者エコシステム(主にテクノロジースタートアップ)を確立することを目的としています。

レポートをダウンロード

2015 年 7 月

ノルウェーのメディア大手である Schibsted は、シングルサインオンと決済機能のため、350 万人の登録ユーザーを、スウェーデンでは10 月、ノルウェーでは 12 月、わずか一晩のうちに AWS クラウドに移行しました。さらに、同社のエンジニアは AWS の PaaS と IaaS をアプリケーションおよびインフラストラクチャの開発に使用しており、今後もさらなる開発業務が見込まれています。同社では、AWS の使用を「すばらしい」体験と評価しています。

 

レポートをダウンロード

2015 年 8 月

Amazon Aurora に関する詳細をご覧ください。

 

オンラインでレポートを読む(Gartner への無料ログインが必要です)

ガートナーは、リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナーリサーチの発行物は、ガートナーリサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。


2015 年 5 月

AWS は IDC を任命して、AWS でアプリケーションをデプロイした 11 の組織にインタビューしました。IDC は、ワークロードを Amazon のクラウドインフラストラクチャサービスに移行することの長期的な経済的意義、アプリケーションの移動が開発者の生産性とビジネスの俊敏性に及ぼす影響、およびリソースを AWS に移行することによって企業が手にする新しい機会についての調査を行いました。IDC により、重要なアプリケーションを AWS 内で開発、デプロイ、管理することによる 5 年間の総所有コスト (TCO) は、同じリソースをオンプレミスまたはホステッド型の環境にデプロイした場合に比べて、64.3% 削減されることが判明しました。また、この調査を見るとわかるとおり、5 年間の ROI は 560% 増、ダウンタイムは 81.7% 減です。

レポートをダウンロード

2015 年 3 月

Kuppinger & Cole IaaS Leadership Compass レポートは、セキュリティを重視したアナリスト企業、KuppingerCole による IaaS のマーケットの概要と分析を提供しています。AWS は、全体的なリーダーに選ばれているだけでなく、3 つの評価項目(製品リーダー、マーケットリーダー、イノベーションリーダー)のうちの 3 つでもリーダーに位置付けられています。Kuppinger & Cole はドイツを拠点としており、セキュリティとアイデンティティアクセスのトピックに焦点を当てています。

レポートをダウンロード

2015 年 2 月

IDC は アマゾン ウェブ サービスを IDC MarketScape のリーダーカテゴリーに評価: Canadian Public laaS 2015 Vendor Assessment。「2006 年に創立された AWS は、クラウドコンピューティングのペースメーカーとして、スケーラブルな従量課金制モデルを普及させ、これが as-a-service 技術の基礎となりました。AWS はクラウドのみに焦点を絞っており、このひたむきさ、サービスにおけるイノベーションの文化やサービスの規模が会社に取り入れられています。IDC は、AWS の 2014 年の全世界の収益が同程度の規模の競合他社と比較して 4 倍になるだろうと推定しました。これは、カナダの IaaS 公開市場にも当てはまります」

 

オンラインでレポートを読む

2014 年 12 月

IDC の 2014 EMEA Government IaaS Providers MarketScape では、ポートフォリオ、戦略、セキュリティ、販売活動といった基準に基づいて、主要なクラウドプロバイダを評価しています。この研究では、グローバルプロバイダや EMEA を拠点とするプロバイダが提供する機能と、それらのプロバイダがロードマップの一部として開発を予定している機能について分析しています。この研究の結果、AWS は、IDC の機能と戦略の 2 つのカテゴリでリーダーとして評価されています。

レポートをダウンロード

2014 年 12 月

ますます多くの企業が、テクノロジーポートフォリオにパブリッククラウドを追加するようになっています。Forrester によると、今年、企業によるパブリッククラウドの採用が 36% を超えようとしています。Forrester の 19 段階のパブリッククラウドベンダー評価では、大企業向けのパブリッククラウドプラットフォームプロバイダのうち最大手の 16 社が挙げられています。AWS は、4 セグメントのうち 3 つで他をリードしていました。Forrester によると、AWS は DevOps プロセグメントに最適ですが、全セグメントを通じて高得点をマークしています。

 

レポートをダウンロード

2014 年 11 月

The Forrester Wave は、4 つの主なパブリッククラウドを 15 のセキュリティ基準に沿って評価しており、各ベンダーでそれらの基準がどの程度満たされているか、また互いにどんな位置関係にあるかについて、得られた情報が示されています。これは、S&R のプロが、セキュリティ制御と全体的なセキュリティ機能に関してベストオプションを提供している最適なパブリッククラウドパートナーを選択する上で役に立ちます。AWS は、群を抜いており、データセンターセキュリティ、証明書、およびネットワークセキュリティにおける幅広いセキュリティ機能を示すだけでなく、顧客満足度、セキュリティサービスパートナーシップ、および大規模インストールの基盤という点でも優れていました。

 

オンラインでレポートを読む

2014 年 10 月

時々刻々変わる現実のクラウドのコストを調査するため、451 Research はクラウド物価指数(CPI)を作成しました。クラウド物価指数は、消費者物価指数と同様に、複数の商品をバスケットにしたものですが、この場合、典型的なウェブサーバーアプリケーションの運用に必要なサービスを規定しています。 

 

レポートをダウンロード

2014 年 3 月

この Nucleus Research 調査では、クラウドインフラストラクチャの信頼性とクラウドで実行されているアプリケーションの可用性をオンプレミスで実行されている作業負荷と直接比較します。 Nucleus では、既存の作業負荷をオンプレミスから AWS に移動したと報告した 198 の AWS のお客様を調査しました。アナリストによれば、予期しないダウンタイムは 32% 減少し、計画されたダウンタイムは 29% 減少できました。

レポートをダウンロード

2013 年 2 月

VMS AG は業界トップのインテリジェンスを活用し、2,850 を超える SAP 環境におけるベストプラクティスを用いて、AWS で大小の SAP ERP システムを実行した場合の詳細なコスト分析を作成しました。この調査により、AWS で SAP アプリケーションを実行することで、オンプレミスで実行するシステムと比較して、最大 71% のインフラストラクチャの節約を実現できることが明らかになりました。

レポートをダウンロード

2012 年 8 月

AWS がスポンサーとなったこのホワイトペーパーでは、Amazon CloudFront を使用してコンテンツを配信する 2 つの企業(Twitpic と PBS)を紹介しています。本書では、パフォーマンスデータの比較が掲載され、Amazon CloudFront が、いくつかのレイテンシーテストでは大手 CDN の中で最速となり、すべてのテストにおいて他の大手 CDN の平均レイテンシーを上回ったことを示しています。また、Amazon.com のサイトのテスト(いくつかの大手 CDN のパフォーマンスをテスト)の結果、Amazon CloudFront のパフォーマンスが、次に速い CDN よりも平均 7% 速く、3 番目に早い CDN よりも 51% 速いことが示されました。これにより、なぜ Amazon.com のサイトにおけるトラフィックの大部分が現在 Amazon CloudFront により処理されているかが分かります。

レポートをダウンロード

2012 年 1 月

Enterprise Strategy Group が作成したこのホワイトペーパーでは、災害復旧を実施する際に組織が直面する問題の概要、クラウドが競争に与える影響、クラウドにおける DR をシンプルかつコスト効率良く実施できるアマゾン ウェブ サービス(AWS)のコンポーネントに関する洞察について扱っています。

レポートをダウンロード