ホワイトペーパーのセクションには、アーキテクチャー、セキュリティ、エコノミクスなどのトピックをカバーする技術的な AWS ホワイトペーパーの包括的リストが含まれています。これらのホワイトペーパーの執筆者は、独立したアナリストの集団である AWS チームまたは AWS コミュニティ (お客様またはパートナー) です。 業界アナリストによって作成されたレポートを読むには、ここをクリックしてください。 このページは新規および更新されたホワイトペーパーおよびレポートの情報で定期的に更新されます。新しいコンテンツがないか、定期的にご確認ください。

このホワイトペーパーでは、AWS が提供する多様なサービスについて説明します。

日本語ホワイトペーパーをダウンロードする(PDF)

2016 年 7 月

AWS リソースにアクセスする必要がある AWS Marketplace のアプリケーションは、潜在的なセキュリティ脆弱性から顧客を保護するため、セキュリティに関するベストプラクティスに従わなければなりません。AWS Marketplace ではアプリケーション開発者に対して、AWS Identity and Access Management (IAM) ロールを使用し、アクセスキーやシークレットキーの使用を許可しないよう求めています。この要件が関係するのは、次の 2 種類のアプリケーションです。すなわち、AWS リソースとやり取りしながら操作を実行するアプリケーションと、同じ AWS アカウントまたは異なる AWS アカウントで特定のユーザーに代わって AWS リソースとやり取りするアプリケーションです。一時的な認証情報は EC2 インスタンスの IAM ロールを使用して取得できます。そのことにより、ユーザーのアクセスキーを保存したり、安全性を維持したり、管理したりすることなく、アプリケーションが AWS リソースとやり取りできるようになります。

このホワイトペーパーでは、AWS リソースにアクセスする必要がある AWS Marketplace のアプリケーションが、認証のために IAM ロールを使用して、潜在的なセキュリティ脆弱性から顧客を保護する方法について説明します。

ホワイトペーパーをダウンロード

2016 年 7 月

このホワイトペーパーはセキュリティの観点を取り上げ、企業がリスク管理とコンプライアンスの目標を達成するようサポートすることに焦点を当てています。厳密な方法でセキュリティおよびコンプライアンスプロセスの構造、システム、および人事についての説明を可能にするガイダンスを提供しています。

ホワイトペーパーをダウンロード

2016 年 7 月

Amazon WorkSpaces は、AWS クラウドで実行されるマネージド型仮想デスクトップコンピューティングサービスです。このサービスは既存の IT システムやプロセスと簡単に統合できます。このホワイトペーパーではその際のベストプラクティスについて説明されています。このホワイトペーパーでは、ネットワークの考慮要素、ディレクトリサービス、ユーザー認証、セキュリティ、モニタリング、およびロギングについて扱われています。企業の IT 環境においてエンドユーザーコンピューティングおよび仮想デスクトップインフラストラクチャ (VDI) の管理を担当する IT 管理者を想定して準備されました。

ホワイトペーパーをダウンロード

2016 年 6 月

Amazon Aurora は、MySQL と互換性がある、エンタープライズ級でクラウドネイティブな関係データベースエンジンです。従来の関係データベースエンジンにあった、さまざまな制約を取り除いています。このホワイトペーパーでは、既存のデータベースから Amazon Aurora に移行したベストプラクティスを説明します。移行に当たっての考慮事項のほか、オープンソースまたは商用のデータベースから Amazon Aurora に、データベースを用いるアプリケーションへの影響を最小限に抑えながら移行する手順を示します。

ホワイトペーパーをダウンロード

2016 年 6 月

このペーパーは、企業の IT 環境におけるデータ保護に責任を負う、ソリューションアーキテクト、バックアップアーキテクト、IT 管理者を対象としています。AWS を使って実装し、既存のバックアップ/リカバリーソリューションを強化しまたは置き換える、本番ワークロードやアーキテクチャーについて説明します。これにより、費用を削減し、拡張性や耐久性を向上して、復旧時間目標 (RTO) や復旧ポイント目標 (RPO)、コンプライアンス上の要件を満たすことができます。

ホワイトペーパーをダウンロード

2016 年 4 月

IoT は、エキサイティングな一連の技術で、お客様に大幅な新しい機能を提供します。IoT 戦略の実装は非常に複雑になる可能性があります。このホワイトペーパーでは IoT 戦略を開発する時に考慮できる、重要な原則を説明します。IoT ソリューションのサポートにおけるクラウドの利点を理解するのに役立ち、IoT 戦略全体の一部となる AWS のサービスの概要を提供します。

ホワイトペーパーをダウンロード

2016 年 4 月

Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) の専有ホストは、既存のサーバーバウンドのライセンス使用を許可することで、企業のコスト削減をサポートできます。多くのお客様も専有ホストを使用して企業コンプライアンスおよび規制要件に対応できます。多くの場合、専有ホストを使用するお客様は、ライセンス条項や規制要件を遵守するために、インフラストラクチャの変更を継続的に記録および評価したいと思っています。このペーパーでは、AWS Config および AWS Config のルールを活用して、Amazon EC2 専有ホストでライセンスコンプライアンスを監視する方法を説明します。

ホワイトペーパーをダウンロード

2016 年 4 月

Amazon Aurora は、クラウド向けに設計され最適化された、MySQL と互換性のあるエンタープライズクラスのリレーショナルデータベースエンジンです。多くの方法で、Amazon Aurora は枠組みを根本的に変えるもので、従来のリレーショナルデータベースエンジンの制限を回避させるのに役立ちます。このホワイトペーパーでは、Amazon Aurora のアーキテクチャ、スケーラビリティ、パフォーマンス、および他のデータベースからの移行パスについて扱っています。Amazon Aurora の利点を理解するのに役立ち、初めての Amazon Aurora データベースの作成と接続に必要なステップを説明しています。

ホワイトペーパーをダウンロード

2016 年 3 月

多くの大手企業は、よく計画したうえで「引き上げとシフト」を使ってクラウドに移行すると、すぐにビジネス利益が発生することに気づいています。このホワイトペーパーは、Microsoft Windows Server および Microsoft SQL Server で構築される既存のビジネスクリティカルなアプリケーションの近代化を検討している、IT 企業の IT プロフェッショナルおよびビジネスの意思決定者を対象としています。

ホワイトペーパーをダウンロード

2016 年 3 月

このホワイトペーパーは、実際のプロジェクトを AWS で実行するための費用を見積もる方法を理解するのに役立ちます。これには、AWS 簡易見積りツール を活用するいくつかの例が示されています。このホワイトペーパーでは、それぞれの例において、そのアーキテクチャ、各サービスの使用例、各サービスのコスト内訳、および月額合計見積もりを説明します。

ホワイトペーパーをダウンロード

2016 年 3 月

このホワイトペーパーでは、AWS 簡易見積りツールを使用して、スケーラブルで高可用性を備えた AWS での Microsoft SharePoint Server アーキテクチャのコストを見積る方法が説明されています。描写されている技術は、AWS での他の Windows のワークロードにも適用されます。このホワイトペーパーは、ほとんどの Microsoft インフラストラクチャデプロイに共通である Amazon EC2 および AWS ストレージサービスに焦点を当てており、節約のヒントも提供しています。

ホワイトペーパーをダウンロード

2016 年 3 月

世界中の企業のデータエンジニア、データアナリスト、および開発者は、パフォーマンスの向上とコストの削減を実現するために、データウェアハウスをクラウドへ移行しようとしています。このホワイトペーパーでは、分析およびデータウェアハウスアーキテクチャへの現代的なアプローチが取り上げられており、このアーキテクチャを実装する AWS の利用可能なサービス、およびそれらのサービスを使用してデータウェアハウスソリューションを構築する一般的な設計パターンについて説明されています。

ホワイトペーパーをダウンロード

2016 年 3 月

リアルタイムビッディング (RTB) は、デジタル広告業界においてますます重要性を増しており、近年では特にモバイルで大きく成長しました。このホワイトペーパーは、アーキテクト、広告主、開発者が、RTB や RTB で利用可能な AWS のサービスについて理解する際に便利なドキュメントです。現在顧客が利用している RTB プラットフォームリファレンスアーキテクチャを示すとともに、AWS で RTB を構築する際に使用できる追加のリソースを紹介しています。

ホワイトペーパーをダウンロード

2016 年 2 月

このペーパーは、Well-Architected Framework のコスト最適化の要点に焦点を当てています。これによりお客様は AWS 環境での設計、配信、メンテナンスのベストプラクティスを適用をサポートするガイダンスを得られます。

ホワイトペーパーをダウンロード

2016 年 2 月

クラウドのアーキテクトの方に、AWS クラウドでの実行に最適化された高度な拡張性・弾力性を持つアプリケーションを構築していただけるように、このホワイトペーパーでは規範的なガイダンスを提供します。クラウドの概念を説明し、さまざまな設計パターンとベストプラクティスを取り上げています。

ホワイトペーパーをダウンロード

2016 年 2 月

このホワイトペーパーは成熟度の観点について扱っており、組織の現状評価、今後の状況の判定、および将来のクラウド対応達成までのロードマップ作成に焦点を合わせています。

ホワイトペーパーをダウンロード

2016 年 2 月

このホワイトペーパーでは、プロセスの観点が説明されます。この観点の考慮事項は、クラウドに基づく IT 機能を計画、実装、および運用する際に、エンタープライズプロセスのすべてがもれなく配置されるようにするのに役立ちます。

ホワイトペーパーをダウンロード

2016 年 2 月

このホワイトペーパーでは、アーキテクト、データサイエンティスト、および開発者を対象に、AWS クラウドで使用できるさまざまなビッグデータのオプションを概説しています。ビッグデータ分析の各オプションについて、理想的な使用パターン、パフォーマンス、耐久性と可用性、コストモデル、スケーラビリティ、伸縮自在性、インターフェイス、およびアンチパターンを説明します。ペーパーでは、使用されている分析オプションを紹介するシナリオ、また AWS でのビッグデータ分析の使用を開始するにあたっての追加的なリソースが扱われてます。

このホワイトペーパーでは、Amazon Kinesis Streams、AWS Lambda、Amazon ElasticMapReduce、Amazon Machine Learning、Amazon DynamoDB、Amazon Redshift、Amazon Elasticsearch Service、Amazon QuickSight などのサービスが網羅されています。さらにペーパーでは、セルフマネージド型のビッグデータアプリケーションとして利用できる Amazon EC2 インスタンスについても言及されています。 

ホワイトペーパーをダウンロード

2016 年 1 月

このホワイトペーパーでは、アマゾン ウェブ サービス (AWS) クラウド導入フレームワーク (CAF) の運用の観点が説明され、AWS 対応の IT 環境の効率的な運用に注目します。CAF では、組織のクラウドコンピューティングへの移行を加速するベストプラクティスおよび規範的なガイダンスを提供されます。CAF ガイダンスは、クラウドベースの IT システムの実装に関連した多数の対象領域に分かれています。この対象領域を観点と呼び、各観点はそれぞれ別のホワイトペーパーで説明されます。

ホワイトペーパーをダウンロード

2016 年 1 月

このホワイトペーパーは人的な側面について扱ったもので、クラウド対応イニシアチブが組織内の文化と人々に対し与える影響について、効果的な計画とモニタリングを実施することに焦点を合わせています。

ホワイトペーパーをダウンロード

2016 年 1 月

エンタープライズソリューションの実現方法は、ますます Software as a Service (SaaS) モデルへと移行しつつあります。ただ、SaaS ソリューションのアーキテクチャ設計は挑戦となります。複数の要素を考慮に入れる必要があり、AWS での SaaS ソリューションのデプロイにはさまざまな選択肢が考えられます。このホワイトペーパーは、スケーラビリティ、可用性、安全性を有する高性能でコスト効率の高い SaaS を提供するために使用できる、さまざまな SaaS デプロイモデル、およびAWS のサービスと AWS パートナーネットワーク (APN) パートナーソリューションの組み合わせについて取り上げています。

ホワイトペーパーをダウンロード

2016 年 1 月

このホワイトペーパーには、Cassandra の概要と、AWS クラウドプラットフォーム上での実装が記載されています。また、ベストプラクティスについて、およびパフォーマンス、耐久性、セキュリティなどの特性の実装について説明し、Cassandra に関連する AWS の機能のうち、拡張性、高可用性、災害対策をコスト効率の高い方法で実現するために役立つものについて説明します。 

ホワイトペーパーをダウンロード

2016 年 1 月

世界各地の地方自治体が、クラウドを使用してサービスを変革し、オペレーションを向上させ、市民サービスの新たな地平線を目指しています。アマゾン ウェブ サービス (AWS) クラウドによって、よりスマートな自治体を実現するためのデータ収集、分析、および意思決定が行えます。このホワイトペーパーには、地方自治体がどの IT システムとアプリケーションをクラウドに移行するかを決定するための、戦略的な検討内容が含まれています。自治体が無駄を省き、スピードを高め、イノベーションを実現している実例が示されています。

 

ホワイトペーパーをダウンロード

2016 年 1 月

このホワイトペーパーは、グリッドコンピューティングを AWS に拡張することを計画している、金融サービスセクターのアーキテクトおよび開発者を対象にしています。AWS クラウドプラットフォームで大規模なグリッドを管理するベストプラクティスの概要を示すとともに、このような複雑なシステムを実現する上で組織の指針となるリファレンスアーキテクチャも示します。

 

ホワイトペーパーをダウンロード

2016 年 1 月

クラウドイニシアチブには、適切なテクノロジー以上のものが必要です。人々やプロセスの変化といった、組織の変革によるサポートが求められます。このホワイトペーパーは、AWS を活用したハイブリッドクラウド環境をサポートする IT サービス管理 (ITSM) のプロフェッショナルを対象としています。AWS クラウドプラットフォームにおける、資産管理と設定管理のベストプラクティスおよび IT インフラストラクチャライブラリ (ITIL) の主要分野について概説されています。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 12 月

このホワイトペーパーでは、AWS クラウドで静的なウェブサイトを開発、デプロイ、および管理するための、アーキテクチャに関する総合的なガイダンスが記載されています。管理とオペレーションのコストを無視できるほどの金額に抑えつつ、非常に優れたスケーラビリティ、伸縮性、および弾力性を実現する方法についてご覧ください。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 12 月

このホワイトペーパーは、アーキテクトおよび開発者が AWS クラウド内で利用できるさまざまなストレージサービスと機能について理解するのに役立ちます。各ストレージサービスや機能についての概要を紹介し、使用パターン、パフォーマンス、耐久性と可用性、スケーラビリティと伸縮自在性、セキュリティ、およびコストモデルについて説明します。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 12 月

アプリケーションを AWS プラットフォームに移行するメリットを十分に活用するには、最適な費用対効果をもたらすクラウド移行モデルの設計が重要です。これには、説得力のあるビジネスケースの確立、IT 組織内での新しいスキルの習得、新しいビジネスプロセスの実装、従来のオンプレミスコンピューティングプラットフォームからクラウドインフラストラクチャへビジネスモデルを変換するためのアプリケーション移行手法の定義が含まれます。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 11 月

このホワイトペーパーでは、クラウド導入フレームワーク (CAF) のプラットフォームの観点が説明され、クラウド導入構想の中で使用される AWS テクノロジーのアーキテクチャの設計、実装、および最適化に注目しています。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 11 月

このホワイトペーパーでは、マイクロサービス、モバイルバックエンド、パブリックウェブサイトなどの人気のあるパターンに対する多階層アーキテクチャを設計する方法を、アマゾン ウェブ サービス (AWS) の革新によってどのように変えて行けるのかについて説明されます。アーキテクトや開発者は、Amazon API Gateway と AWS Lambda を含む実装パターンを使用して、多階層アプリケーションの作成と運用管理に必要な開発と運用のサイクルを短縮できるようになりました。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 11 月

このホワイトペーパーでは、アマゾン ウェブ サービス (AWS) クラウド導入フレームワーク (CAF) の概要が説明されます。AWS CAF では、組織のクラウドコンピューティングへの移行を加速するベストプラクティスおよび規範的なガイダンスが提供されます。CAF ガイダンスは、クラウドベースの IT システムの実装に関連した多数の対象領域に分かれています。この対象領域を観点と呼び、ビジネス、プラットフォーム、成熟度、人、プロセス、運用、セキュリティの 7 つがあります。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 11 月

このホワイトペーパーでは、アマゾン ウェブ サービス (AWS) クラウド導入フレームワーク (CAF) のビジネスの観点が説明され、IT 戦略をビジネス戦略に合わせ、AWS クラウド導入によって生じるコストや価値の評価に注目します。CAF では、組織のクラウドコンピューティングへの移行を加速するベストプラクティスおよび規範的なガイダンスを提供されます。CAF ガイダンスは、クラウドベースの IT システムの実装に関連した多数の対象領域に分かれています。この対象領域を観点と呼び、各観点はそれぞれ別のホワイトペーパーで説明されます。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 10 月

このホワイトペーパーでは、Server Message Block (SMB) および Internet Small Computer System Interface (iSCSI) プロトコルを介して、AWS で Windows 記憶域スペースを実行する手法の潜在的なユースケースとセキュリティ技術について説明しています。"infrastructure as code" という DevOps の考え方に従って、ストレージスペースを AWS に迅速にデプロイするための Windows PowerShell スクリプトが提供されています。このホワイトペーパーは、Windows Server 2012 R2 記憶域スペースを Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) サービスと組み合わせて使用することに興味のある Microsoft Windows IT プロフェッショナルおよび開発者を対象としています。

ホワイトペーパーをダウンロード
サンプルコードをダウンロード

2015 年 10 月

このホワイトペーパーでは、AWS 優れた設計によるフレームワークについて説明しています。このフレームワークを使用すると、クラウドベースのアーキテクチャを評価および改善することで、設計の意思決定がビジネスに及ぼす影響に対する理解を深めることができます。このホワイトペーパーでは、一般的な設計原則、および 4 つの概念領域 (セキュリティ、信頼性、パフォーマンス効率性、コスト最適化) における固有のベストプラクティスとガイダンスを示します。この 4 つの領域は、優れた設計フレームワークの中核として定義されています。このフレームワークには、既存のまたは提案されたアーキテクチャを評価するための質問のセット、および各領域の AWS ベストプラクティスのセットが用意されています。お客様のアーキテクチャでこのフレームワークを使用することで、より安定した効率性の高いシステムを生成できます。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 8 月

このホワイトペーパーは、現在アマゾン ウェブ サービス (AWS) で運用されているハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) アプリケーションについて説明しています。クラウドデプロイメント、クラスターとジョブ管理、サードパーティ製ソフトウェア管理について、ベストプラクティスを知ることができます。このホワイトペーパーは高度に分散し、高度に並列化されたグリッドコンピューティングアプリケーションや、さらに高レベルなノード間通信を必要とする、もっと伝統的なクラスターコンピューティングアプリケーションといった HPC のユースケースを扱っています。さまざまなタイプのハイパフォーマンスデータストレージへのアクセスが必要な HPC アプリケーションについても検討しています。


ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 7 月

アマゾン ウェブ サービス (AWS) は高い可用性、信頼性、拡張性を持つクラウドコンピューティングプラットフォームを実現し、様々な種類のアプリケーションを実行可能にするツールを提供します。お客様のシステムやデータの機密性、完全性、可用性を保護することは、AWS にとって、お客様からの信頼を維持することと同様に最大の重要事項です。このドキュメントでは、AWS 環境内の制御や、お客様のセキュリティの目標を達成するために AWS が提供している製品や機能の一部など、AWS のセキュリティに対するアプローチを紹介します。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 7 月

多くの企業が、オンプレミスの IT ワークロードをクラウドに移行することに成功しています。企業はまた、IT サービスマネジメント (ITSM) フレームワークを、それら IT 機能が効果的かつ効率的に動作するようデプロイする必要があります。このホワイトペーパーでは、アマゾン ウェブ サービス (AWS) を使用したハイブリッドクラウド環境でのイベント管理のベストプラクティスについて説明します。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 7 月

規模の大小を問わずすべての企業は、社内のドキュメントを保管および共有するためのファイルサーバーインフラストラクチャを保持しています。多くの企業が災害復旧計画を策定していますが、そうした計画はほとんどテストされていないことが多かったり、従来のバックアップソリューションに依存したりしているため、とりわけ、大規模なファイルサーバーでは復旧時間目標 (RTO) と復旧ポイント目標 (RPO) を必ずしも満足していないことがあります。

このホワイトペーパーでは、Windows ベースのファイルサーバーにおける実証済みのコスト効率の高い災害対策ソリューションの実装を、手順を追って説明します。このソリューションにより、データ損失を最小化し、AWS クラウドで稼働中のファイルサービスの高速な自動復旧を実現できます。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 7 月

オンプレミスとクラウドのどちらに配置する場合でも、大規模な Microsoft Windows Server 群を管理するのは難しい作業です。Microsoft Active Directory では、認証情報の一元管理、サーバー設定の強制実行などによってこの難しい課題の多くを解決しています。AWS Directory Service を使用すると、AD Connector を使用して既存の Active Directory ドメインを AWS クラウドに接続したり、Simple AD ディレクトリを使用して AWS 内に新規のスタンドアロンドメインを起動したりできます。

このホワイトペーパーでは、Amazon EC2 API 内から AWS Directory Service と Simple Systems Manager (SSM) 機能を使用して、AWS クラウドに存在する Windows Server 群を管理する方法について説明します。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 6 月

Lambda アーキテクチャは、大量のデータを処理して、バッチ処理とリアルタイム処理を 1 つのフレームワーク内に統合するデータ処理設計パターンです。この設計パターンは AWS で実装できます。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 6 月

このホワイトペーパーは、アマゾン ウェブ サービス (AWS) で実行されるアプリケーションの分散型サービス妨害攻撃に対する耐障害性を向上させる必要のあるお客様向けに書かれたものです。このホワイトペーパーでは、分散型サービス妨害攻撃の概要と可用性を維持するための手法を説明し、耐障害性を向上させることを目的としたアーキテクチャのガイダンスとなるリファレンスアーキテクチャを提示します。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 6 月

アマゾン ウェブ サービス (AWS) は、柔軟性と費用対効果が共に高く、容易に使用できるクラウドコンピューティングプラットフォームです。リレーショナルデータベース管理システム (RDBMS) は、Amazon クラウドで広くデプロイされています。このホワイトペーパーでは、SQL Server データベースを AWS にデプロイする方法を理解するのに役立ちます。SQL Server データベースを Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) または Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) で実行できます。

このホワイトペーパーの目的は、Amazon RDS または Amazon EC2 で SQL Server データベースを実行する方法を説明し、それぞれの手法の利点を理解していただくことです。SQLServer データベースをプロビジョニングおよびモニタリングする方法、Amazon RDS および Amazon EC2 の両方でスケーラビリティ、パフォーマンス、バックアップ&復旧、高可用性、およびセキュリティを管理する方法を詳しく説明します。また、オンプレミス SQL Server 環境と AWS との間にログシッピング、レプリケーション、AlwaysOn Availability Groups などの SQL Server のネイティブ機能を使用して、災害対策ソリューションを策定する方法についても説明します。このホワイトペーパーを読むことで、知識に基づいた決定を下すことができるようになり、ニーズに最適なソリューションを選択できるようになります。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 6 月

このホワイトペーパーでは、AWS を使用して、相互に関連する市場の変化に対応すると共に、世界規模の即応性とイノベーションに対する障壁が最も下がる状況を生かす方法を説明します。AWS は、インフラストラクチャのコスト削減だけでなく、ビジネス上の価値創造にも役立ちます。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 5 月

従来のデータセンターの管理におけるコストおよび複雑さを考慮すると、コストの削減、効率の向上、およびビジネスの確立を実現するための手段として、企業がクラウドコンピューティングに注目しているのも当然です。クラウドコンピューティングを採用すれば、企業はスケーラブルなプラットフォーム、低コストのストレージ、データベーステクノロジー、および管理/デプロイ/開発用ツールを利用でき、これらを基盤としてエンタープライズレベルのソリューションを構築できます。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 5 月

インメモリキャッシングは、頻繁にアクセスされるデータアイテムをメモリに格納することで、アプリケーションのパフォーマンスを向上します。これにより、プライマリのデータストアにアクセスすることなく、データを取得することが可能です。適切にキャッシングを活用することで、アプリケーションはより優れたパフォーマンスを発揮するとともに、スケールに応じたコスト削減を実現します。Amazon ElastiCache は、クラウドでインメモリキャッシュを実装する上での管理上の負担を軽減するマネージド型サービスです。キャッシング以外にも、インメモリデータ層によって、分析やレコメンデーションエンジンなどの高度なユースケースも可能になります。このホワイトペーパーでは、ElastiCache の一般的な設計パターン、パフォーマンスチューニングのヒント、およびインメモリ層を最大限に活用するための運用上の重要事項を説明しています。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 5 月

FERPA の対象となる事業者は、大量の教育記録や生徒のデータを管理および保護するための極めて効率的な手段として、クラウドコンピューティングに注目しつつあります。セキュリティは FERPA の主要な機能要件であり、不慮または故意の盗用、漏洩、完全性の侵害、および削除から極めて重要な情報を保護することが求められています。家庭教育の権利とプライバシーに関する法(FERPA)への準拠に関するこのホワイトペーパーは、教育データ向けにアマゾン ウェブ サービス(AWS)の使用を検討している教育機関を支援することを目的としています。

 

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 5 月

ネットワーク接続型ストレージ(NAS)ソフトウェアは一般に、ユーザーやアプリケーションへの共有ファイルサービスの提供を目的としてデプロイされます。SoftNAS Cloud は、アマゾン ウェブ サービス(AWS)Marketplace からデプロイ可能な人気の NAS ソリューションであり、さまざまな垂直市場、ユースケース、およびワークロードタイプをサポートするように設計されています。SoftNAS は、Common Internet File System(CIFS)、NFS、および iSCSI によるブロックおよびファイルストレージサービスを実現するために、AWS プラットフォームにデプロイされることが多くなっています。このホワイトペーパーでは、AWS に SoftNAS Cloud をデプロイする際のアーキテクチャ上の考慮事項を取り上げています。また、セキュリティ、パフォーマンス、高可用性、およびバックアップに関するベストプラクティスガイダンスも記載しています。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 4 月

AWS Identity and Access Management (IAM) は、AWS でユーザーとユーザー許可を管理できるようにするアマゾン ウェブ サービス (AWS) のウェブサービスです。社内システムの管理者は、AWS クラウド以外では、ID の管理に Lightweight Directory Access Protocol (LDAP) を使用しています。企業の IT システムの管理者は、ロールベースのアクセスコントロール (RBAC) と Security Assertion Markup Language (SAML) 2.0 を使用することで、IAM システムと LDAP システムとの間を橋渡しすることができ、オンプレミスのインフラストラクチャおよびクラウドベースのインフラストラクチャ全体で ID とアクセス権限の管理を簡素化できます。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 4 月

Amazon DynamoDB は完全マネージド型の NoSQL データベースサービスです。従来のリレーショナルデータベース管理システム (RDBMS) を使用して実装されている多くのワークロードが、DynamoDB などの NoSQL データベースに適した候補です。このホワイトペーパーでは、これらの候補となるワークロードを特定し、DynamoDB への移行の計画と実行について詳述しています。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 4 月

このホワイトペーパーでは、GPU で行列の乗法を実行している C++ 関数を呼び出す C# で記述された ASP.NET Model-View-Controller (MVC) ウェブアプリケーションについて説明しています。行列の乗法は N-cubed 命令で構成されており、2 つの 1024 x 1024 行列の乗算には 10 億回を上回る乗算が必要です。そのため、莫大な計算量を必要とする操作の例であり、GPU プログラミングの適切な候補です。このホワイトペーパーでは、AWS Elastic Beanstalk および AWS Toolkit for Visual Studio を使用して、AWS の Amazon EC2 で NVIDIA GPU を使って Microsoft Windows Server インスタンスを起動する方法について説明します。Microsoft C++ Accelerated Massive Parallelism (C++ AMP) ライブラリを使用して AWS で高パフォーマンスの並列コードを記述することに関心のある Windows 開発者の方を対象としています。

ホワイトペーパーをダウンロード
サンプルコードをダウンロード

2015 年 4 月

AWS は、コンテナをデプロイできる、さまざまなスケーラブルインフラストラクチャサービスを提供することで、Linux コンテナを自然な形で補完したサービスとなっています。AWS Elastic Beanstalk には、Docker コンテナのサポートが統合されており、最初から、Amazon EC2 Container Service (Amazon ECS) は、Docker コンテナを規模に応じて管理するように設計されました。Amazon ECS は、クラスター管理や複数のコンテナスケジューラーのサポートなどいくつかの主要な機能を基盤として構築されており、Amazon EC2 インスタンスのマネージド型クラスターにおける、コンテナの大規模デプロイの容易化と統合化を実現します。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 3 月

AWS では、アプリケーションのインフラストラクチャとデプロイをプロビジョニングする際に、いくつかのオプションをご利用いただけます。各サービスでは、アプリケーションのデプロイ管理に関する独自のアプローチを採用しており、アプリケーション更新のさまざまな戦略をご利用いただけます。このホワイトペーパーは、AWS でのさまざまなデプロイオプションに関する情報を探している人を対象にしています。このホワイトペーパーでは、デプロイサービス(AWS Elastic Beanstalk、AWS CloudFormation、AWS OpsWorks、AWS CodeDeploy など)でご利用いただける一般的な機能を紹介し、アプリケーションスタック更新の戦略を説明し、複雑なワークロードに適用できるハイブリッドデプロイモデルの例をいくつか取り上げています。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 3 月

このホワイトペーパーでは、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスや Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) ボリュームといった AWS リソースをセットアップ、構成し、SAP HANA データベースインスタンスを新たにインストールしたり、既存の SAP HANA データベースインスタンスをスケールアウトしたりするのに必要なステップを説明しています。また、SUSE Linux Enterprise Server (SLES) を構成して、SAP HANA をデプロイする方法についても説明しています。このガイドは SAP HANA Quick Start を補完するもので、追加のカスタマイズシナリオを取り上げています。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 2 月

このホワイトペーパーには、AWS に MarkLogic NoSQL データベースをデプロイする際の技術的なガイダンスが記載されています。また、一般的なベストプラクティスの概要を示し、パフォーマンス、期間、セキュリティなどの重要な MarkLogic 実装の特徴について調べます。さらに、MarkLogic デプロイメントでのスケーラビリティ、高可用性、フォールトトレランスをサポートする、AWS 固有の主要な統合や構成についても概説します。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 1 月

このホワイトペーパーでは、スケーラブルで柔軟なアーキテクチャを設計することから、インフラストラクチャやアプリケーションを継続的にプロビジョニング、デプロイすることまで、AWS OpsWorks を使用して複雑な多階層アプリケーションを管理する方法について詳述しています。さらに、このようなデプロイでモニタリングやセキュリティがどれほど大切な役割を果たすか、および AWS OpsWorks を使用してこれらの局面を簡単に管理する方法についても取り上げます。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 1 月

このホワイトペーパーでは、新しいインターフェイスをプロビジョニングして、要件を満たすインスタンスを構成し、アプリケーションコードをデプロイするためのツールや技法について説明します。また、インスタンスを確実にステートレスな状態に保ち、その結果としてよりスケーラブルで耐障害性の高いアーキテクチャを得るための戦略も紹介します。ここで説明する技法により、サービスを単一インスタンスから数千のインスタンスまでスケーリングする一方で、それらを管理するための整合性のあるプロセスやツールのセットを保守することができます。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 1 月

公共部門にとって、クラウドサービスを調達することは、従来のテクノロジー調達とは異なります。クラウドの低コスト化、インフラストラクチャ改善によって向上し続けるパフォーマンス、システム全体を革新することにより強化される機能性などの恩恵を受けるには、クラウドサービス調達プロセスにおいて、十分な検討を重ねることが必要です。このホワイトペーパーでは、公共部門が検討すべき 10 の考慮事項が挙げられており、クラウドサービス調達戦略についてより深く検討を重ね、従来の調達戦略が必ずしもクラウドサービス調達に当てはまるわけではない理由を考慮するのに役立ちます。

ホワイトペーパーをダウンロード

2014 年 12 月

このホワイトペーパーでは、公共部門の組織が AWS でゲノムデータのセキュリティおよびコンプライアンスを構築する方法を概説し、ユニークな公共部門のお客様の事例を取り上げます。

ホワイトペーパーをダウンロード

2014 年 12 月

依然として多くの会社にとって、企業のバックアップ、復元、復旧は課題となっています。このホワイトペーパーでは、バックアップ、復元、および復旧に関連する多くの労力や課題を AWS で緩和する方法について学習します。さまざまなアプローチ、リファレンスアーキテクチャ、オンプレミスストレージ環境を Amazon S3 および Glacier に統合する際に役立つサードパーティ製ベンダーなどが含まれます。

ホワイトペーパーをダウンロード

2014 年 12 月

このホワイトペーパーには、AWS で WordPress の利用を開始するシステム管理者向けのガイダンスが示されています。開発のコスト効率とエンドユーザーの体験を改善する方法が載せられています。また、スケーラビリティおよび高可用性に関して共通する要件に対処する、リファレンスアーキテクチャも示されます。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 1 月

このホワイトペーパーには、AWS Elastic Beanstalk を使用して、WordPress の高可用性でスケーラブルなデプロイを実装する方法が示されています。インストールの効率とパフォーマンスを改善するための、Amazon Simple Storage Service (S3)、Amazon CloudFront、および Amazon ElastiCache などの追加のサービスの使用についても説明しています。

ホワイトペーパーをダウンロード

2014 年 12 月

AWS を使用すると、ホストされた IaaS 環境で Oracle データベースを稼働できます。AWS での Oracle データベースの稼働は、データセンターでの Oracle データベースの稼働に非常に似ています。ただし、AWS で Oracle データベースの実装を最大限に活用するのに役立つ、セキュリティ、ストレージ、コンピューティング構成、管理、およびモニタリングに関する AWS プラットフォームの考慮事項が数多くあります。このホワイトペーパーでは、AWS で Oracle データベースを実行する際に、最適なパフォーマンス、可用性、信頼性を達成し、総所有コスト(TCO)を低減するためのベストプラクティスが示されています。このホワイトペーパーの対象読者は、AWS で Oracle データベースを稼働する予定のデータベース管理者、システム設計者、システム管理者、および開発者などです。

ホワイトペーパーをダウンロード

2014 年 12 月

AWS には、迅速で信頼性とコスト効率に優れた方法で、エンタープライズグレードのソリューションをデプロイするための、包括的なサービスとツールのセットが用意されています。Oracle データベースは、幅広く使用されているリレーショナルデータベース管理システムであり、ビジネス取引のさまざまな段階で多様な形式のデータを管理するために、あらゆる規模の企業でデプロイされています。このホワイトペーパーでは、Oracle データベースを AWS に移行する際に推奨される方法が説明されており、お客様のビジネスに最も見合った方法を選択するのに役立ちます。

ホワイトペーパーをダウンロード

2014 年 12 月

このホワイトペーパーでは、ヒトゲノムデータおよびアクセスが管理されているデータセットのセキュリティのベストプラクティスに関して、アマゾン ウェブ サービス(AWS)のお客様から寄せられた共通の問題に重点を置いています。それには、遺伝子型および表現型のデータベース(dbGaP)やゲノムワイド関連研究(GWAS)のような、アメリカ国立衛生研究所(NIH)のリポジトリが含まれます。このホワイトペーパーの目的は、プライバシーやセキュリティの一般的な要件に対処するために使用できる、便利なガイダンスを提供することです。ただし、このホワイトペーパーを、AWS の具体的な使用に関する法的なアドバイスと見なさないよう、ご注意ください。データのプライバシーおよびセキュリティの具体的な要件と、ヒューマンリサーチのプロジェクトおよびデータベースに関して適用される法律については、コンプライアンスに関する適切なアドバイスを受けることを強くお勧めします。

ホワイトペーパーをダウンロード

2014 年 12 月

進化が加速し、お客様のニーズが急速に変化すれば、ビジネスの俊敏性も高めていく必要があります。市場に投入するまでの時間が重要であるため、全体的なビジネス目標の達成を促進するために、IT 部門が俊敏になる必要があります。DevOps の進化により、この俊敏性の提供とサポートが可能になりました。このホワイトペーパーでは、AWS プラットフォームでサポートされる、DevOps の原則とプラクティスに重点を置いています。

ホワイトペーパーをダウンロード

2014 年 12 月

このホワイトペーパーでは、AWS クラウドコンピューティングプラットフォームを紹介しています。クラウドコンピューティングの利点、AWS の基礎について解説し、AWS サービスの概要を示します。

日本語ホワイトペーパーをダウンロード

2014 年 12 月

AWS には、AWS クラウドインフラストラクチャに Oracle データベースをデプロイするための、包括的なサービスとツールのセットが用意されています。AWS は、クラウドのマネージド型データベースサービスである Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) のほか、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) でも Oracle データベースを稼働する柔軟性を提供します。Oracle データベースのパフォーマンスは、ストレージサブシステムのパフォーマンスにかなり依存しますが、ストレージパフォーマンスは高くついてしまいます。このホワイトペーパーは、最適な価格で最高のパフォーマンスを上げるためにデータベースのストレージシステムに必要な 1 秒あたりの入力/出力オペレーションの数(IOPS)を決定する役に立ちます。

ホワイトペーパーをダウンロード

2014 年 12 月

AWS には、安全性、信頼性、可用性、およびコスト効率に優れた方法で、エンタープライズアプリケーションをデプロイするための、包括的なサービスとツールのセットが用意されています。AWS クラウドは、ビジネスに重要な Oracle ワークロードを非常に効率的な方法で実行するための、優れたプラットフォームです。このホワイトペーパーでは、AWS で Oracle ワークロードを実行するのに最適なオペレーティングシステムの選択肢について説明します。対象読者は、Oracle ワークロードを AWS に移行したいシステム設計者、データベース管理者、IT マネージャー、および開発者などです。

ホワイトペーパーをダウンロード

2014 年 12 月

このペーパーでは、企業の現行のバックアップおよびリカバリ環境を簡略化できる方法の大まかな概念を示します。オンデマンドというクラウドの特性を活用し、バックアップおよびリカバリのプロセスを自動化することで、複雑さを軽減するだけでなく、管理と保守を容易にする方法を詳しく説明します。

ホワイトペーパーをダウンロード

2014 年 11 月

AWS には、AWS クラウドインフラストラクチャに Oracle データベースをデプロイするための、包括的なサービスとツールのセットが用意されています。インスタントプロビジョニング、スケーラビリティ、伸縮自在性、地理的なフットプリントなど、AWS クラウド固有の品質を使用して、要求の多いビジネスアプリケーションのための、耐性と性能に優れたデータベース環境を構築できます。このホワイトペーパーでは、AWS クラウドで高度な Oracle データベースアーキテクチャを構築する方法について説明します。

ホワイトペーパーをダウンロード

2014 年 11 月

このドキュメントは、例えば「AWS が、私のデータの安全性をどのように確保しているのか」といった疑問に答えることを目的としています。具体的には、AWS の管理下にあるネットワークとインフラストラクチャに対する AWS の物理的および運用上のセキュリティプロセスについて、サービス別のセキュリティ実装とともに説明します。

日本語ホワイトペーパーをダウンロード

2014 年 10 月

Apache Storm の開発者は Amazon Kinesis を使用して、リアルタイム分析ダッシュボードとアプリケーションを迅速にコスト効率よく構築することができます。それらにより、クリックストリームログファイルやマシン生成データなど、大量のストリーミングデータを途切れることなく処理することができます。

ホワイトペーパーをダウンロード

2014 年 10 月

障害が発生した場合も、アマゾン ウェブ サービス (AWS) で迅速にリソースを起動して、ビジネスの継続性を確保することができます。この白書では、AWS の機能とサービスのうち、企業の DR プロセスに利用できるものを取り上げ、シナリオ例を通して災害からの復旧方法を説明します。さらに、既存の DR 計画を改善して災害対策プロセスのために AWS の能力を最大限に引き出す方法に関する、推奨事項を示します。

日本語ホワイトペーパーをダウンロード

2014 年 7 月

Amazon VPC は、AWS 仮想ネットワークをほかのリモートネットワークと相互接続するための複数のオプションをお客様に提供します。このホワイトペーパーでは、そのようなネットワーク接続オプションのなかでも、お客様が一般的に利用できるものをいくつか説明します。これには、リモートカスタマーネットワークを Amazon VPC に統合するオプション、および隣接する仮想ネットワークへの複数の Amazon VPC を相互接続するオプションが含まれます。

ホワイトペーパーをダウンロード

現在、アーキテクトと開発者が直面している課題の 1 つは、適切なタイミングで、コスト効率よく、信頼できる方法で大量のデータを処理する方法です。現在の市場にはいくつかの NoSQL ソリューションがあり、お客様のユースケースに合ったソリューションを選択することが困難な場合があります。このホワイトペーパーでは、2 つの人気のある NoSQL データストアである Amazon DynamoDB(完全マネージド型 NoSQL クラウドデータベースサービス)と Apache HBase(オープンソースでコラム指向の分散型ビッグデータストア)を比較します。Amazon DynamoDB と Apache HBase のどちらも、アマゾン ウェブ サービス(AWS)クラウドで使用できます。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 8 月

このドキュメントは、AWS のお客様が IT 環境をサポートする既存の統制フレームワークに AWS を統合する際に役立つ情報を提供するものです。AWS 統制の評価に関する基本的なアプローチについて説明し、統制環境の統合の際に役立つ情報を提供します。また、一般的なクラウドコンピューティングのコンプライアンスに関する問題に関連して、AWS 固有の情報にも言及します。

日本語ホワイトペーパーをダウンロード

作業負荷の AWS への移行でしばしば見落とされる長所は、提供されているさまざまなガバナンス対応機能を利用して、より高いレベルのセキュリティを実現することです。このホワイトペーパーでは、AWS を利用して IT リソースに対する高いレベルのガバナンスを達成する方法を説明します。

ホワイトペーパーをダウンロード

このホワイトペーパーでは、ロギング関連の共通コンプライアンス要件と、それらの要件を満たすために AWS CloudTrail を使用する方法についての概要を提供します。一般的なロギングドメインにより整理されているので、セキュリティと運用の観点から便利です。

ホワイトペーパーをダウンロード

2014 年 11 月

このホワイトペーパーでは、AWS サービスで保管中のデータを暗号化するためのオプションについて概要を説明します。暗号化キーの格納場所および暗号化キーへのアクセスの制御方法の観点から、これらのオプションを説明します。サーバー側での暗号化とクライアント側での暗号化の方法について、さまざまな AWS サービスでどのように実現できるかを例示しながら説明します。

ホワイトペーパーをダウンロード

このホワイトペーパーには、お客様が情報セキュリティマネジメントシステム (ISMS) を定義し、お客様の組織のためにセキュリティポリシーおよび手順を構築する際に役立つセキュリティベストプラクティスが提供されており、これにより、AWS クラウド内のデータと資産を保護することが可能です。また、AWS の資産の識別/分類/保護、アカウント/ユーザー/グループを使用した AWS リソースへのアクセス管理、データ/オペレーティングシステム/アプリケーション/クラウドの全体的インフラストラクチャを保護する方法の提案など、さまざまなセキュリティトピックの概要を提供します。

日本語ホワイトペーパーをダウンロード

日本語ホワイトペーパーをダウンロード

2013 年 10 月

このホワイトペーパーでは、教授や研究者が受講者用ラボ、トレーニングアプリケーション、個別の IT 環境、およびクラウドコンピューティングコースの運用に AWS を活用できるように、AWS クラウドでマルチユーザー環境を作成および管理する方法の概要を示します。

ホワイトペーパーをダウンロード

2013 年 8 月

このホワイトペーパーでは、AWS へデータを移動し、そのデータを収集、集約、および圧縮するベストプラクティスに注目するとともに、処理を高速化するために Amazon EMR クラスターでセットアップおよび設定する一般的なアーキテクチャパターンについて説明します。また、信頼性のある方法で高いスループットおよび低コストで大量のデータを処理できるよう、パフォーマンスおよびコストを最適化するための手法についてもいくつか説明します。

日本語ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 10 月

このペーパーは、AWS のお客様の社内コンプライアンスチーム、社外監査担当者、および内部レビューまたは外部監査のために AWS の活用を評価あるいは監査する方を対象としています。このペーパーでは、組織が AWS を使用する際のセキュリティ評価の策定および実行に役立つチェックリストを提供します。これは、業界や規制の基準によって要求されることがあります。このペーパーは「オペレーショナルチェックリストホワイトペーパー」を基に作成されています。この「オペレーショナルチェックリスト」は、該当のアプリケーションの運用準備状態の評価に役立つ運用面とアーキテクチャ面のガイダンスを提供しています。

ホワイトペーパーをダウンロード

2013 年 6 月

このペーパーは、自組織のアプリケーションが AWS で運用可能かどうかを評価しようとしている開発者および設計者を対象に、運用および設計のガイダンスを提示するものです。「ベーシック」と「エンタープライズ」の 2 つのチェックリストで、アプリケーションが必須および推奨ベストプラクティスに従っているかどうかをチェックすると、アプリケーションを安心してデプロイできるようになります。

ホワイトペーパーをダウンロード

2013 年 1 月

お客様はさまざまな理由から、リージョン間での AWS リソースの移行を望む場合があります。特に、新しいリージョンが今までよりもユーザーベースの近くで利用可能になると、お客様はさまざまなサービスをそのユーザーから地理的に近い場所に置きたいと望むことがあります。この技術的内容のホワイトペーパーは、新しい AWS リージョンに既存のリソースを移行することを計画している、AWS の使用経験が豊富なお客様を対象としています。ホワイトペーパーでは、AMI やキーペアなどの各 AWS リソースを別のリージョンに移行する際の技術的なガイダンスおよびベストプラクティスを示します。。

日本語ホワイトペーパーをダウンロード

2012 年 11 月

このホワイトペーパーでは、ソフトウェア開発サイクルのさまざまな場面で AWS がどのように役立つのかを、開発とテストに特に重点を置いて説明します。このペーパーの対象読者は、プロジェクトマネージャ、開発者、試験者、システムアーキテクト、またはソフトウェア生産アクティビティに関与する方となります。

ホワイトペーパーをダウンロード

2012 年 9 月

このホワイトペーパーは、各サービスをどのように使用すれば可用性が高く拡張性に優れたウェブアプリケーションを作成できるかなど、ウェブアプリケーションのホスティングソリューションに関する詳細を説明しています。

ホワイトペーパーをダウンロード

2012 年 8 月

ウェブアプリケーションを既存のインフラストラクチャで実行するときの、真のコストをご存知ですか? このホワイトペーパーでは、スケーラブルなウェブアプリケーションをオンプレミス環境にデプロイして管理するのに伴うさまざまなコスト要因を解説し、AWS の購入オプションの総コストと比較します。この分析の結果、AWS では同等のオンプレミスデプロイメントと比較して大幅なコスト削減(最大 80%)が可能であることがわかりました。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 7 月

このペーパーでは、企業はアマゾン ウェブ サービスをどのように使用すれば、HIPAA 準拠の情報処理システムを強化できるのかについて簡単に説明します。

ホワイトペーパーをダウンロード

2012 年 7 月

このホワイトペーパーは、戦略および管理の観点から、高品質の電子メールの作成および送信に必要とされるさまざまなベストプラクティスを理解する際に役立ちます。高価値で高品質の電子メールの特性を明らかにし、電子メール送信プロセスに関与する当事者について説明するほか、電子メールの品質を最適化および改善するベストプラクティスについても説明します。

ホワイトペーパーをダウンロード

2012 年 3 月

この白書は、拡張可能な NoSQL データベースソリューションのデプロイと管理に関与する、さまざまなコストファクターを理解するのに役立ちます。Amazon DynamoDB のような NoSQL(非リレーショナル型)データベースクラウドサービスを使用した場合に、同等の NoSQL データベースソフトウェアをオンプレミスでデプロイまたはクラウド内でホスティングするのと比べて TCO がどれだけ削減されるかがわかります。

ホワイトペーパーをダウンロード

2010 年 10 月

この一連のホワイトペーパーの対象読者は、クラウド移行戦略の策定を目指す、企業のアーキテクトおよび技術面での意思決定者を対象にしています。メインのホワイトペーパーでは、クラウドにアプリケーションを移行するためのフェーズごとの順を追った戦略、および一般的なユースケースの順を追った戦略を示す 3 つのシナリオを説明します。

ホワイトペーパーをダウンロード



2013 年 12 月

このホワイトペーパーは、Amazon VPC のシナリオについて説明しています。

日本語ホワイトペーパーをダウンロード

日本語ホワイトペーパーをダウンロード

2011 年 10 月

このホワイトペーパーは、AWS にフォールトトレラントな(耐障害性のある)アプリケーションを構築する方法を理解したい人に適しています。

ホワイトペーパーをダウンロード

2010 年 3 月

このドキュメントは、Microsoft の Active Directory Federation Services(AD FS)の技術を用いて、社内の Windows Server Active Directory ドメインと EC2 サービスでホストされた ASP.NET ウェブアプリケーションの間で、認証フェデレーションを実証する試験ラボを作成するための、段階的な手順を紹介しています。

ホワイトペーパーをダウンロード

2009 年 12 月

このドキュメントでは、従来の IT インフラストラクチャに対するアマゾン ウェブ サービスのコストについて検討しています。これには、ハードウェアコスト/アセット利用率、データの冗長性/セキュリティ、サプライチェーン管理、電源/冷却効率、人件費など、所有に伴う直接費の比較分析などが含まれます。

ホワイトペーパーをダウンロード

2008 年 7 月

このペーパーは、インターネットクラウドで利用可能なサービスを使用してアプリケーションを構築する様式を示します。

ホワイトペーパーをダウンロード

2016 年 7 月

このクイックスタートリファレンスデプロイメントは、Amazon VPC を使い、AWS ベストプラクティスに沿って、AWS クラウドインフラストラクチャの仮想ネットワーク基盤を構築します。Amazon VPC インフラストラクチャには、複数のアベイラビリティーゾーン、パブリックサブネットとプライベートサブネット、各アベイラビリティーゾーンのパブリックサブネット内のマネージド NAT ゲートウェイが含まれます。NAT ゲートウェイをサポートしていないリージョンでクイックスタートをデプロイする場合は、NAT インスタンスを使用します。

このクイックスタートをご自分の実装の構成要素として使用できます。サブネットやアベイラビリティーゾーンを追加または削除することによりニーズに合わせてスケールアップまたはスケールダウンすることや、専用の独自ネットワークアクセスコントロールリスト (ACL) を使用してプライベートサブネットを作成すること、他のインフラストラクチャ構成要素やソフトウェアレイヤーを追加することにより、ご自分の AWS 環境を完成できます。

このクイックスタートには、デプロイを自動化する AWS CloudFormation テンプレートと、アーキテクチャと詳細なデプロイ手順を説明するガイドが含まれています。

デプロイガイドを表示: HTML | PDF


2016 年 6 月

このクイックスタートリファレンスデプロイは、AWS クラウドでの Red Hat OpenShift のデプロイを自動化します。

Red Hat OpenShift はアプリケーション配信の迅速化に役立つコンテナアプリケーションプラットフォームです。Docker コンテナ、Google Kubernetes オーケストレーション、コンテナに最適化された Red Hat Enterprise Linux (RHEL) オペレーティングシステムを使用して、開発者チームと IT チームによるアプリケーションの作成およびデプロイをサポートします。

このクイックスタートには、デプロイを自動化する AWS CloudFormation テンプレートと、アーキテクチャとデプロイ手順を説明するガイドが含まれています。

デプロイガイドのダウンロード

2016 年 6 月

このクイックスタートリファレンスデプロイは、AWS と Docker によって共同で作成されました。このデプロイでは、AWS クラウドの可用性の高い環境に Docker Datacenter (DDC) がデプロイされます。Docker Datacenter は、俊敏なアプリケーション開発およびコンテナ管理のためのエンドツーエンドのプラットフォームです。組織は、オンプレミスおよびクラウドの両方でアプリケーションをデプロイするために CaaS (サービスとしてのコンテナ) ソリューションを利用できます。

クイックスタートでは Docker Datacenter の主なコンポーネント Docker Universal Control Plane (UCP)、Docker Trusted Registry (DTR)、および Docker Engine をスピンアップします。

このクイックスタートには、デプロイを自動化する AWS CloudFormation テンプレートと、アーキテクチャとデプロイ手順を説明するガイドが含まれています。

デプロイガイドのダウンロード

2016 年 6 月

このクイックスタートリファレンスデプロイでは、National Institute of Standards and Technology (NIST) SP 800-53 (Revision 4) High-Impact Security Control Baseline のコンプライアンス要件をサポートする、標準化されたアーキテクチャが構築されます。さらに、NIST 800-171、CNSSI 1253、FedRAMP、OMB TIC Initiative FedRAMP Overlay (pilot)、DoD Cloud Computing SRG などといった、ハイインパクトベースラインで要件とされている評価/認証フレームワークもサポートします。

クイックスタートは、AWS において安全なベースラインを整備し、自動化し、実装するコンプライアンスソリューションである AWS Enterprise Accelerator セットの一部です。クイックスタートには詳細なデプロイガイド、デプロイを自動化する AWS CloudFormation テンプレート、およびセキュリティコントロールをリファレンスアーキテクチャにマッピングする Security Controls Matrix (SCM) が含まれています。

デプロイガイドを表示: HTML | PDF


2016 年 6 月

このクイックスタートリファレンスデプロイでは、SQL Server、Exchange Server、Lync Server、および SharePoint Server の 4 つの人気の高い Microsoft ビジネス生産性サーバーを AWS でデプロイします。デプロイには、これらのサーバーの基礎として、Active Directory Domain Services が含まれています。

クイックスタートでは、デプロイを自動化する AWS CloudFormation テンプレートを提供しています。このデプロイガイドでは、アーキテクチャおよび実装について説明し、環境のデプロイおよびテストの手順を示し、カスタマイズオプションについて説明します。これにより、このミッションクリティカルなエンタープライズプラットフォームにテストまたは本番環境を迅速に確立できます。デプロイガイドには、AWS の Microsoft 本番環境から学んだ教訓に基づいたベストプラクティスも含まれています。

このエンタープライズアクセラレーター製品では、ライセンス、サードパーティ製のツール、およびバックオフィスのカスタマイズを活用するためのオンプレミスの互換性を維持しながら、高い可用性、セキュリティ、およびパフォーマンスを実現します。AWS では安定性、低コスト、柔軟性を実現しているので、必要としている実用的なクラウドファーストまたはハイブリッドクラウドの環境を必要なときに選択できます。

デプロイガイドを表示: HTML | PDF


2016 年 6 月

AWS Data Provider for SAP は、AWS のサービスからパフォーマンス関連データを収集し、このデータを SAP アプリケーションで利用可能にすることにより、ビジネストランザクションのパフォーマンスをモニタリングおよび改善をサポートするツールです。AWS Data Provider では、SAP インフラストラクチャの運用に最も関連するオペレーティングシステム、ネットワーク、およびストレージデータを使用します。データソースには Amazon EC2 および Amazon CloudWatch が含まれています。このガイドでは、AWS Data Provider 向けのインストール、設定、およびトラブルシューティングに関する情報を提供しています。

ホワイトペーパーをダウンロード

2016 年 5 月

このクイックスタートリファレンスデプロイでは、Payment Card Industry (PCI) Data Security Standard (DSS) コンプライアンスの範囲内のワークロードを使用して、標準アーキテクチャを構築するように企業をサポートします。

クイックスタートは、AWS において安全なベースラインを整備し、自動化し、実装するコンプライアンスソリューションである AWS Enterprise Accelerator セットの一部です。クイックスタートには詳細なデプロイガイド、デプロイを自動化する AWS CloudFormation テンプレート、およびセキュリティコントロールをリファレンスアーキテクチャのコンポーネントにマッピングするセキュリティコントロールリファレンスが含まれています。

デプロイガイドを表示: HTML | PDF


2016 年 5 月

このリファレンスデプロイガイドでは、Amazon EC2 や Amazon VPC などのサービスを使用して、AWS クラウドに Microsoft SharePoint Server 2016 環境を構築する方法について説明しています。可用性の高いインフラストラクチャを自動的にデプロイするように設計された AWS CloudFormation テンプレートが含まれ、従来のトポロジと効率化されたトポロジの両方をサポートします。

デプロイガイドを表示: HTML | PDF


2016 年 5 月

AWS X1 インスタンスは、エンタープライズとデータベースワークロード向けに最適化されており、SAP HANA などのインメモリデータベースの実行に最適です。X1 では最大 1,952 GiB のメモリを提供し、AWS での SAP HANA のデプロイと使用に新しい機会を生み出します。このガイドでは、AWS での SAP HANA の移行オプションについて説明します。オンプレミスもしくは他のクラウド環境から AWS への移行シナリオを取り上げ、AWS で SAP HANA システムを他のインスタンスタイプから X1 にアップグレードする方法についても説明します。X1 インスタンスは、AWS および SAP の移行ツールと方法論の組み合わせで、SAP HANA システムのパフォーマンスを向上します。また、柔軟で容易に、AWS での大規模な本番ワークロードの構成と実行を可能にします。

ホワイトペーパーをダウンロード

2016 年 4 月

このクイックスタートリファレンスデプロイは、AWS クラウドでの Ansible Tower のデプロイを自動化します。Ansible は、IT DevOps ツールで、クラウドプロビジョニング、設定管理、アプリケーションのデプロイ、イントラサービスのオーケストレーション、継続的デリバリー、および他の多くの IT プロセスを処理できます。Ansible Tower は、Ansible のウェブベースのユーザーインターフェイスです。

このクイックスタートでは、AWS CloudFormation テンプレートを使用して、AWS に 1 から Ansible Tower をデプロイします。CentOS と RHEL 向けに、異なるテンプレートが用意されています。

このクイックスタートデプロイガイドでは、ユーザーの AWS アカウントの準備、ソフトウェアのデプロイ、デプロイの設定、Ansible Tower を使用した AWS での Amazon EC2 インスタンス管理の手順が説明されています。

デプロイガイドを表示: HTML | PDF


2016 年 3 月

このクイックスタートリファレンスデプロイは、AWS クラウドでの Puppet のデプロイを自動化します。Puppet は Puppet Labs からの宣言型の、モデルベース構成管理ソリューションで、IT インフラストラクチャの状態を定義して、その望ましい状態をシステムに自動的に適用します。このクイックスタートは、AWS CloudFormation テンプレートを使用して、Puppet マスターおよび Puppet エージェントのデプロイを一から自動化します。

このクイックスタートデプロイガイドでは、実装の詳細と AWS アカウントの準備、ソフトウェアのデプロイ、Puppet エージェントの設定および AWS での Puppet のセットアップをテストする手順が説明されています。

デプロイガイドを表示: HTML | PDF


2016 年 1 月
更新日: 2016 年 6 月

このクイックスタートリファレンスデプロイでは、米国国立標準技術研究所 (NIST) SP 800-53 および 800-171、OMB Trusted Internet Connection (TIC) Initiative – FedRAMP Overlay (pilot)、および DoD Cloud Computing Security Requirements Guide (SRG) のコンプライアンス要件をサポートする標準アーキテクチャを構築します。

クイックスタートは、AWS において安全なベースラインを整備し、自動化し、実装するコンプライアンスソリューションである AWS Enterprise Accelerator セットの一部です。クイックスタートには詳細なデプロイガイド、デプロイを自動化する AWS CloudFormation テンプレート、およびセキュリティコントロールをリファレンスアーキテクチャにマッピングする Security Controls Matrix (SCM) が含まれています。

デプロイガイドを表示: HTML | PDF


 2015 年 12 月

EC2 Simple Systems Manager (SSM) は、Microsoft Windows を実行する EC2 インスタンスの自動設定を簡単にする機能です。現時点で SSM ではインスタンスの Microsoft Active Directory ドメインへの追加、MSI パッケージや PowerShell モジュールのインストール、および Amazon CloudWatch へのログファイル配信というシナリオがサポートされています。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 12 月

このクイックスタートリファレンスデプロイは、AWS での Chef Server の実装を自動化します。Chef Server は Chef DevOps プラットフォームの基盤です。Chef Server を使用して、AWS クラウドで実行される動的なインフラストラクチャを作成または管理したり、お使いのオンプレミスデータセンターのサーバーを管理したりできます。このクイックスタートには、デプロイを自動化するための AWS CloudFormation テンプレートが含まれています。また Chef Server on AWS のデプロイと Chef ワークステーションの設定、クックブックの作成とアップロード、Chef コマンドラインツールを使用した EC2 インスタンスのブートストラップの手順を示したガイドが含まれています。

デプロイガイドを表示: HTML | PDF


2015 年 11 月

このガイドには、AWS のサービス、ネイティブの SAP HANA ツール、AWS プラットフォームで実行される SAP HANA システムのための高可用性と災害対策 (HA/DR) を実現するサードパーティソフトウェアを AWS のお客様またはパートナーがどのように利用できるかが説明されています。さらに、様々な AWS の管理機能と SAP HANA ツールを活用する 6 つのオプションが示されており、それぞれのオプションのメリットとデメリット、および関係するコストについて取り上げています。

ホワイトペーパーをダウンロード

更新日: 2015 年 11 月

この更新では、AWS にデプロイされた SAP HANA システムの運用のベストプラクティスが示されています。また、システムの起動、停止、クローン作成などの一般的な管理タスクについてのガイダンス、バックアップとリカバリーのオプションについての情報、サポートやセキュリティ関連情報が含まれています。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 9 月

Magento は、e コマースウェブサイトのオープンソースのコンテンツ管理システムです。このクイックスタートは、AWS クラウドに Magento のデプロイを自動化します。オプションでサンプルデータをインストールし、カスタムテーマを試したり、ウェブストアを見たりすることができます。クイックスタートには、デプロイを自動化するエンドツーエンドのデプロイと、既存の AWS インフラストラクチャへのデプロイの両方がサポートされている AWS CloudFormation テンプレートが含まれています。このクイックスタートには、AWS に Magento を実装するためのアーキテクチャを説明するデプロイガイドと、ソフトウェアのデプロイおよび設定する手順の説明、設計、パフォーマンス、カスタマイズに関する説明が含まれます。デプロイガイドを表示して利用を開始する。

デプロイガイドを表示: HTML | PDF


2015 年 8 月

Web Application Proxy および Active Directory Federation Services (AD FS) は、Microsoft Windows Server 2012 R2 のコンポーネントで、AWS においてウェブアプリケーションを公開するための ID フェデレーション、シングルサインオン (SSO)、リバースプロキシ、事前認証といったサービスを提供します。このクイックスタートには、AWS に Web Application Proxy と AD FS を実装するためのデプロイガイド、およびデプロイを自動化するための AWS CloudFormation テンプレートが含まれます。クイックスタートでは、エンドツーエンドのデプロイと、既存の AWS インフラストラクチャへのデプロイの両方がサポートされています。

デプロイガイドを表示: HTML | PDF


2015 年 8 月

あらゆる規模の企業が AWS が提供する数多くの利点を活用しています。 その目的は、AWS クラウドにおける SAP の環境を実行することで、ビジネスの俊敏性、コスト削減、高可用性を実現することです。

この概要は、AWS で SAP ソリューションを実行する利点とオプションについての詳細や、AWS における SAP の環境を効果的に実装し操作する方法についてお知りになりたい SAP のお客様やパートナーのための情報を提供しています。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 7 月

AWS SAP のサイズ設定は、ビジネスニーズを AWS サービス要件に移し替えるプロセスです。これはつまり、データレコード数、さまざまなロールのユーザ、SAP モジュールの使用方法といった SAP に必要なリソースを、AWS の適切なコンピュータ、ストレージ、ネットワークのリソースへとマッピングする必要があるということです。

このホワイトペーパーでは、AWS パートナーが SAP システムを AWS プラットフォーム用にサイズ設定するのに役立つ情報を説明します。SAP サイズ設定のためのリソースと推奨事項について説明し、SAP システム向けの AWS 用キャパシティープランニングガイドラインについて考察します。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 7 月

AWS を初めて使用する SAP の利用者とパートナーにとって、AWS からの毎月の請求額の見積りは、いくらか大変なプロセスに感じられるかもしれません。このガイドは、SAP 環境を AWS で実行するコストの見積り方法について理解するのに役立ちます。ここでは、AWS での SAP の例を 2 つ準備し(AWS での SAP ERP および AWS での SAP HANA)、AWS 簡易見積りツールを使用します。ガイドではそれぞれの例について、AWS でのアーキテクチャ、各サービスの使用例、各サービスのコスト分析、毎月の料金総額の見積りを概観します。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 7 月

Tableau Server は、ブラウザやモバイルデバイスからアクセス可能なビジネスインテリジェンスを提供し、インタラクティブなデータ視覚化の共有とコラボレーションをサポートしています。

このホワイトペーパーでは、AWS で Tableau Server をデプロイし構成する方法についての技術的ガイダンスを示します。さらに、Tableau Server を使用してニーズを満たすことを可能にする、AWS 製品独自のキーインテグレーションと構成についても説明します。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 6 月

Trend Micro Deep Security は、侵入の検知と阻止、マルウェア対策、ホストファイアウォール、ファイルおよびシステムの整合性のモニタリング、ゲストオペレーティングシステムで実行され単一エージェントとして動作するログ検査モジュールを提供するホストベースのセキュリティ製品です。このクイックリファレンスデプロイでは、高い可用性とセキュリティを実現する AWS の各種サービスとベストプラクティスを使用して、Trend Micro Deep Security の新規または既存の AWS 環境へのデプロイを自動化する方法を説明します。このクイックスタートには、Amazon EC2 API と Deep Security API を使用して、AWS 環境内で実行されるすべてのインスタンスを保護する方法を示すサンプルコードも含まれています。

デプロイガイドを表示: HTML | PDF


2015 年 6 月

Microsoft Lync Server 2013 は、中小企業や大企業向けにインスタントメッセージング (IM)、プレゼンス、会議、テレフォニーのソリューションを提供する通信ソフトウェアプラットフォームです。このクイックスタートリファレンスデプロイガイドを参照して、AWS クラウドに小規模または中規模な Lync Server 環境をデプロイできます。クイックスタートには、自動化された AWS CloudFormation テンプレートが含まれています。このテンプレートでは、Lync Server 2013 Standard Edition プールのペアを 2 つのアベイラビリティーゾーンにまたがってデプロイすることで、高い可用性と災害対策を実現します。クイックスタートデプロイガイドには、Lync Server Enterprise Edition を使った大規模デプロイ向けに、サイジングに関するガイドと考慮事項も記載されています。

デプロイガイドを表示: HTML | PDF

デプロイガイドのダウンロード

2015 年 6 月

このホワイトペーパーでは、AWS で SAP ソリューションを実行する際に、最適なパフォーマンス、可用性、信頼性を達成し、総所有コスト (TCO) を低減するためのベストプラクティスが示されています。対象読者は、従来のインフラストラクチャで SAP システムを稼働した経験があり、AWS でもその SAP システムを運用したいと考えている SAP Basic および NetWeaver 管理者です。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 5 月

パフォーマンスに優れたストレージソリューションの確立は、場合によっては困難です。また、ソリューションをスケールさせ、コスト効率を高めていく中で、課題がさらに増します。Intel Cloud Edition for Lustre* ソフトウェアは、AWS でパフォーマンスに優れた Lustre ファイルシステムを実現します。このホワイトペーパーには、Intel cloud Edition for Lustre* および AWS の使用に関する詳細情報が記載されています。

ホワイトペーパーをダウンロード

アップデート: 2016 年 4 月

このホワイトペーパーには、MongoDB の概要と、AWS クラウドプラットフォーム上での実装が記載されています。また、ベストプラクティスと、パフォーマンス、耐久性、セキュリティなどの特性の実装について説明し、MongoDB に関連する AWS の機能で拡張性、高可用性、災害対策を実現するものについて説明します。

ホワイトペーパーをダウンロード

2015 年 4 月

このクイックスタートにより、AWS のサービスとベストプラクティスを使用して、AWS クラウドに SAP HANA 用バージョンの SAP Business One を自動的にデプロイできます。ご希望の構成を選択して、お使いの AWS アカウントで SAP Business One ソリューションを新規または既存の Amazon VPC にデプロイできます。AWS CloudFormation テンプレートでは、デプロイメントが自動化されます。デプロイメントガイドでは、アーキテクチャに関する考慮事項、設定、および実装手順の詳細が説明されています。追加のリファレンスデプロイメントについては、AWS Quick Startsを参照してください。

デプロイガイドを表示: HTML | PDF


2015 年 4 月

MongoDB はオープンソースの NoSQL データベースであり、JSON スタイルのドキュメント指向のストレージシステムをサポートします。この新しい Quick Start では、AWS のベストプラクティスに従って、AWS クラウドで複数ノードの MongoDB クラスターを迅速にデプロイする方法を示します。既存の AWS アカウントを使用して、必要な設定を選択し、約 15 分でデプロイすることができます。Quick Start には、AWS アカウントの新規または既存の Amazon VPC で、柔軟かつスケーラブルでコスト効率に優れた方法で MongoDB を実行するために必要なインフラストラクチャをセットアップする自動化された AWS CloudFormation テンプレートが含まれています。デプロイメントガイドでは、お客様が自動化ソリューションをデプロイしたり、お客様独自の要件に合わせてテンプレートをカスタマイズできるように、実装の詳細について説明しています。追加のリファレンスデプロイメントについては、AWS Quick Startsを参照してください。

デプロイガイドを表示: HTML | PDF


2015 年 3 月

このホワイトペーパーの作成にあたり、Windows Server 2003 のサポート終了および AWS 上での Microsoft テクノロジーのデプロイについてご寄稿いただいた AWS パートナーネットワーク(APN)のパートナーは以下のとおりです。


2015 年 1 月

この Quick Start Reference Deployment ガイドには、AWS ベストプラクティスに沿って、AWS クラウドの高可用性アーキテクチャに Microsoft Exchange Server 2013 をデプロイするための構造上の考慮事項と構成手順が示されています。AWS CloudFormation テンプレートによって提供されている自動ソリューションをデプロイすることも、このテンプレートを独自の要件に合わせてカスタマイズすることもできます。追加のリファレンスデプロイメントについては、AWS Quick Startsを参照してください。

デプロイガイドを表示: HTML | PDF

デプロイガイドのダウンロード

2014 年 11 月

Windows Server および SQL Server には、高可用性ソリューションを実行する組み込み機能が備えられています。更新された Guide では、SQL 2012 および 2014 のフェイルオーバークラスターおよび AlwaysOn Availability Groups 機能を扱っています。これには、構成手順とテストの説明、およびデプロイを自動化する AWS CloudFormation テンプレートが含まれます。このテンプレートは、AWS Quick Start ページから直接起動することもできます。

デプロイガイドを表示: HTML | PDF


2014 年 11 月

このホワイトペーパーでは、AWS での NGINX Plus をデプロイし構成する方法に関する具体的な技術的ガイダンスを示します。さらに、AWS 製品固有の主な統合と構成の概要を説明し、またお客様の必要に最も合うように NGINX Plus 製品を使用する際の柔軟性を許容します。

ホワイトペーパーをダウンロード

2014 年 10 月 日

この Quick Start Reference Deployment ガイドでは、アマゾン ウェブ サービス(AWS)クラウドで Cloudera Enterprise Data Hub (EDH) をデプロイするために必要な構造上の考慮事項と構成手順について説明しています。このリファレンスデプロイメントは、Cloudera Director と、AWS CloudFormation テンプレートによって開始される自動化デプロイメントとを統合することによって、AWS に EDH クラスターを構築する際に役に立ちます。また、デプロイメントを AWS クイックスタートのページから直接起動することもできます。

デプロイガイドを表示: HTML | PDF

 

 


2014 年 9 月

この新しいホワイトペーパーは、AWS リソースを使用した PowerShell DSC プルサーバー環境のデプロイについて概要を説明しています。PowerShell Desired State Configuration は、Windows Server に構成管理プラットフォームを提供しています。PowerShell DSC では、複雑な規則のスクリプトではなく、宣言型の言語構文を使用して、システムの目的の状態を表現できます。このガイドでは、AWS CloudFormation を使用して、一からサーバーとアプリケーションのブートストラップを実行し、アプリケーションスタックがデプロイされた後の構成の変動にインスタンスが耐えられるようにする方法について説明します。

デプロイガイドを表示: HTML | PDF


2014 年 5 月

リモート管理用のリモートデスクトッププロトコル(RDP)を使用して、Windows ベースのインスタンスに安全にアクセスするためのベストプラクティスなど、AWS でリモートデスクトップゲートウェイをデプロイする方法について説明します。デプロイを自動化するのに役立つ AWS CloudFormation テンプレートも付属しています。

デプロイガイドを表示: HTML | PDF


2014 年 4 月

このリファレンス実装ガイドには、可用性の高い AD ソリューションを AWS クラウドにデプロイするために必要なアーキテクチャ上の考慮事項と設定手順が含まれます。完全クラウドとハイブリッドの 2 つのシナリオを取り上げています。付属の AWS CloudFormation テンプレートはデプロイを自動化するのに役立ちます。Active Directory Domain Services (AD DS) および Domain Name Server (DNS) は、エンタープライズクラスの多くのソリューション(Microsoft SharePoint、Microsoft Exchange、.NET アプリケーションなど)の基盤となる主な Windows サービスです。

デプロイガイドを表示: HTML | PDF

デプロイガイドのダウンロード

2013 年 11 月

このホワイトペーパーでは、Amazon RDS と Amazon EC2 の両方で Oracle データベースを実行する方法を説明し、各アプローチの利点を理解できるようにします。Oracle データベースをプロビジョニングおよびモニタリングする方法、Amazon RDS および Amazon EC2 の両方でスケーラビリティ、パフォーマンス、バックアップ & リカバリー、高可用性、およびセキュリティを管理する方法を詳しく説明します。

ホワイトペーパーをダウンロード

2013 年 10 月

このホワイトペーパーでは、IT インフラストラクチャの意思決定者およびシステム管理者を対象にして、AWS の Alfresco サーバークラスターを設定、デプロイ、および実行する方法に関する詳細な技術的ガイダンスを届けます。

ホワイトペーパーをダウンロード

これには実装ガイドおよび AWS CloudFormation テンプレートが含まれます。これらを使用することで、AWS 内で作業用 Alfresco クラスターを簡単かつ迅速に作成できます。


2013 年 7 月

このホワイトペーパーでは、すべての主要な NoSQL システムに適用される一般的なベストプラクティスの概要を示すとともに、よく使われている NoSQL システムの 1 つである Couchbase に重点を置いて、それを AWS クラウドで最適に実行する方法を説明します。さらに、パフォーマンス、耐久性、およびセキュリティのために Couchbase を最適化できるように、Couchbase のさまざまな設定も取り上げます。

ホワイトペーパーをダウンロード

2013 年 6 月

このホワイトペーパーでは、NoSQL の新しいオープンソース分散データベースシステムの 1 つである Riak の概要を示し、AWS クラウドで Riak を最適に実行する方法を説明します。パフォーマンス、耐久性、およびセキュリティのために Riak を最適化できるように、AWS Marketplace を使用して 3 ノード Riak クラスターを起動する方法をまず説明し、次にアーキテクチャおよび運用に関するさまざまな Riak 特性を説明します。

ホワイトペーパーをダウンロード

2013 年 6 月

このホワイトペーパーでは、最もよく使われているオープンソース RDBMS の 1 つである PostgreSQL を AWS クラウドで実行する一般的なベストプラクティスを示します。AWS で規模に応じて PostgreSQL を実行できるように、AWS 環境に応じてパフォーマンス、耐久性、およびセキュリティのような重要な PostgreSQL 特性を説明し、アーキテクチャおよびパフォーマンスに関する基本的なガイドを提供します。

ホワイトペーパーをダウンロード

2013 年 5 月

このペーパーは Trend Micro による執筆です。顧客が責任を負う共有責任にはどのようなものがあるのか、さらに、安全な AWS クラウド環境の作成に役立つセキュリティ手法としてどのようなものが推奨されるのかを説明します。

ホワイトペーパーをダウンロード

2012 年 8 月

このペーパーでは、地理情報システム(GIS)画像データ(衛星画像や航空画像など)の発行および解析、ならびにアマゾン ウェブ サービス(AWS)でのタイルキャッシュ型マップサービスの作成を開始する場合に必要な情報を Esri ArcGIS ユーザーに提供します。画像はクラウドで管理するのが最も困難なデータタイプであるので、このペーパーでは画像に重点を置きます。ただし、説明されているアプローチは任意のデータタイプに十分適用できる一般的なものです。

ホワイトペーパーをダウンロード

2012 年 8 月

本ペーパーでは、AWS 上の Microsoft アプリケーションのセキュリティを確保するためのガイダンスを提示します。リスク評価、攻撃サーフェスの縮小、最低限の権限の原則の遵守、およびデータ保護に重点を置き、Microsoft Windows アプリケーションの実行時環境を保護するための原則について概説しています。

ホワイトペーパーをダウンロード

2011 年 9 月

AWS クラウドでは Microsoft SQL Server を実行できます。このホワイトペーパーでは、EC2 で Microsoft SQL Server 2008 を最適に実行する方法を明らかにし、パフォーマンス、耐久性、およびセキュリティのために最適化する実装候補について説明します。AWS クラウド環境でスケーラビリティ、高可用性、および耐障害性を実現するネイティブ Microsoft SQL Server 機能の利用方法をわかりやすく列挙します。

ホワイトペーパーをダウンロード

2010 年 4 月

これはベンダーによって作成された概要ペーパーであり、AWS と Microsoft が共同で後援しています。

ホワイトペーパーをダウンロード