開始方法

Amazon SageMaker はフルマネージド型、モジュラー式のサービスです。開発者やデータサイエンティストは機械学習モデルを大規模に構築、トレーニング、デプロイできます。これらの開発者用リソースから開始すれば、開発から本番環境にすばやく移行できます。

Amazon SageMaker のご紹介

Amazon SageMaker のモジュールの構築、トレーニング、デプロイの詳細をご確認ください。

Amazon SageMaker (1:03)

開発者ガイド


Amazon SageMaker をすぐに使用開始するには、このステップバイステップガイドに従ってください。

チュートリアル


Amazon SageMaker の開始方法を 10 分でご説明します。

機械学習モデルの構築

SageMaker のビルドモジュールを使用すれば、トレーニングデータの収集と準備をしてビルド済みのノートブックにアクセスし、組み込みの高性能アルゴリズムを活用できます。

開発者ガイド


このガイドで説明されている手順とリソースを使用して機械学習モデルを構築する方法を学習できます。

動画


この動画で、Amazon SageMaker とフルマネージドのノートブックインスタンスについて詳しく学習してください。

フルマネージドのノートブックインスタンスの詳細

ブログ


このブログで、Amazon SageMaker ノートブックインスタンスで共通のワークフローを使用する方法をご覧ください。

ハンズオンラボ


GitHub で、SageMaker ノートブックの豊富なリポジトリにアクセスできます。

ハンズオンラボ


一般的な他の選択肢よりも高速で低料金の Amazon SageMaker の組み込みアルゴリズムを活用してください。

動画


この動画で、Amazon SageMaker の組み込みの高性能アルゴリズムについてご確認ください。

高性能な組み込みの機械学習アルゴリズムを活用する

機械学習モデルのトレーニングと調整

Train モジュールを使用してワンクリックでトレーニング環境を設定し、自動モジュールチューニングを使用してモデルを最適化できます。

開発者ガイド


Amazon SageMaker を使用して機械学習モデルをトレーニングする方法の概要をお読みください。

開発者ガイド


機械学習モデルを段階的にトレーニングして、時間とリソースを節約する方法を学習してください。

開発者ガイド


詳細な手順に従い、自動モデルチューニングを使用してモデルをできる限り正確に調整します。選択したアルゴリズムと、そのアルゴリズムのハイパーパラメータの範囲を使用して多くのトレーニングジョブを自動的に実行することで、お客様のモデルの最良のバージョンを見つけることができます。

ハンズオンラボ


さまざまなアルゴリズムや深層学習フレームワークでハイパーパラメータチューニングを使用するこれらの例をお試しください。

ブログ


機械学習モデルでアルゴリズムのハイパーパラメータ値を自動的に調整して、最も正確な予測を取得する方法をご説明します。

オンラインセミナー


このオンデマンドの Tech Talk では、TensorFlow ベースの機械学習モデルをトレーニングする方法をご説明します。TensorFlow と Amazon SageMaker のユニークな組み合わせを理解すれば、機械学習モデルのトレーニングを高速化して本番環境に移行できます。

機械学習モデルのデプロイ

デプロイモジュールを使用すれば、ワンクリックで機械学習モデルを本番環境にデプロイできます。

開発者ガイド


ステップバイステップガイドに従って、機械学習モデルを高性能なインフラストラクチャにデプロイしてください。

開発者ガイド


Amazon SageMaker を使用して機械学習モデルを大規模にデプロイするためのベストプラクティスについてご確認ください。

ハンズオンラボ


GitHub の例に従って、Amazon SageMaker と AWS Step Functions を使用してカスタム機械学習モデルの構築、トレーニング、デプロイを自動化できます。

ブログ


A/B テストや Auto Scaling などの SageMaker のデプロイ機能を使用して、機械学習モデルで高性能と高可用性を実現する方法をご説明します。

オンラインセミナー


このオンデマンドの Tech Talk では、機械学習のライフサイクル、企業で Amazon SageMaker を使用するためのベストプラクティス、Amazon SageMaker を他の AWS のサービスと統合する方法についてご説明します。

その他のリソース

SDK

アプリケーションで Amazon SageMaker をより簡単に使用するために、プログラミング言語またはプラットフォームに合わせて調整された API をお使いください。

最新情報

新着情報では、新製品の発表と機能のアップデートの概要をご紹介しています。Amazon SageMaker 固有のアップデートとその他の AWS のお知らせをご覧ください。

今すぐ読む »

現時点でブログ記事は見つかりませんでした。その他のリソースについては AWS ブログを参照してください。 

Amazon SageMaker の機能の詳細

特徴ページをご覧ください
ご不明な点がありますか?
お問い合わせ