AWS SDK for JavaScript を使用してアプリケーションを開発およびデプロイします。SDK はファーストクラスの TypeScript をサポートしており、独自の JavaScript API を使用して、Node.js、ウェブ、モバイルウェブアプリケーションを構築するための AWS のサービスを簡単に呼び出すことができます。

サーバー側アプリの開発

JavaScript

Node、Node モジュール、Node HTTP サーバーを使用して、サーバー側のモダンウェブアプリケーションを開発します。Node.js フレームワークを使用して RESTful アプリケーションから AWS のサービスに直接アクセスできます。

AWS SDK for JavaScript for Node.js の使用を開始する »

ウェブアプリケーションの開発

JavaScript

モダンフロントエンドアプリケーションを開発し、ブラウザで動作する JavaScript コードから AWS のサービスに直接アクセスできます。

ブラウザで AWS SDK for JavaScript の使用を開始する »

モバイルアプリケーションの開発

React

React Native を使用してモダンモバイルアプリケーションを開発し、iOS や Android のモバイルデバイスから AWS のサービスに直接アクセスできます。

React Native で AWS SDK for JavaScript の使用を開始する »

仕組み

AWS SDK for JavaScript は、JavaScript のデベロッパーにとってなじみ深く整合性のあるライブラリを一式提供し、AWS のサービスを簡単に利用できるようにします。認証情報の管理、再試行、データマーシャリング、シリアル化、逆シリアル化といった API ライフサイクルに関する検討事項についてサポートを提供します。また、AWS SDK for JavaScript は開発を簡素化するための高度の抽象化もサポートしています。GitHub にアクセスして、AWS 関連のオープンソースの JavaScript ライブラリを確認してください。

AWS SDK for JavaScript は、ブラウザの JavaScript、サーバーの Node.js、モバイル開発用の React-Native という 3 つのランタイムをサポートしています。クロスランタイムもサポート: サービスクライアントパッケージは、コードを変更しなくてもブラウザ、Node.js、React-Native で動作します。

主な特徴

ファーストクラス TypeScript サポート

JavaScript SDK は、完全に TypeScript で書かれ、JavaScript にコンパイルされています。これにより、静的な型チェック、クラスやモジュールのサポートなど、TypeScript の利点を活用できます。また、下位互換性を気にすることなく ES6、ES7 以降の新機能を利用できます。コンパイラで生成される最終的なコードは、ES5 と下位互換であり、古いブラウザでも問題なく動作します。詳細については、AWS JavaScript デベロッパーのブログをご覧ください。 

ミドルウェアスタック

AWS SDK for JavaScript ではミドルウェアスタックを導入しており、ミドルウェアを変更することで SDK の動作をカスタマイズできます。カスタム非同期アクションを AWS SDK for JavaScript に追加したり、デフォルトの非同期アクションを削除したりできます。これらのアクションは、入力パラメータをシリアル化して回線データにし、レスポンスデータを逆シリアル化して JavaScript オブジェクトにします。このようなアクションは、ミドルウェアと呼ばれる機能を利用して実装され、特定の順序で実行されます。詳細については、AWS JavaScript デベロッパーのブログをご覧ください。 

モジュラーアーキテクチャ

アプリケーションに必要なパッケージをインポートするだけで、アプリケーションバンドルの小型化やパフォーマンスの改善を図ることができます。AWS SDK for JavaScript は、各サービスのパッケージを分離する、モジュラーアーキテクチャを採用しています。これらのパッケージは NPM の @aws-sdk/ スコープで公開されており、公式 AWS SDK for JavaScript に含まれるパッケージを識別しやすくなっています。詳細については、AWS JavaScript デベロッパーのブログをご覧ください。 

ガイド

デベロッパーガイドでは、AWS SDK for JavaScript v3 の最新バージョンの機能とその使用方法について説明しています。
HTML | PDF | GitHub

JavaScript API リファレンスガイドでは、最新バージョンの AWS SDK for JavaScript の API オペレーションについて説明しています。また、サポートされている各ウェブサービスプロトコルについて、リクエスト、レスポンス、およびエラーのサンプルが掲載されています。

SDK コードの例には、アプリケーションの開発を加速するのに役立つ AWS サービスの JavaScript コード例と実際のユースケースが含まれています。
HTML | PDF

AWS SDK for JavaScript v3 移行ガイドでは、SDK for JavaScript バージョン 2 からバージョン 3 に移行する手順をご説明しています。
HTML | PDF | GitHub

その他のリソース

AWS JavaScript デベロッパーセンター

JavaScript アプリケーションを AWS で構築するための追加のリソースとガイドを見つけます。

AWS デベロッパーブログ

JavaScript に関する最新ニュースとお知らせについては、AWS デベロッパーのブログをご覧ください。

AWS JavaScript GitHub リポジトリ

GitHub にアクセスして、AWS SDK と高レベルライブラリリポジトリを表示します。

AWS で Java ワークロードを実行することに関心をお持ちですか? IT プロジェクトに関して AWS の担当者がサポートいたします。