Node.js 内の AWS SDK for JavaScript を使用すると、AWS の使用をすぐに開始できます。この SDK は、Amazon S3、Amazon EC2、DynamoDB、Amazon SWF といった AWS のサービス向けの JavaScript オブジェクトを提供するため、コーディングの複雑さが軽減されます。ダウンロードパッケージ 1 つの中に、AWS JavaScript ライブラリとドキュメントが含まれます。

AWS SDK for JavaScript »

または、npm を使ってインストールする

npm install aws-sdk


npm install aws-sdk

~/.aws/credentials (Mac または Linux の場合) または C:\Users\USERNAME\.aws\credentials (Windows の場合) に認証情報ファイルを作成

[default]

aws_access_key_id = your_access_key

aws_secret_access_key = your_secret_key

入門ガイドでは、認証情報を読み込むその他の方法を説明します。

バケット名には小文字、数字、ハイフンを使用できます。各ラベルの先頭および末尾は、小文字の英文字または数字にする必要があります。

var AWS = require('aws-sdk');
var s3 = new AWS.S3();
// バケット名はすべての S3 ユーザーの間で一意である必要があります
var myBucket = 'my.unique.bucket.name';
var myKey = 'myBucketKey';
s3.createBucket({Bucket: myBucket}, function(err, data) {
if (err) {
   console.log(err);
   } else {
     params = {Bucket: myBucket, Key: myKey, Body: 'Hello!'};
     s3.putObject(params, function(err, data) {
         if (err) {
             console.log(err)
         } else {
             console.log("Successfully uploaded data to myBucket/myKey");
         }
      });
   }
});



他の開発者とのコミュニケーションを図る: JavaScript コミュニティフォーラム »

AWS での JavaScript の使用に関する詳細を確認する: JavaScript 開発者センター »

最新の SDK に関する詳細を確認する: リリースノート»

ソースコードの詳細を確認する: GitHub リポジトリ »