Netflix の基盤となる AWS

 

 

 

Netflix は世界をリードするインターネットテレビネットワークで、190 か国以上で 1 億人以上のメンバーが毎日 1 億 2500 万時間のテレビ番組や映画を楽しんでいます。Netflix では AWS を使用して、データベース、分析、推奨エンジン、ビデオトランスコーディングなど、AWS 上で合計 100,000 個を超えるサーバーインスタンスを使用する何百もの機能を含んだほぼすべてのコンピューティングとストレージニーズに対応しています。

200x100_Netflix_Logo

並行して 1,000 近くの Amazon Kinesis シャードを使用して、数千のトラフィックフローを処理する Netflix

Netflix の Amazon Kinesis Streams ベースのソリューションは、極めてスケーラブルであることが実証されており、毎日何十億にもおよぶトラフィックフローを処理しています。通常は、約 1,000 の Amazon Kinesis シャードが並行してデータストリームを処理しています。「Amazon Kinesis Streams は毎日数テラバイトのログデータを処理しますが、数秒で分析にイベントが表示されます」と Netflix のシニアソフトウェアエンジニア、John Bennett 氏は言います。「リアルタイムで問題を発見し対応できるため、高可用性と優れた顧客体験が保証されるのです。」

続きを読む 

Netflix が Amazon Route 53 を使用して、マルチリージョンの耐障害性を実現

8,900 万人の視聴者のトラフィックを、別の AWS リージョンに切り替える必要がある場合はどうなりますか? AWS に構築された Netflix のインフラストラクチャは、企業が多くの AWS リージョンで同時にサービスを実行している場合でも、きわめて高い耐障害性を発揮します。This is My Architecture のこのエピソードでは、Netflix のパフォーマンスおよび信頼性エンジニアリング担当ディレクターを務める Coburn Watson 氏が、Amazon Route 53 で構築し、Netflix の Zuul で強化した DNS アーキテクチャについて説明します。このアーキテクチャにより、40 分未満で特定のリージョン全体からトラフィックをリダイレクトできます。

エピソードを見る 
netflix_arch_diagram_2

Netflix が AWS Lambda を使用して、ルールベースの自己管理インフラストラクチャを構築し、効率を高めている方法

Netflix は世界最大のオンラインメディアストリーミングプロバイダーの 1 つで、四半期あたり 60 か国の約 5,000 万人のユーザーに約 70 億時間の動画を配信しています。同社では、AWS Lambda を使用してルールに基づいたセルフマネジメントインフラストラクチャを構築し、非効率的なプロセスを置き換えることで、エラーの発生率を減らし、貴重な時間を節約する予定です。Netflix のチーフプロダクトオフィサーである Neil Hunt 氏が、企業がイベントベースのトリガーを使用して、メディアファイルのエンコードプロセス、大規模なバックアップ完了とインスタンスのデプロイの検証、および組織が使用する AWS リソースのモニタリングを自動化する方法について解説します。

セッションを見る 
netflix_thumbnail

Netflix を大規模にエンコード化する方法

このセッションでは、Netflix がエンコーディングサービスで採用しているさまざまな戦略を調査し、Amazon EC2 リザーブドインスタンスの異種コレクションの管理を自動化し、コンピューティングの競合を 解決 し、優先度とワークロードに基づいてインスタンスを分散します。Netflix のエンコーディングチームは、Netflix デバイスをすべてサポートするため、さまざまなタイプのメディアソースを多数のメディア形式にトランスコードする責任を負っています。これらのメディアソースのトランスコーディングには、コンピューティング集中型のビデオエンコードの実行から低遅延、大容量の画像とテキスト処理にいたるまで、さまざまな計算ニーズがあります。エンコーディングサービスでは、最も必要な場所に数十万の計算時間を即座に通知することを要求されることがあります。 

セッションを見る 

Netflix が Amazon EC2 インスタンスを調整してパフォーマンスを向上する方法

Netflix は Amazon EC2 インスタンスのタイプと機能を使用して高性能クラウドを作成し、ワークロードのベアメタルに近い速度を実現しています。このセッションでは、可能な限り高速な Amazon EC2 インスタンスを配信するための設定、チューニング、およびアクティビティをまとめています。Netflix のパフォーマンスおよび OS エンジニアリングチームのメンバーである Brendan Gregg 氏は、Amazon EC2 インスタンスタイプの選択方法、Xen モード (HVM、PV、または PVHVM) の選択方法、ベアメタルでのパフォーマンスにおける SR-IOV などの Amazon EC2 機能の重要性を示します。さらに、Java および Node.js フレームグラフとパフォーマンスカウンターの使用を含む、基本的および高度なカーネルチューニングとモニタリングについても解説しています。 

セッションを見る