中級コース
クラスルーム
バーチャル
3 日間

DevOps Engineering on AWS

DevOps の哲学、プラクティス、ツールを使用して、AWS でアプリケーションとサービスを高速で開発、提供、維持する方法を学ぶ

DevOps Icon

DevOps Engineering on AWS では、DevOps の文化的哲学、プラクティス、ツールの組み合わせを使用して、AWS でアプリケーションとサービスを素早く開発、提供、保守できるように組織の能力を高める方法を学びます。このコースでは、継続的インテグレーション (CI)、継続的デリバリー (CD)、コードとしてのインフラストラクチャ、マイクロサービス、モニタリングとログ記録、通信とコラボレーションについて説明します。ハンズオンラボでは、AWS CloudFormation テンプレートと、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) でアプリケーションを構築およびデプロイする CI/CD パイプラインの構築とデプロイ、サーバーレスアプリケーション、およびコンテナベースのアプリケーションをご体験いただけます。これには、マルチパイプラインワークフローと、複数の環境でのデプロイに使用するためのパイプラインに関するラボも含まれています。

学習目標

  • DevOps のベストプラクティスを使用して、アプリケーションとサービスの開発、提供、および保守を AWS で迅速に実行する
  • 小規模で自律的な DevOps チームの利点、役割、責任を把握する
  • DevOps 開発プロジェクトをサポートする、AWS のインフラストラクチャを設計および実装する
  • AWS Cloud9 を利用してコードを記述、実行、デバッグする
  • その他

本コースの受講対象

  • DevOps エンジニア
  • DevOps アーキテクト
  • オペレーションエンジニア
  • システム管理者
  • デベロッパー

受講に必要となる経験

  • Systems Operations on AWS または Developing on AWS コースへの参加経験
  • 1 つ以上のハイレベルプログラミング言語 (C#、Java、PHP、Ruby、Python など) の実務的知識
  • コマンドライレベルでの Linux システムもしくは Windows システムの管理に関する中級程度の知識
  • AWS 環境のプロビジョニング、運用、管理における 2 年以上の経験

コースの概要

レベル: 中級
種類: クラスルーム (仮想および対面)
長さ: 3 日間

対象言語

このコースは、インドネシア語、英語、日本語、韓国語、簡体字中国語で提供しています。
 
お客様の声や AWS のサービスのアップデートをもとに、定期的にコースを更新しています。そのため、これらのアップデートをローカライズする際に、コースの内容が言語によって異なる場合があります。

詳細情報をご希望ですか?

本コースの詳しい内容については、コースの概要をダウンロードしてください。

AWS Jam でチームをトレーニングする

AWS Jam は、1 日をかけて実践的な課題を行うオプションの追加コースです。クラスルームコースで扱ったトピックと AWS のサービスに関連する内容を集めています。

チームのプライベートトレーニングをお探しですか?

AWS が提供するプライベートトレーニングを使用すると、お客様のチームは、特定のユースケースに合わせて実用的なベストプラクティスを一緒に学習できます。

試験を受けたいと考えていますか?

関連する試験を見つけて、学習を進めましょう。

AWS 認定 DevOps エンジニア - プロフェッショナル

試験
180 分