Amazon EC2 Container Service (ECS) を使用して、コンテナ対応アプリケーションを管理およびスケールする方法を学習します。

Running Container-Enabled Microservices on AWS では、Amazon EC2 Container Service (ECS) を使用してコンテナ対応アプリケーションを管理およびスケールする方法を学習します。このコースでは、コンテナ化されたアプリケーションを大規模に実行するという課題に注目し、Amazon ECS を作成および使用して、マイクロサービスベースのコンテナ化されたアプリケーションを開発およびデプロイする方法に関するガイダンスを提供します。ハンズオンラボの演習では、Amazon ECS を使用して、長時間実行されるサービスの処理、コンテナイメージのビルドおよびデプロイ、サービスの連携、需要を満たすためのキャパシティーのスケーリングを実現します。また、このブートキャンプでは、非同期アプリケーションプロセス向けのコンテナワーカーを実行する方法についても学習します。

レベル

アドバンスト

形態

クラスルームトレーニング、ライブクラス

期間

1 日

このコースでは、次のことについて説明します。

  • コンテナを使用するマイクロサービスベースのアーキテクチャを設計する。
  • Amazon ECS を使用してマイクロサービスベースのアプリケーションを実行およびスケールする。
  • Amazon ECS を AWS の他のサービスと統合する。

このコースは次のような方を対象としています。

  • 開発者
  • システム管理者
  • ソリューションアーキテクト

このコースを受講するにあたっては、次の前提条件を身につけておくことをお勧めします。

  • AWS のコアとなるサービスと機能の基礎的な知識
  • コンテナ化されたアプリケーションを実行する実務的知識

このコースは、次の形式を組み合わせて実施します。

  • クラスルームトレーニング (ILT)
  • ハンズオンラボ

このコースでは次の概念が扱われます。

  • AWS のコンテナの概要
  • AWS でのマイクロサービスベースアーキテクチャの紹介
  • コンテナベースのアプリケーションのスケーリング
  • Amazon ECS と AWS の他のサービスの統合
「Running Container-Enabled Microservices」クラスを検索
プライベートトレーニングについて問い合わせる