AWS トレーニングに関するよくある質問

ご不明な点はございませんか。以下で、いくつかのよくある質問の一部に対する回答をご覧ください。

AWS トレーニングと認定は、クラウドをより活用するためのクラウドスキルの習得と検証に役立ちます。デジタルトレーニングと、仮想または対面のクラスルームトレーニングの両方を利用できるため、各自のペースでオンラインで学習するか、インストラクターからベストプラクティスの指導を受けるかを選択できます。

ご不明な点がおありですか?

その他のよくある質問をご覧ください。

AWS Certification のよくある質問

AWS 認定アカウントおよび試験申し込みに関するよくある質問

  • 一般的な質問
  • デジタルトレーニング
  • クラスルームトレーニング
  • 一般的な質問
  • デジタルトレーニング
    • 無料のデジタルトレーニングとは?

      デジタルトレーニングは、都合の良い時に、都合の良い場所で受講できるスケジュールに縛られないコースです。ビデオとテキストで構成されており、需要の高いクラウドスキルを身につけることができます。 

    • 無料のデジタルトレーニングには何が含まれていますか?

      無料のデジタルトレーニングでは、アラビア語、中国語 (簡体字)、中国語 (繁体字)、英語、フランス語、ドイツ語、ギリシャ語、ヘブライ語、インドネシア語、イタリア語、日本語、韓国語、ポーランド語、ポルトガル語 (ブラジル)、スペイン語 (LATAM)、タイ語、ベトナム語の 17 の言語で提供される 500 以上のオンデマンドコースにアクセスできます。

    • 無料のデジタルトレーニングにアクセスするにはどうすればいいですか?

      無料のデジタルトレーニングにアクセスするには、アカウントを作成するか AWS Skill Builder にサインインし、コースを選択して学習を開始します。

      AWS Skill Builder にサインインするか、アカウントを作成する:

      1. AWS Skill Builder を開きます。
      2. サインインをクリックします。
      3. 次のいずれかの方法でサインインするか、アカウントを作成します:
        • AWS パートナーネットワーク: APN パートナーセントラル の認証情報を使用します。
        • 組織にサインインする: 会社の E メールを使用して、組織のアカウントにサインインします。
        • Amazon でログインする: Amazon リテールアカウントの認証情報を使用します。
        • Amazon 社員のサインイン: 認証を使用して自動的にサインインします。
      4. 初めてサインインする場合は、アカウントのプロファイルを記入します。
    • 私は AWS パートナーです。デジタルトレーニングはどこにありますか?

      AWS Partner Central の認証情報で AWS Skill Builder にサインインすると、オンデマンドコース、PartnerCast 動画、ラーニングプランなどの AWS パートナートレーニングにアクセスできます。

    • 私は Amazon の従業員です。デジタルトレーニングはどこにありますか?

      Amazon の従業員の方は、Amazon のネットワークにログインした状態で AWS Skill Builder にサインインできます。

    • AWS 強化ガイドとは何ですか?

      強化ガイド (RUG) は、ドメイン、ロール、または業界を深く掘り下げたリファレンスドキュメントで、デジタルトレーニング、クラスルームコース、動画、ホワイトペーパー、認定、ラボなど、さまざまな種類のトレーニングを備えています。

    • 学習プランとは何ですか?

      ラーニングプランは、RUG のサブセットです。ラーニングプランは、特定のドメインやジョブロールに焦点を当てたデジタルコースとセルフペースラボの推奨コレクションです。各学習プランは、学習者がそのドメインやジョブロールのある分野のエキスパートになるために、難易度の高い一連のコースやラボを利用して学習を進めます。学習者は、ラーニングプランに登録し、プランの完了に向けた進捗状況を確認することができます。また、指定された順序でコースを受講したくない場合は、スキップすることもできます。

    • サインイン方法はどのインターネットブラウザに対応していますか?

      AWS トレーニングと認定エクスペリエンスは、以下の各最新バージョン 2 つで最適に動作します。

      • Google Chrome
      • Mozilla Firefox
      • Microsoft Edge
      • Safari
  • クラスルームトレーニング
    • クラスルームトレーニングには何が含まれますか?

      クラスルームトレーニングには、プレゼンテーションとディスカッション、そしてハンズオンラボを組み合わせて、今すぐ役立つクラウドのスキルとベストプラクティスを教えるインストラクターによるライブの授業が含まれます。

      豊富な技術的知識をもつ AWS 認定講師に質問し、共同でソリューションに取り組み、フィードバックを得ることができます。 

    • クラスルームトレーニングはどこで受けられますか?
      AWS.training では、対面式および仮想クラスルームでのトレーニングを提供しています。
    • aws.training のアカウントはどのように作成できますか?

      aws.training のアカウントを作成する:

      1. https://www.aws.training にアクセスします。
      2. サインイン を選択します。
      3. 次のいずれかの方法でサインインするか、アカウントを作成します。
        • AWS パートナーネットワーク: APN パートナーセントラルの認証情報を使用します。
        • 組織にサインインする: 会社の E メールを使用して、組織のアカウントにサインインします。
        • Amazon でログインする: Amazon リテールアカウントの認証情報を使用します。
        • Amazon 社員のサインイン: 認証を使用して自動的にサインインします。
      4. 初めてサインインする場合は、アカウントのプロファイルを記入します。
    • どのクラスルームトレーニングコースが仮想的に提供されていますか?
      現在、クラスルームトレーニングコースはすべて仮想的に提供されています。
    • 登録した仮想クラスルームコースにアクセスするにはどうすればいいですか?

      登録確認メールの受信をご確認ください。登録確認メールには、コース資料とラボ環境にアクセスするための登録方法が記載されています。受講前に、登録確認メール記載の手順を完了しておいてください。

      当日の受講手順:

      1. https://www.aws.training にアクセスします。
      2. サインイン を選択します。
      3. サインインしてダッシュボードに戻ったら、[My Account] にカーソルを合わせて、[Transcript] を選択します。
      4. 受講するクラスを見つけ、クラス名の左にある矢印を選択してリストを展開したら、[Open] を選択します。すると、青い [Launch] リンクのあるページにリダイレクトされます。
      5. リンクを選択すると、GoToTraining にリダイレクトされ、クラスに参加できます。  次の点にご注意ください。
        • 青い [Launch] リンクが表示されるのは、早くてもセッション開始の 30 分前です。
        • ポップアップブロッカーが有効になっている場合は、GoToTraining を起動するために無効にしてください。
        • Mac を使用している場合は、VPN 接続を切断して (可能な場合)、ラグを軽減してください。
    • プライベート (オンサイトまたは仮想) トレーニングとはどのようなものですか?

      プライベートトレーニングは、チームがビジネスの目標に現状よりも早く到達するのに役立ちます。トレーニング戦略を共同で開発したら、続いてスタッフをトレーニングする専任インストラクターを直接または仮想的に派遣します。詳細については、お問い合わせください。

    • プライベート (オンサイトまたはバーチャル) トレーニングの教室には何が必要ですか?

      プライベートオンサイトトレーニングをホストする場合は、以下のリソースを備えたクラスルーム環境が必要です。

      • 大型ホワイトボードとマーカー
      • LCD プロジェクターとスクリーン
      • 各出席者用の電源ケーブル
      • インストラクター用のインターネットアクセス (ワイヤレス推奨)

      これらのリソースがない場合、ご希望のトレーニングの一部またはすべてを AWS が提供できない場合があります。