AWS Academy では、AWS クラウドコンピューティングのスキルと知識を習得するための組み込み型コースを機関向けに提供しています。これにより、学生と教育者は IT 業界における仕事を獲得する競争力を身に付け、業界で認知された AWS 認定の取得に備えることができます。 


Editorial_AWS-Academy_ready-to-teach

AWS 作成のすぐに指導で利用できるカリキュラムを利用して、加盟校は最先端のテクノロジーに関する指導を独自のコースカタログに組み込むことができます。

Editorial_AWS-Academy_maintained_by_aws

学生と教育者は AWS 認定に向けた学習を進めていく上で、ハンズオンラボや実践的な学習機会を通じて AWS クラウドコンピューティングのスキルと知識を習得します。

Editorial_AWS-Academy_training-and-support

AWS Academy の教育者は、学生を指導する前に AWS 認定を取得します。学生は AWS 認定の取得に向けた準備を行い、自分のスキル習熟度を実証します。

AWS Academy では、現在以下の 2 つのコースを用意しています。

このコースでは、クラウドの概念、AWS の主要なサービス、セキュリティ、アーキテクチャ、料金、サポートの概要を詳しく説明します。この入門コースは、所要時間約 20 時間で、学生が AWS 認定クラウドプラクティショナーになるための試験対策を行えるよう設計されています。

このコースでは、クラウドコンピューティングにおける基礎から技術的な専門知識に至るまでを重点的に学習し、AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイトの認定取得に必要なスキルを習得します。このコースは、所用時間が約 40 時間で、講義、ハンズオンラボ、プロジェクト作業の形式で提供されます。参加者は、コースマニュアル、オンライン上の知識の認定テスト、ハンズオンラボ、無料の模擬試験、認定試験の割引バウチャーを利用できます。

AWS Academy メンバーシップへの申請は機関レベルから行えます。中等後教育機関が申請する場合は、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 機関が参加できる国

    内に位置している
  • 機関でコンピュータサイエンス、エンジニアリングにおける公認の単位、ディプロマ、証明書、継続的教育プログラム、またはクラウドコンピューティング分野の学科を設けている

  • 申請者は代表する教育機関の担当者 (CPOC) として認められているか、担当者の名前と連絡先の情報を提出できる必要がある

AWS Academy の申請プロセスは、教育機関申請書を AWS Academy チームに提出することから始まります。教育機関が基本的なプログラム参加条件を満たしている場合、申請プロセスは進行し、教育機関は以下を行います。

  • プログラムの利用規約に同意する

  • 講師認定のための 2 人の教育者を選出する

  • クラス実施計画を提出する

認定された教育者にはリソースが提供されます。これにより、学生に AWS Academy コースを適切に実施するのに必要な知識やツールがあることを確認できます。

  • 修了までの期間は 2~6 か月間

  • 約 20~60 時間相当の AWS Academy のコース内容

  • コースに対応した AWS 認定試験での合格

  • AWS の技術的審査員に向けた、選択したカリキュラムコンセプトに関する最終プレゼンテーション
教育機関申請書

教育機関を通して AWS カリキュラムに登録している学生は、以下を利用できます。

  • AWS が開発した AWS クラウドテクノロジーに関する最新の学習コンテンツ

  • 需要が高く、業界で認知された AWS 認定に向けた準備に役立つリソースの利用

  • AWS 認定試験の無料の模擬試験と 50% 割引

自分の教育機関で提供される AWS Academy カリキュラムについて関心をお持ちの場合は、教育者またはコースの代表者 (学科長、学部長など) に問い合わせて、このウェブページでプログラムに関する情報を確認してもらうようにしてください。 


AWS_Certified_Logo_2017_250W

AWS Academy カリキュラムは、需要が高く、業界で認知された AWS 認定に対応しています。AWS 認定の価値の詳細と、認定試験に向けた準備に役立つリソースをご確認ください。


logo_aws-educate_light

学生と教育者は、AWS Educate に参加すると、AWS テクノロジーを実際に使用するための AWS プロモーションクレジットを含む、AWS クラウド関連の学習を促進するために必要なリソースを利用できます。詳細はこちらをご覧ください。

AWS Academy は、現在以下の国または地域でご利用いただけます。

米国
フィンランド メキシコ スイス
アルゼンチン フランス オランダ 台湾
オーストラリア ドイツ ニュージーランド タイ
バーレーン 香港 フィリピン アラブ首長国連邦
ベルギー インド ポーランド 英国
ブラジル アイルランド シンガポール  
カナダ イスラエル 南アフリカ  
チリ イタリア 韓国  
中国 日本 スペイン  
コロンビア マレーシア スウェーデン  
南アフリカ
南アフリカ
韓国
韓国
参加を申し込む

既にメンバーの場合は、 AWS Academy ポータルにアクセスしてください

ご質問がありますか? よくある質問にアクセスして、AWS Academy に関する一般的な質問の回答を見つけてください。