AWS Academy

高等教育機関が、業界で認められた認定資格とクラウドでのキャリアに向けて学生を育てるカリキュラムです

産学連携の橋渡し

クラウドテクノロジーの支援により急速に変革し続けているのに伴い、必要なクラウドスキルを持つ従業員の需要が高まっています。LinkedIn のデータによると、クラウドコンピューティングは、企業が最も必要とするハードスキルです。

AWS Academy は、すぐに教えられる無料のクラウドコンピューティングカリキュラムを高等教育機関に提供し、業界に認知されている認定取得や需要の高いクラウドジョブに向け、生徒の準備を整えます。私たちのカリキュラムでは、教育者が AWS クラウドイノベーションの最前線に留まるようにし、最も成長している業界の 1 つに就職するために必要なスキルを学生が身に付けるようにします。

AWS Academy: 産学連携の橋渡し (日本語字幕)

教育者と学生向けプログラムの利点

AWS 作成のカリキュラムへアクセスする

illustration_curriclum_green

すぐに教えることができるカリキュラムにより、加盟機関は独自のコースカタログにインストラクションを組み込むことができます。AWS の定期的なアップデートは、クラウドコンピューティングの革新ペースとベストプラクティスを反映します。

AWS Certification と提携したスキルの構築

illustration_skills_green

教育者と学生は実践的な実習体験を通して AWS クラウドコンピューティングのスキルを習得し、無料の模擬試験と 50% 割引の本試験を受け、AWS Certification に備えることができます。

教育者の認定取得

illustration_accreditation_green

教育者は、AWS アカデミーのコースを直接学生に教える前に、AWS 認定を取得するための無料の AWS プロフェッショナルラーニングとパーソナルサポートにアクセスします。

AWS クラウドの人員を増やす

program_classroom-training_275x135

AWS Academy のカリキュラムを利用することで、生徒は実際の作業環境での実践的な実地体験を経て、業界の仕事に従事するために必要な実世界での経験を身に付けることができます。

カリキュラムの内容

AWS Academy は、学生が AWS クラウドで幅広いスキルを開発できるようになる、コースと学習リソースを提供します。

AWS Academy Cloud Foundations

この入門コースでは、クラウドの概念、AWS の主要なサービス、セキュリティ、アーキテクチャ、料金、サポートの概要について詳しく説明します。このコースには、20 時間のコースコンテンツが含まれています。学生が AWS 認定クラウドプラクティショナー認定を取得するときに役立ちます。

AWS Academy クラウドアーキテクト

この中級レベルのコースでは、AWS で IT インフラストラクチャを構築するための基礎を学び、学生が AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイトの認定を取得するために必要なスキルを習得するのに役立ちます。このコースには、講義やハンズオンラボ、およびプロジェクト作業を通じて配信された約 40 時間のコンテンツが含まれています。

AWS Academy Cloud Developing

この中級レベルのコースは、クラウドテクノロジーを使用する開発において学生が技術的専門知識を身につけるのに役立ちます。また、AWS 認定デベロッパー – アソシエイト認定試験の準備にも役立ちます。完了すると、学生は AWS SDK を使用して開発を行い、AWS クラウドでアプリケーションを構築およびデプロイするためのベストプラクティスを特定することができます。このコースには、講義やハンズオンラボで配信された約 40 時間のコンテンツが含まれています。

AWS Academy Cloud Operations

この中級レベルのコースでは、エントリレベルで DevOps、サポート、クラウド運用の各ロールを追求する準備ができます。また、AWS 認定 SysOps アドミニストレーター – アソシエイト試験の準備にも役立ちます。導入事例、デモンストレーション、および実践的なアクティビティを通じて、学生はさまざまなシナリオのトラブルシューティング方法、および AWS へのネットワークとシステムのデプロイを自動化する方法について学習します。このコースには、講義やハンズオンラボで配信された約 40 時間のコンテンツが含まれています。

AWS Academy Data Analytics

ラボのこれらの実習では、実例を使用してビッグデータ分析を行う実践的な方法を生徒に教えます。学生は、ケーススタディのアプローチを使用して、極めて大規模なデータセットを分析し、そのデータの視覚的表現を作成する方法を学びます。ラボと学習リソースは、教育機関の既存のビッグデータとデータ分析のコースを補完し、学生に大規模なデータを操作する実践的な経験を提供することを目的として、設計されています。データ分析でのキャリアを追求することに関心のある学生を対象にした AWS Academy Data Analytics を受講するには IT の概念とスキルの強力な基盤が必要で、7 時間半のコンテンツが含まれています。

AWS Academy 教員の洞察

Lina M. Quintero、修士号、コロンビア ICESI 大学
ドクターSanjay Bansal、アクロポリス技術研究大学
José Martínez 博士、ヒューストン大学
ドクターJohn Burns、TU ダブリン

参加方法

参加基準

AWS Academy メンバーシップへの申請は機関レベルから行えます。中等後教育機関が申請する場合は、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 教育機関が、認定学位、卒業証書、証明書、または継続教育プログラムを提供している。
  • 申請者は、代表する教育機関の担当者 (CPOC) となる権限があるか、または担当者となる人の名前と連絡先情報を提出できる。

開始方法

AWS Academy の申請プロセスは、まず教育機関申請書を AWS Academy チームに提出することから始まります。教育機関が基本的なプログラム参加条件を満たしている場合、申請プロセスは進行し、教育機関は以下を行います。

  • プログラムの利用規約に同意する
  • 講師認定のために 1 人または複数の教育者を指名する
  • クラス実施計画を提出する

教育者認定

academy-stepdiagram-center