AWS Academy

高等教育機関が、業界で認められた認定資格とクラウドでのキャリアに向けて学生を育てるカリキュラムです

産学連携の橋渡し

クラウドへテクノロジー組織の変革を急速に後押しするのにともない、必要なクラウドスキルを持つ人材への需要が高まっています。LinkedIn のデータによると、企業が最も求めるハードスキルのひとつとして、クラウドコンピューティングが選ばれています。

AWS Academy は、学生たちが将来、業界で認知されている認定の取得や、需要の高いクラウド関連の仕事に就くための支援を目的に、パッケージ化されたクラウドコンピューティング学習カリキュラムを高等教育機関向けに無償で提供しています。このカリキュラムは、教育者が AWS クラウドイノベーションの最前線で、学生たちが成長著しい業界で活躍するために求められるスキルを身に付けられるようサポートします。

AWS Academy: 産学連携の橋渡し (日本語字幕)

プログラム導入のメリット

教育機関

illustrations_institutions
  • クラウド教育のリーダーになる
  • 教育者の育成と確保

教育者

illustration_educators
  • 革新的なクラウド学習コースへのアクセス
  • 教育者向けワークショップを無料で受講
  • 50% 割引でAWS 認定試験を受験

学生

illustrations_students
  • 急成長中の業界で高待遇の職に就く
  • 採用側が評価するスキルを身につける
  • 50% 割引でAWS 認定試験を受験

雇用主

illustration_employers

カリキュラムの内容

AWS Academy は、学生が AWS クラウドで幅広いスキルを開発できるようになる、コースと学習リソースを提供します。
  • クラウドの基礎知識
  • 開発
  • アーキテクチャ設計
  • 運用
  • 機械学習
  • データ分析
  • クラウドの基礎知識
  • AWS Academy Cloud Foundations

    この入門コースでは、クラウドの概念、AWS の主要なサービス、セキュリティ、アーキテクチャ、料金、サポートの概要について詳しく説明します。このコースには、20 時間のコースコンテンツが含まれています。学生が AWS 認定クラウドプラクティショナーの認定を取得するときに役立ちます。

    推奨する学習の進め方
    コース
    AWS Academy Cloud Foundations
    right_arrow
    試験
    AWS 認定クラウドプラクティショナー
  • 開発
  • AWS Academy Cloud Developing (英語コースのみ)

    この中級レベルのコースは、クラウドテクノロジーを使用する開発において学生が技術的専門知識を身につけるのに役立ちます。また、AWS 認定デベロッパー – アソシエイト認定試験の準備にも役立ちます。完了すると、学生は AWS SDK を使用して開発を行い、AWS クラウドでアプリケーションを構築およびデプロイするためのベストプラクティスを特定することができます。このコースには、講義やハンズオンラボで配信される約 40 時間のコンテンツが含まれています。 

    学生には、このコースを受講する前に、AWS Academy Cloud Foundations または同等のコースを受講することをお勧めします。

    推奨する学習の進め方
    コース
    AWS Academy Cloud Foundations
    right_arrow
    試験
    AWS 認定クラウドプラクティショナー
    right_arrow
    コース
    AWS Academy Cloud Developing (英語コースのみ)
    right_arrow
    試験
    AWS 認定デベロッパー - アソシエイト
  • アーキテクチャ設計
  • AWS Academy Cloud Architecting

    この中級レベルのコースでは、AWS で IT インフラストラクチャを構築するための基礎を学び、学生が AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイトの認定を取得するために必要なスキルを習得するのに役立ちます。このコースには、講義やハンズオンラボ、およびプロジェクト作業を通じて配信される約 40 時間のコンテンツが含まれています。

    学生には、このコースを受講する前に、AWS Academy Cloud Foundations または同等のコースを受講することをお勧めします。

    推奨する学習の進め方
    コース
    AWS Academy Cloud Foundations
    right_arrow
    試験
    AWS 認定クラウドプラクティショナー
    right_arrow
    コース
    AWS Academy Cloud Architecting
    right_arrow
    試験
    AWS 認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト
  • 運用
  • AWS Academy Cloud Operations (英語コースのみ)

    この中級レベルのコースでは、エントリレベルで DevOps、サポート、クラウド運用の各ロールを追求する準備ができます。また、AWS 認定 SysOps アドミニストレーター – アソシエイト試験の準備にも役立ちます。導入事例、デモンストレーション、および実践的なアクティビティを通じて、学生はさまざまなシナリオのトラブルシューティング方法、および AWS へのネットワークとシステムのデプロイを自動化する方法について学習します。このコースには、講義やハンズオンラボで配信される約 40 時間のコンテンツが含まれています。

    学生には、このコースを受講する前に、AWS Academy Cloud Foundations または同等のコースを受講することをお勧めします。

    推奨する学習の進め方
    コース
    AWS Academy Cloud Foundations
    right_arrow
    試験
    AWS 認定クラウドプラクティショナー
    right_arrow
    コース
    AWS Academy Cloud Operations (英語コースのみ)
    right_arrow
    試験
    AWS 認定 SysOps アドミニストレーター - アソシエイト
  • 機械学習
  • AWS Academy Machine Learning Foundations(英語コースのみ)

    この入門コースでは、人工知能 (AI) と機械学習 (ML) の概念と関連用語を概説します。このコースを修了すると、学生はビジネス上の問題を解決するための ML サービスを選択して適用できるようになります。また、カスタム ML モデルのラベル付け、構築、トレーニング、およびデプロイを行うこともできるようになります。このコースには、講義やハンズオンラボ、およびプロジェクト作業を通じて配信される約 20 時間のコンテンツが含まれています。

     

    コース
    AWS Academy Machine Learning Foundations(英語コースのみ)
  • データ分析
  • AWS Academy Data Analytics (英語コースのみ)

    ラボのこれらの実習では、実例を使用してビッグデータ分析を行う実践的な方法を学生に教えます。ラボと学習リソースは、教育機関の既存のデータ分析のコースを補完し、学生に大規模なデータを操作する実践的な経験を提供することを目的として、設計されています。データ分析でのキャリアを追求することに関心のある学生を対象にした AWS Academy Data Analytics を受講するには IT の概念とスキルの強力な基盤が必要で、7 時間半のコンテンツが含まれています。

    推奨する学習の進め方
    コース
    AWS Academy Cloud Foundations
    right_arrow
    試験
    AWS 認定クラウドプラクティショナー
    right_arrow
    ラボ
    AWS Academy Data Analytics (英語コースのみ)

加盟方法

加盟にあたって

AWS Academy へは、原則教育機関単位でのお申し込みになります。以下の条件を満たす機関の加盟が可能です。

  • 教育機関が、認定学位、卒業証書、証明書、または継続教育のプログラムを提供している
  • 申請する方は、その教育機関のメイン窓口担当者(CPOC)として、氏名および連絡先などの情報を提供できる

さあ、始めましょう

加盟申請が受理されると、教育機関は次のことを行います。

  • プログラムの利用規約に同意する
  • AWS Academy 認定講師となる、1人以上の教育者を選出する
  • クラス提供のタイムラインをAWS Academy 担当者に共有する

AWS Academy 加盟校

世界中のアクティブな AWS Academy 加盟校となっている機関のリストをご覧ください。
リストを詳しく見る »

講師認定

AWS Academy のコースコンテンツを学生に提供するには、AWS Academy 講師認定を取得する必要があります。教育者は、AWS 認定資格を取得し、テクニカルバリデーション(口頭試問)に合格する必要があります。また、認定講師候補者向けのワークショップに無料で参加することもできます。

ステップ 1

illustration_curriclum_green
AWS Academy のコースコンテンツを修了する

ステップ 2

illustration_certification
該当する AWS 認定を取得する

ステップ 3

illustration_team_275x135
口頭試問に合格する

ステップ 4

illustration_exam_275x135
AWS Academy の講師認定を取得する

AWS Academy 加盟校の声

雇用主

エントリーレベルのクラウド人材の採用にご興味がおありですか? 採用対象の役割に適した AWS Academy の卒業生を見つけましょう。

AWS Academy の最新情報

高等教育に対する AWS Academy の大きな賭け

世界中の高等教育の課題は広く知られており、悲観的に見られています。その課題には、目に見える投資利益を下げる授業料の上昇、平等およびアクセシビリティに関する課題、雇用主のニーズと卒業生のスキルのギャップの拡大などがあります。 

Kevin Kelly | 2020 年 3 月 18 日
続きを読む »
オンライン学習への変換の中、AWS Academy の教師が世界中の学生をサポート

学生と教職員の健康および安全を保護するために、世界中の高等教育機関は、対面式からオンラインクラスへの避けることのできない移行を迅速に行いました。

Scott McKinley | 2020 年 5 月 12 日
続きを読む »
オンラインで教える際にすべき 5 つのことと、すべきでない 5 つのこと

現在、高等教育が注目されています。教室にいるデジタルネイティブの学生たちは、テクノロジーに関する深く幅広い経験を有しています。そして今、新型コロナウイルス (COVID-19) の危機は、私たちにオンラインで教えることを余儀なくしているとともに、現代における教育の未来について大きな視点から大胆に考える機会を私たちにもたらしています。

Andrew Schwarz | 2020 年 6 月 11 日
続きを読む »

ご質問がありますか?

詳細については、よくある質問をご覧になるか、直接お問い合わせください。