エンタープライズ向けトレーニングと認定

エンタープライズ全体にクラウドを円滑に構築し、最新化の推進と拡張につなげます。

エンタープライズは、AWS トレーニングと認定により、そのグローバルな組織全体にクラウドを円滑に利用するための知識を浸透させ、ビジネスの目的を達成することができます。AWS では、イノベーションの文化の創出、適応性がある継続的な学習メカニズムの開発、そしてエンタープライズの変革と最新化に必要なリソースを提供しています。

エンタープライズは、適切なクラウドスキルがあれば、クラウド製品のより迅速なデプロイや、ビジネスパフォーマンスおよびスタッフの生産性の向上を実現できます。AWS エキスパートが設計したトレーニング戦略で、グローバルなクラウドトランスフォーメーションと継続的な学習ニーズに備えましょう。

The NAB Cloud Guild: Accelerating Cloud Adoption Through Large-Scale Training Program

AWS トレーニングと認定の利点

illustration_tc-default_275x135

イノベーション

新しいクラウドテクノロジーを理解することで、速やかかつ革新的なカルチャーが育まれます。包括的なトレーニングを受けたスタッフは、クラウドを最大 80% 迅速に導入できます。
illustration_recertification_275x135

開発の速度

AWS でのトレーニングで IT プロジェクトを加速しましょう。より迅速な反復とさらに少ない負担での PoC (概念実証) によって、スタッフはより多くの時間を改善に割けるようになります。
illustration_accreditation_green

効率

AWS を適切に利用すれば、市場投入までの時間を短縮できるうえ、さらに重要なことにスタッフの時間の投資を最小化できるため、IT プロジェクトの効率性を改善できます。
イノベーションの文化の創出、適応性がある継続的な学習メカニズムの開発、そしてエンタープライズの変革と最新化に必要なリソースをご覧いただけます。
NAB 導入事例のグラフィック

エグゼクティブサマリー: デジタルトランスフォーメーションの達成

クラウドスキルの習得支援を拡張する手段として、プラクティスを実践するコミュニティを立ち上げ、育成していく方法をご覧ください。

 

NAB 導入事例のグラフィック

導入事例: 従業員にクラウドスキルに関する自信を持たせる

オーストラリア最大手のビジネスバンク、National Australia Bank (NAB) がいかにして既存の機能を拡張する必要性を理解し、AWS トレーニングと認定がいかにしてそれをサポートしたかについて学びます。

エグゼクティブサマリー: Cloud Skills Training an a Key Pillar of Employer Brand

eBook: Orchestrating Digital Transformation

この eBook では、「クラウドスキルにおける実践のコミュニティの役割」という副題で、コミュニティでの実践を通して、組織の創造性と生産性を高め、新しい人材を引き付け、継続的な学習の文化を促進する方法について説明しています。

kit-aws-cloud-potential

社内コミュニケーションキット

このツールキットでは、従業員の AWS トレーニングと認定に対する投資を位置づけ、組織全体で関与するためのカスタマイズ可能なリソースが提供されます。

idc-doc-thumbnail_apac

IDC のホワイトペーパー: クラウド戦略を促進するためのトレーニング

このホワイトペーパーを読むと、包括的なトレーニングを受けることでクラウド投資からより多くの利益を得られることを IDC がどのようにして明らかにしたかがわかります。

 

 

AWS Learning Needs Analysis

組織におけるクラウドスキルのギャップを特定し、データ主導のプランを構築し、学習を加速させましょう。

クラウド導入フレームワークの概要

このコースでは、AWS クラウド導入フレームワーク (CAF) の概要を提供し、またスキルとプロセスの間のギャップを認識して対処するためにその構造について説明します。

AWS クラウドプラクティショナーの基礎知識 (第 2 版)

AWS クラウドの基礎を学習し、AWS 認定クラウドプラクティショナー試験の準備をしましょう。

クラウド上でのジョブロール

このセルフペースコースでは、エンタープライズレベルの AWS クラウド環境に応用できる典型的なジョブロールについて学習します。オンプレミスのジョブロールとクラウドのジョブロールの違いを理解できます。